ジモトビラロゴ

4平成28年月号平成28年4月1日発行広報発行多良...沖縄県多良間村2016/09/21

ファイルダウンロード

テキスト引用

4
平 成 28年
月号
平成28年4月1日発行
広報
発行/多良間村役場・編集/総務財政課広報係 〒906-0692宮古郡多良間村字仲筋 99-2☎ 0980-79-2011
第37回卒園式
計552名が卒園!
「日本で最も美しい村」連合に加盟
しています。
多良間村は、
39番目の
No.505…

…o.505
広報たらま
平成28年4月1日
平成28年
第1回多良間村議会定例会提案事項
(結果)
議案第 1号 平成27年度多良間村一般会計歳入歳出予算の補正について
原案可決
議案第 2号 平成27年度多良間村介護保険特別会計歳入歳出予算の補正について
原案可決
議案第 3号 平成27年度多良間村国民健康保険事業特別会計歳入歳出予算の補正について 原案可決
議案第 4号 平成27年度多良間村簡易水道事業特別会計歳入歳出予算の補正について 原案可決
議案第 5号 平成27年度多良間村後期高齢者医療特別会計歳入歳出予算の補正について 原案可決
議案第 6号 平成28年度多良間村一般会計歳入歳出予算について
原案可決
議案第 7号 平成28年度介護保険特別会計歳入歳出予算について
原案可決
議案第 8号 平成28年度多良間村国民健康保険特別会計歳入歳出予算について
原案可決
議案第 9号 平成28年度多良間村簡易水道事業特別会計歳入歳出予算について
原案可決
議案第10号 平成28年度後期高齢者医療特別会計歳入歳出予算について
原案可決
議案第11号 多良間村職員の給与に関する条例の一部を改正する条例について
原案可決
議案第12号 多良間村職員の勤務時間・休暇等に関する条例の一部を改正する条例について 原案可決
議案第13号 職員の旅費に関する条例の一部を改正する条例について
原案可決
議案第14号 多良間村職員定数条例の一部を改正する条例について
原案可決
議案第15号 多良間村行政不服審査会条例の制定について
原案可決
議案第16号 多良間村行政不服審査に関する手数料条例の制定について
原案可決
議案第17号 行政不服審査法の施行に伴う関係条例の整理に関する条例について
原案可決
議案第18号 固定資産評価審査委員会委員の選任について
同意
議案第19号 議会の議員の報酬及び費用弁償等に関する条例の一部を改正する条例について 原案可決
議案第20号 教育長の給与、勤務時間その他の勤務条件に関する条例の一部を改正する 原案可決
条例について
議案第21号 多良間村特別職の職員で常勤の者の給与及び旅費に関する条例の一部を
原案可決
改正する条例について
議案第22号 多良間村過疎地域自立促進計画について
(平成28年度~平成32年度)
原案可決
議案第23号 平成27年度多良間村一般会計歳入歳出予算の補正について
原案可決
報告第 1号 平成28年度沖縄県町村土地開発公社事業計画書について
報告
発議第 1号 日米地位協定の見直しに関する要望決議
原案可決
発議第 2号 沖縄県の道路網の整備促進に関する要望決議
原案可決
(2)
●水道事業について(住民福祉課長へ)
羽地隆憲議員
②宮糖の株主としての考えを伺う。
(2)施設の賃貸について
(1)工場施設の帰属について
●沖縄離島振興特別対策事業について
いて伺う。
②多良間島山羊アイランド構想につ
伺う。
①旧空港跡地利用計画変更について
(産業経済課長・村長へ)
●旧空港跡地利用について
豊見城玄淳議員
②観光協会への支援策について伺う。
多良間村議会定例会一般質問について
① 排 水 管 取 替 工 事 に よ る、 度 重 な る
けての取り組みを伺う。
①「 日 本 で 最 も 美 し い 村 」再 審 査 に 向
断水及び水道水への泥水の混入等、 ●観光振興について(村長へ)
住民から苦情がででいるが工事は
適切に行われているか伺う。
富原安則議員
●多良間海運監査について(村長へ)
①多良間海運監査必要性について伺
(観光振興課長・産業経済課長へ) ①沖縄離島振興特別対策事業終了後
う。
●区長事務委託料について(村長へ)
の現状報告(回答)について伺う。
①道路の安全対策について伺う。
●道路行政について(土木建設課長へ)
改正について伺う。
豊見山 正議員
校教育以外の学力向上対策につい
本村健次議員
① 水 の 汚 れ が ひ ど く、 牛 の 飲 料 水 と
(産業経済課長へ)
●タニガー池について
① 現 在、 教 育 委 員 会 が 行 っ て い る 学
●教育振興策について(教育長へ)
渡口直和議員
①多良間村区長の事務委託料の増額
小学校の遊具点検
て伺う。
② 今 後 の 具 体 的 施 策( 取 り 組 み )に つ
いて伺う。
し て 適 し て い る と は 思 え な い が、
今後の取り組みについて伺う。
(3)
●農業振興について(村長へ)
①新製糖工場事業の内容を伺う。
新製糖工場建設現場の視察
平成28年4月1日
広報たらま
多良間中学校第
 去る3月 日村立多良間中学校(本
村晃則校長)において、第 期卒業式
が行われた。男子
人、女子
人の計
の旅立ち、慣れ親しんだ母
に喜びと涙で表した。
 本村校長は「卒業生は 歳で島を出
ていきますが、大事なことは健康第一、
感謝する心、また優しい気持ちを持ち
笑顔で過ごせるよう頑張ってほしい」
と激励した。
 学校特別賞は次の通り
【9カ年皆勤賞】高江洲由芽
【3カ年間皆勤賞】親里来耶・西筋千華
【校長特別賞】亀川葵
【成績優秀賞】西平夏生・高江洲由芽・
垣花未来・亀川葵
      
【特別活動賞】
スポーツ活動:波平空大・渡口竜晴・
西筋千華
       
文化活動:福原華音
地域活動:久志勝一・伊良皆裕菜
期卒業式
68
 多良 間中 学 校は、昭 和23
年度 第1期 卒 業 生56人を皮
切 りに、平 成27年 度 の27人
卒業生で3057人が多良間中
学校を巣立ち、島内や日本全
国、海外などで活躍している。
多良間小学校卒業式
【優秀賞】清村裟彩・桃原久実
【入選】新里力・名嘉真南海・下地恵介・
下里優菜・山川奈緒美・宮國穂乃香・
亀川仁哉・小禄凛・比嘉優作・親里裕菜
沖縄県防風林ポスター原画コンクール
【最優秀賞】桃原久実 
【優秀賞】山川奈緒美・比嘉優作
【佳作】下地恵介・亀川仁哉・新里力
全宮古小学校陸上競技大会
【走高跳:優勝】桃原久実
多良間村善行児童表彰 桃原久実
沖縄県「家庭の日」
絵画・ポスターコンクール
【優秀賞】名嘉真南夏
全琉小・中図画・作文・書道コンクール
【韻文:佳作】山川奈緒美
全沖縄児童生徒書き初め展
【銅賞】桃原久実
つたへ9年間の義務教育が終えたこと
かな笑顔で卒業証書を受けた。
回「社会を明るくする運動」
65
作文コンテスト第と学舎を卒業した。
校に別れを告げた。本村校長から爽や
人が、
13
 卒業生は一人ひとり、両親に感謝の
言葉を述べ、高校進学への夢と希望を
 多良間小学校では、平
成27年 度 の 卒 業 生12人
で、6090人 が 小 学 校 の
母校を巣立った。
6カ年間のランドセルとお別れ
 村立多良間小学校では去る3月
日、 人が晴れて卒業式を迎えた。在
校生や保護者・地域の方たちに見守ら
23
れ、6カ年間背負ってきたランドセル
68
15
♪校歌♪    
南の端の和やかな♪
民風かおる多良間島♪
昇る朝日に照り映えて♪
そびえ立ちたる学びやは♪
これぞ我等の多良間中♪
9カ年間の義務教育を無事に卒業!
27
14
12
15
12
  各 種 大 会・コ ン ク ー ル 等 入 賞 者 は 次
の通り
6カ年間のランドセルと卒業!
♪校歌♪  
黒潮うねる♪南海の
岸打つ波の♪花と咲く
常盤の島の♪高台に
燃ゆる希望の♪ひを受けて
きよけくそびゆ♪わが母校
きよけくそびゆ♪わが母校
平成28年4月1日
広報たらま
(4)
 村役場を訪れた来間工場長は「今年は平均糖度 ・
度と低く横ばい状態ではあるが、製糖工場職員の製造技
 宮古製糖多良間工場(来間春誠工場長)は村役場を訪
れ、今期産サトウキビ操業で製造した黒糖を寄贈した。
の2団体4個人に感謝状を贈呈
に 積 極 的 に 協 力 し た と し て、村
し、安全・安心な多良間村づくり
 去る3月3日宮古島警察署は
日頃から警察業務に理解を示
*比嘉英秀
*安里則彦
*多良間村婦人連合会
*多良間村消防団
 感謝状を贈呈された方は次の
通り
多良間村の「安全・安心」に協力
術で「日本一の良い黒糖」が出来上がった。品質もピカイ
した。
*波平雄二
宮糖多良間工場黒糖寄贈
チです」と述べ、バラ糖、粉糖、成形糖の3種類を寄贈。
  村 役 場 で 贈 呈 式 が 行 わ れ、多
良間駐在所の比嘉利昌さんは
*知念貴明
伊良皆光夫村長は
「多良間の黒糖は全国からほしいと いう人が多い、ぜひ良い黒糖を作って頂きたい。
今期操業
 多良間駐在所の仲田真吾です。多良間に来る前は「うるま警察署」
の南原駐在所で、2年間勤務をしていました。
 駐在の仕事は、地域の方々と協力して行うため、やりがいがあり
ます。今回は初めての離島勤務であり、家族一緒に多良間島に溶け
込めるように村行事に参加させて下さい。
 平和な多良間村の維持のため「適量飲酒」で、事件・事故防止をお
願いします。8中央 伊良皆村長・右から2番目来間工場長
「今後大きな工事が
増 え る、島 外 か ら 大
勢の人の流れが見込
ま れ る。交 通・治 安 事
情も厳しい状況とな
る。今 後 も 安 全 な 村
づくりに協力してほ
し い 」と 感 謝 状 を 伝
達した。
 同席した伊良皆光
夫村長は
「 皆 さ ん は、
ふだんから村の安
全・安 心 に 対 し 防 犯
や 防 災、交 通 安 全 等
で も 頑 張 っ て い る。
何 よ り も 安 心・安 全
という多良間村が一
番。今 後 と も な お 一
層協力をお願いした
い」と祝辞を述べた。
宮古島警察署多良間駐在紹介
12
を無事故・無災害で最後まで頑張ってほしい」とお礼を
こめ激励した。
 今期のサト
ウキビは低糖
度で、昨年の台
風による塩害
などが原因と
いわれ、それで
も日本一の黒
糖づくりに誇
りを持ち職員
一丸となり頑
張 っ て い る。長
雨続きで原料
不足もあり当
初操業予定が日大幅に延び、終
了を4月
頃を予定して
いる。
(5)
25
平成28年4月1日
広報たらま
広報たらま
平成28年4月1日
異 動
異 動
異 動
異 動
異 動
異 動
出 向
本村 郁子
 去る1月、青木省吾氏(埼玉県在)『青木雅
英氏の孫』により、多良間村で活用してほし
昇 進
い と「 青 木 酒 造 所 跡 地 」の 畑 を 村 へ 贈 与 さ れ
昇 進
た。畑(37平方㍍)井戸と畑(1188平方
昇 進
新部署
㍍)の2筆(字塩川阿嘉利原)を贈与。
定年退職
  青 木 氏 は「 村 の 皆 様 の 力 で、 是 非 と も 多 良
間の教育・観光のためにご活用いただければ
定年退職
幸 い。 島 の 発 展 に 微 力 な が ら 寄 与 で き れ ば 」
多良間村人事異動
定年退職
職員指名
豊見山常和
伊良部安則
諸見里幸子
本村 芳子
照屋 健市
清村 賢一
比嘉 英秀
佐和田一八
翁長 艶子
西筋 優貴
北川 律子
仲間 和盛
伊良皆理奈
下地 高子
本村 雅則
と話した。
平成28年度
定年退職
 村では井戸を文化財として保存し、畑は児
童生徒たちの農場体験学習の場として活用し
たいと贈与を受けた。有難うございました。
●●
「青木酒造所跡地」を村へ贈与●●
旧部署
空港管理課長
会計管理者
総務財政課課長補佐
住民福祉課長補佐
総務財政課課長補佐
観光振興課長補佐
総務財政課係長
総務財政課課長補佐
総務財政課課長補佐
総務財政課課長補佐(出納係)
空港管理課
土木建設課
住民福祉課
社会福祉協議会
社会福祉協議会
住民福祉課
住民福祉課(保育所)教育委員会
教育委員会
住民福祉課(保育所)
総務財政課
総務財政課長兼会計管理者
住民福祉課(保育所
住民福祉課(主任保育士)
所長代理兼主任保育士)
仲間 智也 総務財政課
新採用 山城 徳美 土木建設課
新採用 兼本 奈緒 観光振興課
新採用
定年退職者の皆さん。長い間お疲れさまでした。◆「村政に対するアイディア」について◆
沖縄県宜野湾市在の郷友の方から提案が寄せられました。
提案内容
1.防災時、避難所として八重山遠見にて高層の展望施設。赤瓦屋根を使用とし屋上に望遠鏡の設置にて
満天の星空観察をする。・・・など。
2.観光客施設として地下に備蓄食糧確保、食堂・ダイビング等事務所や地下1階~4階建ての建造物を造
る。・・・など。
3.観光の目玉として、昆虫観察や島一周のサイクリングコースを造る。
4.遊覧船、グラスボートを利用し、釣りや海中を見ながら水納島上陸できる。・・・など。
応募に対する村としての考え方
 すばらしい提案をありがとうございました。本村が取り組むべき課題だと思います。本村としてできるこ
とは何か、他の地域の事例も参考にしながら実施する方向で進めてまいります。今後ともご指導をお願い
します。(多良間村総務財政課)
(6)
32村民ご意見箱を設置
(村役場玄関前にて)
「うぷり」行事・害虫を海へ2三線の集い1多良間村文化協会
  去 る 月 日、 沖 縄 全 島 三 線
の 日 に ち な み、 多 良 間 村 文 化 協
会(池城三千雄会長)では「三線の
集 い・ 囃 豊 響 ~ ぺ ー し  と ぅ ゆ
まし とぅどぅるかし~」をテー
マに村コミュニティー施設で行
われた。
*村の業務以外の意見や特定の人への中傷、営利目的などの内用は受け付けません。
(総務財政課)4小学 年 年生の合唱で幕が
開 き、 素 晴 ら し い 歌 声 で 会 場 を
れ ぞ れ「 虫 船 」を 海 の 沖 へ と 沈 め
た。 こ の 日 は、 農 民 や 牛・ 馬 の
謹 慎 の 日 で あ る。 昔 は 旧 暦 月
の「ひのえうま」
「ひのえう」
「ひの
えね」の日に行われていたが現在
は 回だけとなっている。
  昔 は 役 人 を 高 台 に 座 ら せ、 一
品料理を持参し祝宴を開いたと
言 わ れ て い る。 余 興 に は、 若 者
達の相撲があり子どもたちにも
楽 し い「 う ぷ り 」行 事 で あ っ た。
今は余興などは見られなくなっ
た。 い に し え か ら 受 け 継 い で き
た行事等を若者たちに受け継い
でいきたい。
 村民の皆様から村の業務に関する意見などをお寄せ頂き、より良い多良間村づくりに生かすため
役場玄関に設置してあります。どうぞご遠慮なくご意見をお寄せ下さい。32
沸かせた。池城会長は「合唱を披
 旧暦の 月に行われる村の伝
統 行 事「 う ぷ り 」が 島 内 の 海 岸 で
執 り 行 わ れ た。 祭 事 を 司 る 二 才
頭( ニ サ イ ガ ッ サ )や 字 役 員・ 実
行員らが中心となり害虫を海に
沈め、農作物の豊作を祈願した。
 北の海岸にあるイビの拝所に
集 合 し、 両
字が捕まえ
た害虫をク
ワズイモの
葉っぱに包
み、 イ ビ の
海と両字の
祭事を執り
行う海岸へ
移 動 し、 そ
虫船は沖へと流し沈める
露した子どもたちは宮古代表と
回 目 を 迎 え、 皆 さ
し て 沖 縄 本 島 に も 行 っ て き た。
三線の日の
ん は 年 々 上 達 し て き た。 今 日 は
サンシンの集いを皆で楽しんで
ほしい」とあいさつ。
を 演 奏・ 合 唱 し た。 ま た 字 塩 川
 子どもたちの歌声で幕開きし、
「 豊 年 の 歌 」や「 な り や ま あ や ぐ 」
の 八 月 踊 り「 地 謡 座 」の 歌・ 三 線
も 披 露。 エ イ サ ー 同 好 会 や 多 良
間島のチャリンコ青年と仲間た
ちの踊りなど会場を沸かせた。
(7)
18
平成28年4月1日
広報たらま
  そ し て 四 月 三 十 日、 今 は 引 退 生 活 を
送っているオブライエン夫妻に来社し
オブライエン夫妻来社
(ハワイ報知新聞より前号からつづく)
二十七年目の海を越えた交流
すか?
―ジミーさんは今何をされているので
ティーを夫婦で楽しめました。
な っ て い た の で、 船 で の ア ク テ ィ ビ
ん で し た が、 こ の 時 は 三 人 と も 大 き く
たか。
―はじめ拾ったときは何だと思いまし
モ ト ム ラ  海 で。 波 打 ち 際 に 打 ち 上 げ
られていた。
でみつけましたか?
― お は よ う ご ざ い ま す。 ボ ト ル は ど こ
は・・・。
ているのに今頃になって拾われると
が壊れるか水が入るかしてだめになっ
ジ ミ ー  全 く 信 じ ら れ ま せ ん で し た。
二十七年もたっていたら普通はボトル
ましたか?
―初めこちらからボトルのことで電話
したらうまく連略がとれるか確認して
で 忙 し く 働 い て い る の で、 何 時 頃 電 話
オ ブ ラ イ エ ン  ア イ オ ワ の 小 さ な 町 で
食 品 会 社 に 勤 め て い ま す。 朝 か ら 晩 ま
―手紙は誰が読んでくれたんですか?
でびっくりした。
モ ト ム ラ  何 か、 ゴ ミ か と 思 っ た。 開
けてみたら英語で何か書いてあったの
ありますか?
て頂き当時の思い出などをうかがった。
した時は何の事か分かりましたか?
おきますよ。
ジ ミ ー  と に か く ボ ト ル を 拾 っ た 子 供
たちが二十七年前の自分と同じ十三歳
―沖縄の子供たちに何かメッセージは
夫 人  い い え  全 く 何 の こ と か 分 か ら
ず、主人に折り返し電話してもらいまし
夫人 ええ、ジミーとサンドラと弟のパ
ト リ シ ッ ク と 私 た ち 夫 婦 で し た。 夫 が
―お姉さんがいらっしゃるんですね。
のもののように思います。
の筆跡はジミーではなく姉のサンドラ
夫 人  返 信 先 の 住 所 が 少 し 違 っ て い た
の で 届 か な か っ た ん で す ね。 こ の 住 所
うのがとても興味深いと思いました。
たちが当時のジミーと同じ十三歳とい
か る と は。 そ れ に 手 紙 を く れ た 子 ど も
も 全 く 驚 き ま し た。 今 頃 に な っ て 見 つ
色 々 流 し た と 思 い ま す よ。 そ れ に し て
ら ね。 や ん ち ゃ 坊 主 だ っ た の で 他 に も
オ ブ ラ イ エ ン  私 た ち も ジ ミ ー が ボ ト
ルを流したことは知りませんでしたか
マキトくんを呼んでくれた。モトムラく
が英語の手紙を指導した多良間はや子
の ヨ ジ マ せ ん せ い、 そ れ か ら 子 供 た ち
しげる先生によると元一年A組の担任
へ 連 略 し た。 対 応 し て 下 さ っ た 仲 宗 根
  そ の 日 の 午 後 二 時( 日 本 時 間 午 前 九
時)ハワイから国際電話で多良間中学校
多良間島へ連絡
れてあった。
で書き子供らしいイラストなども描か
に会ってみたいことなどを丁寧に英語
ワ イ に 行 っ て み た い こ と、 ジ ミ ー さ ん
そ れ ぞ れ ボ ト ル を み て 驚 い た こ と、 ハ
私 た ち に も み せ て く れ た。 子 供 た ち は
にひょっとして自分の流したものじゃ
てからは時々海でボトルを見つけた際
うことで、ボトルを見つけたモトムラ・ ね・・・。でもその後ハワイで漁師になっ
先生は共に転勤になってしまったとい
ないかと拾ってみたりしたこともあり
ジ ミ ー  最 初 の 一 年 く ら い は 期 待 し て
いましたがその後は忘れていました
思いましたか?
―流したボトルを誰か拾ってくれると
話でインタビューした。
人 ジ ミ ー・ オ ブ ラ イ エ ン さ ん(
暮らしているというボトルを流した本
ステイシーさんと一歳半の子供と共に
  そ し て そ の 二 日 後、 ア イ オ ワ 州 シ ェ
レスウイグという小さな街に奥さんの
アイオワのジミーさんへ連絡
モ ト ム ラ  す ご い、 と 思 っ た。 皆 な す
ごい、と言っていた。
た時はどう思いましたか?
れ る 日 が く る の だ ろ う。 十 三 歳 と い う
流 し た ボ ト ル も い つ か、 ど こ か で 拾 わ
リーは完結した。多良間島の子供たちの
ト ル か ら、 多 良 間 島、 ハ ワ イ、 ア イ オ
こうして二十七年前に流した一本のボ
(途中略)
ね。とにかくびっくりしています。
だったということにすごく驚いていま
陸軍の軍人だったため本土を転々とし
んが電話口にでてくるまでの間、職員室
ました。
モトムラ おはようございます。
つけたと聞いた時はどんな気持ちがし
二度と巡ってこない季節を運んで・・・。
ワ州と交流の輪が広がり一つのストー
す。 こ う い う 偶 然 も あ る も の な ん で す
ましたが、このときはニュージャージー
では「やったねー。ハワイまでわざわざ
―沖縄の子供たちがあなたの手紙を見
  オ ブ ラ イ エ ン 夫 妻 は 子 供 た ち か ら ジ モトムラ 担任のヨジマ先生。
ミーさんあてへの手紙をその場で開封、 ― 手 紙 が 二 十 七 年 前 の も の だ と 分 か っ
からハワイに引っ越しするところだっ
送 っ た か い が あ っ た ね ー。」と い う 女 性
た。何かのいたずらかと思ったんです。
たんです。
の声にパチパチという拍手が聞こえた。
)に 電
―何か印象に残っていることは?
夫 人  子 供 た ち が も っ と 小 さ い 時 は つ
きっきりで世話をしなければなりませ
40
平成28年4月1日
広報たらま
村長のたうけーむぬゆむ゜
(ひとりごと)
(8)
○○して作用する。
 沖縄薬草の本を見ると数多く自生してい
*口内炎の予防作用
る。また畑や海岸沿いには季節の旬が年中味
わえる。多良間島にある薬草を紹介しよう。
 ビタミンB2が豊富に含まれており、糖質、
脂質、タンパク質の代謝に関わり、細胞の再
【ニガナ】
生を促し、粘膜を丈夫にすることから、口内
 ニガナは琉球王朝の時代から滋養食とされ
炎に効果がある。
た薬草の一種で、苦味がある。特に海岸に近
いところに自生しているものは苦みが強い。 *高血圧と脳卒中の予防の機能
この独特の苦味で昔から健胃剤の薬草として
 カリウムが豊富に含まれており、血圧の降
下や動脈硬化のリスク低減に有効性が示唆さ
重宝されてきた。ビタミンCやカロテン、カ
れる。
ルシウム、カリウムが豊富で風邪の諸症状や
シャフナ
胃腸にも良い。
(アタリあたりで栽培されて 【長命草】
いるものは、あくも少なく苦味もやわらかい)  長命草は温暖な地域で、海岸沿いや集落内
の道路脇などに自生する多年草の一種です。
 料理の方法は、細かく刻んで豆腐と混ぜた
ビタミンやミネラルを豊富に含み、古くから
白和えが代表的である。また、魚汁に入れる
料理や民間薬として、健康に役立てられてき
と臭みが緩和され、薬味として健胃野菜とし
た食材です。多良間では
「シャフナ」
と呼ばれ、
て食されている。人によって苦味そのものが
セリ科の多年草植物。
敬遠されるが、苦味をおいしい味わいの一つ
として楽しめる野菜である。
 厳しい太陽の日差しと強力な潮風で育つ長
命草にはミネラルやポリフェノール類である
(ンガシャドゥ フシュリ)
【パンダマ】
クロロゲン酸、ビスナジンが含まれている。
効用として
長命草の主な成分として、ビタミンA、ビタ
*抗菌化作用による生活習慣病予防の機能
ミンB2、ビタミンC、ビタミンE、カロテン、
カルシウム、ポルフェノールを豊富に含んで
 ビタミンAの作用を介して上皮、器官、臓
器の成長や分化に関与するβ カロテンが多
いるため、民間療法では風邪やぜんそく、腎
く含まれており、生活習慣病の予防に有効と
臓病、神経痛の治療にも用いられてきた。ま
考えられている。赤い色素には、フラボノイ
た、中でも長命草のポリフェノール含有量は
ド化合物のアントシアニンが豊富に含まれて
美容効果で有名なゴーヤーの7倍もあるとい
おり、抗酸化作用により動脈硬化や脳梗塞の
う。古くから長命草は高血圧、動脈硬化、リュ
予 防 効 果 が 期 待 さ れ る。 ま た、 ビ タ ミ ン C、 ウマチ、神経痛、喘息、百日咳、風邪、熱な
ポ リ フ ェ ノ ー ル も 豊 富 に 含 ま れ て お り、 コ
どに良いと言い伝えられてきた。
ラーゲンの生成ならびに重要な抗酸化物質と
*与那国島では、長命草を特産品として栽培
し出荷している。
【雲南百薬】
うんなんひゃくやく
 沖縄で生産される葉物野菜であるツルムラ
サキの仲間。多良間島ではあまり耳慣れしな
い野菜である。ミネラルを多く含み、身体に
よいとされる。葉を切るとワカメのように粘
り気があることから「オカワカメ」とも呼ばれ
る。雲南百薬の主な成分のマグネシウムは特
に突出していて、レタスなど野菜の8倍近く
あるといわれている。
*主な成分と効能
・マ グ ネ シ ウ ム ・ ㎎
g:筋 肉 の 機
能 を 正 常 に す る。自 立 神 経 失 調 症・糖 尿 病・
狭心症・便秘・ガン
・カ ル シ ウ ム ・ ㎎
g:骨 や 歯 を
形 成、白 血 球 の 食 菌 作 用 を 助 け る。ア レ ル
ギー・骨粗しょう症・気管支炎・胃貴瘍
・亜 鉛 ・㎎g:細 胞 の 新 生 を
促す。
高血圧・心筋梗塞・ガン・味覚異常
・銅 ・㎎g:血 液 を き れ い に
し、コラーゲンの生成に働く。貧血・静脈癌・
生理不順・生理中・白内障
g:赤 血 球 を 形 成 し、免 疫
・葉 酸
力を向上させる。
視力・動脈硬化に効果
・ビ タ ミ ン A
g:胃 腸 や 肺
の粘膜を強化する。
視力・動脈硬化に効果
311740
ug/100
(薬草)を毎日、或いはひんぱ
 これらの野菜
んに食すれば健康の源となり、きっと何らか
の形で健康促進に関わってくると思う。「健康
は食から!」
(9)/100/100
628/10070/10007090164
24
ug/100
平成28年4月1日
広報たらま
薬草を食していますか?
健康長寿沖縄へ!
(平成28年3月末現在)
(  )内は前月比
字塩川522番地 湧川 農・多絵さんの四男 葉生くん 平成28年3月26日
誕 生
警 察 官 派 出 所 (79-2010) 110番
清明の話し
 清明とは、清明という人の名前である。シー
ミーという人が色々なことを人々に教えてい
ることを、ウプトゥキという者は恨んでいた。
どうにかしてその者を殺して、自分の思って
いることを思い通りにすることが、自分のた
編集後記
*今度の冬は寒かった
と感じた人が多かった
日間の
の で は?「 三 寒 四 温 」=
冬の間の時期
寒い日と、 日間の暖か
ら れ て し ま い、 そ の 天 の 神 様 は 下 り て き て、
てしまったところ、9日までに天の神様に知
が初々しい。これからは
の花は咲き、木々の新芽
期卒業
夏へと一直線。
*中学校では
式がおこなわれ、 人の
卒業生が
の旅立ちで
島を離れる。全員が高校
を思いっきりエンジョ
へと進学する。高校生活
生き返らせた。もう犬の肝は土臭くなってし
イしてほしい!
*人事異動で広報担当
を お わ り ま す。長 い 間、
ご 指 導・激 励 の こ と ば、
ありがとうございまし
鳴いて、それから鶏が鳴くということもはっ
ま」よろしくお願いしま
た。今 後 と も「 広 報 た ら
きり決まっているそうです。
てるけん
す。 
時を知らせるのは、ヤモリがビィービィーと
とヤモリは敵同士になって、鶏のえさとなり、
 そしてシーミーは鶏にし、ウプトゥキはヤ
モリにしてしまったらしい。その時から、鶏
まった。
自 分 が 連 れ て い た 犬 の 内 臓 を 取 っ て 入 れ て、
こ と は 出 来 な い 」と い う の で、 そ の 神 様 は、
ように内蔵がくされて落ち、生き返るという
まったのか」と聞かれると、「私はもう、この
シ ー ミ ー に「 ど う い う こ と で、 そ う な っ て し
* 島 は「 春 爛 漫 」デ イ ゴ
繰り返しであった。
ある。まさにそのような
返される現象のことで
い日が続き、寒暖が繰り4(シーミーは去る四月四日)
多良間村史(民話)より ………………………シリーズ⑥
めになるということで、そのシーミーを殺し368
27
火災・救急ワンクッションコール:
119
急病人 多良間診療所
79-2101
◆時間外救急受付
6件
歯科診療所医師
79-2162
◆救急車出動
1件
停 電 沖縄電力多良間営業所
79-2147
◆ヘリ搬送
1件
断 水 役場住民福祉課
79-2623
家畜疾病 役場産業経済課
79-2503
総世帯数 519( -6)
総人口 1,169(-21)
男 628
女 541
区 別
人 口
世帯数
土 原
62(- 5) 30(- 2)
天 川
93(- 5) 40( 0)
津 川
104(- 2) 50(- 2)
宮 良
71( 1) 30( 0)
嶺 間
149(- 1) 67( 0)
大 道
186(- 2) 92( 0)
大 木
295( 4) 121( 0)
吉 川
204(-11) 85(- 2)
水 納
5( 0)
4( 0)
15
※緊急の場合以外診療時間内
 での受診を心がけよう
ガス専用JA多良間  090-6859-2355229
死 亡
転 出
火災・救急 ワンクッションコール 119番月19出 生
転 入
救急に関すること
(3月)
緊急ダイヤル
世 帯 数 と 人 口3平成28年4月1日
広報たらま
字塩川 52番地5垣花 常勝 大正7年2月25日(98歳) 平成28年1月23日
字塩川206番地1浜川 森吉 昭和16年6月8日(74歳) 平成28年3月19日
おくやみ

ファイルダウンロード