ジモトビラロゴ

3平成27年月号平成27年3月1日発行広報o492...沖縄県多良間村2015/07/11

ファイルダウンロード

テキスト引用

3
平 成 27年
月号
平成27年 3月1日発行
広報
No.492
発行/多良間村役場・編集/総務財政課広報係 〒906-0692宮古郡多良間村字仲筋 99-2☎ 0980-79-2011
島立ち
15の春
「日本で最も美しい村」連合に加盟
しています。
多良間村は、
39番目の
多良間村
平…

…良間村
平成二十七年度施政方針
~地域力を活かして自立できる
活力ある村づくり~
た だ き、 議 員 各 位 な ら び に 村 民 の 皆 様 の ご 理 解
本村といたしましては、議員各位のご理解とご
協 力 に よ り 、 少 子 化 対 策 と し て 、 小・中 児 童 生 徒
の 給 食 費 の 無 料 化 、 幼 稚 園 児 の 入 園 料・保 育 料 無
とご協力を賜りたいと存じます。
さて、国においては、新たな成長モデルを求め
料 化、 保 育 所 保 育 料 第 二 子 か ら の 無 料 化、 高 校
卒 業 ま で の 医 療 費 の 無 料 化、 小 中 児 童 生 徒 の 各
て 、さ ま ざ ま な 試 み が さ れ て い ま す 。 昨 年 は 、
「ま
ち ・ ひ と ・ し ご と 創 生 法( 創 生 法 )」を 制 定 し 、
と が で き ま し た。 過 疎 化 対 策 と い た し ま し て は、
種インフルエンザ接種無料化などを実施するこ
閣 議 決 定 い た し ま し た 。 創 生 法 に お い て は 、都 道
多 良 間 村 活 性 化 定 住 促 進 条 例 を 改 正 し、 結 婚 祝
日 に「 ま ち ・ ひ と ・ し ご と 創 生 総 合 戦 略 」を
府 県 及 び 市 町 村 と も に 、地 方 版 の 総 合 戦 略 を 策 定
い 金 、出 生 祝 い 金 、小 学 入 学 祝 い 金 、定 住 奨 励 金 、月年度中
住 宅 の 新 築・ 購 入 奨 励 金 等 大 幅 増 額 を 実 施 す る
す る こ と を 求 め て お り、 遅 く と も 平 成
に、 総 合 戦 略 を 策 定 す る こ と と な っ て お り ま す。
ことができました。
考えます。
の 春 に 島 を 離 れ た 若 者 が 、高 校 卒 業
こうした取り組みは、施策の継続実施が重要と
併 せ て、 地 方 議 会 に お い て も、 総 合 戦 略 の 策 定、
推進等の各段階で十分に議論がされることとし
ています。
人 口 増 加 施 策 を 展 開 し 、そ の 減 少 の 影 響 を 最 小 限
人口が増加基調にある現段階において積極的な
そ れ を 回 復 さ せ る こ と は 容 易 で は な い こ と か ら、
め、 最 大 限 の 力 を 注 い で ま い る 決 意 を し て い る
い 社 会 情 勢 を 乗 り 切 り、 更 な る 村 政 の 発 展 の た
皆 様 の 負 託 に 応 え る こ と の 重 さ を 肝 に 銘 じ 、厳 し
新年度を迎えるにあたり、私は、改めて村民の
後 や 専 門 学 校・大 学 等 卒 業 後 あ る い は 家 庭 を も っ
に く い 止 め、 地 域 の 活 力 と 成 長 力 を 維 持・ 発 展
と こ ろ で あ り ま す 。 2 0 1 5 年 度 、「 ど う す れ ば
一 方 、沖 縄 県 の 人 口 は 、2025年 前 後 に ピ ー
さ せ る 必 要 が あ り ま す 。す で に 人 口 減 少 が 始 ま っ
地 域 の 力 を 大 き く 生 か す こ と が で き る の か 」「 地
て か ら、 帰 り た い 戻 り 住 み た く な る よ う な 魅 力
日 も 早 い 復 旧・復 興 、 お 亡 く な り に な ら れ た 方 々
て い る 市 町 村 が 多 く、 こ れ ら の 市 町 村 に お い て
域 が ど う す れ ば 連 携 し 一 体 化 で き る の か 」「 ど う
ク を 迎 え 、そ れ 以 降 は 人 口 減 社 会 に な る こ と が 見
の ご 冥 福 を お 祈 り す る と と も に、 不 自 由 な 生 活
は、 人 口 の 維 持・ 増 加 は、 地 域 社 会 を 維 持 し て
す れ ば 住 み よ い 村 を つ く っ て い け る の か 」と い う
ある村づくりが重要と考えます。
を強いられている方々が一日も早く元の生活に
い く た め の 切 実 な 課 題 と な っ て い ま す。 こ の た
本日、平成
はじめに
戻られるよう、お祈り申し上げます。
年第1回多良間村議会定例会の開
こ と を、 議 員 各 位、 村 民 の 皆 様 と 考 え て い く 一
会 に 当 た り、 平 成
リ ー ダ ー は 、 新 し い 時 代 を 突 き 進 む た め に「 変
め 、 各 種 施 策 の 実 施 に 当 た っ て は 、 離 島・過 疎 地
込 ま れ て い ま す。 い っ た ん 人 口 が 減 り 始 ま る と、
15
年度の予算案をはじめとす
未曾有の被害をもたらしたあの3・
12
年にしなければならないと思っています。
年 と な り ま し た 。被 災 地 の 一
27
域を含む県全体でバランスのとれた人口の維持・
震災から本日で満
27
る 諸 議 案 の 審 議 を お 願 い す る に 当 た り、 私 の 新
11
増加を図ることに重点をおいています。
東日本大
伊良皆 光夫
施政方針を申し上げますまえに
多良間村長
年度の村政運営に臨む所信を申し述べさせてい427
27
平成27年3月1日
広報たらま
(2)
とができるのだと考えます。経営学者ピーター・
して変えてはならない理念や思いを受け継ぐこ
る 」か ら 成 長 で き る の で あ り 、 成 長 で き る か ら 決
わ る 」事 を「 決 断 」し な け れ ば な り ま せ ん 。「 変 わ
主 的 な 取 り 組 み に 対 す る 支 援 も 重 要 で あ り ま す。
地 域 の 関 係 団 体 と の 連 携 を 深 め る と と も に、 自
も 大 変 重 要 な 課 題 で す。 地 域 産 業 の 活 性 化 に は、
の 雇 用 の 場 の 創 出 と あ わ せ、 地 域 産 業 の 活 性 化
地域が元気になるためには、そこに暮らす人々
と な り ま し た。 総 事 業 費
折 衝 の 結 果、 新 年 度 に お い て 予 算 化 で き る こ と
場・ 集 中 脱 葉 機 の 建 設 に つ い て は、 ね ば り 強 い
今 後 の 取 り 組 み と し て、 老 朽 化 し た 新 製 糖 工
の 施 策 は、 将 来 の 畜 産 経 営 に 確 実 に 大 き な プ ラ
ド ラ ッ ガ ー は「 新 し い 挑 戦 こ そ が 、 成 功 に 貢 献 す
本 村 の 産 業 は、 引 き 続 き 農 畜 産 業 を 主 体 と し た、
億円余の予算を二年
スになるものと確信致します。
る 」「 変 わ ら な い 事 は 、変 わ る 事 の リ ス ク よ り ず っ
る の で あ り 、 そ の 本 質 は「 変 わ る 」と い う 自 身 の
し て 認 定 さ れ ま し た。 こ の こ と は、 多 良 間 村 黒
多良間村さとうきび全農家がエコファマーと
型 プ ロ ジ ェ ク ト で あ り、 い く つ も の ハ ー ド ル を
な け れ ば な り ま せ ん。 史 上 初 と い え る よ う な 大
することのないよう万全を尽くして事業執行し
間 と い う 短 い 期 間 で 執 行 す る 計 画 と な っ て お り、
決 断 な の だ と 思 い ま す。 今、 我 々 に 求 め ら れ る
糖 の 安 全・ 安 心 を 国 内 外 に P R す る こ と が で き、
超 え な け れ ば な ら な い 事 項 が 山 積 し て お り ま す。
観光産業との連携による特産品開発や雇用の場
の は「 何 が で き る か 」で は な く「 何 を す べ き か 」で
差 別 化 は も と よ り 、「 黒 糖 エ コ 生 産 の 島 」と し て
職 員 体 制 や 許 認 可 の 問 題 等、 議 員 各 位、 村 民 の
と リ ス ク が 高 い 」と 言 っ て い ま す 。 つ ま り 新 し い
あると考えます。
の 知 名 度 ア ッ プ に な り ま す 。さ ら に エ コ フ ァ マ ー
皆様のご理解なくしてはこの大型プロジェクト
ハ ー ド ス ケ ジ ュ ー ル で は あ り ま す が 、作 業 が 遅 滞
私 は 昨 年 の 施 政 方 針 の 冒 頭 で「 今 が 種 を 蒔 く と
に よ る「 自 然 を 残 し た 美 し い 島 」と い う イ メ ー ジ
の拡大を図っていかなければなりません。
き 」と い う こ と を 申 し 上 げ ま し た 。 種 蒔 き は 年 々
の 事 業 執 行 は 困 難 で あ り ま す。 ス ム ー ズ な 事 業
畜産農家の高齢化は年々進んでおり、畜産農家
つ く り で 観 光 客 誘 致 が 期 待 で き ま す 。 今 後 は 、黒
高値市場が続いている肉用牛については、繁殖
の 減 少 と と も に 牛 の 頭 数 減 少 が 懸 念 さ れ ま す 。牛
行 わ な け れ ば 次 の 収 穫 へ と つ な が り ま せ ん 。種 を
雌子牛保留奨励金を増額し母牛の増頭に取り組
の頭数が減り続けるとセリ市場開催にも影響が
執 行 の た め 議 員 各 位・ 村 民 の 皆 様 の、 ご 理 解 と
芽 が 芽 吹 く 」よ う に 次 々 と 発 芽 を し て お り ま す 。
ん で お り ま す 。 ま た 、本 土 の 枝 肉 共 励 会 で 最 優 秀
で る こ と は 確 実 で あ り 、こ れ を く い 止 め な け れ ば
糖 に 付 加 価 値 を つ け た 特 産 品 開 発 を 行 い、 土 産
私 は 、村 政 運 営 に お い て 、常 に 種 を 蒔 き な が ら 発
の 成 績 を 収 め る な ど、 全 国 的 に も 評 価 の 高 い 宮
な り ま せ ん 。 そ の た め に は 、あ る 程 度 高 齢 に な っ
蒔くとともに収穫に備える継続性こそ行政の使
芽 を さ せ、 伸 び る 若 枝 を 大 切 に 育 て な が ら、 収
古 生 ま れ の 名 牛「 北 福 波 」の 系 統 を 保 留 す る た め
て も 牛 飼 い が で き る よ う な シ ス テ ム つ く り と 、後
ご協力をよろしくお願い申し上げます。
穫 を す る。 そ の 繰 り 返 し で 村 政 の 課 題 に 取 り 組
の 施 策 と し て 、 特 別 に「 北 福 波 」母 牛 保 留 奨 励 金
継 者 育 成 、新 規 参 入 で き る よ う な 環 境 つ く り が 重
品としての販売も大切であります。
んでまいります。
も 新 設 し ま し た。 さ ら に、 畜 産 農 家 か ら 要 望 の
要 と な っ て い ま す。 畜 産 農 家、 関 係 機 関 と も 協
について説明申し上げます。
年度の主要な施策と事業概要
高 い も の の、 精 液 購 入 が む つ か し い と さ れ て い
議 を 進 め 本 村 の 畜 産 経 営 の あ り 方 に つ い て、 方
それでは、平成
る 本 土 牛「 隆 之 国 」の 精 液 3 0 0 本 を 導 入 し 、 農
向性を探ってまいります。 
命 で あ り ま す 。 一 年 目 に 蒔 い た 種 は「 大 地 か ら 新
こ と に 挑 戦 し、 変 化 し 続 け る か ら こ そ 成 長 で き
71
家 に 使 用 で き る よ う 実 施 し て お り ま す。 こ れ ら
一つ目に産業の振興についてで
あります。
(3)
27
平成27年3月1日
広報たらま
生 産 意 欲 も 高 ま っ て お り ま す。 原 料 が 需 要 に 追
多良間のノニは高い評価をうけており、農家の
けて取り組みます。
いても生産農家の意向に沿って所得の向上に向
葉たばこ、かぼちゃ、ノニ、その他の作物につ
乗効果で観光客増加に向けた誘客活動を展開し
て お り ま す。 石 垣 ~ 多 良 間 路 線 の 再 開 に よ る 相
も連携を図り需要喚起を促すための方策を練っ
本 村 は も と よ り 宮 古 島 市・ 石 垣 市 の 観 光 協 会 と
取 り 組 み と し ま し て、 利 用 促 進 協 議 会 を 設 立 し、
る 人 間 に 育 っ て い き ま す。 子 ど も 達 が 触 れ る こ
の 可 能 性 を 信 じ て 、失 敗 を 恐 れ ず 物 事 に 挑 戦 で き
の 場 を 提 供 す る こ と に よ り 、感 性 を 磨 き 自 分 自 身
く こ と が で き ま せ ん 。反 対 に 数 多 く の 学 び や 体 験
世 界 し か 知 ら ず 、可 能 性 が 無 限 に あ る こ と に 気 づ
子ども達の可能性を広げるための施策を実施し
と の で き な か っ た 体 験 は 何 か と い う こ と を 考 え、
島外からの人材活用のため、地域起し協力隊の
て い く 必 要 が あ り ま す 。子 ど も の 育 成 に 地 域 全 体
てまいります。
公 募 に よ り、 新 し い 感 覚 に よ る 観 光 振 興・ 特 産
が 関 心 を 持 ち 、次 世 代 育 成 支 援 と 学 校 教 育 が 相 乗
い つ か な い 状 況 に あ り、 空 き 屋 敷 等 を 利 用 し た
ピンダ事業については、山羊増頭に向けた販売
品 開 発・ 過 疎 化 対 策 の 強 化 が 図 ら れ る こ と も 期
ノニ栽培を推進します。
価格の助成等農家支援を行い生産意欲の向上に
で、 子 ど も の 可 能 性 は 無 限 に 広 が っ て い き ま す。
し て 、子 ど も 達 に 新 た な 機 会 を 提 供 し て い く こ と
こ れ ら の こ と を 進 め て い く 上 で は、 島 の 自 然、
そ う す る こ と で 社 会 を 変 革 で き る 次 世 代 が 育 ち、
待できます。
地産地消のための農産物の増産奨励を行い、農
ま つ り、 イ ベ ン ト、 人 々 と の ふ れ あ い、 な ど 島
努めます。
産 物 販 売 所 開 設 に 向 け た 検 討 委 員 会 を 設 置 し 、開
より良い未来が創造されていくものと思います。
達 に 伝 え 、子 ど も 達 が 自 分 の 可 能 性 に 、気 づ く こ
ムによる学習支援等を行ってまいります。
ンターネットを活用した自立学習応援プログラ
習 の 実 施。 夏 休 み を 利 用 し た 東 大 塾 の 開 設。 イ
生 を 対 象 と し た、 沖 縄 本 島 に お け る 職 場 体 験 学
上 支 援 事 業 を 活 用 し た 、小 学 校 6 年 生 と 中 学 2 年
そのための施策として、県の地域型就業意識向
の 魅 力 の P R 活 動 を 強 化 し、 島 ぐ る み の 受 け 入
二つ目に社会を変革できる
人づくりについてであります。
れ体制の強化を図ることが重要であります。
設に向けて取り組みます。
地産地消と飛行機の大型化に伴ったフライト戦
略作物栽培に向けた施設園芸導入に向けて検討
を進めます。
水産業については、中層浮魚礁設置に向けて引
観 光 産 業 に つ い て は 、「 観 光 振 興 計 画 」を 策 定 し
と が で き る よ う に、 育 成 し て い く 責 任 が あ り ま
私たちには、私たちが学んできたことを子ども
観 光 産 業 振 興 発 展 の た め の 、計 画 的 で 継 続 的 な 取
す 。そ の た め に は 子 ど も 達 が 経 験 し た こ と の な い
き続き取り組んでまいります。
月を目処に多良間~石
旅 客 需 要 の 確 保 と い う 課 題 が あ り 、石 垣 ~ 多 良 間
爆 剤 と 言 え ま す。 航 空 路 線 の 再 開 に あ た っ て は、
開は本村の観光産業の将来を左右する大きな起
垣 路 線 の 再 開 に 向 け て 進 め て お り 、こ の 路 線 の 再
び 、自 分 自 身 を 成 長 さ せ て い き ま す 。 学 ぶ 機 会 や
か ら 与 え ら れ た 環 境 の な か で 、い ろ い ろ な 事 を 学
身 に つ け る こ と が 大 切 で あ り ま す 。子 ど も は 大 人
に 責 任 を も っ て や り 遂 げ た 体 験 を と お し 、自 信 を
機 会 を で き る だ け 提 供 す る 。そ の 中 で 自 分 の 行 動
ら せ る 村 を め ざ し て ま い り ま す。 そ の た め に は、
身 と も に 自 立 し、 健 康 で い き い き と 安 心 し て 暮
年 寄 り ま で す べ て の 村 民 が 、住 み 慣 れ た 地 域 で 心
族 や 地 域 へ 健 康 づ く り の 輪 を 広 げ 、子 ど も か ら お
村民一人ひとりが健康づくりに関心を持ち、家
り 組 み を 行 い ま す 。本 年
~宮古島との観光ルートの知名度を上げ定着さ
体 験 す る 機 会 が 限 ら れ た な か で あ れ ば 、限 ら れ た
三つ目に健康福祉と地域医療に
ついてであります。
せ て い く こ と が 最 も 重 要 で あ り ま す 。そ の た め の
10
平成27年3月1日
広報たらま
(4)
年に一度の健康チェックを習慣化できるように
( 4 )施 設 整 備 に あ た っ て の 建 設 費 、 維 持 費 等
宿泊費など助成を引き続き行います。
回数を増やしてまいります。
妊 婦 健 診 に つ い て は、 宮 古 島 市 ま で の 渡 航 費、
村民が受けやすい健診体制づくりに努めるとと
    に係る費用負担が膨大と思われる
( 5 )運 営 主 体 は ど こ が 行 う の か ・ ・ ・ 等
も に、 生 活 習 慣 予 防 の た め の 食 生 活 や 運 動 の 支
も ち、 安 心 し て 元 気 に 暮 ら せ る よ う、 社 会 参 加
高齢者が地域の一員として、誇りといきがいを
あ た っ て は、 健 全 運 営、 持 続 可 能 な 施 設 で な け
ら、 必 要 不 可 欠 と の 認 識 で あ る が、 施 設 整 備 に
介護福祉施設の整備は高齢者福祉増進の観点か
と な り、 健 康 寿 命 の 短 縮 に つ な が る こ と が 明 ら
適切な生活習慣が生活習慣病や要介護のリスク
ス の 悪 い 食 生 活 や 運 動 不 足、 閉 じ こ も り な ど 不
グ が や り や す い 環 境 づ く り を 進 め ま す。 バ ラ ン
健康の源は歩くこと、ウォーキング、ジョキン
活 動 な ど 促 進 す る と と も に、 コ ミ ュ ニ テ ィ ー セ
れ ば な ら な い こ と を 勘 案 し、 現 段 階 で は 施 設 整
か に な っ て い ま す 。「 食 」
「運動」
「 社 会 参 加 」の 三
援体制の充実を図ってまいります。
ン タ ー を 活 用 し た 高 齢 者 学 級、 健 康 ト レ ー ニ ン
備についての判断は厳しい状況にある。
安全・安心な暮らしは、人々の生活にとって守
四つ目に安全・安心な暮らしに
ついてであります。
つの取り組みで予防医療に心がけます。
グセンターの設置なども推進します。
所 介 護 施 設、 短 期 入 所 施 設 と し て 利 用 し て い る、
以上のことを踏まえ、今後への検討と現在、通
は 拡 充 な ど 喫 緊 の 課 題 で あ り、 ど の よ う な 施 設
高齢者生活センターの機能拡充についても検討
高齢化がすすむなか、介護福祉施設の整備また
で ど の 規 模 の 施 設 が 適 当 か、 介 護 福 祉 施 設 検 討
る 。」と し て お り 、 高 齢 者 生 活 セ ン タ ー 、 関 係 機
す る こ と が、 現 段 階 に お け る 最 善 の 方 法 と 考 え
日に答申がありました。
委 員 会 に お い て こ れ ま で 調 査・ 研 究・ し て き た
結果が去った2月
予防接種や急患対応、整形外科、産婦人科の巡
防 災 計 画 で あ り、 地 域 防 災 計 画 は、 実 際 に 災 害
組 む 必 要 が あ り ま す。 そ の 基 本 と な る の が 地 域
ら れ る べ き も の で あ り、 最 優 先 課 題 と し て 取 り
回 診 療 な ど す べ て の 医 療 に つ い て、 宮 古 病 院 多
が発生した際に有効に機能するものでなければ
関と連携しながら進めてまいります。
良 間 診 療 所 の 先 生 と 連 携 し て 取 り 組 み ま す。 そ
な ら な い こ と か ら、 村 民 参 加 型 の 防 災 訓 練 を 実
次のとおりであります。
の な か で 急 患 搬 送 に つ い て、 八 重 山 病 院 へ の 搬
施することで検証を行ってまいります。
「介護老人福祉施設整備について
( 1 )施 設 を 運 営 す る に あ た っ て の 医 師 、 看 護
送が恒常化しており、急患の方や家族に時間的・
が広域避難所で長期間にわたり避難生活を強い
さらに大災害においては、子どもから高齢者ま
垣海上保安庁基地への要請を行ってまいります。
ら れ る こ と か ら、 災 害 備 品 の 充 実 と 支 援 物 資 の
距 離 的・経 済 的 な 負 担 が 重 く な っ て お り 、 改 善 の
難病患者等の渡航費用については、患者の方々
調 達 に つ い て も 万 全 を 期 し て ま い り ま す。 ま た、
    師、 栄 養 士、 機 能 訓 練 指 導 員、 介 護 職 員
の経済的負担を軽減するために渡航費の一部を
高台における避難所の建設についても検討を進
で、 さ ら に は 障 害 の あ る 人 な ど、 さ ま ざ ま な 方
助 成 し て お り ま す。 患 者 さ ん の 負 担 軽 減 を さ ら
め ま す。 自 然 災 害 は、 そ の 発 生 を 防 ぐ こ と は で
ため患者の意向に沿った宮古病院への搬送を石
    準に見合う人員確保)
( 2 )施 設 規 模( 名 )以 下 と な っ て い る が 、 入
    所者の確保は可能か
年度より施設入所の要件として介護3
  
に 図 る た め 新 年 度 か ら は、 助 成 額 の 増 額 と 助 成
      等 の 人 材 確 保 が 可 能 で あ る か( 常 時 指 定 基
介護福祉施設検討委員会における結論としては
26
29
    以上となる
( 3 )施 設 整 備 に よ り 介 護 保 険 料 が 高 額 と な る
(5)
27
平成27年3月1日
広報たらま
らの備えが重要であります。
止 め る か 、 い わ ゆ る「 減 災 」が 重 要 で あ り 日 頃 か
き ま せ ん。 発 生 す る 災 害 を い か に 最 小 限 に く い
て健全に維持されなければなりません。
に も 過 疎 地 域 が 安 心・ 安 全 に 暮 ら せ る 地 域 と し
モ ノ の 流 れ を つ く る 必 要 が あ り ま す。 そ の た め
た様々な施策を展開し大都市から地方へとヒト・
疎対策住宅の建設を進めます。
ン の た め の 住 居 対 策 と し て、 空 き 家 の 利 用 や 過
設 を 検 討 し て ま い り ま す 。ま た 、U タ ー ン・I タ ー
門 学 校・ 大 学 等 で の 返 済 不 用 の 奨 学 金 制 度 の 新
ライフラインとなる水道施設についても、非常
実 に 伝 達 す る た め に 有 効 で あ り ま す 。 た だ 、風 水
防災行政無線は、村民に災害情報を迅速かつ確
進 み、 福 祉 保 健 面 で の 対 応 が 必 要 と さ れ、 さ ら
ら 人 が 出 て い く と い う だ け で は な く、 高 齢 化 が
制 と 、活 動 の 継 続 だ と 言 わ れ て お り ま す 。 地 域 か
け た 取 り 組 み を、 継 続 し て 進 め な け れ ば な り ま
か ら 、健 全 で 柔 軟 性 の 高 い 財 政 構 造 へ の 転 換 に 向
置等の影響を大きく受ける財政体質であること
本村の財政状況は、地方交付税など国の財政措
過疎化は様々な要因が負のスパイラルとして繰
害 の 際 に は 、屋 外 拡 声 器 に よ る 音 声 が 、豪 雨 等 の
に 少 子 化 の 対 策 も 迫 ら れ ま す。 こ れ か ら 一 層 の
せ ん 。こ れ か ら も 、限 ら れ た 財 源 と 人 員 の な か で 、
時 も、 安 定 し て 継 続 的 に 村 民 に 水 を 供 給 で き る
周囲の音の大きさにより十分伝わらないことが
高 齢 化、 少 子 化 が 予 想 さ れ て い る の で、 解 決 す
最 も 効 率 的 な 行 財 政 運 営 が 行 え る よ う 、コ ス ト 意
り 返 さ れ て き た 結 果 で あ る が、 そ の 対 策 に お い
想 定 さ れ ま す 。 そ こ で 、防 災 無 線 施 設 整 備 事 業 に
る ど こ ろ か、 も っ と ひ ど く な る 可 能 性 を は ら ん
識と経営感覚を持ち、
「最小の経費で最大の効果」
よ う 浄 水 場・ 水 道 施 設 の 整 備 は 順 次 進 め て ま い
よ り、 災 害 や 停 電 に 強 い 防 災 ラ ジ オ 型、 防 災 F
で い ま す 。こ れ を く い 止 め る た め に も 本 村 が 行 っ
を 生 み 出 す こ と を 念 頭 に、 職 員 の 更 な る 意 識 改
六つ目に予算編成についてで
あります
M 告 知 放 送 シ ス テ ム を 整 備 致 し ま し た。 こ の シ
て い る、 数 々 の 子 育 て 支 援 や 過 疎 化 対 策 を 地 道
革を図りながら、経費節減に努めてまいります。
て 、最 も 重 要 な こ と は 行 政 、地 域 、住 民 の 協 力 体
ス テ ム と 防 災 行 政 無 線 の 複 数 対 応 に よ り、 村 民
に 実 施 し な が ら、 島 の 魅 力 を 伝 え て い く な か で、
沖縄振興特別交付金事業もスタートしてから4
ります。
に 確 実 に 情 報 を 伝 達 で き る も の と 期 待 致 し ま す。
地域活性化を図っていくことが重要であります。
年先の
わ が 村 を 創 る 」と い う 気 概 と 信 念 を 改 め て 肝 に 銘
年・
の 開 発・ 販 売、 伝 統 芸 能 の 保 存 継 承、 地 域 交 流、
じ、 計 画・ 立 案・ 事 業 推 進 に、 職 員 一 丸 と な っ
年 目 を 迎 え 、 職 員 自 ら 主 体 的 に「
離 島 な ら で は の 体 験 ツ ア ー、 静 か な 営 み な ど 魅
て取り組みます。
年度の主な事業について申し上げます。
り 組 み を 行 う と こ ろ で あ り ま す。 過 疎 地 域 で は、
面 し て い る 大 き な 問 題 に 対 し 、政 府 は 本 格 的 な 取
そ の た め に 、高 校 生 へ の 入 学 祝 い 金 の 創 設 、難 病
子 育 て 支 援・ 福 祉 対 策 等 支 援 の 充 実 を 図 り ま す。
若 年 者 層 の 増 加 へ つ な げ る た め、 定 住 促 進 強 化、
雑 木 等 を 堆 肥 化 の た め の チ ッ プ 機 の 導 入、 観 光
す 。一 括 交 付 金 事 業 に よ り 、過 疎 対 策 住 宅 の 建 設 、
代化事業を平成
平成
多 く の 集 落 が 消 滅 の 危 機 に ひ ん す る な ど、 極 め
患 者 へ の 助 成 額 の 増 額 と 渡 航 回 数 を 増 や し ま す。
年 度・
27
年度事業で実施しま
大型プロジェクトである、含みつ糖製糖施設近
て 深 刻 な 状 況 に 直 面 し て い ま す。 人 口 減 少 に 歯
関 連 施 設 整 備 事 業、 小 学 校 空 調 設 備 設 置 事 業 等
場 を 創 出 し 、U・I タ ー ン を 促 進 し ま す 。 そ し て 、
力 的 な 観 光 資 源 を 育 成 す る こ と に よ り、 雇 用 の
また、豊かな自然や人々とのつながり、特産品
今 後 と も 人 命 の 安 全 の 確 保 の た め、 情 報 伝 達 体
制の更なる強化に取り組んでまいります。 五つ
目に過疎化対策についてで
あります。
20
さ ら に、 将 来 を 見 据 え た 定 住 を 条 件 と し た、 専
急激な人口減少と少子高齢化という我が国が直
10
止 め を か け る に は 、 国・県・市 町 村 が 一 体 と な っ
27
28
平成27年3月1日
広報たらま
(6)
を 進 め ま す。 ま た、 村 民 が 宮 古 島 で 自 動 車 を 利
い ま す。 風 況 の よ さ を 活 か し た 風 力 発 電 や 豊 か
し ま す。 再 生 可 能 エ ネ ル ギ ー 導 入 基 金 事 業 に よ
空 港 南 )設 計 、 国 営 土 地 改 良 事 業 地 区 調 査 を 実 施
い た し ま す 。土 木 関 係 に お い て は 、筋 阿 真 南 線( 旧
事 業 、大 仕 出 地 区 暴 風 林 造 成 事 業 を 引 き 続 き 実 施
マ ガ リ 原 地 区 土 地 改 良 事 業 、真 津 阿 地 区 土 地 改 良
は 一 朝 一 夕 に で き る も の で は あ り ま せ ん 。本 村 の
ロ ー マ は 一 日 に し て な ら ず と い う 通 り 、村 づ く り
し、 行 動 し て い く こ と が 大 切 で あ り ま す。 た だ、
村民が創っていくものという意識を村民が共有
す な わ ち、 村 づ く り は 行 政 だ け の も の で は な く、
づ く り に 積 極 的 に 関 わ っ て い く 必 要 が あ り ま す。
き 継 い で い く た め に は、 村 民 全 員 が 私 た ち の 村
私たちが今の暮らしをより良くし次の世代に引
内 で 生 成 す る こ と が 望 ま れ ま す。 そ れ は、 食 料
て い ま す。 食 料 も エ ネ ル ギ ー も 少 し ず つ で も 島
に お い て、 食 文 化 の 見 直 し と 再 構 築 が 求 め ら れ
さらに、食料の多くを島外に依存している本村
い電力供給システムのあり方を検討します。
し て 避 難 生 活 に 用 い る な ど、 自 立 分 散 型 の 新 し
は電気自動車や蓄電池に蓄えた電気を緊急用と
は 風 力 需 要 ま た は 蓄 電 用 と し て 用 い、 災 害 時 に
マ ス 等 の 再 生 可 能 エ ネ ル ギ ー を 導 入 し、 平 時 に
な 陽 光 を 利 用 す る、 太 陽 光 発 電 あ る い は バ イ オ
り 、小 学 校 、中 学 校 、浄 水 場 に お い て 非 常 時 の 場
歴 史 や 文 化 な ど を 踏 ま え 、そ こ に 多 良 間 村 の 現 状
と エ ネ ル ギ ー を 自 立 的 に 供 給 し、 安 心 と 信 頼 が
むすびに
合の電気供給が出来るよう太陽光パネルを設置
や 問 題 点 を 見 い だ し て い く こ と で、 村 民 は 本 村
持 続 的 に 約 束 さ れ た 島 の 創 造 で あ り、 持 続 可 能
用 す る 場 合 の 自 動 車 運 賃 低 減 の た め の 、フ ェ リ ー
し ま す 。 県 事 業 と し て は 、カ ッ ジ ョ ウ 地 区 土 地 改
の 置 か れ て い る 状 況 を 理 解 し、 自 分 が 今 多 良 間
な循環型社会づくりを目指すものであります。
たらまゆうの自動車航送運賃を助成します。
良 実 施 設 計、 普 天 間 港 口 浚 渫 工 事、 空 港 に お け
村 の た め に と る べ き 行 動 を 知 る こ と が で き ま す。
 国民健康保険事業特別会計
  
195,
076千円
 介護保険特別会計
       157,
915千円
 後期高齢者医療特別会計
    
10,
481千円
 簡易水道事業特別会計
     
91,
900千円
全会計合計       
5,
429,
992千円
農 林 関 係 に お い て は、 水 浜 地 区 土 地 改 良 事 業、
る消防車庫の増設と消防車の購入等を進めます。
自分にできることは自分で行う村民が増えるこ
特別会計    455,
372千円
以上、村政運営の基本方針と私の考え方を申し
の姿であり、実現に向けて取り組みます。
こ れ ま で 述 べ た こ と は 私 が 目 指 す「 ゆ か り 村 」9本年度の各会計予算編成の内訳は次のとおりで
一般会計   4,
974,
620千円
と で 、行 政 は 行 政 に し か で き な い こ と に 力 を 注 ぐ
こ と が で き、 村 は よ く な っ て い き ま す。 村 民 が
どうぞ、村民の皆様、議員各位のご理解とご協
上げました。
て、 行 動 に 移 し て い く こ と で 多 良 間 村 を 良 く し、
力 を 賜 り ま す よ う 、衷 心 よ り お 願 い 申 し 上 げ 、私
自 分 の 暮 ら す 村 に 愛 着 を も ち、 そ の 未 来 を 考 え
次世代に引き継いでいくことができるものと考日の施政方針と致します。
年3月
えます。
    
     平成
 多良間村長 伊良皆 光夫
11
また、マスコミ等で取り上げられる地球温暖化
は、 私 た ち の 美 し い 村 に も 影 響 を 及 ぼ し か ね な
い 深 刻 な 問 題 と な っ て い ま す。 そ の た め、 地 球
温 暖 化 防 止 と 防 災 の 観 点 か ら、 本 村 に お い て も、
地球温暖化の原因である石油等の化石燃料を使
わない再生可能エネルギーの導入が求められて
(7)
27
あります。
  
平成27年3月1日
広報たらま
 去る2月 日、多良間村(伊
良皆光夫村長)ではイネヨトウ
を 撲 滅 さ せ よ う と い う こ と で、
平成 年度の一括交付金を活
用して実施した。
 3年目になるイネヨトウ一
斉 防 除 は、 農 家 を は じ め 村 役
場、 J A、 製 糖 工 場 が 参 加 し
サトウキビほ場やイネヨト
ウ の 発 生 源 な る 原 野 等、 約
450 にフェロモンチュー
ブを設置した。
 早朝から小学校グラウン
ドに集合し、参加者らはフェ
ロモンチューブの設置実演
講 習 を 受 け た 後、「 多 良 間 島
からイネヨトウを撲滅させ
よ う 」と 呼 び か け 全 員 で ガ
ン バ ロ ウ 三 唱 し、 班( 約
200名)に分かれて設置作
業を開始した。
 フェロモン剤による交信
かく乱防除はイネヨトウの
交 尾、 産 卵 を 阻 害 す る こ と
で次世代発生密度を低減さ
せる効果あると期待されサ
トウキビの反収アップにも
繋がる。
口蹄疫発生に対応
村で初めての実働演習
平成27年3月1日
広報たらま
イネヨトウを撲滅させよう
26
ha
21
50
は?
と経済への影響 等、 病 性 決 定 ま で の
流 れ が 説 明 さ れ た。
ま た、 演 習 で は 口 蹄
疫発生時の初動防疫
として、
*防護服着脱
*発生農場の消毒
*消毒ポイントの車
 両消毒
等の訓練の作業手順
を学んだ。
    ら?
* 口蹄疫が発生する
 病気なのか?
*口蹄疫が発生した
しないように今日の
実働演習でたくさん
の事を学んでいただ
き た い 」と 呼 び か け
た。
 多良間村における
口蹄疫の初動防疫対
応 と 題 し、 ス ク リ ー
ンを使い、
*口蹄疫とはどんな
  去 る 2 月 日、 県 宮 古 農 林 水 産 振 興 セ ン タ ー の 主 催 に よ り、 字 塩 川 集 落
セ ン タ ー に お い て、 宮 古 地 域 特 定 家 畜 伝 染 病 実 働 演 習 が 行 わ れ、 県 や 村、
各農家、JAらが参加した。あいさつで伊良皆光夫村長は「多良間島では
ま だ 口 蹄 疫 の 発 生 事 例 は な い、 万 が 一 起 き た と き の 事 を 考 え、 伝 染 が 拡 大
10
(8)
広報たらま
平成27年3月1日
平成27年 年中行事 多良間村
行事名
新暦月日
曜日
干支
ニサイガッサ定例会
 1月 17日   3月 7日 土慣例による
スツウプナカ予算会
 1月 28日   3月 18日 水みずのと み
山止め
 2月 2日   3月 21日 土ひのえ さる
ウプリ
 2月 12日   3月 31日 火ひのえ うま
麦プーリ゜
 2月 28日   4月 16日 木みずのえ いぬ
粟プーリ゜
 3月 8日   4月 26日 日みずのえ さる
スツウプナカ
 3月 29日   5月 17日 日みずのと み
クムリ゜ウガン
 5月 13日   6月 28日 日きのと い
プーリ゜
 5月 14日   6月 29日 月ひのえ ね
秋払い
 6月 24日   8月 8日 土ひのえ たつ
ニサイガッサ定例会
 7月 16日   8月 29日 土慣例による
八月御願手始め
 7月 23日   9月 5日 土きのえ さる
山止め
 7月 26日   9月 8日 火ひのと い
八月御願
 8月 8日   9月 20日 日恒例による
九月プーリ゜
 9月 3日 
10月 15日 木きのえ ね
多良間神社祭
 9月 29日 
11月 10日 火恒例による
ウガンプトゥキ
10月 2日 
11月 13日 金みずのと み
マッツー
10月 11日 
11月 22日 日みずのえ とら
ニサイガッサ
(9)
旧暦月日
運城御嶽
泊御嶽
多良間神社
仲 間 精 一
豊見山登下 地 昌 義
塩川御嶽
普天間御嶽
嶺間御嶽
山 城 春 忠
野 原博富 盛 玄 三
  今 年 の 多 良 間 島 の 生 ま れ 年( 未
年 )が 一 堂 に 会 す る 恒 例 行 事 で あ
る「トゥイ会」が去る2月 日、多
良間小学校体育館で開催された。
 最高齢 歳から小学校5年生
の 歳までの約140人が生ま
れ島に結集し、互いの健康や長寿
を祈念し盛大にトゥイ会を祝っ
た。最高齢で 歳のカジマヤーを
迎えた桃原ヨシさんは集落内を
パレードし、住民に祝福され満面
の笑顔を送っていた。
  歳を代表してあいさつに
立 っ た 波 平 常 則 さ ん は、「 ベ ー タ
が 生 ま れ 島・故 郷 に 帰 る と 心 の 安
らぎと人と人の絆を感じる。多良
間島に生まれ育ったことを誇り
に思い自慢している。健康に留意
し 次 の ト ゥ イ 会 に 再 会 し た い 」と
述べた。
13
73
平成27年3月1日
広報たらま
未 年・合 同 生年祝い
97
97
24
▲73歳の皆様から村へ大きな志を頂きました
頑 張 っ て き た。「 頼 ま れ た 事 」や
 また、トゥイ会を機会にNPO
「 試 さ れ た 事 」労 苦 を 惜 し む な!
法 人 ふ し ゃ ぬ ふ ネ ッ ト( 長 浜 隆 夫
ど ん な 体 験 も 必 ず い き て く る、
代 表 理 事 )は、「 ふ し ゃ ぬ ふ 課 外
今 の う ち に や れ! 目 標 を 決 め て
授 業 」と し て 小 学 校・ 中 学 校 の 児
しっかりやれ!
童生徒らに講話を行った。
  時 に は、 失 敗 す る こ と も あ る。
  講 話 の 目 的 は、「 各 界 で 活 躍 す
しかし同じ過ちを繰り返さない
る多良間島関係出身の先輩に、恒
事 が 大 事! 転 ん で も た だ で は 起
例のトゥイ会で帰郷する機会を
き る な! な ぜ 転 ん だ か を 考 え る。
利用して学校を訪ね、自らの人生
二度と失敗をするな、アララガマ
について、あるいは専門とする分
精 神 で 頑 張 れ!」と 講 話 を 締 め く
野について後輩の子ども達に熱
くった。
く語る交流の場をつくり、子ども
達に将来の人生について考える
 生徒代表でお礼の言葉を3年
荷川取氏は小学校5年6年生
生 の 桃 原 有 玖 梨 さ ん は「 私 に は、
ヒ ン ト に し て も ら い『 生 き る 力 』 名 に 講 話、 子 ど も 達 の 自 立 に
夢がたくさんあります。その夢を
の 育 成 に 繋 げ る 」と し、 還 暦 で 駆
向 け て と し、「 将 来 の 夢 や 目 標 を
一つでも多く叶えるために、いっ
けつけたパセオ建築設計室代表
か な え る た め に は、「 あ き ら め な
ぱい勉強して進学したいと思い
の 荷 川 取 勝 彦 氏・元 西 原 町 教 育 長
い 」こ と、 何 事 に も 一 生 懸 命 取 り
ます。勉強だけでなく、思いやり
の波平常則氏がそれぞれ講話を
組 む こ と の 大 切 さ。 ま た、 自 身
の 心 、人 を 敬 う 心 持 ち 、苦 し い こ
行った。
の 夢「 設 計 士 」な る き っ か け と し
とがあってもアララガマ精神で
て、 旧 公 民 館( コ ミ ュ ニ テ ィ ー セ
頑張って、人として日々成長でき
ン タ ー)建 設 を 目 の あ た り に し て
るようになりたい。そして、どこ
感 動 し た こ と 、現 在 、持 っ て い る
に行っても自分の生まれ育った
「 夢 」や 目 標 を 大 切 に し、 実 現 に
多 良間を誇りに思いながら生きて
向 け て 努 力 し て い く こ と 」な ど 話
行きたいです。」とお礼を述べた。
された。
 波平氏は中学校生徒 名に講
話、
「多良間に生まれて良かった。
多良間に生まれたことが原動力
に な っ て い る。 先 輩・ 後 輩 と 過
ご し た 多 良 間 の 生 活 で「 思 い や り
の 心 」や「 敬 い の 心 」人 間 関 係 を 学
んだ。島を出て苦しいことも多々
あった。しかしアララガマ精神で
▲85歳のガンジュウーオジーオバー!
43
86
▲講話をする波平さん
▲カジマヤーの桃原さん
(10)
  去 る 2 月、 多 良 間 村 で J I C
A沖縄国際センターの地域別研
修「 島 し ょ 水 環 境 の 保 全 と 管 理 」
で 名が村を訪れ水保全につい
て学んだ。
  村 住 民 福 祉 課( 波 平 敏 一 課 長 )
から地下水の硝酸態窒素の由来
や 課 題 な ど、 今 取 り 組 ん で い る
対 策 な ど を 説 明 し た。 村 民 は 水
質悪化に対する危機感を持って
取 り 組 ん で い る。 ま た、 農 薬 や
化学肥料に対する農家の意識も
高 ま り、 大 事 な 資 源 を 汚 さ ず 未
来永劫引き継ぐ必要があることを
認識していることなどを述べた。
 研修生からは生活排水を再生
水 と し て 使 え な い か。 有 機 肥 料
や化学肥料の規制は行っている
か。など質問等があった。
  伊 良 皆 光 夫 村 長 は「 皆 さ ん が 住
む地域とどのような違いがある
か理解して今後に活かして頂き
た い。 多 良 間 島 も 環 境 問 題 や エ
ネルギー問題などさまざまな課
題を抱えている一つひとつクリ
ア す る よ う 努 め て い き た い 」と 話
した。
テレビ は適正 に排出
を!
お問い合わせ先 住民福祉課 TEL.79-2623
いらなくなった
家電リサイクル法にもとづいた適正なリサイクルと
不法投棄の防止にご協力下さい。
不法投棄は法によって禁止されています。
(11)
ありがとうございました。
野原 雅吉様(広島県広島市在)
広報たらま
寄付金のお礼
平成27年3月1日
広報たらま
JICA・多良間の水保全を学ぶ
11
宮古島市在の川満吉美様より、故川満弘志(前宮古島市教育長)
香典返しが 氏の香典返しが多良間村にありました。
ありました ありがとうございました。
広報たらま
平成27年3月1日
多良間村介護福祉施設に関する調査報告を答申
 去る2月26日に多良間村介護福祉施設検討委員会(池城三千
雄会長)は、高齢者の福祉増進を図る為の中長期的な展望を視
野に入れた高齢者福祉対策の必要があることから、先般多良
間村介護福祉施設検討委員会を設置し、委員会の検討結果を
取りまとめ、伊良皆光夫村長に答申した。
 多良間村介護福祉施設に関する調査報告書
 (調査・検討事項及び調査期間)
1介護福祉施設の整備、管理運営に関すること
 (調査・検討期間 平成26年7月11日~平成27年2月26日)
(調査内容及び経過)
◎第1回検討委員会 H26.7.11
・委嘱状交付・役員選出・検討委員会設置要領・介護福祉施設導入整備にあたっての協議、検討を行っ
 ていくことを確認
◎第2回検討委員会 H26.7.28
・多良間村の高齢者を対象としたアンケート調査の集計結果、介護保険における施設サービス及び地域
 密着型サービスの概略と県内離島町村の施設状況について委員より説明。
  説明を受け、当村での利用者の状況、保険料への影響、今後の人口構造推計、高齢化の進捗、医
 療が必要な場合の対応、現在利用している高齢者生活センターの利用状況等について意見交換を行う。
◎第3回検討委員会 H26.10.7
・多良間村萌木の里デイサービス及び短期入所生活介護、ショートステイ事業の利用状況並びに今後の
 利用見込み等について、社会福祉協議会より説明。
  利用状況として、現在、通所介護を利用している方が42名、ショートステイ利用者は週1回自宅
 に戻るということで4名の方が常時利用している。1日に利用できる人数は9名ですが5~6名が利
 用している。利用者人数については、昨年まで9床満室状態であったが現在は入院、転出等で減少
 しており、4床程度の利用となっている。今後の利用見込みとして、現在、週1回利用される方が週
 2~3回の利用となって1日あたりの利用者も増えることが予想されるが、今のところ希望者がいな
 い状況である。
・基本的には特別な医療を必要とされる方は利用出来ないが、その様なケースについても診療所の先生
 と相談して、極力対応するようにしている。
・現在の施設は9床、14床まで増床することは可能であるが、それに伴い職員の増員が見込まれる。
◎第4回検討委員会 H27.2.4
・地域密着型介護福祉施設(小規模特養)併設型を維持するための収支等について、沖縄県公衆衛生協会
 による説明。
 (保険料に当たっては、第6期の保険料算定を基準に算定)
・人員配備基準について
 管理者、医師、生活相談員、看護師、介護職員、機能訓練士、介護支援専門員、栄養士等の配備が必須
*必要最低限の人員確保で  維持費 5,400万円
*入所者数18名で試算  入所18名×300万円
 この場合保険料は下記の額が見込まれる。
第5期  H24年~26年  5,600円
第6期  H27年~29年  6,040円
第7期  H30年~32年  8,572円
第8期  H33年~35年  9,488円
第9期  H36年~38年 10,078円
(12)
広報たらま
平成27年3月1日
2介護福祉施設の整備について
 施設規模(24床)規模、地域密着型介護福祉施設の設置基準、人員配備等の管理運営基準、設置運
営主体の確保、多良間村に設置する場合の課題について
3多良間村介護保険給付費に対する介護保険料の見込み
・施設料による年間給付費の見込額
・給付費の増加に伴う保険料の推計額(保険料の仮試算)
4施設整備に当たっての検討課題
・地域密着型介護福祉施設の設置 (設置基準、人員確保、保険料高騰)
・嘱託医の確保、看護師、栄養士、介護職員等の人材確保)
・今後のニーズに合わせ、当面、現施設の増改築により対応
・居宅介護サービスの提供(ホームヘルプ等)
まとめ
 高齢化の進行に伴い、高齢者福祉対策は、中長期的な展望のもと、諸施策を講じ、一層の高齢者福
祉の向上を図ることが、望まれるところである。
 高齢者福祉対策として、現在、高齢者の生活機能の維持、改善を目標に介護保険事業による各種サー
ビスが提供されている。
 利用者は年々増加しており、今後においても増加するものと思われる。中には、島を離れ、島外の
介護保険施設での生活を余儀なくされる高齢者も多数おられることから、利用者のニーズに応えられ
る施設整備等についても大きな課題といえる。島外の施設に入所される方は、生活機能の低下等によ
り介護度が高く特別な介護を要する事や、認知症のため十分な介護を要することから、島外の施設で
介護サービスを利用される状況にある。
 このような状況を一日も早く打開し、高齢者が住み慣れた故郷で、家族や、地域の方と共に楽しい
老後を過ごすことができる環境づくりをすることが強く望まれるところである。その様なことから平
成21年度より高齢者生活センターにおいて短期入所介護サービスを実施、当初3床からスタート、
現在9床の利用となっている。しかしながら、特別な医療の必要な利用者については、人員配置不足
等により対応が厳しいことから、受け入れは困難な状況にある。
 以上のことを踏まえ調査を行い、結果は概ね次のとおりであります。
1.介護老人福祉施設について
(1)施設を運営するにあたっての医師、看護師、栄養士、機能訓練指導員、介護職員等の人材確保が
  可能であるか(常時指定基準に見合う人員確保)
(2)施設規模(29名)以下となっているが、入所者の確保は可能か
  27年度より施設入所の要件として介護度3以上となる
(3)施設整備により介護保険料が高額となる
(4)施設整備にあたって建設費、維持費等に係る費用負担が膨大と思われる
(5)運営主体はどこが行うのか・・・・等
  介護施設の整備は高齢者福祉増進の観点から、必要不可欠との認識であるが、施設整備にあたっ
  ては、健全運営、持続可能な施設でなければならないこと等を勘案し、現段階では施設整備につ
  いての判断は難しい状況にある。
 以上のことを踏まえ、今後の検討と現在、通所介護施設、短期入所施設として利用している、高齢
者生活センターの機能拡充についても検討することが、現段階における最善の方法と考える。
以上、多良間村介護福祉施設整備に関する報告とします。
多良間村介護福祉施設検討委員会
(13)
13
15
然 が 多 く 残 さ れ て お り、 独 特 の 歴 史、
文化、芸能が継承されています。芸能
フェアーにおきましては、島々の民俗
芸能が披露されることになっておりま
す。そして、観光パネル展示、写真展
示をとおし、あるいは特産品や伝統芸
能など五感で感じることにより、島々
の魅力を体感して頂きたいと思う。そ
のことにより「楽しかったよ」
「よかっ
たよ」「島に行ってみたい」「島にいこう
よ 」と い う こ と に な れ ば 幸 い で す。 こ
の た び の イ ベ ン ト を と お し、【 お く な
わ 】の 島 々 が 県 内 外 の 皆 様 に、 身 近 な
ものとなりますよう、ご期待申し上げ
ます。
 島々の特産品、自然、芸能、人々と
のふれあいが多くの皆さんから親しま
れ、愛され、島々を訪れる人々が一層
ふ え ま す こ と を 期 待 申 し 上 げ ま す 」と
あいさつした。
 各島から芸能が披露され、多良間村
か ら は 字 塩 川 の 組 踊 り「 忠 臣 公 之 組 」
( 忠 臣 身 替 )か ら 亀 千 代 の 口 上 と 金 武
節・波平大主と山田大主の2場面を
分ほど演じた。
おく
くな
なわ
わの
の観
観光
光・
・物
物産
産と
と芸
芸能
能フ
フェ
ェア
アーーお
 去る 月 日~ 日にかけて、沖縄
タ イ ム ス 社 に よ る「 ふ る さ と 元 気 応 援
企 画 」で、 5 村 の 粟 国 島・ 渡 名 喜 島・
南 北 大 東 島・ 多 良 間 島 が 一 堂 に「 お く
な わ 」フ ェ ア ー を タ イ ム ス ビ ル に お い
て開催した。
 各島の特産品の販売や観光パネル展
示・写真展示・伝統芸能など多彩に催
し、小さな島に大きな魅力を感じとっ
た。多良間村からは、たらまピンダ汁
やノニジュース・特産品の黒糖・パナ
パンビンなどを販売、また、NPO法
人 ふ し ゃ ぬ ふ ネ ッ ト( 長 浜 隆 夫 代 表 理
事 )で は、 在 沖 多 良 間 郷 友 会 員 ら の 協
力もあり、たらまピンダ汁や山羊そば・
黒糖ぜんざいなどの販売で賑わい多良
間島をPRした。
 5村を代表して伊良皆光夫村長は
「 こ の 度 は、 沖 縄 タ イ ム ス 社 様 の ご 好
意により、ふるさと元気応援企画によ
り ま し て、『 お く な わ の 観 光・ 物 産 と
芸 能 フ ェ ア ー』が 開 催 で き ま し た こ と
に厚くお礼申し上げます。
 沖縄の奥、島の奥、人や物の行き来
が少ない五つの島々が結集し、島おこ
しのために命名されました。今回はそ
の五つの島の魅力を伝えるイベントで
あります。粟国島、渡名喜島、南大東島、
北大東島、多良間島、五つの島の特産
品を一堂に集め多くの皆さんに知って
もらうことがねらいであります。2??た、五つの島々には手付かずの自
▲多良間の黒糖かち割りが人気でした!
▲NPO法人・在沖郷友会では山羊汁販売でPR!
30
▲組踊りの衣装の姿で多良間をPR
▲代表で挨拶に立つ村長
平成27年3月1日
広報たらま
(14)
 去る1月 日多良間島の西海
岸( マ ク ガ ヤ ー )に 、 平 成 年
月 日に発生した東北大震災時
に 津 波 で 流 さ れ た 漁 船( 長 さ 約
6 ㍍ ・ 幅 1.5?? )と み ら れ る
船が流れ着いているのが発見さ
れた。
 船体に記載された船番から宮
城県南三陸町の志津川漁協の船
で あ る こ と か ら 船 主( 日 野 氏 )
が わ か っ た。 船 主 に 確 認 し た と
こ ろ、 宮 城 県 か ら 多 良 間 島 ま で
2000㌔も離れていることか
ら引き取りを希望しなかった。
  多 良 間 村( 伊 良 皆 光 夫 村 長 )は
月 日 に 陸 揚 げ を し、 伊 良 皆
村 長 は「 4 年 か け 多 良 間 島 ま で
漂 流 し て き た。 こ の 思 い を、 災
害 の 教 訓 と し て 3・ を 風 化 さ
せ な い た め に も、 災 害 に 対 す
る村民の防災意識が向上する
ことを願い
た い 」と し 、
船体自体に
目立った損
傷もないこ
と か ら、 多
良間村民族
学習館に展
示保存する
ことになっ
た。
*詳細は多
良間村ホー
ムページに
掲載
  巨 人・大 鵬・玉 子 焼 き と 言 わ れ た 時 代 が あ っ
た。 大 相 撲 の 初 場 所 で は、 横 綱  白 鵬 が 史 上
最多 回目の優勝を果たした。
 沖縄が日本復帰した前年の1971年に大
鵬 が 回 目 の 優 勝 を 達 成 し て 以 降、 千 代 の 富
士 回、 朝 青 龍 回、 北 の 湖 回、 貴 乃 花
回 な ど、 こ の 優 勝 回 数 に 挑 ん だ 横 綱 は 何 人 も
い た が、 い ず れ も 年 齢 的 な 限 界 や 故 障 な ど、
さ ま ざ ま な 理 由 で 届 か な か っ た。 だ が、 白 鵬
は2014年 月 歳8か月の若さで 回目
の 優 勝 を 果 た し た。 大 鵬 が こ の 記 録 を 樹 立 し
た の は 歳 8 か 月 で あ り、 大 鵬 よ り ち ょ う ど
1歳若く記録に並んだことになる。
  白 鵬 は な ぜ、 こ れ ほ ど 傑 出 し た 成 績 を 残 す
こ と が で き た の だ ろ う か。 相 撲 解 説 者 の 話 を
まとめると大体次のようになる。
  白 鵬 の 場 合、 一 人 横 綱 の 時 期 が 長 か っ た。
一 人 横 綱 と し て は 場 所 も あ っ て、 そ の う ち
場 所 で 優 勝 し て い る。 同 世 代 に ラ イ バ ル の
柏戸がいた大鵬にはこのようなことはなかっ
た。 し か し、 そ の 一 方 で 横 綱 が 2 人 以 上 い た
場 所 で も 回 も 優 勝 し て い る。 大 鵬 は 初 優 勝
か ら 年 2 か 月 で 回 優 勝 し て い る が、 白 鵬
のように 歳での初優勝から8年6か月の間
に 回 も 優 勝 す る と い う の は、 未 知 の 世 界 で
あった。
 白鵬がこれほど若くして優勝を積み上げる
こ と が で き た 重 要 な 理 由 の 一 つ に、 横 綱 に
な っ て 以 来、 休 場 が 一 度 も な い と い う こ と で
あ ろ う か。 白 鵬 の 休 場 は、 大 関 だ っ た 年
月 に、 ト レ ー ニ ン グ 中 に 左 足 の 指 を 痛 め て 全
休 し た 場 所 だ け で、 年 7 月 に 横 綱 に な っ て
からは、まったく休んでいないのである。
  こ の こ と が ど れ ほ ど ま れ な こ と で あ る か、
過 去 の 横 綱 の 例 を み る と 理 解 で き る と 思 う。
た と え ば、 大 鵬 は、 横 綱 に な っ て 以 降、 全 休
し た 場 所 は 5 場 所。 北 の 湖 は 4 場 所 で 全 休、
途 中 休 場 が 2 回 あ る。 千 代 の 富 士 は、 6 場 所
で 全 休。 膝 の 故 障 で 苦 し ん だ 貴 乃 花 は 場 所
で 全 休 、途 中 休 場 が 5 場 所 も あ る 。 朝 青 龍 は 、
全休が3場所、途中休場が4場所あった。
 横綱というのは上り詰めるまでに激しい稽
古 と 取 り 組 み を 経 て い る わ け で、 そ の 地 位 を
獲 得 す る ま で、 故 障 の リ ス ク を 抱 え な が ら の
道 の り だ と い え る。 横 綱 に な っ た あ と は、 長
年 の 肉 体 的 負 担 か ら、 故 障 を お こ し や す い 時
期なのかもしれない。
 白鵬にしても故障が皆無だったわけではな
い。 1 9 2 セ ン チ、 1 5 8 キ ロ と い う バ ラ ン
ス の よ さ。 そ し て 関 節 の 柔 ら か さ。 大 き な 故
障 が な い 土 台 に、 そ れ が あ る こ と は 間 違 い な
い と 思 う が、 日 々 の 節 制 な し に は そ の 土 台 も
維 持 で き な い。 大 横 綱 の 強 靭 さ の う ら に は
日 々 の 努 力・ 忍 耐・ 自 分 自 身 を コ ト ロ ー ル す
る精神力があったか
らだと思う。
 小生のような凡人
には真似のできない
こ と で あ る が、 そ の
生き方に少々でも見
習いたいものである。
 白鵬は3月場所で
回目の優勝を果た
した。
(15)
32
06
23
21
25
29
15
32
07
10
1136
11
22
11
34
11
33
30
32
31
10
32
平成27年3月1日
広報たらま
宮城県の漁船多良間島に漂着
25
11
233村長のたうけーむぬゆむ゜
(ひとりごと)
24
広報たらま2月
総世帯数
519(-1)
総人口
1,230
(-3)
男 660
女 570
区 別
人 口
世帯数
70( 0) 32( 0)
土 原
100( 0) 42( 0)
天 川
109(- 3) 52(- 1)
津 川
74( 0) 30( 0)
宮 良
148( 0) 64( 0)
嶺 間
196(- 1) 91(- 1)
大 道
311( 0) 118( 0)
大 木
217( 1) 86( 1)
吉 川
5( 0)
水 納
4( 0)
出 生
転 入02
死 亡
転 出05
救急に関すること
(2月)
緊急ダイヤル
世 帯 数 と 人 口
(平成27年2月末現在)
平成27年3月1日
火 災 村 消 防 (79-2619)119番
警 察 官 派 出 所 (79-2010)110番
多良間診療所
急病人(1)
(2)
時間外
79-2101
◆時間外救急受付
13件
◆救急車出動  2件 ◆ヘリ搬送    2件    
救急車要請 :
79-2619
急病人時間外:
090-6862-6490
090-6862-6490
(3)役場住民福祉課
79-2623
救急車要請 総務財政課(消防) 79-2619
歯科診療所医師
79-2162
停 電 沖縄電力多良間営業所 79-2147
断 水 役場住民福祉課
79-2623
家畜疾病 役場産業経済課
79-2503
ガス専用JA多良間
090-6859-2355
(  )内は前月比
沖縄県離島住民割引運賃カードの更新について
あなたの離島割引カードは期限切れではありませんか?
更新手続きは多良間村役場・総務財政課(役場2階)にて受付ています。
必要書類等を必ず持参し、申請を行って下さい。
一つでも欠けると更新できません!
必要なもの
①証明写真(タテ3??×横2.5??)3??月以内に撮影した写真
②印鑑
③現住所記載の身分証明書(保険証・免許証・住民票など)
多良間村難病患者等に係る航空運賃の
一部助成金交付要綱の一部改正について
平成27年4月1日より現行の往復15,000円を上限とするを50,000円を上限とする。
また助成の回数を各年度2回までを5回までに改正。
☆ 3 月 と 言 え ば 卒 業 シ ー ズ ン、 多 良 間 中
学校では 名の生徒が9カ年間の義務教
育を終える。
  歳 で 親 元 を 離 れ 高 校 へ と 進 学 す る。
こ れ か ら 島 を 出 て 一 人 暮 ら し の「 の 春 」
である。
  ホ ー ム シ ッ ク に な ら な い よ う、「 文 武
両 道 」頑 張 っ て 高 校 生 活 を エ ン ジ ョ イ し
てほしい。
(多良間中学校卒業生は、昭和 年第1期
卒 名 を 皮 切 り に、 平 成 年 第 期 卒 で
3030名が本校を卒業した)
☆今年1月下旬に「マクパダラ」西海岸に
小 型 漁 船 が う つ ぶ せ 状 態 で 漂 着 し た。 調
査 す る に、 2 0 0 0 ㌔ 離 れ た 宮 城 県 南 三
陸 町 か ら 流 れ つ い た。 4 年 前 の 3・ 東
日本大震災の津波で流されたことが判明。
  船 が 発 見 さ れ た そ の 日、 故 船 主 の 命 日
に あ た る と い う。 船 の 引 き 取 り を 望 ま な
い こ と で、 村 は 展 示 保 存 す る こ と と な っ
た。 災 害 の 教 訓 と し て、 3・ を 風 化 さ
せ て は な ら な い。 災 害 に 対 す る 村 民 の 防
災意識の向上を望む。
☆「おくなわの観光・物産と芸能フェアー」
に 参 加 す る 機 会 が あ っ た。 人 や 物 の 行 き
来 が 少 な い 5 つ の 島 々 が 結 集 し、 島 お こ
しをするのだ!
  多 良 間 村 か ら は、 特 産 品 等 を 販 売、 黒
糖 と 山 羊 汁 が 好 評 で あ っ た。 芸 能 は 字 塩
川 の 組 踊 り の 一 部 を 分 ほ ど 演 じ た。 観
客 か ら は 短 い、 も っ と 見 た い と 口 々 に 聞
こ え た。 今 年 の 八 月 踊 り は、 9 月 日 ~
日 と、 何 と 5 連 休 に 行 わ れ る。 ぜ ひ、
多良間島で堪能してほしい。
22
15
14
30
26
11
20
67
11
23
15
編集後記
            てるけん
56

ファイルダウンロード