ジモトビラロゴ

1011平成23年月号平成23年11月1日発行広報...沖縄県多良間村2015/02/07

ファイルダウンロード

テキスト引用

1011
平 成 23年
月号
平成23年11月1日発行
広報
No.463
発行/多良間村役場・編集/総務財政課広報係 〒 906-0692宮古郡多良間村字仲筋 99-2☎ 0980-79-2011
多良間の
八月踊り
多良間村は、
39番目の
「日本で最も美しい村」連合に加盟
しています。
広…

…す。
広報たらま
平成23年11月1日
(2)
広報たらま
(3)
平成23年11月1日
広報たらま
平成23年11月1日
(4)
(5)
広報たらま
平成23年11月1日
下地昌明村長の主な動き(平成23年9∼10月)
9月5日∼7日
9日∼10日
14日
15日
八 月踊り
( 石垣 市出 張 )石垣 航 空基 地 緊 急 患者2500回空 輸 謝恩会
村 主催 敬老 会
介 護保 険 策 定 委員 委 嘱 状 交 付
地域活性化講演会「自立・持続可能な島の生活を築くために」山田桂一郎氏
多良間空 港 保 安 委員会 海 外 ホームステイ報 告 会
農 業 委員会 委員 当選 証書 附与式
(宮 古島市出 張 )宮 古 製糖 株 式 会 社株 主 総会
9月定 例 議 会
沖 縄 新エネ開 発より表 敬   農 業 委員 辞 令交 付 式
幼・小・中 合 同運 動 会
(体 育の日)第3回たらまピンダアース大 会
(那覇出張)川端沖縄担当大臣と各圏域代表との意見交換会
世界のウチナーンチュ大会 知事招宴・開会式
多良間 小 学 校 創 立120周年 記 念 式典 並び 祝賀会
消防広域化協議会との意見交換会(村長室) 沖縄県畜産共進会出品者激励会
( 那 覇市・宮 古島市出 張 )第13回 全国山羊サミットin沖 縄
高 野 部 落入植50周 年 記 念 式 典 並 び 祝賀会
防災気 象 講 演会
第44回多良間 村 駅 伝 競 走 大 会
20日
21日
22日∼23日
26日∼28日
10月3日
8日
10日
12日∼14日
16日
 17日
 20日∼24日
24日
29日
認定第1号
平成
平成
年度多良間村国民健康保険事業特別会計歳入歳出
年度多良間村一般会計歳入歳出決算の認定について
決算の認定について
年度多良間村簡易水道事業特別会歳入歳出決算の
22
認定第2号
平成
認定について
年度多良間村老人医療給付費特別会計歳入歳出決
22
認定第3号
平成
年度多良間村介護保険特別会計歳入歳出決算の認
22
算の認定について
平成
年度多良間村後期高齢者医療特別会計歳入歳出決
22
定について
平成
年度多良間村一般会計歳入歳出予算の補正につ
算の認定について
いて
平成
年度多良間村国民健康保険事業特別会計歳入歳出
23
認定第4号
24
認定第5号
認定第6号 号
平成
年度多良間村簡易水道事業特別会計歳入歳出予算
23
議案第
25
予算の補正について
平成
の補正について
年度多良間村介護保険特別会計歳入歳出予算の補
23号26
議案第号平成
年度多良間村後期高齢者医療特別会計歳入歳出予
23
議案第
27
正について
平成
算の補正について
多良間村公平委員会の事務の委託に関する規約を定める
23号号
28
議案第
議案第号多良間村暴力団排除条例の制定について
議案第号29
協議について
議案第
多 良 間 村 辺 地 に 係 る 公 共 的 施 設 の 総 合 整 備 計 画︵ 第 六 次
3130
計画︶の第2次変更について
年度沖縄県町村土地開発公社事業報告及び決算報号平成
22
議案第
報告第3号
22
告書について
平成
多良間村教育振興計画報告書について
年度多良間村教育委員会点検・評価報告書について
報告第4号
多良間村財政指標の報告について
報告第5号
報告第6号
平成23年9月定例会で提案された事項(結果)
2222
(6)
一般質問について
津波防災対策について。
◇ 西筋米吉議員   地域防災計画の中でおり込んで   問
  多良間中学校新増改築工事
が平成二十二年度事業として契約
  いく。
父母の森環境整備について。
期間の三月三十一日の工事完了を
◇ 西筋米吉議員
受け同月教育委員会に引き渡しが
  各機関、県の各部局と調整を図っ
されているが国県への実績報告書
  問
  平成二十三年三月十一日発
  ていきたい。
生の東日本大震災による巨大津波を
の提出月日について伺う。
教訓に当村も二十三年度中に地域防
災計画が十四年ぶりに見直し策定さ
◇ 豊見山正教育長
れる。万一に備え隣近所の避難場所
  答
  実績報告の年月日は四月五
として確保と指定をしておく必要が
日に提出してある。
あると思うが村長に伺う。
◇ 西筋米吉議員
◇ 下地昌明村長
◇ 西筋米吉議員
  問
  予算執行は現年度の三月
答 歴史を振り返ってみても明
三十一日まで処理し遅くとも整理
  問
  昭和五十七年に建設された    
和の大津波という大きな災害が
父母の森だが、内外の環境整備清掃
期間中の五月三十一日までには支
等 が さ れ ず 景 観 も 悪 い 現 状 で あ る。 二 百 四 十 年 ほ ど 前 に 起 き た と い う
出等の処理はするべきだと思うが
ことで私達も真剣に取り組まなけ
施設はどこが管理しているか当村の
出納閉鎖の年度過ぎに支出された
れ ば な ら な い 課 題 だ と、 そ し て 責
観光地として指定できないか伺う。
理由の明確な説明を求める。
任 だ と い う ふ う に 痛 感 し て い る。
今後の取り組みとして道路の整備
◇ 波平敏一総務財政課長
◇ 豊見山正教育長
そして環境の整備を早めに進めて
  答
  父母の森一帯は島建てのゆか
  答
  支払いが遅れた理由だが現
い き た い。 地 域 防 災 計 画 も 今 策 定
りの地ということと一帯が県指定の
場は完成しているが書類に不備が見
に 取 り 掛 か っ て い る。 全 村 民 が 津
植物群落にも指定されており、土原
られるとの監督員の指摘があり報告
波が起きた場合に避難できる態勢
遺跡としても調査をされてきてい
を受けていたので不備を訂正して書
づ く り も 行 政 の 課 題 か と 思 う。 計
る。こういった由緒ある地に父母の
類を提出させ支払う指示をしたが結
画の中でおり込んでいく。
碑が建立されているが、今後各機関
果的に出納閉鎖後になってしまっ
県の各部局と調整を図っていきたい
た。まさに事務ミスである。
と考えている。観光地としての整備
例月現金出納検査結果について。 ◇ 西筋米吉議員
だが、父母の森として整備されてい
るので環境整備しながら当村に訪れ   監 査 意 見 を 真 摯 に 受 け 止 め   問
  この工事請負代金の支出行
チェック体制と事務能力を高めて
為 に よ り、 国、 県 に よ る 今 後 の 補
る方が感心していただくような施設 助事業に対する影響についても教
整備ができればと考えている。
  いきたい。
西筋米吉
議員
育長の見解を求める。
◇ 豊見山正教育長
  答
  現 在、 県 に そ の 報 告 を 致 し
まして調整をしている。どのように
影響していくかはよく分かっていな
い。県からの指導を待っている。
キンギンナスの除去について。
  チ ラ シ の 配 布、 農 家 の 協 力 を 呼
  びかけていく。
◇ 本村健次議員
  問
  キンギンナスの除去作業は
どういうような進め方をされてい
る か。 そ し て そ の 効 果 は ど の 程 度
進んでいるか質問する。 ◇ 羽地直樹村づくり課長
  答
  県の指導を仰いで除草剤によ
る防除法が適しているということで
原液による除草を仲皿線を集中して
実施してある。そして、農家にはチ
ラシを配布して除去方法も知らせて
ある。その後の結果としては、大木
については根っ子の方から切ってあ
(7)
本村健次
議員
平成23年11月1日
広報たらま
平成23年3月多良間村議会定例会
平成23年9月多良間村議会定例会
平成23年11月1日
広報たらま
るので枯れてはいるがその根っ子
が 這 っ て 数m 離 れ た と こ ろ か ら 生
えてきている状況にある。
◇ 豊見山正教育長
◇ 羽地直樹村づくり課長
答 工事は三月二十一日に検査
  答
  台風時には道路上まで船を    
が 行 わ れ 引 き 渡 し も 行 わ れ た。 現
揚げて係留しているという状況は
場的には問題はなかったが関係書
確 認 し て い る。 今 年 度 は 県 へ の 要
類の差し替えを待っていたところ
望 に は 上 げ て い な い が、 来 年 度 要
担当者の勘違いもあり出納閉鎖を
望していきたい。
過 ぎ て し ま っ た。 チ ェ ッ ク 体 制 の
ので集水機能は十分に働いてい
甘さを深く反省している。
る。 現 在 は 降 雨 後 も 水 量 の 増 加
多良間中学校新増改築工事について。
が見られないということは貯水
◇ 豊見城玄淳議員
  問題箇所があったということで監査
池 の 水 漏 れ し か 考 え ら れ な い。 対
指摘があり真摯に受け止めている。   問
  地方自治法では出納閉鎖後 策 は ど う な っ て い る の か 伺 う。
の支出は現年度の歳出としなけれ
ば な ら な い と な っ て い る が、 六 月
◇ 羽地直樹村づくり課長
三十日の支出は何年度予算か伺う。
  答
  昨年末の大雨でほぼ満水状
◇ 豊見山正教育長
態まで確認したが、減り具合が大き
答 二 十 二 年 度 予 算 で あ る。 三 月
いということで、漏水していること  
三十一日に支出命令書が決裁されたこと
は確認した。補修工事については県
で年度内支出になるのではとの担当者の
と相談しながら早い方法で取り組め
◇ 豊見城玄淳議員
勘違いが今回の結果につながっている。
るように調整していきたいと思う。
  問
  七 月 十 四 日・ 十 五 日 に 実 施
された例月現金出納検査の結果報
告書をどう受け止めているか伺う。 ◇ 豊見城玄淳議員
前泊港船揚場の増設について。
羽地隆憲
議員
豊見城玄淳
議員
今回の件は日常業務に対する人
  問 材 育 成 に 問 題 が あ る と 思 う。 今 後 の 人
安 嘉 応 原 地 区 貯 水 池 の 漏 水 対 策   来年度県へ要望していきたい。
◇ 下地昌明村長
材 育 成 を ど う す る か。 ま た 職 員 採 用 も
について。   答
  中学校建設に問題箇所があ
◇ 羽地隆憲議員
試験採用を実施する考えはないか伺う。
つたと監査の指摘があり内容をみ
  漏 水 は 確 認 し て あ り、 補 修 工 事
問 近年漁船やプレジャーボー
て び っ く り し て い る。 仕 事 に 対 す
  は県と相談しながら取り組める    
ト等の小型船舶の増加に伴い船揚
◇ 下地昌明村長
る 取 り 組 み が 不 適 格 だ っ た。 こ の
  よう調整する。
場 が 手 狭 と な っ て お り、 台 風 接 近
日常業務の中に人材育成とい
結果を真摯に受け止めている。
  答  
時の陸揚げ場所の確保が困難と
う面から据えるべきなのか、私として
◇ 羽地隆憲議員
な っ て い る。 船 舶 を ロ ー プ で 固 定
は服務規程を全うしてなかったと考え
◇ 豊見城玄淳議員
  問
  貯水池周辺の側溝及び沈
できるよう係船環を設けた陸揚げ
ている。今回の件と職員採用は視点が
砂 池 等 は 清 掃 さ れ、 一 時 的 に で
  問
  工事請負代金が出納閉鎖後
違う。試験採用に取り組む考えはない。
場所の増設を計画できないか伺う。 に支出された原因を伺う
はあるが水量の増加は見られた
◇ 羽地直樹村づくり課長
  答
  チラシ等を再度作成して小
さいうちに撤去してもらうよう農家
の皆さんに呼びかけをしていきた
い。そして、集中している大木があ
る箇所は、主に放牧地なので地主等
とも話し合いをしながら、重機での
作業が可能かどうか検討して農家の
方にも協力を呼びかけていきたい。
◇ 本村健次議員
  問
  除草剤がほとんど効かない
ということであり人の手によって
徹底的に除草をやり安心して農業
ができる環境整備をやっていただ
き た い。 撲 滅 ま で の 予 定、 作 業 と
して今後の計画を伺う。
平成23年3月多良間村議会定例会
平成23年9月多良間村議会定例会
(8)
職員の服務について。
嘉手苅光徳
議員
◇ 下地昌明村長
  答
  職員がお互いを信頼し上司
に仕事の確認と決裁をもらう円滑な
仕事の仕方が村民へのサービス精神
につながると思う。服務規程等も作
成し各課に配布し、年度初め、年末
将来の多良間村発展のための人材育
成にもつながるのではないかと思う。
農業者戸別所得補償制度につい
◇ 羽地直樹村づくり課長
て伺う。
答 八 月 に 現 場 着 工 し て い る が、
◇ 嘉手苅光徳議員
   
対象作物は当村にはない。
株出しを立ててもらうという農家へ
  問
  平成二十三年度教育方針の  
の説明をしてあるので着工が遅れて
な か で、 知・ 徳・ 体 の 調 和 の と れ
◇ 嘉手苅光徳議員
◇ 嘉手苅光徳議員
い る。 早 め に 工 事 を 終 わ っ て 十 一 月
た 教 育、 公 共 の 精 神 を 尊 ぶ 教 育 と
問 上司と部下との間に信頼関係問頃を目途に工事を完了して植え付け
あるが子供達の八月踊りへの関わ     農業者戸別所得補償制度に
ついて多良間村はどのように進め
ができるように取り組んでいきたい。 が 成 立 し て 仕 事 を 円 滑 に 進 め ら れ る と
りについて伺う。
思うが、職員の服務態度に綱紀粛正が
ているか伺う。
必要と思われるが村長の考えを伺う。◇嘉味田勝彦教育課長
◇ 羽地直樹村づくり課長
ソルガムの普及について。
  問
  八月踊りの観客の前での演
技・ 演 舞 の 経 験 が 学 校 生 活、 今 後   答
  対 象 作 物 は 当 村 に は な い が、
  実証ほ場の結果等を踏まえて検討していく。
農地利用集積円滑化事業が今回の
の将来にも活かされ島を大事にす
補 償 制 度 に 該 当 す る の で、 不 在 地
る心を育て多良間村発展のために
◇ 森山実夫議員
な る 人 材 育 成 に つ な が る と 思 う。 主 へ の 説 明 会 等 を も ち、 こ の 事 業
を円滑に進めるよう農業委員会と
今後ともこの活動は続けていくべ
協力して取り組んでいきたい。
きだと信じている。  
八月踊りへの子供達の関わりに
ついて伺う。
◇ 波平敏一総務財政課長
等で問題点が解決できればいいことで
あり職員の試験採用は考えていない。   答
  道路標識、標示については公
安委員会を通して設置しているのが
現 状 で あ る。 農 道 に つ い て は 駐 在、
交通安全協会と連携し危険な箇所に
簡易な標識を設置していきたい。
道路標識、標示について伺う。
◇ 羽地直樹村づくり課長
仲皿西地区の村営土地改良事業
の職員会議で助言・指導している。
答 今年度は七名の農家で六ヘ
について。  
  道 路 標 識、 標 示 に つ い て は 公 安
クタールの実証ほ場を設けて、六種
◇ 嘉手苅光徳議員
  委員会を通して設置している。
  十一月を目途に工事を完了し植え付
類のソルガムを播種して反収、成分、
問 有能な人材確保も必要だと思う
けができるように取り組んでいく。    
コスト等を検討しながら、畜産農家
◇ 嘉手苅光徳議員
が職員の試験採用の考えはないか伺う。
の経費削減とか経営の向上に効果が問 
  農 道 十 字 路 の 標 識、 標 示 が
あるかどうか踏まえて今後必要性が
必 要 で あ る が、 ど の よ う に 考 え て
◇ 下地昌明村長
おられるか伺う。
あれば、畜産の機械導入事業等も検
職 員 の 質 の 高 め 方 は、 指 導 す
  答 討していけたらと考えている。
る先生方の招聘、専門的なことは研修
森山実夫
議員
事業工期が二十三年の八月十五
  服務規程等も作成し職員会議に
  問 日から二十四年の一月十一日となって   お い て 助 言 ・ 指 導 し て い る 。
いるが、九月十五日時点でもまだ事業
進行されていないが説明を求める。
◇ 森山実夫議員
平成23年3月多良間村議会定例会
平成23年9月多良間村議会定例会
問 収穫も良く、今後の畜産飼料と
   
してソルガムは有望と考える。当局と
し て の ソ ル ガ ム の 普 及 に つ い て 伺 う。
(9)
平成23年11月1日
広報たらま
平成23年11月1日
広報たらま
多良間島農家の皆様へ
  現 在、 村 と 沖 縄 総 合 事 務 局 土 地 改 良 総 合 事
務 所 で は、 新 た な 水 利 用 農 業 の 実 現 に 向 け て
多良間島における農業用水の安定確保の為の
調査及び事業化の可能性について検討を行っ
て お り ま す。 そ の 調 査 の 一 環 と し て、 自 然 の
雨 に 頼 る 従 来 の 農 業 と、 定 期 的 に 潅 水 を 行 っ
た 場 合 の、 農 作 物 の 生 長 や 品 質・ 収 量 等 に ど
の よ う な 違 い が 出 る の か を 比 べ る た め、 農 家
の 方 々 の 協 力 を お 願 い し て、 実 証 調 査 を 行 っ
て お り ま す。 実 証 調 査 を 行 う 農 作 物 は 下 記 の
とおりです。
多良間島の新たな水利用農業に向けて『水あり農業』を実証調査
▲潅水効果をPRするほ場と看板
●さとうきび︵株出︶
耕作者 西原輝
かんがい施設 Ⅱ 型︵定期的にホースにて
灌水を行っているほ場︶
      
見取り図
☎ 7 9 ー 25 0 3
  実 証 調 査 を 行 う ほ 場 に つ い て は、 案 内 板 を 設 置 し て あ り ま す の で、
お 近 く を お 通 り の 際 は ぜ ひ ご 覧 く だ さ い。 ま た、 こ の 件 に つ い て の
ご 意 見・ ご 感 想 ま た は ご 質 問 が あ り ま し た ら、 村 役 場 村 づ く り 課 ま
でお寄せください。
●サトウキビ夏植え(塩川地区、仲筋地区) ●サトウキビ株出し
●ドラゴンフルーツ ●かぼちゃ
(10)
広報たらま
平成23年11月1日
平成22年度多良間村財政指標について
■平成22年度健全化判断比率
地方公共団体の財政の健全化に関する法律(平成19年法律第94号)
第3条第1項の規定に基づく健全化判断比率
(単位:%)
実質赤字比率
連結実質赤字比率
実質公債費比率
将来負担比率
 健全化判断比率--
14.6- 早期健全化規準
15.00
20.00
25.0
350.0
 財政再生規準
20.00
40.00
35.0
備考:健全化判断比率のそれぞれの欄において「-」と標記されている場合は、実質赤字額、連結実質赤字額がないこと及び実質
   公債費比率、将来負担比率が算定されないことを表す。
■平成22年度資金不足比率
地方公共団体の財政の健全化に関する法律(平成19年法律第94号)
第22条第1項の規定に基づく資金不足比率
(単位:%)
 特別会計の名称
資金不足比率
経営健全化規準-20.0
 簡易水道事業特別会計
備考:資金不足比率の欄において「-」と標記されている場合は、資金不足額が
   発生していないことを表す。
代表選手活躍
14種目で入賞果たす
第66回全宮古陸上競技大会
 宮古島市陸上競技協会主催の第66回全宮古陸上競技大会が10月15日(土)∼16日(日)、新装なっ
た宮古島市陸上競技場で開催され、多良間からは12名の選手が派遣され、19種目に出場した。
 その結果、14種目で入賞(8以上)を果たし、そのうち5種目では3位入賞(表彰台)を果たした。特に、
一般男子砲丸投と円盤投に出場した西筋優貴選手は、円盤投で優勝、砲丸投で準優勝という大活躍を
見せた。
 総合成績では、16??ーム中13位だった。結果は以下のとおり。
■第66回全宮古陸上競技大会成績
宮古島市陸上競技場
平成23年10月15∼ 16日
平成23年10月20日報告会
順 位
予選
予選
7位
6位
7位
2位
2位
1位
6位
氏  名
渡口 角栄
渡口 角栄
島袋 雅也
佐久本 洋平
佐久本 洋平
島袋 雅也
西筋 優貴
西筋 優貴
仲筋 広行
記 録
1m10
順 位
予選
氏  名
高江洲 舞香
砲丸投
円盤投
7m90
22m67
3位
5位
垣花 ゆかり
垣花 ゆかり
一般男子
一般女子
壮 年
総 合
やり投
25m09
2位
高江洲 舞香
10位
10位
16位
13位
100m
40800m
砲丸投代円盤投代50砲丸投げ
13”4予選
糸数 晥
2’
40”59m62
11位
3位
清村 賢一
渡口 逸雄
24m15
5位
渡口 逸雄
9m27
5位
野原 賢一
16”04位
渡口 末子
●壮年の部女子代一般女子
種  目
走高跳
(11)
●壮年の部男子
記 録
12”627”559”84’
50”118’
51”71m65
10m37
29m92
35m10
一般男子
種  目
100m
200m
400m
1500m
5000m
走高跳
砲丸投
円盤投
やり投
40100m
■総合成績(18??ーム参加)
広報たらま
平成23年11月1日
9月牛セリ結果(23年9月29日実施)
◇全体
◇12??月以内
去 勢
成立頭数
成立(%)
販売価格(円)牝77
77
100.00
26,154,450
合 計
58
57
98.28
14,303,100
区 分
135
134
99.26
40,457,550
一 頭 あたり
区 分
上場頭数
去 勢牝420,000円
112,350円
248kg
339,668円
最高
最低
平均体重
平均価格
351,750円
126,000円
230kg
265,174円
10月牛セリ結果(23年10月19日実施)
◇全体
◇12??月以内
去 勢
68
68
100.00
17,215,800
世 帯 数 と 人 口9成立(%)
販売価格(円)月合 計
68
67
98.53
21,406,350
上場頭数
成立頭数8牝
(平成23年8月末現在)
総世帯数 529(- 2)
総人口
1,282(- 6)
男 689
女 593
区 別
人 口
世帯数
67(- 1) 28( 0)
土 原
118( 1) 48( 0)
天 川
137(- 2) 55( 0)
津 川
102( 1) 36( 0)
宮 良
147( 0) 60(  0)
嶺 間
192(- 2) 89( 0)
大 道
304(- 1) 120(- 1)
大 木
211(- 2) 89(- 1)
吉 川
4( 0)
水 納
4( 0)
出 生
転 入11
死 亡
転 出17
(  )内は前月比
誕 生
字仲筋 波平 真希さんの長男 琉球くん 平成23年8月8日
おくやみ
字仲筋 知念 正雄 平成23年7月30日(77歳)月区 分
136
135
99.26
38,622,150
一 頭 あたり
区 分
去 勢牝404,250円
147,000円
233kg
319,497円
最高
最低
平均体重
平均価格
336,000円
117,600円
223kg
265,994円
緊急ダイヤル
世 帯 数 と 人 口
(平成23年9月末現在)
火 災 村 消 防 (79-2619)119番
総世帯数
530( 1)
総人口
1,282( 0)
男 688
女 594
区 別
人 口
世帯数
67( 0) 28( 0)
土 原
118( 0) 48( 0)
天 川
136(- 1) 55( 0)
津 川
101(- 1) 36( 0)
宮 良
146(- 1) 60( 0)
嶺 間
193( 1) 89( 0)
大 道
306( 2) 121( 1)
大 木
211( 0) 89( 0)
吉 川
4( 0)
水 納
4( 0)
出 生
転 入
誕 生23
死 亡
転 出
警 察 官 派 出 所 (79-2010)110番
多良間診療所
急病人(1)
(2)
時間外
79-2101
090-6862-6490
(3)役場住民福祉課
79-2623
救急車要請 総務財政課(消防) 79-2619
歯科診療所医師
79-2162
停 電 沖縄電力多良間営業所 79-214723
断 水 役場住民福祉課
79-2623
家畜疾病 役場村づくり課
79-2503
LPガス JA多良間支所Aコープ 79-2339
(  )内は前月比
字塩川 名嘉真 滝彦・こずえさんの長女 藍夢ちゃん 平成23年9月8日
字塩川 名嘉真 辰巳・明日香さんの三女 蓮耶ちゃん 平成23年9月16日
おくやみ
字塩川 知念 幸子 平成23年9月13日(72歳)
字塩川 知念 武信 平成23年9月10日(93歳)
広報たらま
寄付金の
お礼
 いつも、広報たらまをご愛読頂きありがとう
ございます。また、多くのご寄付に感謝申し上
げます。右のとおり、ご寄付を頂きましたので、
掲載してお礼に代えさせて頂きます。
大変ありがとうございました。
石原 ツネ様(福岡県北九州市在)
ありがとうございました。
44
23
編集後記
☆今年の八月踊りは9 月5
日 か ら 3 日 間 開 催 さ れ た。
毎年のことですが、八月踊
りの日程は、旧暦なので一
定しない。その日程に左右
されるのが、秋の体育行事
である。第 回村陸上競技
大会︵キョーギカイ︶は、9
月 日に開催された。昨年
は8 月の後半だった。一昨
年は、台風などの影響を受
け て、 2 度 の 延 期 の の ち、
ついに開催することができ
なかった。
☆今年から、村体育協会の
事務局を担当することにな
り、八月踊りの日程がとて
も気になった。幸い、体育
協会の行事は、天候にも恵
まれてスムーズに運ぶこと
ができた。運営に携わって
頂いたスタッフに心から感
謝 す る と 同 時 に、 日 程 や 天
気にも感謝しなければなら
ない。ちなみに、来年の八
月踊りは、9 月 日からの
予 定 で あ る。 村 陸 上 競 技
大 会 は、 踊 り 前 の 8 月 後
半から9 月前半にかけて
日程調整することになる
と思います。
17

ファイルダウンロード