ジモトビラロゴ

第3次多良間村総合計画後期基本計画平成21年3月沖...沖縄県多良間村2015/02/07

ファイルダウンロード

テキスト引用

第3次多良間村総合計画
後期基本計画
平成 21年 3月
沖縄県多良間村
目次章 基本計画の意義と前提
-1第1節 基本計画の意義
第2節 基本計画の前提
1.計画の期間 ...............................................................…

….............................- 22.計画の区域 .......................................................................................- 23.計画人口...........................................................................................- 2序
第1章 島を支える確かな基盤づくり ..........................................................- 3第1節 土地利用の適正化
1.現状と課題 .......................................................................................- 32.施策の方向と体系 ............................................................................- 7第2節 交通条件の整備
1.現状と課題 .....................................................................................- 112.施策の方向と体系 ..........................................................................- 13第3節 情報通信基盤の整備
1.現状と課題 .....................................................................................- 162.施策の方向と体系 ..........................................................................- 17第4節 水道事業の拡充
1.現状と課題 .....................................................................................- 192.施策の方向と体系 ..........................................................................- 20第5節 地域防災体制の強化
1.現状と課題 .....................................................................................- 222.施策の方向と体系 ..........................................................................- 23第6節 消防・救急体制の強化
1.現状と課題 .....................................................................................- 272.施策の方向と体系 ..........................................................................- 28第2章 豊かな生活の基礎となる産業づくり..............................................- 31第1節 農業の振興
1.現状と課題 .....................................................................................- 332.施策の方向と体系 ..........................................................................- 39第 2節 漁業の振興
1.現状と課題 .....................................................................................- 422.施策の方向と体系 ..........................................................................- 43-
第 3節 林業の振興
1.現状と課題 .....................................................................................- 472.施策の方向と体系 ..........................................................................- 47第 4節 製造加工業の振興
1.現状と課題 .....................................................................................- 502.施策の方向と体系 ..........................................................................- 50第5節 観光産業の振興
1.現状と課題 .....................................................................................- 542.施策の方向と体系 ..........................................................................- 54第 6節 商業の振興
1.現状と課題 .....................................................................................- 582.施策の方向と体系 ..........................................................................- 58第3章
健康で快適な生活づくり................................................................- 60-
第1節 生活環境の整備
1.現状と課題 .....................................................................................- 602.施策の方向と体系 ..........................................................................- 60第2節 環境衛生の改善
1.現状と課題 .....................................................................................- 642.施策の方向と体系 ..........................................................................- 65第3節 保険医療の拡充
1.現状と課題 .....................................................................................- 692.施策の方向と体系 ..........................................................................- 69第4章 明るく安らぎに満ちた暮らしづくり..............................................- 73第1節 地域福祉
1.現状と課題 .....................................................................................- 732.施策の方向と体系 ..........................................................................- 73第2節 高齢者福祉と介護保険
1.現状と課題 .....................................................................................- 762.施策の方向と体系 ..........................................................................- 77第3節 児童福祉
1.現状と課題 .....................................................................................- 802.施策の方向と体系 ..........................................................................- 77第4節 母子・父子・寡婦世帯の福祉
1.現状と課題 .....................................................................................- 842.施策の方向と体系 ..........................................................................- 84-
第5節 障害者福祉
1.現状と課題 .....................................................................................- 862.施策の方向と体系 ..........................................................................- 86第6節 国民年金
1.現状と課題 .....................................................................................- 882.施策の方向と体系 ..........................................................................- 89第7節 国民健康保険
1.現状と課題 .....................................................................................- 902.施策の方向と体系 ..........................................................................- 90第5章 島を支える人づくり.......................................................................- 92第1節 幼児教育の向上
1.現状と課題 .....................................................................................- 922.施策の方向と体系 ..........................................................................- 92第2節 学校教育の向上
1.現状と課題 .....................................................................................- 952.施策の方向と体系 ..........................................................................- 96第3節 生涯学習の充実
1.現状と課題 .....................................................................................- 992.施策の方向と体系 ..........................................................................- 99第4節 伝統文化の継承
1.現状と課題 ...................................................................................- 1012.施策の方向と体系 ........................................................................- 101第6章 計画行政を円滑に進めるために ...................................................- 103第 1節 村民の積極的参加
1.現状と課題 ...................................................................................- 1032.施策の方向と体系 ........................................................................- 103第 2節 行政運営の適正化
1.現状と課題 ...................................................................................- 1062.施策の方向と体系 ........................................................................- 106第3節 財政運営の効率化
1.現状と課題 ...................................................................................- 1082.施策の方向と体系 ........................................................................- 106-
序章 基本計画の意義と前提
第1節
基本計画の意義
この後期基本計画は、第3次基本構想を踏まえ、平成 18年度から5年間のよ
り具体的な振興の方向を示し、行政の施策体系を提示するものである。
第3次基本構想においては、本村の豊かな自然と島びとの心境が息づく歴史
と風土を生かした村づくりを進めるために、
「南の海に浮かぶ沖縄の心のふるさと・ゆがぷう島たらま」
を村勢発展の将来像とした。この将来像には、島の美しい自然や伝統文化を大
切にすることにより、失われつつある沖縄の古き良き姿を保持しながら、対外
的にも魅力的な村づくりへの強い願いが込められている。そして、将来像の具
現化に向けて、つぎのような三つの基本方向を定めた。
1.美しく絵になる島づくり
2.活き活きとした地域づくり
3.島に根ざした人づくり
この基本方向に即して、5つの基本テーマを設定し、施策の大綱を定めた。
1.島を支える豊かな基盤づくり
2.豊かな生活の基盤となる産業づくり
3.健康で快適な生活づくり
4.明るく安らぎに満ちた暮らしづくり
5.島を支える人づくり
この基本計画は、本村の将来像と、その具現化に向けて設定した振興の基本
方向に沿って、後期5年間に実施すべき政策を示したものである。
本村の振興課題は、依然として「過疎化の歯止めと少子・高齢化対策」にあ
る。村では、この課題の解決に向けて、各種の施策を展開してきた。産業基盤
は整い、村民の定住条件は改善されつつあるが、更なる発展を期すためには、
抜本的な施策展開が求められている。最大の課題であった新多良間空港は、平
成 15年 10月に供用開始された。今後は、新しい産業の導入と起業活動を促し、
村民生活の質的向上を図ることが重要である。
-1-
第2節 基本計画の前提
1.計画の期間
この基本計画の計画期間は、平成 18年度を初年度とし、平成 22年度を目標
年度とする。しかし、実施期間が 22年度を超える事業については、その事業の
計画期間に即して、目標年度までの事業の達成状況を確認し、円滑な実施を図
る。
2.計画の区域
本計画の区域は、基本的に多良間島および水納島を含む村全域とするが、計
画内容によっては、宮古広域圏との連携のもとに共同で実施するものも含む。
3.計画人口
本村における平成 17年 10月現在の住民基本台帳人口は 1,454人である。将
来の自然人口推計では減少傾向にあるが、産業や生活基盤の活性化により、現
状維持から微増を目指すものとする。
計画人口(各年10月値)
1,600
1,460
1,466
1,472
1,478
1,484
1,490
計画増
1,200
自然人口推計
800
1,446
1,435
1,454
1,396
1,368
1,350
1,344
1,337
1,332
4000平成15年 平成16年 平成17年 平成18年 平成19年 平成20年 平成21年 平成22年 平成23年
住民基本台帳人口
-2-
第1章
島を支える確かな基盤づくり
第1節 土地利用の適正化
1.現状と課題
本村は、宮古郡に属する多良間島と水納島の2つの島で構成され、面積は、
多良間島が 19.75??、水納島が 2.15??、2島合わせて 21.91??である。多良間
島は、宮古島と石垣島のほぼ中央に位置し東西 5.8??、南北 4.4??であり、その
北方約 8??沖合に水納島がある。
多良間島は、全域が隆起さんご礁で形成され、二枚貝をふせたような形状を
している。地形は総じて平坦で、集落の西側にある八重山遠見台が標高 32.8m
と最も高く、南の方へなだらかに傾斜した後、平坦地が海岸へと続いている。
北側の小高い丘およびその周辺地域には、緑地が集落を包み込むように発達
している。島の周辺部には砂浜が多く、特に、北側に長い砂浜がある。また、
島の周辺の海域はさんご礁が取り囲み、イノーが広い範囲に発達している。
水納島も隆起さんご礁の小さな島である。地形は平坦で、土壌は保水力の乏
しい砂質土壌からなる。
本村の土地利用の状況をみると、平成 17年には、畑地が 10.36??となり、全
体の 92.5%となっている。宅地は 0.29??(2.6%)、原野は 0.55??(4.9%)とな
っている。
土地利用で特徴的なことは、現況農地の増加があげられる。平成 12年から平
成 17年の変化でみると、農用地は、11.45??から 19.92??と 8.47??の増加がみ
られる。これは、農用地内の遊休地の開発や牧草地造成が行われた結果と考え
られる。宅地は、人口流出に伴う家屋の撤去等が進み、空き地が増加している
が、面積はほとんど増減なしの状況となっている。
本村は、さとうきび栽培中心の耕種農業と畜産を農業経営の基軸として発展
してきた。近年、農業だけに依存する産業構造から、観光とリンクした産業の
振興を望む声が高まっている。産業構造の変化は、土地利用の変化をもたらす。
今後、観光関連部門の発展が見込まれることから、この分野での土地利用が増
加するものと見られる。新空港用地もこの分野に含まれる。恵まれた自然環境
-3-
と、その中で形成されている地域独自の集落景観と穏やかな住民生活を損なわ
ないような土地利用の適正化が求められている。
◆市町村別地目別民有地面積
総 数
平成11年
平成12年
平成13年
平成14年
平成15年
平成16年
平成17年
単位:㎢田畑
宅地
山林
原野
11.28010.37
0.26011.22
11.18
11.41
11.40
11.40
11.19000000
10.32
10.29
10.54
10.56
10.56
10.36
0.26
0.28
0.28
0.29
0.29
0.29000000
※ そ の 他 は 鉱 泉 地 、 池 沼 、 牧 場 、 雑 種 地 の 計 。
その他
0.6400.6400.6000.5900.5500.5500.550資料:沖縄県統計年鑑
※各年1月1日現在
(1)農用地域
本村の土地利用は、農業的利用を中心としているために、農用地区域面積が
大きい。平成 17年には 19.92??となり、全面積の約 91%を占め、ほぼ全域が
農用地域に指定されている。
効率的な土地利用を目指して「土地改良総合整備事業」
「農村総合整備モデル
事業」
「草地開発事業」などの農業振興事業が実施された。肉用牛の飼育のため
の草地開発が農用地を拡大させた要因である。
◆農業振興地域の概要
年 月
単位:平方キロメートル
総面積
農用地
区域面積
現況農用
地面積
普通畑
牧草地
果樹園
平成14年3月
21.91
19.93
14.92
12.58
2.34-平成15年3月
平成16年3月
平成17年3月
21.91
21.91
21.91
19.92
19.92
19.92
14.92
14.89
14.89
12.58
12.55
12.55
2.34
2.34
3.582資料:宮古の農林水産業「農業関係統計」
良好な生活環境を維持するためには、過度な農地開発や草地開発は避けなけ
ればならない。生産性の低い土地の開発は、環境を悪化させるだけでなく、農
業の発展を阻害しかねない。緑地保全や生活環境との調和を保ちながらバラン
スの取れた土地利用を進めることが大切である。
本村の農業は、農家数の減少、経営者の高齢化、後継者不足など、不安定な
経営を余儀なくされてきた。限られた人的資源で効率的な農業経営を進めるた
めには、如何にして土地の有効利用を図るかが大きな課題となっている。ほ場
整備や土地改良事業等の諸事業を積極的に進め、農業を取り巻く諸条件を整備
-4-
しながら、農地の高度利用を図らなければならない。
(2)集落地域
多良間島における宅地は島の北側に集中し、小高い丘に護られるように分布
している。集落域面積は、長年、ほとんど変わっていない。一方、世帯数は、
国勢調査の結果でみると、平成 12年から平成 17年にかけて減少したものの 500
世帯余で推移している。核家族の世帯数は平成 7年以降増加傾向にあり、平成
17年には 298世帯と総世帯の 59.2%を占めることからこれらの世帯の宅地需要
が高くなっている。農地から宅地への転用は容易ではなく、住宅需要の増加に
応えるためには、空家、空地の活用が求められている。
村営の住宅建設は、このようなニーズに応えたものであるが、今後、Uター
ン者や移住者の増加による世帯数の増加が予想され、宅地に対する需要が増加
するとみられることから、遊休化している空地の活用を進め、宅地需要に対応
しなければならない。
◆世帯構成状況の推移
項目
昭和50年 昭和55年 昭和60年 平成2年
平成7年 平成12年 平成17年
総世帯数
458
450
493
472
505
522
503
一人世帯
79
65
94
92
145
160
121
核家族 世帯数
238
257
282
277
268
278
298
夫婦のみ
65
81
97
96
97
107
110
夫婦と子供
141
139
145
141
132
125
136
一人親と子供
32
79
40
40
39
46
52
資料:国勢調査報告書各年版
村内には、学習施設として、中央公民館、各区公民館、塩川集落センター、
仲筋集落センター、村立図書館、ふるさと民族学習館等があり、学習・レクレ
ーションの場として活用されている。また、人々の信仰の場として御嶽が多く、
うじこ
管理は、主に氏子や字民が自主的に行い、祭事などが定期的に行われている。
これらの施設は、官民一体となって管理する体制が求められる。
集落内の道路や歩道は、地域における快適な生活環境を創り出すものとして
重要である。しかし、その整備が伝統的な集落景観を壊すものであってはなら
ない。地域の環境と調和した地域独自の景観に留意した道路整備でなければな
-5-
らない。
村外との交通アクセスの整備は、観光客および外来者の増加を促す。その結
果、商業サービスに対するニーズが高くなり、喫茶店や商店など、外向きの商
業機能の集積が必要になる。これらのニーズに応えられるような行政の取り組
みと土地利用のあり方を検討しなければならない。
(3)海浜施設
本村の両島の周囲を取り巻く美しい海岸線、青い海と白い砂浜が織りなす景
観、周囲の澄みきった海は、村民にとって天賦の財産であるとともに、訪れる
人々にとっても貴重な観光資源である。
多良間島の北側には前泊港があり、その両側には白い砂浜が発達している。
この砂浜は、東側の三ツ瀬公園まで続き、それから先に、宮古製糖多良間工場
を近くに控えた普天間港がある。普天間港を過ぎて南に下ると、
「報恩の碑」の
立つ宮古市の森公園にいたる。この辺りも砂地の発達が顕著で、随所に海浜レ
クレーションに適した場所がある。
前泊港西側の海浜は、村民の海水浴場として利用され、また「宮古市の森」
周辺は、沖縄コミュニティアイランド事業の一つとして、公園及びその周辺の
整備事業が国・県の協力のもと実施されている。
島の環境保全に配慮しながら、地域経済の持続的発展を維持するためには、
海浜環境の保全を第一に、調和のとれた海岸域活用に努めることが必要である。
(4)緑地帯
本村の緑地帯は、集落の北側に集落を包み込むように広がり、島の周辺の海
岸部へと続く。また、農用地には、防潮・防風林が帯状に植えられている。こ
れらの緑地帯は、居住地や農用地を台風や潮害から護る重要な役割を持つ。
本村の集落形成の特色は、集落の周辺に緑が多く、多数の御嶽や文化財があ
り、これらを保護するように森や林が発達している。また、居住地には、フク
ギなどの屋敷林が多い。このような集落形態は、長い歴史の中で、先達の知恵
と努力によって大切に護り引き継がれてきたものである。
これまで護り育ててきた集落形態と空間の維持・創造は、村民の快適な生活
-6-
を求めるためにも、また、観光産業の適正な発展にとっても必要なことであり、
緑地帯の保全は重要な課題となっている。
農業基盤整備、土地改良、草地造成等、各種の開発行為により、村内の山林・
原野は減少しているが、緑地の持つ重要な役割を低下させないためには、関係
機関との連携強化、防潮・防風林の広範囲にわたる植栽、水源涵養林整備等の
課題は多い。植栽樹種の見直しも必要である。
2.施策の方向と体系
本村の産業活動の円滑化と快適な村民生活を維持するためには、豊かな自然
環境と集落環境を保全することが大切である。そのために、適切で有効な土地
利用を進めるものとする。本村における望ましい土地利用の方向は、緑地保全
と農業、漁業、観光産業等の産業活動との調和を図りながら、緑と花に囲まれ
たゆったりした雰囲気の中で、村民生活が「生きがい」の創造に結びつくよう
な適切なものでなければならない。土地利用の基本方向は、つぎの 4項目を基
本に進める。
(1)緑地の保全
本村の緑地の面積は、序々に減少している。これは土地改良による畑地周辺
の緩衝緑地の減少、牛の放牧のための牧場開発による森林帯の減少、空港移転
に伴う森や林の消滅等、開発行為の進展により緑が減少したものである。本村
の産業の発展のために、どの程度の緑地保全が望ましいか、総合的な検討を踏
まえた上で、関係機関の協力を得ながら、
「緑地の保全と開発との調和」に努力
する。
海浜地域や農地、居住地域を台風等の自然災害から護るために、防風・防潮
林の造成を積極的に進める。また、表土の流出、地下水源の保全のために、涵
養林の育成と拡充に努める。
集落内の緑地は、防風・防潮の役目を持つだけでなく、集落景観を高め、住
民の生活を潤いのあるものにし、外来者に安らぎを与える役割も持っている。
-7-
(2)農用地の開発と保全
本村の農用地は、主として畑地と牧草地に分けられる。島全体が平坦であり、
かんばつ
風害や潮害、旱魃の被害を受けやすい地域条件下にある。農地をこれらの災害
から守るために、緑地の保全と育成に努める。
国や県においても、土地改良事業に関して従来の手法に改善を加えている。
農地の区画整理や排水施設等の整備について、環境に配慮しながら土地の生産
性を高めるような事業へ転換する方針を打ち出している。本村では、これらの
新たな指針や施策に沿って農用地の基盤整備事業の拡充に努力する。
また、基盤整備事業の実施に当たっては、表土の流出防止に努める。
農業の経営基盤は、さとうきび生産と肉用牛の飼育を統合した複合経営が適
しており、本村の気候・土壌などの地域特性に合致した農地開発を行う。
(3)集落環境の保持と創造
本村の集落形態は独自の形態を呈し、集落環境形成には独自性を保持するこ
とを基本とする。公民館広場等、住民の日常生活との結びつきが強い場所につ
いては、住民が集まり楽しみ、そして、憩いと安らぎが等しく享受できるよう
に、快適な環境整備に努める。
村民が快適に生活するために、日頃から創意工夫して造り上げている生活空
間は、外来者にとって魅力を感じさせるものであり、日頃接しない空間として、
歓迎される。集落内の道路の整備を適切にしながら、屋敷林や石垣・垣根等に
よる集落景観を創造するような街づくりを推進する。
集落環境の景観を損ねているものが住宅の撤去により生じた空屋敷である。
空地は畑地として活用されているが、宅地としての利用を促進させる。
(4)海岸域の保存と活用
本村の海岸域は、港湾や漁港としての利用が先行し、海浜レクレーションの
場としては、前泊港西側の海水浴場としての利用、
「報恩の碑」が立つ海岸域の
メモリアルパークとしての利用、東側の三ツ瀬公園、西側のトゥガリ゜ラ公園
等がある。レジャー活動の増大は、海浜や海域利用のニーズを刺激し、海岸線
の開発を求める要求が高まるものと予測される。海岸線保全の基準を明確にし、
-8-
過度な開発にならないように留意する。
(5)旧多良間空港跡地利用の方向性
新空港の平成 15年度に供用開始に伴い、空港の跡地利用についてこれまで検
討されてきた。同年 9月には「多良間空港跡地利用計画」が策定され、今後の
方向性が示されている。空港跡地に導入すべき事業として、
「山羊放牧」の推進
が示されている。周辺土地利用との整合性、多良間ブランドとしてポテンシャ
ルが高いこと、牛も含めた畜産の島への展開、観光関連産業としての効果など
が見込まれ、将来性に期待が寄せられている。
平成 15年、新空港の供用開始によって、航空輸送能力が大幅に増大し、観光
客を含め外来者が増加している。観光客の増加は、村内経済の活性化を促し、
産業の発展に連動するものであるが、一方で、海浜利用の増大は、海浜域の汚
染、海水の汚濁を招くことにもなりかねない。今後は、ゴミの回収体制、水域
利用の管理など、汚染防止に向けた監視体制の強化が求められる。また、生活
排水の処理を適切にするため下水処理施設の整備を進める。海浜や海岸に近い
地域での開発行為に関しては、充分な監視と管理を行い、汚染水の流出防止に
対する万全の措置を講じる。
また、美化意識の啓発に努め、美化・景観計画の推進を展開し、汚染防止と
併せて、周辺の景観と融合した花木などの植栽を計画的に進める。
-9-
【施策の体系】
●防風・防潮林の造成
●表土の流出防止
緑地の保全
●地下水涵養林の保全・造成
●基盤整備事業の拡充
●農業適地及び草地の整備
農用地の開発と保全
●区画整備規模の適正化
●快適な居住環境の創出
集落環境の保全と創造
●空屋敷の活用・整備
土地利用
の適正化
●公共施設の整備
●海岸緑地の保全と創出
●海岸域の景観整備計画の推進
海岸域の保全と活用
●たらまゆがぷうランド計画の拡充・管理
●旧空港跡地利用計画の推進
旧多良間空港跡地利用
の方向性
●山羊牧場の整備
- 10-
第2節 交通条件の整備
1.現状と課題
本村の交通は、村域と村域外を結ぶ対外交通と村内交通に分けられる。対外
交通は、船舶による海上と航空交通がある。
海上交通は、平良港を往復する多良間海運フェリーによる交通が主である。
運行回数は年間で 200回前後となり、利用客数は、往復 3,000人をこえる。そ
の拠点港が普天間港と前泊港であり、一般港として整備されている。また、前
泊港が漁港および水納島との連絡港として活用されており、水納島との往来は
小型の快速船が就航している。
今後、観光産業の発展によって海域利用の観光産業が活発になれば、港の利
用頻度が多くなることから、港の重要性は大きくなるものと考えられる。また、
農業や漁業の活性化のためにも港湾施設および付帯設備の整備は重要であり、
各種の地域産業や観光と連携した高度な海上交通システムの開発が今後の課題
である。
◆海上輸送実績
平成9年 平成10年 平成11年 平成12年 平成14年 平成15年 平成16年 平成17年
項目
運行回数
定期
103.5
96
96
140
216
205
193
219
利用者
人数
1,268
1,232
1,679
3,171
7,914
6,508
3,978.5
3,313.5
特殊手荷物(個)
134
93
157
132
185
189
183
186
郵便物(個)
814
619
733
1,740
5,161
1,847
184
102
貨物(トン)
11,242
10,326
11,426
12,116
14,169
13,880
11,615
11,376
1,150
1,050
自動車輸送
台数
1,266
1,380
1,986
1,526
1,422
1,239
資料:離島関係資料、沖縄総合事務局「運輸要覧」
航空交通は現在、多良間∼宮古、多良間∼石垣の2線が就航している。年間
の利用者数は、35,000人前後で推移している。
◆航空路線
航空路線
多良間∼宮古
多良間∼石垣
飛行距離
機種
86??
87??
DHC8
BN2B
- 11-
運行便数
(日)
15分
2/日
15分
1/日
資料:離島関係資料
所要時間
◆航空輸送実績の推移
旅客・貨物、路線の別
旅客(人)
貨物(kg)
平成9年 平成10年 平成11年 平成12年 平成15年 平成16年 平成17年
多良間・宮古
31,120
29,715
33,091
32,699
33,213
34,505
33,621
多良間・石垣
4,128
3,591
3,656
3,363
2,132
1,805
1,804
多良間・宮古
128,171
116,854
132,831
134,500
125,938
151,570
140,691
多良間・石垣
49,487
46,421
40,069
34,516
14,636
13,279
9,720
資料:県離島関係資料
村内交通は、自動車、自転車利用が多い。人、物の輸送は、自家用自動車に
よる。車の保有台数は、平成 14年以降、増加傾向にあり平成 17年には 954台
となり、車種別には、貨物用自動車 363台、乗用自動車 215台、軽自動車 311
台、特殊自動車 58台、乗合自動車 3台、小型二輪 4台となっている。乗合自動
車は、限定条件付の乗り合いバスで、空港と集落を結ぶ手段として活用されて
いる。
◆車種別自動車保有台数の推移
年次
車両合計
平成14年
登録車両
小型二輪 軽自動車
合計
貨物用
乗合用
乗用車
特殊
932
649
3462248
532281
平成15年
938
632
3392236
553303
平成16年
955
638
3513226
585312
平成17年
954
639
3633215
584311
資料:沖縄総合事務局陸運事務所
村内の交通基盤は、道路網である。道路網の整備は、村民生活の向上や産業
の振興を図る上で、最も重要な基盤整備の一つである。
本村の道路は、一般県道、村道、農道等に分けられる。平成 17年 4月 1日現
在の総延長は、128,384??ートル、改良率は 30.2%となっている。内訳をみる
と、一般道路が 8,489??ートルで改良率 96.2%、村道は 119,895??ートルで改
良率 46.9%となっている。また、多良間空港の開設に伴い、多良間空港線が開
通した。
これらの道路の維持管理に加え、歩道やガードレール等の安全施設、案内板
や誘導標識の設置が今後の課題である。
農道については、特に居住地域に近い農道の場合、村民生活に関わりが強く、
生活道路としての役割や幹線道路との連結道としての機能を持っていることに
留意し、重点的に整備する必要がある。
道路網を整備する上で最も重視しなければならない課題は、交通事故の防止
- 12-
である。これまでの道路整備は、車両交通を円滑にすることを優先に実施して
きた。今後においては、安全面を重視した対策を立てる必要がある。道路の側
溝や歩道の整備に加え、ガードレールや標識等の安全面を考慮した道路整備の
あり方を検討しなければならない。
2.施策の方向と体系
(1)交通の円滑化
島外交通の一つである海上交通については、その拠点である港湾の整備が重
要であり、継続的な整備を進める。一般港である普天間港、前泊港に関しては、
新たな産業振興の推進、村民生活の向上のために、港湾整備を継続して実施す
るものとする。特に、観光振興を村の発展の大きな原動力として位置づけるた
めには、宮古や石垣との海上交通に加え、水納島との唯一の交通の拠点である
前泊港の機能強化は大切である。たらま漁港は、漁業活動の拠点であるが、普
天間港の補完的な役割を持つ港として活用を検討する。
新空港の整備によって、対外交通は飛躍的に増加した。外来者の増加は必然
的に域内交通の増加をもたらすことから、空港と集落との交通アクセスを円滑
にするための道路網を整備する。
生活道路においては、村民生活を優先するような交通アクセスの整備を図る。
集落内においては、自動車だけでなく、自転車や二輪車の利用も多く、これら
に対応した道路網の整備が必要である。
農道は、基幹産業である農業の振興を図る上で重要な道路である。農作物の
作付けや収穫時における農業資材や農作物の搬送目的だけではなく、農業用車
輛の駐車スペースとしても必要である。狭い農道については、往来に支障を来
さないよう駐車帯を設けるなどの整備を推し進めていくことも検討する。農道
以外の県道、村道についても、交通の安全性に重点を置いた道路の拡幅・舗装
整備を推進する。
本村の道路の利便性、安全性を図る上で重要なことは、標識案内板の設置で
ある。これらの整備は、観光誘客にとっても必要である。
- 13-
(2)安全性の確保
村内の交通は、ほとんど自動車に頼っているが、二輪車の利用も多い。集落
と空港の交通は、航空ダイヤに合わせて運行している小型バスがある。
村民の自動車保有台数は年々増加し、交通量も増えている。また、空港の整
備に伴い、観光客や外来者の増加は明確であり、自動車交通の増加は避けるこ
とが出来ない。また、二輪車利用も増加することが考えられる。その中で交通
量の増加に伴って、
「安全性の確保」が重要になってくる。特に、児童生徒の通
学路となる道路や、人通りの多い道路に関しては、歩道・自動車道の整備に加
え、安全柵(ガードレール)の整備を推進する。歩道の整備にあたっては、障
害を持つ人へ配慮した「バリアフリー」の設計コンセプトを導入していくもの
とする。
通行の安全を確保するために、道路照明や街灯整備・拡充を図る。街灯は、
夜間通行の安全性を確保するためのものであるが、観光名所などにおいては、
観光客が夜間に訪れることも考慮して照明施設を検討する。この場合、周辺の
環境へ充分配慮するものとする。
(3)集落景観の整備
集落の景観形成は、そこに住む人々の日常生活に潤いを与えるだけでなく、
外来者に対しても、住んでみたいという心の安らぎを覚えさせるものである。
庭の植栽や道路沿いの緑の整備によって集落景観を高めるように、村民の協力
を求めていく。街路樹の植栽管理にあたっては、庭木いじりを趣味とするお年
寄りの協力を求めたり、沿道の樹木をアート感覚で植栽するという方法を進め
る。また、観光資源として活かすために、通年にわたり季節の花が見られるよ
うな環境と昆虫や鳥の飛び交う空間を創る。
本村には、随所に御嶽や神社があり、遺跡や文化財が多く、その周辺には、
抱護林や植物群落が発達している。これらの緑地帯は集落を台風や潮害から護
り、冬は暖かく夏は涼しく、人に優しい居住環境を維持する役割を持っている。
村民の協力を得ながら、緑地の維持管理を継続的に行うものとする。
- 14-
【施策の体系】
●交通アクセスの整備
●道路拡幅・舗装整備
●港湾付帯施設の整備
交通の円滑化
●幹線道路との連結促進
●標識案内板の設置
●歩道・自転車道の整備
交通条件
の整備・
拡充
●安全施設の整備
安全性の確保
●標識の設置
●街灯の整備・拡充
●街路樹の植栽
●緑地帯の設置
集落景観の整備
●排水溝の整備
- 15-
第3節 情報通信基盤の整備
1.現状と課題
通信体系は、村民生活の安定と向上、産業の振興を円滑に進める上で重要な
課題として整備が進められてきた。一般電話加入機の普及状況は、平成 17年度
には 630台の加入台数となり、人口比率では、43.2%となっている。最近、携
帯電話の普及が著しく、さらに、インターネットの利用も盛んになっている。
緊急時の施設として防災無線放送施設が整備され、非常時の災害・防災情報を
提供している。
◆一般加入電話機普及状況
項目
平成12年度 平成13年度 平成14年度 平成15年度 平成16年度 平成17年度
622
670
加入台数
44.0
46.7
普及率(%)
注:普及率は人口総数に対する比率
690
48.1
669
46.4
622
630
44.0
43.2
資料:宮古概観
本村のテレビ受信については、平成4∼5年度に実施された郵政省の「先島
地区民法テレビ放送難視聴解消事業」によって、宮古・八重山地域に海底ケー
ブル回線の敷設や中継局の建設が進められ、平成5年 12月 16日から民法 2局
(RBC、OTV)の同時受信が可能となった。
平成 13年の電波法の改正により、アナログテレビ放送による周波数の使用が
10年以内に停止することになり、平成 23(2011)年までにアナログ放送が終了
することになった。それに伴い平成 18年 12月に関東・中京・近畿で地上デジ
タル放送が開始、沖縄本島では、平成 18年 4月・12月に放送が開始される予
定である。本村でも地上デジタル放送の開始に向けて幅広い世帯への情報提供
が必要となる。
ラジオ放送は、時間帯によって受信状況が悪くなるので、公共放送の難視聴
解消事業の進展が望まれる。
今後の課題として、沖縄本島や県外との情報通信格差是正に向けて、各種関
連事業の進展を図ることや、高度情報機器を利用した様々な分野での応用を推
進する必要がある。
- 16-
2.施策の方向と体系
(1)通信体系の拡充
通信体系の整備は、住民の生活向上と安定、産業の振興を図る上で重要であ
り、また、来訪者の通信・連絡を円滑にするためにも大切である。村民の安全
確保を目的に、防災無線放送施設を整備し、災害時の情報提供事業などを実施
してきたが、今後は、地震等あらゆる災害に備えて、災害・防災情報を的確か
つ迅速に伝えるための防災無線の機能拡充が必要となっている。
(2)電波障害の改善
郵政省の事業により、民法テレビの同時受信、宮古圏域での携帯電話の使用
等は可能となったが、ラジオ放送について、どの時間帯でも正常な受信ができ
るように、電波障害の改善に努めるよう関係機関に働きかける。
平成 23(2011)年の地上デジタル放送への移行に向けて、情報提供をはかり
スムーズな移行を促すよう努めるものとする。
(3)情報通信システムの普及促進
高度情報化社会の進展により、本村においてもマルチメディアに接触する機
会が増えた。今後、インターネット等の利用者増大が予想されることから、情
報通信システムの整備普及に努め、村での具体的な活用についても検討する。
多良間村の観光名所等を掲載したホームページは開設しているが、内容の充
実を図るため、高度情報化社会に対応したシステムを導入し、ホームページ内
で、本村の特産品等の販売を行うことなどを検討する。
本村において、将来、最も期待されるのは、村民の健康や医療にかかわる遠
隔医療ネットワークや広域救急医療システムなどの医療通信システムの構築で
ある。県が実施するマルチメディアアイランド構想に沿いながら、本村におい
ても利・活用の仕組みづくりを検討する。また、産業部門での活用にも検討を
加え応用範囲を広げる。
- 17-
【施策の体系】
●防災無線放送施設の整備拡充
通信体系の拡充
●広域の田園マルチメディア接続
情報通信
基盤の整備●ラジオ放送受信の改善
●デジタル放送移行への情報提供
電波障害の改善
●情報通信施設の拡充
●情報通信システムの整備
情報通信システムの
普及促進
●ホームページのデータ更新
●医療通信システムとの接続
- 18-
第4節 水道事業の拡充
1.現状と課題
本村の水道事業は、多良間島では簡易水道事業、水納島では飲料水供給事業
として運営している。水源は、多良間島では地下水、水納島は集水グラウンド
方式により貯水池に集水した雨水を浄化して使用している。
多良間島の地下水は、地下の滞水層が琉球石灰岩で構成されているため、カ
ルシウム、マグネシウム等の含有量が多く、また、塩素イオン・硝酸及び亜硝
酸性窒素や蒸発残留物などの濃度が基準値を超えることが指摘されていた。村
民に良質な生活用水を供給する観点から、平成7年度に水処理対策検討委員会
を設置し、生活用水の質の改善と供給システムの改善策を検討した。平成8年
から9年には国・県の補助を確保し、簡易水道水質改善事業を実施し、平成 10
年4月から良質の浄水を供給している。
多良間島では地下水を生活用水として利用していることから、地下水の汚染
防止は、村政にとっては大きな課題である。浄水処理施設を整備し、水質を基
準値以下に改善したとはいえ、農業用水や草地面積が大きく、雨水が地下に直
接浸透しやすいため、化学肥料による汚染水が地下水に混入しやすく、健康へ
の影響が懸念されている。そのため、平成 18年度事業として、農業用水の水源
開発を目的に、国営地下ダム調査が行われ、土壌水分調査、ボーリング調査や
地域の自然生態系等の環境調査などが実施されることになっている。
また、本村は、下水道施設の整備が遅れているため、生活雑排水については、
十分な処理がなされていない。このことが地下水汚染の危険性を高める結果と
なっている。村民に地下水の水質保全に関する啓発を行っているが、生活様式
の変化により生活雑排水の増加をともない、効果的な対策が見出せないままに
なっている。
本村の生活用水の使用量は、平成 17年度で約 20万㎥となり、総量は減少傾
向にある。一日当たりの給水量は平均して 500??、1人 1日当たりの給水量は
平均で 419ℓとなっている。
- 19-
◆給水量の実績
年度
平成13年度
平成14年度
平成15年度
平成16年度
平成17年度
1,359
1,348
1,343
1日当たりの給水量 1人1日当たりの給水
(㎥)
量(ℓ)
最大給水量 平均給水量 最大給水量 平均給水量
195,523
600
536
442
394
188,335
600
516
445
383
271,510
656
742
488
552
1,389
1,314
267,524
200,751
給水人口
(人)
年間給水
量(㎥)
807
682
733
500
581
519
528
419
資料:沖縄県の水道概要
2.施策の方向と体系
水道事業の第一の使命は、
「良質な用水の確保と安定供給」である。また、地
下水の汚染防止に努め、
「給水施設の整備」と「渇水期の対策」を万全なものと
する。
(1) 良質な用水の確保と安定供給
浄水処理施設の整備により、良質な用水の確保が可能になった。水道水の水
質を維持し、安全な用水を供給するために、機械設備の整備と管理を強化する。
また、質の良い自然水を確保するために、地下水の汚染防止策として、水源涵
養林の育成に努め、汚染水の地下水混入を防止するための対策を講じる。
生活雑排水の処理については、将来は、公共下水道事業によって行うものと
し、当面は、家庭での浄化槽の設置を促進し、生活雑排水の地下浸透による地
下水汚染の防止に努める。農業用水における対策としては、随所に樹林帯を増
やし、農薬や化学肥料による汚染水が地下水に混入することを最小限に押さえ
るようにする。
(2) 給水施設の整備
生活水準の向上、生活様式の変化等により、水道水に対する要求は、量的な
増大とともに、給水の質的な面においても要求が強くなると見られる。また、
観光客の増加により観光関連産業が成長すれば、現在の施設では需要に対応で
きなくなる。その時に備えて、水道事業計画を準備する。さらに、水道供給施
設については、老朽化したり破損したりする送水管や給配水管の取り替えを行
- 20-
うとともに、新しい住宅や建物の建設に支障を来さないように対応する。
(3) 渇水期の対策
多良間島では、地下水が豊富にあるために、長期の干ばつでもない限り飲料
水が不足することはない。しかし、地下水の水量は、年々の降水量の多寡に左
右されやすいことから、緊急時に備え渇水対策を講じる。大型の貯水施設の整
備を進めるとともに、各家庭においても貯水施設の整備を奨励する。
【施策の体系】
●水資源涵養林の保全
●水源開発の促進
良質な用水の確保と
安定供給
●水質の汚濁防止
●硬水の良質化
●浄化施設の整備
水道事業
の拡充
●浄水場施設の拡充
給水施設の整備
●送水・排水施設の整備
●貯水施設の整備
渇水期の対策
●節水意識の高揚
- 21-
第5節 地域防災体制の強化
1.現状と課題
本村は、多良間島、水納島ともに平坦で、夏から秋にかけての台風による暴
風や高潮、冬場の季節風などによる被害を受けやすい地域となっている。その
被害を最小限にとどめるために、先人たちは、古くから集落環境の整備、家屋
の建築、生活習慣等に工夫をこらし、努力してきた。
近年、台風による人的被害は少なくなったが、農業や漁業などの産業分野で
は、毎年のように災害に見舞われている。このような災害に備え、農地防災対
策、防潮・防災林の整備、港湾・漁港の防災対策などの自然災害対策整備事業
と合わせ、災害を受けた時に充分な救済措置がなされるように努力してきた。
台風の発生や自然災害の予測は困難であり、地域防災に対する行政の対応や
地域住民の対処の仕方については、普段から充分な検討を重ね、万全を期すよ
うにしなければならない。また、地震や津波に対しても、全く起こらないと断
言できるものではない。これまで全国で発生した地震や津波の教訓を活かすよ
うな対応が求められる。
本村は、65歳以上の高齢者が多く、高齢者夫婦、単身高齢者が増加する傾向
にあり、この点に配慮した防災対策が必要である。高齢者や体の弱い人の避難
誘導がスムーズに行えるように、住民と行政が一体となって、防災意識を啓発
し、速やかに行動できる体制づくりを進めなければならない。
道路の拡幅、農業基盤整備、畜産の草地造成などを進めるために、林野等の
開発が進んでいる。それぞれの地域条件を検討しながら、危険性の高い場所に
ついては、樹木植栽を増やすなどの防災対策が必要である。
本村における保安林面積は、平成 15年 3月末現在では、潮害防備保安林が
281ha??、森林面積の 57.0%と森林面積の半数以上を占めている。このことか
らすれば、本村の自然緑地による防災機能は高いと言えるが、より安全な地域
を確立し、農業、畜産、漁業等、地域産業の安全な経営を持続させるためには、
居住地や農用地に対して緑地の防災機能を高めることが重要になっている。
- 22-
2.施策の方向と体系
本村における地域防災の基本は、台風、地震、津波、高潮などの災害から村
民の命と財産を如何にして護るかにある。本村の地形条件からすると、災害に
弱い体質と考えられることから、防災に対する村民の意識の高揚を図り、ハー
ド面の整備だけでなく、ソフト面からも災害に強い村づくりを推進していくも
のとする。具体的な施策展開は、多良間村防災会議が策定した多良間村地域防
災計画にもとづいて、村域の保全と村民の生命・身体及び財産を災害から護る
ために防災体制を強化する。
台風時の風水害や潮害等による農作物、畜産への被害、海岸線の被害を最小
化し、緊急時に迅速に対応できるような体制をつくる。また、高齢者世帯にも
充分配慮した防災施策を実践する。さらに、地震発生を考慮したマニュアルづ
くりなど地域防災体制の強化を盛り込んだ施策展開を図る。
(1)海岸保全対策
本村は、多良間島、水納島ともに海岸線が低く、台風による高波や風水害の
災害を受けやすい。冬期の季節風による被害も大きい。平坦な地域であること
から風向きに関係なく、どの場所でも強風の被害を一様に受けやすくなってい
る。したがって最も大切なことは、暴風エネルギーを海岸線で防止あるいは弱
めるための防風・防潮林の強化である。海岸線の保安林植栽を増やし、強風に
強いフクギ・テリハボク等の植栽を進める。
内陸部の農地や草地については、海岸線での強風防止対策に加え、畑地周辺
での遮断壁の役割を持つ緑の帯を計画的に育成する。畑地帯は、特に平坦な地
形が続き、農地および草地を地形的に遮断する丘陵がなく、風水害や潮害を受
けやすい条件下にある。一部にフクギ並木があり、暴風時の遮断壁の役割をし
ているが、ごく限定されていたものである。農地および草地を風水害、潮害か
ら護るために、内陸部において緑の稜線の形成を計画的に進めるものとする。
(2)集落内の排水処理対策
集落内の雨水処理は、道路側溝を利用して海岸近くまで誘導し、地下浸透さ
せるようにしているが、大雨の時には、側溝の容量を超える水量になることか
- 23-
ら、一時的に冠水被害がある。大雨の時に、排水が集中的に流れることがない
ように、道路側溝の改良を進める。これまで進めてきた「農業集落排水事業」
を集落内の下水処理施設の整備と連動させながら、防災防止の観点から、排水
処理施設の整備を促進させる。
河川のない本村にとって、雨水は貴重な資源である。この貴重な雨水を農業
用水として活用するために、随所に溜め池を造り、水を貯めている。集落内の
排水対策についても、農業用水対策と連動させ、雨水の有効活用が出来るよう
な道路側溝の改良を進めるものとする。
(3)地震・津波対策
本村は、近年、大きな地震や津波を経験していない。しかし、本村が全く安
全である保証はない。明和の大津波から 230年を過ぎているが、地震や津波の
発生は、全く否定されているわけではなく、警告を発している専門家もいる。
全国で発生している地震や津波の教訓を活かすことが大切である。いつ地震や
津波が起きても、被害を最小限に止められるように危機管理体制を万全なもの
にしなければならない。そのためには、避難する指定場所の周知を徹底させ、
地震発生時に適切な行動が出来るように、充分な訓練を実施しておく。また、
指定場所に避難出来ない場合を想定して、一時の避難場所を、あらかじめ確認
しておく。
地震発生に備えて、住民や建造物を強固にしておくことが大切であるが、あ
らかじめ、建物の耐震強度の診断を実施して、耐震性を高めるよう指導助言を
行う。また、地震発生の時に身内の安否確認、余震や津波等に関する情報の伝
達方法の確立、地震・津波等の防災情報システムの確立など、地震・津波を想
定した地域防災計画の見直しを行い、地震・津波対策を万全なものにする。
大きな地震や津波が起き、災害に見舞われた場合、村役場を中心に自治会、
隣組、消防組織、その他の各種の組織が、それぞれの役割分担と協力体制をし
っかり認識し、整然と行動できる体制を組むことが重要であり、日頃から充分
な協議を重ね、緊急避難体制や災害復旧の方法について、事前に体系化する。
また、災害に見舞われた時、被災者の精神的苦痛を和らげるため、防災計画
の中にメンタルケアの方策を明確にしておくことも重要である。
- 24-
(4)防災意識の啓発
地域防災計画をより効果的に実施するためには、防災に対する村民の意識を
高め、積極的に行動する心構えを育てることが大切である。村民が率先してさ
まざまな防災活動に参加し、実戦的な避難・救急訓練の体験を通して、防災意
識を高めるようにする。
実戦的訓練は、大人だけでなく、児童・生徒も参加させ、学校教育現場での
防災教育の推進を図りながら、村民が一体となって防災意識の高揚に努める。
防災意識を高めるための防災教育は、村民全体を対象とする防災講座の開設
や防災に関するパンフレットの配布などの広報活動を通して、幅広く実施する。
また、基本的な救急救命訓練を児童・生徒を含め定期的に実施する。
台風、地震・津波に襲われた時の被害を最小限に抑えるためには、事前に危
険とみられる箇所を確認し、点検・管理することが重要である。また、補修の
必要があると認められる場所は、未然に災害を防止するよう予算措置をする。
災害時の避難・誘導がスムーズに行うことができるように、家庭や学校、職
場や事業所等で、日常的に集合場所や避難場所、避難経路などを確認しておく
ことが大事である。同時に、災害時の避難マニュアルを作成・配布し、周知徹
底を図ることも重要である。
(5)高齢者世帯への配慮
本村の高齢者世帯は、平成 17年には 250世帯になり全体の 45%を占め、一
人暮らし世帯や二人世帯も多くなっている。災害時における高齢者世帯の避難
は困難を伴う。特に、単身者や夫婦ともに高齢者の場合は、手助けする必要が
ある。そのため災害時には、高齢者の避難が迅速にできるよう、隣組の連絡体
制を明確にしておく。婦人会、青年会等の組織を中心に、高齢者世帯を定期的
に訪問し、防災に関する話し合いをし、災害時に備えての連絡や避難の方法な
ど、事前に示しておくことが求められる。
災害発生を伝える伝達手段については、防災無線により全世帯に知らせるこ
とは、もちろんであるが、非常時サイレンやスピーカー等による伝達のほか、
隣・近所同士で確認し合いながら、避難誘導を適切に行うことが望ましい。
- 25-
◆高齢者世帯
世帯区分
総世帯数
平成15年
514A高齢者のいる世帯数
平成16年
平成17年
530
551
275
241
250
53.5%
45.5%
45.4%
46
67
73
(C/A)
8.9%
12.6%
13.2%
高齢者のみの世帯D
割合
(D/A)
111
54
50
21.6%
10.2%
9.1%
割合
高齢者単身世帯
割合B(B/A)C118
120
127
その他の世帯E23.0%
22.6%
23.0%
割合
(E/A)
資料:多良間村高齢者保健福祉計画及び介護保険事業計画
【施策の体系】
●保安林の保全と育成
●護岸の整備
海岸保全対策
●海岸道路の整備
●排水路の整備
集落内の排水処理対策
●集落内道路の整備
地域防災
体制の強化●緊急避難場所の設置
地震・津波対策
●地震対策の確立
●防災教育の推進
●危険区域の点検・排除
防災意識の啓発
●避難場所の周知
●連絡体制の確立
高齢者世帯の配慮
●各組織の連携強化
●隣組・近所同士の協力
- 26-
第6節 消防・救急体制の強化
1.現状と課題
日常の消防・救急業務は、多良間村消防事務所を中心に行っている。現有の
消防施設は、水口型水槽付消防ポンプ自動車 2台、ポンプ車1台、救急車1台、
消防指令車1台が配備されている。消火栓 14基、防火水槽7箇所が整備され、
また、消防・救急団員は、非常備兼任の 25人体制となっている。
防災行政無線の整備状況は、農林水産省の整備よる無線局があり、同報子局
の屋外方式6局、個別方式2局がある。移動局と結ぶ基地局はないが、現在、
携帯電話の普及が著しく、一般の電話線を通しての連絡が容易である。
平成 17年度の消防団員の出動状況をみると、火災、風水害等の災害のための
出動はなく、演習・訓練のための出動が 1回、出動延べ人数 13人となっている。
また、救急体制は消防本部のない救急体制ではあるが、平成 17年度には、5人
の従事者が他の業務と兼任の形で勤務し、出動延べ人数は 66人となっている。
本村では宮古広域行政圏の中に入るが、中心母島から遠隔地にあるために、緊
急の病人や障害者に対する救急・加療の体制が不十分な状況にある。
災害が少ないのは、村域が小さく居住地域もまとまりがあり、危機管理がや
りやすいということもあるが、村民の防災意識が高く、日常の生活の中に災害
に対する強い意識が浸透していることも大きな要因と考えられる。このことは、
消防費予算が低いことにも表れている。平成 17年度の人口1人当たりの消防費
4,377円、一世帯当たりの消防費は 11,210円となっており、消防防災にかかる
費用が少ない。しかし、災害は突発的に起こることが多く、何時、どういう災
害に見舞われても、被害を最小にとどめられるように、万全の体制を整えてお
く必要がある。
◆人口一人当たりの消防費の推移
平成13年 平成14年 平成15年 平成16年 平成17年
42,204
14,157
14,157
5,890
5,975
消防費歳出
29,288
10,005
9,697
4,198
4,377
人口一人当たり
84,577
27,813
26,314
11,134
11,210
一世帯当たり
資料:消防防災年報(沖縄県)
- 27-
2.施策の方向と体系
消防・救急体制の整備は、村民の生命・財産に関わる重要な事項である。本
村の場合は、緊急を要する重大な事態に対処できる十分な体制にはなく、医療
施設が、より整備された施設への搬送を余儀なくされた事態を考慮して、各種
の施策展開に備える。
(1)組織体制の強化
本村の消防・救急業務は、非常備兼任の消防団組織が行っている。業務は、
消防事務所の管轄のもとになされるが、消防団員は、兼任とはいえ、災害時に
迅速に対応できる高度な技術や専門的な知識を持ち、被災者に不安を与えない
ように、沈着冷静に行動できる資質を持ち合わせていなければならない。消防・
救急活動の訓練を日頃から充分に実施し、いざという時に適切な対応ができる
よう資質の向上を図る。
現有の消防団組織で対応できないような大きな災害に見舞われた場合、また
は、かかる災害が予想される場合は、村長を本部長とする多良間村災害対策本
部を設置し、多良間村防災会議と緊密な連携のもとに、災害予防及び災害応急
対策を実施する。
被害を最小限にとどめるためには、さまざまな事態を想定した対応を検討し、
防災体制を迅速に組織できる仕組みづくりが大切で、消防・防災関連職員は、
あらゆる災害に対する知識を住民に広く伝達し、緊急の場合に、住民との連携
が緊密に取れるような体制づくりに努める。
本村は、広域行政の中で、中心から遠隔地にあるという厳しい条件下にある
上に、高齢者の多い超高齢社会である。宮古および八重山圏域で起こる大規模
災害に臨機応変に対応できるように、他の市町村や関係機関との応援体制の確
立に努める。
(2)消防・救急施設の整備・充実
火災が発生した時に、迅速な消火活動ができるように、消火栓、防火水槽を
計画的に配置、整備する。また、救急車両および消防車両の老朽化に伴い、買
換えを検討し、消防・救急体制の強化に努める。
- 28-
本村は、住居地域の周辺が森林や原野となっているために、居住地域の安全
確保に加え、森林・原野等の火災の予防と対策に十分な対応が求められる。非
常時をいち早く伝える火災報知機や消火施設を適切な場所に設置する。また、
公共の建物、旅館、スーパー等にも防災施設の整備を促進し、これらの機器が
何時でもすぐに使用できるように点検整備を徹底し、保安管理を含めた安全対
策を強化する。
消防・救急活動を円滑にするためには、連絡・通信体制の整備が欠かせない。
日常の通信業務の円滑な運営に加え、緊急時に迅速な連絡ができるように防災
無線施設の整備・点検を励行する。また、公用車や司令車の無線機器の整備を
進める。
避難場所に指定されている学校

ファイルダウンロード