ジモトビラロゴ

89平成24年月号平成24年9月1日発行広報o47...沖縄県多良間村2015/02/07

ファイルダウンロード

テキスト引用

89
平 成 24年
月号
平成24年 9月1日発行
広報
No.470
発行/多良間村役場・編集/総務財政課広報係 〒 906-0692宮古郡多良間村字仲筋 99-2☎ 0980-79-2011
第2回
「海の日ハーリー」
大会開催
多良間村は、
39番目の
「日本で最も美しい村」連合に加盟
して…

…加盟
しています。
  多 良 間 村 観 光 協 会 主 催 の﹃ 第
2回
  海 の 日 ハ ー リ ー 大 会 ﹄が
7月 日︵日︶、前泊港西側の﹃ナ
カ ド ゥ マ リ ト ゥ ブ リ ﹄で 開 催 さ
れた。
  大会では、各区対抗の爬竜船
競漕、各職場対抗の爬竜船競漕
などが行われ、慣れない櫂さば
きや舵さばきに苦労しながら
も、各チームゴールを目指し一
生 懸 命 サ バ ニ を 進 め た。 中 に
は、コースを外れ時間を要する
チームもあったが、全チーム無
事ゴールした。
  また、浜辺ではスイカ割りな
ども行われ、親子連れなどで賑
わった。催開会大ーリ
海の日ハー
村観光協会
主 催
第2回
平成24年9月1日
広報たらま
159▲スイカ割りを楽しむ子どもたち
  平成 年7月 日、村役場村
長室において人権擁護委員への
感謝状並び委嘱状伝達式が行わ
れた。6月いっぱいで2期6年
の任期を全うした友利敬子委員
へ、法務大臣から感謝状が、後
任の垣花奈緒子氏へは委嘱状
が、それぞれ那覇地方法務局宮
古島支局の福永支局長より伝達
された。
  下地村長は、退任した友利委
員 へ 感 謝 の 意 を 表 す と と も に、
﹁村民が、相談を通して常に自ら
の悩みを解決できるよう、活動
に取り組んでほしい﹂と新たに委
員になった垣花氏を激励した。
﹁感
  感謝状を受けた友利氏は、
激でいっぱいです。6年間の務め
は終わるが、人が人として生きて
いく権利、人を大切に思う心が育
つよう微力ながら努めていきま
す。後任の垣花委員の活躍に期待
します﹂
と感謝の意を表した。
  委 嘱 状 を 受 け た 垣 花 委 員 は、
﹁ 研 修 会 な ど を 通 し て、 委 員 の
重 責 を ひ し ひ し と 感 じ て い る。
人 権 問 題 は 幅 が 広 く 難 し い が、
法務局や先輩委員の指導を仰ぎ
ながら微力ながら頑張ります﹂
と決意を述べた。
  委員の任期は、平成 年7月
1日から3年間。
人権擁護委員に垣花奈緒子氏を委嘱
退任の友利敬子委員に法務大臣感謝状
24
20
24
▲法務局宮古島支局長から委嘱を受ける垣花委員
(2)
一般質問について
消防職員は大型免許取得者の配置
をすべきだと思うが。
  免許保持者の配置を検討している。
◇ 西筋米吉議員
ているか伺う。
◇ 下地昌明村長
パヤオの設置は流出の原因究明を
  答
  直近のパヤオ設置の方では二ヶ月足
らずで流出したと聞いている。流出で漁獲
量はない。費用対効果の面で良い数字は報
告されていない。
羽地隆憲
議員
パヤオ設置費用に見合った漁獲量
はあるか。
  答
  配属した臨時職員は大型免許は所持
していない。従来一人で職員が庁舎へ出向
く仕事で留守もいない状態であり、災害に
対する強化をしながら急患における救急車
の協力的な指導も進めている。今後、大型
免許保持者の配置を検討はしている。
◇ 下地昌明村長
トビ魚漁が実施されない理由と
今後の取り組みは。
◇ 羽地隆憲議員
  問
  多良間周辺海域には、多くのトビ魚
の群れが回遊しており、トビ魚漁は有望な
漁業と考える。平成二十年には漁網の購入
もされ、専門漁師を交えた講習会がされた
が漁はされていない。その理由と今後の取
り組みを伺う。
◇ 下地昌明村長
  答
  トビ魚漁が事業導入された際、浸透
していくのか、船団が組めるか疑問を呈し
た。新たな漁として取り組みたいという漁
業従事者の意見のようであり、専門者を招
き漁をした事があるが、その後全くされて
ない。
◇ 下地昌明村長
  答
  近くを航海する船からパヤオの場所
◇ 森山実夫議員
を 測 定 で き る よ う な 投 入 が 必 要 か と 思 う。
問 中学校新校舎が抱護林と校舎の板挟
航路に邪魔にならない場所を検討しながら    
みで蒸し暑い状況下にある、子供達が涼し
設置には慎重にしていきたい。
く勉強できる環境作りとして冷房設備がで
きないか伺う。
◇ 下地昌明村長
  問
  パヤオの流出は幾度となく繰り返さ
れている。大型船による切損か、係留ロー
プの強度不足なのか原因究明が必要だと思
うが。
◇ 羽地隆憲議員
  問
  二十四年度の人事異動で消防事務所
中学校新校舎の冷房設置について
に大型自動車の免許のない職員が配置され してから。
  要望があれば学校側の意見等も聞き検討
ていると聞いている。せっかく増員されて
  航路に邪魔にならない場所を検討しなが
  したい。
も無資格者では災害発生の対応が大変だと
  ら慎重にしていきたい。
思うが、見解を伺う。
西筋米吉
議員
  パヤオ流出で漁獲量はない。
◇ 羽地隆憲議員
  答
  現在教育委員会からは要望はない
が、要望があれば学校側の意見等も聞き環
境整備という面で必要があれば検討してい
くべきだと思う。
野ネズミ駆除について
  一斉駆除に向けて取り組んでいきたい。
◇ 森山実夫議員
  問
  野鼠による農作物被害が増え農家の
収益が減少していると感じているが、航空
散布での駆除計画はできないか伺う。
◇ 羽地直樹村づくり課長
  答
  放牧地、草地、溜池等が多くあるの
で航空機による防除は厳しいが、農薬の助
成も検討しながら地上での人力による一斉
駆除へ向けて取り組んでいきたい。
さとうきびへの一斉防除の実施状
況について
  約八割の農家が実施している。
◇ 本村健次議員
  問
  補正のほうで製糖工場からの補助も
◇ 本村健次議員
  答
  八割の農家が実施し、十八リットル
缶四十三缶購入し、四十缶程使用してあり
三百六十万円の金額になっている。
◇ 羽地直樹村づくり課長
  問
  前回の一斉防除は何割の農家が実施
しているか、購入したスミバッサは何本か。
又、 金 額、 現 在 残 っ て い る 農 薬 に つ い て
伺う 。
本村健次
議員
平成24年6月多良間村議会定例会
平成24年3月多良間村議会定例会
  問
  これまでのパヤオは設置後短期間で   全く実施されてないという事を聞いて残
流出している。一基当たり四十万円程の費
  念に思っている。
用がかかるが、費用対効果は十分に得られ
(3)
森山実夫
議員
平成24年9月1日
広報たらま
◇ 下地昌明村長
  問
  こ れ ま で の 経 緯 説 明 と 建 設 の 目 途、
場所について伺う。
豊見城玄淳
議員
  答
  平成十九年度から駆除に努めてい
る。捕獲頭数は年度毎にばらつきがあるが
被害からすると全体的に減少傾向の結果が
◇ 羽地直樹村づくり課長
◇ 羽地直樹村づくり課長
  答
  二十三年度に実施した実証実験はソ
ルガムが収量、栄養度が高く、本村に適し
た飼料作りの取り組みで参加した。農家が
負担すべき分を実証実験ということで計上
した。
◇ 豊見城玄淳議員
◇ 豊見城玄淳議員
  問
  ソルガムが化学肥料に由来する硝酸
態窒素を吸収し、生活用水を地下水に頼る
島には必要な事業と痛感し導入したと新聞
の新年度インタビューに答えているが、今
後の取り組みを伺う。
◇ 下地昌明村長
  答
  二十三年度実証実験として取り組ん
できた訳で、特に良い評価のようだと思っ
ている。労働力の軽減、ほ場の有効利用ま
た硝酸態窒素を吸収する面で非常にいいこ
とで、農家の皆さんの理解があれば二十五
年度あたりで事業導入したい。
◇ 豊見城玄淳議員
  問
  実証実験の結果を広報多良間で村民
に報告する義務があると思うが、実績報告
書をもらって報告する考えはないか伺う。
◇ 羽地直樹村づくり課長
  答
  国の公募型事業にヤンマーさんが公   答
  報告書はまだきてないが要求して結
募し、二十三年度に実証試験を行っている。 果データが提出された後に公表していきた
二十四年度に対する計画は確認してない
い。そして農家と報告会を行い次への事業
が、村として事業継続、取り組みができる
計画に役立てていきたい。
◇ 羽地直樹村づくり課長
  問
  可 動 式 誘 殺 灯 の 成 果 と、 設 置 場 所
問 ヤンマー沖縄が実証試験に参加した
によって沢山採れる所とそうでない所が    
理由と平成二十四年度ソルガム事業につい
あるが場所も考えた方がよいと思うがいか
てヤンマー沖縄はどうされるか伺う。
がか。
◇ 嘉手苅光徳議員
  アオドウガネの被害は全体的には減少傾
  向にある。
可動式誘殺灯の成果を伺う。
  答
  二十三年度までの調査で地下ダム建
設は不適格だということで淡水レンズ取水
◇ 豊見城玄淳議員
方 式 で 進 め て い る。今 後 溜 池 が 十 二 ヶ 所、
  問
  ソルガムバイオ事業実証試験栽培の
ファームポンドが六基ほど建設される予定
予算計上までの経緯を伺う。
である。
◇ 下地昌明村長
入 れ て 六 百 万 円 程 の 予 算 が つ い て い る が、   答
でている。設置場所については、捕獲の少
なら要望していく考えである。
  配分額が二億七千万円で事業費は
三億四千万円程になる。多良間村における
今後どういう態勢で取り組むか伺う。
ない箇所から多い箇所に移動したりして駆
コミュニティ施設の建設、水納島の津波避
除に努めていきたい。
◇ 豊見城玄淳議員
難タワー及び展望台を、災害時の避難施設
◇ 羽地直樹村づくり課長
  問
  去る2月中旬頃新聞のソルガム事業
としても使えるよう進めたい。
に関するインタビューで住民の協力が得ら
  答
  薬剤はスミバッサを注文しており村
の方で三十缶、県の事業で十五缶で前回程
ソルガムバイオ事業の実証試験結
れたと報道されたが、何名の方が賛成された
度 の 防 除 を 予 定 し て い る。 又 県 の 事 業 で
か、又事業の実績報告はいつされるか伺う。
果及び計画を伺う。
フェロモン剤による交信撹乱の実証事業も 地 下 ダ ム の 経 緯 と 建 設 の 目 途 の
  事業主体からの報告書提出はまだない 。
計画されている。
◇ 羽地直樹村づくり課長説明を。
  二十五年度あたりで事業導入していき
  答
  実証試験に参加した農家は七名で約
たい 。
  取 水 方 式 で 進 め て お り、 二 十 四 年 度 か ◇ 本村健次議員
五ヘクタール植え付けし六百五十五の収穫
  ら三年間の地区調査後実施計画を作成
をしている。収穫後牛に与えた結果の報告
  問
  四月、五月さとうきび関係で役場に
予定 。
相談に伺ったが、さとうきび担当が不在だ  
はまだ受けていないが、効果について、話
が今どういう状況か伺う。
し合いしながら事業取り組みを検討してい
◇ 嘉手苅光徳議員
きたい。
◇ 嘉手苅光徳議員
  二億七千万円の配分でコミュニティ施設
  等建設する。
一括交付金の配分額と使途を
伺う。
  答
  担当配置したが、本人が一身上の都
合で身を引いている。
◇ 下地昌明村長
平成24年6月多良間村議会定例会
平成24年3月多良間村議会定例会
  問
  一括交付金については、我々も勉強
会を幾度もやっているが、村民にも周知し
ていく義務があると思う。一括交付金の配
分額と使途を伺う。
嘉手苅光徳
議員
平成24年9月1日
広報たらま
(4)
広報たらま
『再生可能エネルギー固定価格
買取制度』始まる
平成24年9月1日
第2回
(全4回)
Q なぜ今「再生可能エネルギー」が必要なのですか?
再生可能エネルギーは、一度設備を設置すると自然の力で繰り返し電気を生み出すことができ
る、いわば自前で電気を作れるエネルギー源。導入が進めば、日本のエネルギー自給率向上につ
ながります。また、再生可能エネルギーは発電時にCO2??排出しないため、環境に優しいのも特
長。さらに、日本の得意な技術を活かすことで将来の日本を支える新たな産業を育てる、という
意義もあります。このような理由から「再生可能エネルギー」の普及を進めることがいっそう重
要となってきました。
みんなで育てる再生可能エネルギー
固定価格買取制度にご理解とご協力を
再生可能エネルギーの特長、課題。
例えば、朝になればお日様が必ず昇るように、自然の営みはたえず繰り返されているため「再生
可能」といえます。そんな自然の力を利用したエネルギーが「再生可能エネルギー」。
以下の5??が、主な再生可能エネルギーとしてあげられます。
  風力発電
特長:相対的にコストが低く、 夜間も稼働できます。小型風力や洋上風力などの新技
   術も登場しています。
課題:立地の制約があるため、 どこにでも設置できるものではありません。発電量が
   天候に左右されます。
  太陽光発電
特長:屋根の上などのスペースに設置できるので、個人でも導入することができ、普及拡
   大に大きな可能性を持っています。機器のメンテナンスもあまり必要ありません。
課題:大幅なコスト低下が見込まれてはいますが、今はまだ高価です。また発電量が
   天候に左右され、夜間は発電できません。
  バイオマス発電
特長:地域の未利用の資源を有効利用できます。安定して電力を供給できます。
課題:原料が他の用途と競合しないように注意する必要があります。
  中小規模水力発電
特長:安定的な発電が可能で、技術的にも成熟しています。
課題:一定の水の落差や流量が必要になるため、どこにでも設置できるものではありません。
  地熱発電
特長:火山国・日本だからこその大きな可能性があります。安定的な発電が可能で、
   技術的にも成熟しています。
課題:立地の制約があり、どこにでも設置できるものではありません。また、開発か
   ら完成まで通常10年以上かかります。
再エネについてもっと詳しく知りたい方はこちら http://www.enecho.meti.go.jp/saiene/renewable/
(5)
広報たらま
平成24年9月1日
下地昌明村長の主な動き(平成24年6∼8月)
6月23日
6月25日
6月30日
7月5日
7月9日∼13日
  
7月15日
7月16日∼19日
7月20日
7月24日
7月29日∼8月1日
8月3日∼4日
8月10日∼11日
8月13日∼14日
8月15日∼16日
8月20日
8月28日∼29日
村 主催 合 同慰 霊 祭
漁 業 権に関する説明 会
多良間 村建 設 振 興会による要請並び 同会との意 見 交 換会
郷 友 交 流グラウンドゴルフ大 会( 石垣 市)
“ 社 会を明るくする運 動”メッセージ 伝 達 式
( 石垣 市・那 覇市出 張 )  石垣 市 制65周年 記 念 式典 出 席
沖 縄 県町 村 会理事会 沖 縄 県 町 村土 地 開 発 公社幹 事会
海 の日ハーリー大 会
(県内出 張 ) 沖 縄 県 町 村 会 定 期 総会(南大 東 村) 南大 東 村 行政 視察 
人権 擁 護 委員 法 務大臣 委 嘱 状 等 伝 達 式
村体 育 協会 総会
( 那 覇市・宮 古島市出 張 ) 
美ぎ島 美しゃ市 町 村 会 要請 行動
宮 古 管内県出 先機 関と市・村との意 見 交 換会
( 久 米 島 町出 張 ) 久 米 島 町 制 施 行10周年記 念 式典
(宮 古島市出 張 ) 宮 古島市と畜場 視察
仲間勇栄 琉 球 大 学 教 授 林 業 経 済 学 会 賞 受 賞 及び出 版 記 念 祝賀会
( 那 覇市出 張 )
平成25年度概 算 要求ヒアリング( 下地 幹 郎 事 務 所 )
(宮 古島市出 張 )
「沖 縄21世 紀ビジョン」に関する県 知事との意 見 交 換会
沖 縄 県 地 域・離 島課   稲 福 課 長   他 来 庁
多良間 村 防災会 議
( 那 覇市出 張 ) 沖 縄 県 町 村 会理事会
シリーズ農業者年金6
(8回シリーズ)
農業者年金に加入しませんかQA
農業者年金には、税制面で
     どんなメリットがありますか?
 加入者が支払った保険料は、 その全額(1人当たり最大80万4
千円)が納税申告する際に社会保険料控除の対象となり、 所得税
・住民税が節税になります。節税額は適用される税率や保険料額
によって差がありますが、 支払った保険料の15∼ 30%程度に
なります。
 また、保険料など年金資産を農業者年金基金が運用して得ら
れる収益(運用益)は非課税です。
 さらに、将来受け取る農業者年金は、 公的年金等控除の対象と
なり、65歳以上の方であれば、公的年金等の合計額が120万円ま
では非課税です。つまり、 公的年金として、入口から出口まで税
制面の優遇措置が付いています。
入口から出口までの
 優遇措置!
 所得税・住民税が節税に!
 所得税・住民税が節税に!
保険料支払いによる節税効果
(所得税・住民税)試算
加入者の支払った保険料が
税率
月額1万円
月額2万円 月額6.7万円
(年額12万円)(年額24万円)(年額80.4万円)
の場合
の場合
の場合
15%
1万8千円
3万6千円 12万1千円
20%
2万4千円
4万8千円 16万1千円
30%
3万6千円
7万2千円 24万1千円
(注)
保険料支払後も保険料支払前と適用される税率に変更がないものと
  して試算しています。
・農業者年金の詳しい内容や加入のお申し込みは、最寄りの農業委員会またはJAか、
農業者年金基金
03-3502-3942
に直接お問い合わせください。
多良間村農業委員会 TEL.79-2518
(6)
広報たらま
年金
制度 が
平成24年9月1日
改正 されます!
平成23年8月10日より
●第3号被保険者が「届出忘れにより受け取れなかった年金」を受給できる
 場合があります。
●第3号被保険者とされていた人に新たな年金記録が見つかり、必要な届出がされて
 いないために受け取れなかった老齢基礎年金、障害基礎年金などが受給できるよう
 になる場合があります。
※例えば、第3号被保険者(専業主婦・主夫)であった人が、一時期厚生年金に加入していて、その後第3号被保
 険者に戻ったときに届出をしていなかったことが判明した場合などが該当します。!詳しい内容が知りたい!
■お近くの「年金事務所」へ、お越しください。
■お電話による相談は「ねんきんダイヤル」へ
0570-05-1165 または 03-6700-1165(IP電話・PHS用電話)
※受付時間:月∼金曜日8:30∼17:15 月曜日(休日明けの初日) 8:30∼19:00 第2土曜日9:30∼16:00
8月牛セリ結果(24年8月19日実施)
◇全体
成立頭数
成立(%)
販売価格(円)
去 勢
96
96
100.00
35,046,900牝81
80
98.77
23,815,050
合 計
177
176
99.44
58,861,950
区 分
一 頭 あたり
区 分
上場頭数
◇12??月以内
去 勢
453,600円
214,200円
250kg
365,071円
最高
最低
平均体重
平均価格
24
11
30
(7)
16
25
戦中戦後の混乱期における
義務教育未修了者支援事業
23
80
  戦中戦後の混乱のため中学校を卒業でき
なかった方に、学習機会の提供を行い、中
学校の卒業に相当する証書の授与を行う制
度ができました。
○実施期間/平成 年度から平成 年度ま
でを予定
○対
   象/昭和7年から昭和 年生まれ
︵ ∼ 歳︶の方で、中学校の
学習内容を学び、卒業に相当
する証書の授与を希望する方
です。
○内
   容/民間等の教育施設等で三年間
学びます。
○授
業 / 国 語、 数 学、 社 会 等 を 中 心  
に年間を通して授業を受け
ます。
○授 業 料/授業料は無料です。
○申込方法/アンケート用紙を、最寄りの
公民館、市町村教育委員会や
役所等で受け取り、必要事項
を記入して、平成 年 月
日までに沖縄県教育庁義務教
育課あて郵送します。
○問い合わせ/最寄りの市町村教育委員会
又 は、 県 教 育 庁 義 務 教 育 課
︵〇九八ー八六六ー二七四一︶
までお問い合わせください。
71牝368,550円
203,700円
230kg
315,695円
広報たらま
平成24年9月1日
  平 成 年7 月 3 日、 多 良 間
郵 便 局 の 垣 花 健 三 局 長 は、 復
帰 周年を記念して発行した
切手を村長へ贈呈した。
  贈 呈 の 後、 垣 花 局 長 は 郵 便
事 業 の 分 割 化 や、 月 に 控 え
る事業統合などについて説明。
今後の行政との連携について
協力を求めた。
復帰40周年切手を贈呈 多良間郵便局
40
24
10
▲記念切手を贈呈する垣花局長(左)6月
世 帯 数 と 人 口
(平成24年6月末現在)
530
( 0)
総世帯数
1,273
( 2)
総人口
女 589
男 684
区 別
人 口
世帯数
65( 0) 31( 4)
土 原
113( 0) 46( 0)
天 川
129(- 4) 51(- 5)
津 川
95(- 1) 35(- 1)
宮 良
149( 5) 63(  2)
嶺 間
191( 0) 87( 0)
大 道
312( 0) 122( 0)
大 木
214( 2) 91( 0)
吉 川
4( 0)
5( 0)
水 納
出 生
転 入33
死 亡
転 出7月04
(  )内は前月比
誕 生
(平成24年7月末現在)
火 災 村 消 防 (79-2619)119番
530
( 0)
総世帯数
1,294
( 21)
総人口
女 607
男 687
区 別
人 口
世帯数
75( 10) 31( 0)
土 原
115( 2) 46( 0)
天 川
123(- 6) 51( 0)
津 川
95( 0) 35( 0)
宮 良
150( 1) 63( 0)
嶺 間
195( 4) 87( 0)
大 道
313( 1) 122( 0)
大 木
223( 9) 91( 0)
吉 川
4( 0)
5( 0)
水 納
出 生
転 入04
死 亡
転 出03
警 察 官 派 出 所 (79-2010)110番
多良間診療所
急病人(1)
(2)
時間外
79-2101
090-6862-6490
(3)役場住民福祉課
79-2623
救急車要請 総務財政課(消防) 79-2619
歯科診療所医師
79-2162
停 電 沖縄電力多良間営業所 79-2147
断 水 役場住民福祉課
79-2623
家畜疾病 役場村づくり課
79-2503
LPガス JA多良間支所Aコープ 79-2339
(  )内は前月比
※法改正により外国人21人職権記載
広報たらま
寄付金のお礼
香典返し
 いつも、広報たらまをご愛読頂きありがとうございます。
また、多くのご寄付に感謝申し上げます。右のとおり、ご寄
付を頂きましたので、掲載してお礼に代えさせて頂きます。
大変ありがとうございました。
編集後記
☆人権擁護委員が
新 た に 委 嘱 さ れ た。
友利敬子委員から
垣 花 奈 緒 子 委 員 へ。
人権擁護委員や行
政相談委員など各
種委員は、全て無償
である。奉 仕の気 持
ちが無ければできな
いと 思 う。その意 味
では、快 く 引 き 受 け
て頂いた 垣 花 委 員へ
感 謝の気 持 ちでいっ
ぱいだ。も ちろん、こ
れ まで
︵ 初の女 性 委
員 として ︶2 期6 年
間 尽 くして頂いた友
利 委 員へも 感 謝の気
持ちは同じです。
  担 当 者 と し て、
﹁将来役場を卒業し
たら、あなたも委員
の 候 補 だ ね ﹂と 言 わ
れ、業務はもとより
人間として認めて
もらえるよう、成長
し て い か な け れ ば、
と身の引き締まる
思いがした。
字仲筋 宮國 正明・こずえさんの二女 心音ちゃん 平成24年5月23日
字塩川 浜川 桂一・史江さんの二男  朔磨くん  平成24年5月23日
字仲筋 川滿 和人・恵子さんの長女  梨晴ちゃん 平成24年6月20日
緊急ダイヤル
世 帯 数 と 人 口
久高 實様 (宮古島市在住)
ありがとうございました。
故渡久山春好氏の香典返しが、渡久山好一氏よりありました。
広報たらまのCD-ROMを  
販売しています
多良間村役場では、
「広報たらま」のバックナンバー
(平成8年11月∼平成16年12月まで)を収録したCD-ROMを販売しています。
動作環境:Windows2000/XP/Vista??どWindowsPC
■定価2,500円
多良間村役場
(送料別) 詳しくは、
0980-79-2011??で。

ファイルダウンロード