ジモトビラロゴ

1112平成25年月号平成25年12月1日発行広報...沖縄県多良間村2015/02/07

ファイルダウンロード

テキスト引用

1112
平 成 25年
月号
平成25年12月1日発行
広報
No.478
発行/多良間村役場・編集/総務財政課広報係 〒906-0692宮古郡多良間村字仲筋 99-2☎ 0980-79-2011
多良間村制施行百周年
『記念碑除幕』
「日本で最も美しい村」連合に加盟
しています。
多良間村は、

…間村は、
39番目の
広報たらま
平成25年12月1日
多良間村
村制施行百周年
100thAnniversary
式  辞
 本日 ここに、多良間村制施行百周年記念式典を挙行いたしましたところ、ご
多忙にもかかわらず、ご来賓の皆様を始め、村内外から多くのご臨席を賜り、心よ
り御礼を申し上げます。
 多良間村は、大正2年4月1日、当時の平良村から分村し、村制を施行してか
ら今年で百年という記念すべき年を迎えました。大正、昭和、平成という激動の
時代の中で、幾多の困難に直面しながらも、これを克服し、村勢が着実に発展して
まいりましたのも、ご臨席の皆様方を始め、多くの先人の方々の献身的なご尽力と、
郷土へのあふれる愛情、そして、それぞれの時代をひたむきに精一杯生き抜いてこら
れた、村民の皆様方のご努力の賜物であり、深甚なる敬意を表するとともに、心より感謝を申し上げる次第であります。
 今日までの百年の歩みを振り返りますと、大正期にはコレラが流行し多くの人々が亡くなり、昭和に入ると満州事変や第
二次世界大戦といった戦争の時代でありました。戦中・戦後と物のない貧しい時代が続き、毎年のように襲ってくる、台風や
旱魃といった自然災害は、これでもかこれでもかと、人々の生活苦に追い討ちをかけました。それでも、歴代村長をはじめ
として、村民の皆様は、植林することで暴風・防潮対策をし、ため池を増設し旱魃に備え、農業基盤整備や機械化で農業
の近代化を進めました。さらに、電気・水道の開設、フェリーの就航、飛行機の運航、通信網の整備等で生活環境の整
備に力を注いできました。このような先達のたゆまぬ努力が、今日のような便利で豊かな生活があることを、私たちは忘れて
はなりません。また、平成の大合併にあっては、宮古圏域においては唯一合併しない、という歴史的な大決断をされました
事に敬意を表しますとともに、後世においても高く評価されるよう、多良間村が着実な発展を遂げることが重要と考えます。
 本村は、今や、新たな飛躍のステ-ジに立とうとしております。人口減少・少子高齢化の進展などによる社会構造の変化や、
核家族化により人々の生活様式も変わりました。今後は、情報技術の急速な発達などにより、さらに生活スタイルは大きく、
様変わりするものと予想されます。このような、変化に対応できる自治体でなければなりません。生活の基盤となる各種産業
の振興、
「人材をもって資源となす」と言われるような人材育成、高齢化社会に対応した福祉行政の充実は、重点的に進め
なければならない施策であります。さらに、郷土の素晴らしい自然や伝統文化、そして、何よりも村民の皆様の心の温かさを
受け継ぎながら、次代を担う子供たちが、夢と希望にあふれ、さらに輝くゆかり゜村を、村民の皆様とともに築いていかなけ
ればなりません。地域の絆や貴重な地域資源を大切にするとともに、地域のあるべき姿を見極め、結いのこころ、自治のこ
ころを思い起こし、村民総参加の村づくりを進めることが、多良間村の飛躍になるものと信じます。ご臨席の皆様におかれ
ましては、変わらぬお力添えを賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。
 百周年という一世紀の大きな節目に当たり、本日は記念碑の除幕式も行われました。今後、本村を象徴するモニュメント
の設置、イメージキャラクターの作成、記念誌の編纂など、百周年に相応しい記念事業として進めて参ります。本村の貴重
な証として、島外から訪れる人々や村民の皆様に、愛され利用されることを切に望みます。
 また、本日この式典では、それぞれの分野で本村の発展に貢献されました35名の皆様の表彰をさせて頂きます。表彰さ
せて頂きます皆様には、心からお祝いを申し上げますとともに、感謝を表する次第であります。どうか、今後とも健康にご
留意頂き、なお一層、本村の発展にご協力賜りますようお願い申し上げます。
 そして、多良間村の発展に貢献されました、全ての方々のご尽力と輝かしい功績に、心から感謝を申し上げますとともに、
本村が、この百周年を節目として、さらに次の105周年、120周年、150周年、200周年、あうしゃがなぎ、発展し
ますことを祈念申し上げる次第であります。
 むすびに当たり、本日ご臨席を賜りましたご来賓の皆様を始め、村民の皆様のますますのご健勝とご多幸を、心からご祈
念申し上げまして式辞と致します。
           平成25年11月28日          
                    多良間村長 伊良皆 光夫
(2)
広報たらま
親善大使(小田代さん)
「未来宣言」羽地美野さん
パレード
鏡開き
僕もパレード参加
(3)
平成25年12月1日
記念植樹「ふく木」
きいやま商店ライブ
点。 村 の 生 活 用 水 で も あ る た
  去 る 月 日、 字 塩 川 集 落
セ ン タ ー に お い て、 国 営 土 地 め、 過 剰 な 取 水 は バ ラ ン ス を
改良事業多良間地区の事業説 壊して塩水化を招く恐れがあ
明 会 が 全 農 家 を 対 象 に 行 わ れ り。 取 水 方 法 や 取 水 量 に つ い
ては慎重に検討行う必要があ
た。
る。
  あ い さ つ で、 伊 良 皆 光 夫 村
長 は「 国 営 事 業 を 進 め る に お   か ん が い 用 水 の 水 源 は、 地
い て、 地 元 農 家 の 要 望 が 決 め 表 水 を 可 能 な 限 り 集 水 し た め
手 に な る。 皆 さ ん が 認 識 を 深 池 に 貯 留 し て 利 用 し、 不 足 分
め必要性を訴えていかなけれ を淡水レンズから補給する組
ば な ら な い。 多 良 間 村 で は み合わせで、その用水をファー
1 0 0 年 に 一 度 あ る か な い か ム ポ ン ド へ と 揚 水 し て、 各 畑
の 最 大 な プ ロ ジ ェ ク ト で あ り、 へ と 送 水 す る 仕 組 み で あ る と
村 の 将 来 を 左 右 す る 事 業 で あ 説明があった。
る。 ぜ ひ 成 功 さ せ て 農 家 一 人   役 場 土 木 建 設 課 か ら は、 農
ひとりの所得向上と村の活性 地利用の設定に関して国営事
化を進めていけるよう頑張っ 業における資格者設定などの
考 え 方 や、 現 段 階 に お い て、
ていこう。」と呼びかけた。
受 益 面 積 は 9 0 8 ヘ ク タ ー ル・
 多良間村における国営土地
改 良 事 業 構 想 に つ い て、 沖 縄 資 格 者 数 1 3 2 2 人、 未 相 続
総合事務局土地改良総合事務 農 地 は 1 2 4 8 筆 で 5 4 8
所 か ら、 多 良 間 島 の 地 下 に あ 人、 不 在 地 主( 島 外 者 在 住 )は
る「 淡 水 レ ン ズ 」は 最 も 厚 い 部 4 8 2 筆 1 9 2 人 で あ る 状 況
分 で 7 メ ー ト ル 程 度 あ り 自 然 を 説 明 し た。 国 営 事 業 の 受 益
に た ま っ た 水 を 使 え る の が 利 農 家 と な る に は、 相 続 や 権 利
設定が不可欠であることへの
理解を求めた。
 今後の農村整備事業の進め
方 に つ い て、 台 風 や 災 害 の 被
害を軽減してサトウキビの増
収や高収益作物の生産拡大を
推進するためのグリーンベル
ト 等 の 整 備、 畑 か ん 整 備 に よ
る「 水 な し 農 業 」か ら の 脱 脚、
地域資源活用施設の整備によ
る堆肥生産と循環型農業の確
立、 農 産 物 等 の 農 業 所 得 の 向
上や安定した農業経営等を目
指していくと説明を行った。
 国営土地改良事業
「 多 良 間 地 区 」へ の 事
業 参 加 に つ い て は、
3条資格者の確定が
必 要 に な り ま す。 3
条 資 格 者 と は、 土 地
改良事業の参加者の
こ と を い い、 土 地 の
所有者や相続人代表
者、 ま た は 耕 作 者 が
資格者となります。
  村 で は、 農 家 訪 問
を行い3条資格者の
確定作業を進めてい
る と こ ろ で す。 職 員
や推進員が説明に伺
い ま す の で、 農 家 の
皆様のご協力を宜し
くお願いします。
*農地の所有権移転
 や利用権の設定に
 ついて
 現在耕作している
農 地 が、 所 有 権 移 転
が さ れ て い な い、 又
は 利 用 権 設 定( 賃 借 )
がされていない農地
についての各種申請
書や届出については
農 業 委 員 会・ 産 業 経
済 課 農 政 係・ 土 木 建
設課国営事業推進班
で、 ご 相 談 下 さ い ま
すようお願いします。
多良間村役場
土木建設課
診療情報提供書(お手紙)が必要です。
多良間診療所以外
を受診するときは
平成25年12月1日
広報たらま
国営土地改良事業「多良間地区」説明会
10
16
農家の皆さんへのお願い
多良間診療所から診療情報提供書(お手紙)が必要。
◯定期的に多良間診療所に通院されている方が
 他の病院(眼科、整形外科、皮膚科など)を受診
 したい。
受診した病院の先生から診療情報提供書(お手紙)が必要。
◯多良間診療所以外の病院(眼科、整形外科、皮膚科など)に通院している方が多良間診療所から薬
 をもらいたい。
◯定期的に多良間診療所に通院している方で他の病院(眼科、整形外科、皮膚科など)からもらった
 薬も一緒にもらいたい。
※ただし、定期的に多良間診療所に通院していない方が他の病院を受診するとき、診療情報提供書は不要です。
 ご不明な点があれば診療所に問い合わせて下さい。
多良間診療所 診察時間(月〜金) 午前9:00-午後12:00午後2:00-午後5:00
  連絡先:0980-79-2101時間外連絡先:090-6862-6490
(4)
16
村制百周年記念大会
 第 回たらま島一周マラ
ソン大会が 月 日に開催
さ れ た。 今 大 会 は、 村 制 施
行百周年記念大会というこ
と も あ り、 4 0 0 人 余 と 過
去最多の申し込みがあっ
た。
 午前 時に小学校グラウ
ン ド で 開 会 式 が 行 わ れ、 大
会長の伊良皆光夫村長は
「今回は村制施行百周年の
意 義 あ る 大 会 で あ る。 記 念
大会にふさわしい盛り上が
り を 期 待 し ま す。 体 調 に は
万全を期し笑顔でゴールす
ることを忘れないでほし
16
11
119??」とあいさつした。
 島外から多くの参加者がお
り、自然を満喫しながら秋の
多良間路を楽しく駆けること
が で き た。 2 4、3 の ハ ー
フマラソンで、男子は仲間正
彦(宮古島市)さん、女子は塚
本恭子(東京都)さんがそれぞ
れ初優勝をした。
  競 技 終 了 後 は、 島 の ヤ ギ 汁
や牛汁、甘いゼンザイで疲れ
を 癒 や し た。 大 会 最 終 エ ン
ト リ ー は 3 8 5 人、 完 走 は
369人で完走率 %であっ
た。
 結果は下表のとおり
(5)
95
km
A コース(24.3km)
 男子 1位 仲間 正彦(1時間 33分 59秒)
    2位 米山 博久(1時間 40分 01秒)
    3位 黒島 昌樹(1時間 45分 34秒)
 女子 1位 塚本 恭子(1時間 54分 52秒)
    2位 奥山 優子(2時間 00分 49秒)
    3位 染谷久美子(2時間 04分 17秒)
B コース(10km)
 男子 1位 砂川 健作(37分 09秒)
     2位 大岩 秀明(49分 21秒)
     3位 仲間 昌光(50分 03秒)
 女子  1位 西村あいり(52分 01秒)
    2位 濱川 法子(1時間 05分 43秒)
    3位 徳嶺かおる(1時間 08分 08秒)
C コース(3km)
 男子 1位 砂川 伸彦(11分 59秒)
    2位 砂川 俊作(12分 32秒)
    3位 奥平 涼介(12分 41秒)
 女子 1位 本村  萌(13分 27秒)
    2位 波平 華奈(15分 37秒)
    3位 下里 麻斗(15分 47秒)
D コース(5km)
 男子 1位 亀川 朋生(17分 16秒)
    2位 友利 勝次(18分 06秒)
    3位 親里 来椰(18分 14秒)
 女子 1位 保坂 陸恵(29分 14秒)
    2位 垣花 歩実(30分 48秒)
    3位 亀川  葵(30分 48秒)
経営健全化規準-20.0
 簡易水道事業特別会計
実質赤字比率
連結実質赤字比率
実質公債費比率
将来負担比率
  健全化判断比率--
12.7-  早期健全化規準
15.00
20.00
25.0
350.0
  財政再生規準
20.00
30.00
35.0
とな
  去る 月 日 多 良
間 神 社において、 氏 子
や 村 役 場・関 係 機 関・
村 民 多 数が参 列しまつ
りごとを 司るニサイガッ
サの下 、 参 加 者らが合
掌した。
  村 民 を 代 表して、 伊
良 皆 光 夫 村 長が祈 詞
を 述べ、 参 加 者 全 員で
土 原 豊 見 親 頌 徳 歌と数え歌 を 合 唱した。
  多 良 間 神 社 は 土 原 豊 見 親 を 祭 る 神 社であ
り、土 原 豊 見 親は 世 紀 末に出 現し、アマガー
村 、ハリマ村 、フタツガー村 など 島の諸 勢 力 を
統一し、 点 在していた集 落 を 現 在 位 置に統 合し
た郷 土 開 拓 者の先 駆 者である。
  尚 真 王から多 良 間 島 主に命ぜられ、 豊 見 親
は 宮 古 島の頭の指 揮のも とに島の政 治 力に力
を 注いだ。 豊 見 親は運 城 御 嶽・泊 御 嶽 を 創 設
して民 心の教 化に努めた。
左 、「 祈 詞 」を 原 文 掲 載
かしこ
11
10
おおかみ
あまねちよ よろず よ
うやうや
まも
たま
てら
たま
足ル日ノ十一月十日ニ村民皆集イ詣デ拝ミ、 尚
なお
御 神 徳ヲ末 永ク仰 ギ 奉ラント、 今 日ノ生ク日
たてまつ
武 勲ハ、 普ク沖 縄ノ隅 々マデ 聞エ輝サレシ其ノ
ぶ くん
國 島ノマツロワヌ者 供ヲ討 チ 平ラゲ給 イシ其ノ
たま
神 徳 ト、 尚 海 外ニ有 リ テハ、 八 重 山 島ヤ與 那
心ヲ安 ラケク平 ケク育 給 イ 栄エシメ給 イ シ 御
たま
人 心ヲ修メ、 山 林ヲ樹エ、 農ヲ励マサレ、 民うザリシ其ノ昔、 多 良
  昔、 世ノ中ノ定 カナもラ
ろもろ
たま
間 島 三 原 村ヲ建 テ、 諸 々ノ神 祭ヲ始メ給 イ テ
産土ノ大神ノ御前ニ恭シク申ス。
うぶすな
掛ケ巻クモ畏 キ 多 良 間 豊 見 親 土 原 春 源 ト 稱エ
15
かしこ
給エト畏ミ畏ミ申ス。
かしこ
千 代 万 代マデモ此ノ島ヲ護 リ 給 イ テ、 栄シメ
電話番号 098-868-4380
所在地 那覇市おもろまち2-1-1 那覇市第2地方合同庁舎1号館3階
沖縄労働局雇用均等室
資金不足比率
 特別会計の名称
平成25年12月1日
広報たらま
平成24年度多良間村財政指標について
■健全化判断比率
地方公共団体の財政の健全化に関する法律(平成19年法律第94号)第3条第1項の規定に基づく健全化判断比率
(単位:%)
備考:健全化判断比率のそれぞれの欄において「-」と表記されている場合は、実質赤字額、連結実質赤字額がないこと及び
   実質公債費比率、将来負担比率が算定されないことを表す。
■資金不足比率
地方公共団体の財政の健全化に関する法律(平成19年法律第94号)第22条第1項の規定に基づく資金不足比率
(単位:%)
備考:資金不足比率の欄において「-」と表記されている場合は、資金不足額が
   発生していないことを表す。
多良 間神 社祭
お困りのときは
ご相談ください! 職場でのセクシュアルハラスメント
会社で対応してもらえない場合や社外に相談したいときは、沖縄労働局雇用均等室にご相談ください。
専門の相談員が相談に応じ問題解決のお手伝いをします。
セクシュアルハラスメント相談日
月曜日 9時~17時 火曜日 9時~17時 相談無料
*来局しての相談をご希望の方もまずはお電話ください。男女雇用機会均等法が解決のお手伝いをします。
(6)
 平成 年度多良間村民運
動 会 が 去 る 月 日、 小 学
校グラウンドで開催され
た。スポーツをとおして「村
民の健康増進と心の触れ合
い・ 明 る い 平 和 で 豊 か な 地
域 づ く り 」と 村 の 活 性 化 を
図る目的で行われた。
 全 種目の盛りだくさん
の 競 技 が あ り、 汐 汲 み・ 縄
な い・ 糸 く り 競 技 や 昔 遊 び
の 一 部 で お 手 玉・ ギ ッ チ ョ
ウ・ 竹 馬・ ワ ー ガ ニ マ ー ス
競 技 な ど で、 幼 稚 園 児 か ら
老いも若きも楽しく一日を
過ごした。
きました。なので、その日からあい
 毎年 月は「社会を明るくする運
動」で法務大臣等メッセージ伝達式 さつを始めることにしました。
があり、街頭車両広報宣伝活動をお  まず、先生方に大きな声であいさ
こなっている。社会を明るくする運 つをしてみました。すると、笑顔で
動に伴い、宮古地区作文コンテスト 返 っ て き て と っ て も う れ し か っ た
で す。 次 に 友 達 に 言 っ て み ま し た。
を応募したところ多良間小学校
年 生 の 富 盛 円 香 さ ん が 小 学 校 の 部 だけど返ってこなかったので少し悲
で優秀賞をもらった。以下、作文を しかったです。私にあいさつをして
くれていた方々の気持ちがわかりま
紹介‼
し た。
「あいさつはとっても大事な
んだなっ」
と改めて思いました。
 「大好きなあいさつへの思い」
私 た ち の 学 校 で は、 校 内 の 廊 下
 みなさんは、あいさつをしていま  
すか。私は朝や昼、夜など毎日、た の、また地域のいろいろな所に、あ
くさんしています。私のおすすめは いさつの看板、ポスターなどがあり
「 お は よ う ご ざ い ま す 」と 朝 か ら 大 ます。それを見て、友達もいっぱい
き な 声 で す る こ と で す。 な ぜ な ら、 あ い さ つ を し て く れ る よ う に な り
勉 強 や 苦 手 な 運 動 も「 頑 張 る ぞ っ」 ました。地域の方々もあいさつを返
すと、うれしい顔をしてくれます。
という気持になるからです。
ま た、 あ い さ つ 当 番 と い う 活 動
 しかし、私は小学 年生まであい  
さ つ が は ず か し く て 出 来 ま せ ん で も、 学 校 で し て い ま す。「 各 学 年、
した。だけど、地域の方や先生方が、 毎週交替」でやっています。私はあ
私にあいさつをしているのに、私が いさつに笑顔をプラスしていて、あ
あ い さ つ を 返 さ な い と 悲 し い 顔 を いさつを返してくれなくても、笑顔
して通りすぎていくことに気が付 が返ってくるのでちょっとうれし
いです。でも、あいさつはしてほし
いです。次はおじぎもプラスしてみ
たいです。
 私はあいさつをすると、やさしい
気 持 ち に な る と 思 い ま す。 悲 し い
時、 お こ っ て い る 時 に も あ い さ つ
を す る と 明 る い 気 持 ち に な り ま す。
なので、私はあいさつを続けていき
ます。
 これからのあいさつの目標は、私
から先に笑顔であいさつをして、あ
いさつをした方々にみんな笑顔に
なってもらうことです。
(7)
多良間村村民運動会
平成25年度
平成25年12月1日
広報たらま
25
11323736 平成25年12月1日
広報たらま
県税市町村税
沖縄県と県内 市町村は、税の公平・公正を確保するため、
連携して全国一斉に徴収強化しています。
NO!
滞納
県税市町村税の納め忘れはありませんか?
徴収強化月間▲11.112.31
滞納者に対し、財産の差押など対応処分を集中的に行います。
41
 沖縄県・県内41市町村
テレビ は適正 に排出
いらなくなった
を!
家電リサイクル法にもとづいた適正なリサイクルと
不法投棄の防止にご協力下さい。
不法投棄は法によって禁止されています。
お問い合わせ先 住民福祉課 TEL.79-2623
(8)
 去る9月
日に行わ
れた沖縄県
農業士等認
定式におい
て、 名 誉 生
活指導士と
して津嘉山
光 子( 字 塩
川 )さ ん が 承
認された。月日 役場村長室
において、沖
縄県農林水
産部から名
誉生活指導士の津嘉山さんに対する感謝状
の 伝 達 式 が 行 わ れ た。 伝 達 式 で 津 嘉 山 さ ん
は「そろそろ卒業も考えていました。しかし、
素 晴 ら し い 賞 を 頂 い て 元 気 が 出 た、 こ れ か
ら は 後 輩 た ち の 指 導 も 頑 張 っ て い き た い。」
と意気込みを話した。
  ま た 、 伊 良 皆 光 夫 村 長 は「 津 嘉 山 さ ん は
若 い 頃 か ら 地 域 の リ ー ダ ー と し て、 活 躍 さ
れてこられたことが今回の受賞につながっ
た と 思 い ま す。 今 後 も 生 活 指 導 士 と し て、
いままでの活動経験を活かして後輩の指
導、 育 成 に 取 り 組 ん で く だ さ い。」と あ い さ
つした。
  津 嘉 山 さ ん の 受 賞 は 長 年、 生 活 指 導 士 と
し て 豊 富 な 知 識 や 技 能 を 活 か し、 地 域 農 業
の 発 展 や 男 女 共 同 参 画 の 推 進・ 農 業 後 継 者
の育成に取り組んだことが評価された。
 多良間村内で民泊受け入れを行って
い る「 わ あ り の 会 」( 佐 久 本 洋 子 会 長 )
は、去る 月 日に多良間小学校(宮城
隆校長)児童に図書券を贈呈した。これ
は、 民 泊 受 け 入 れ で、 小 学 校 児 童 ら が
協 力 し て い る こ と に 対 し て、 感 謝 の 気
持ちを贈呈した。
 わありの会、佐久本会長は「体験交流
に 快 く 協 力 し て く れ た『 た ら ま っ 子 』の
皆 さ ん に お 礼 を し た い と 考 え、 皆 さ ん
が読書をとおしてますます感性豊かな
子 ど も に な る こ と を 願 っ て、 図 書 券 を
贈 呈 す る こ と に し ま し た。 本 を た く さ
ん 読 ん で、 多 く の 友 達 を 作 り、 仲 良 く
できる人になってほしい」と話した。
  わ あ り の 会 は、 沖 縄 県 離 島 体 験 交 流
促 進 事 業 で 実 施 さ れ て お り、 村 内 に は
5 軒 あ り、
この事業の
継続により
民家や宿泊
先等を増や
す考えであ
ると話した。
これまで平
成 年度よ
り、 沖 縄 本
島の小学校
3校から
名の児童を
民泊と体験
学習で受け
入れた。
(9)
平成25年12月1日
広報たらま
津嘉山光子さん 生活指導士の取組みへ感謝状
▲津嘉山光子さん(中央)
*パートやアルバイトなどの雇用形態にも適用されます!必ずチェック最低賃金!使用者も、労働者も。
*最低賃金に関するお問い合わせは沖縄労働局または最寄りの労働基準監督署へ
□最低賃金額は都道府県ごとに違うことをご存じですか?
□賃金は最低賃金額以上になっていますか?
□使用者は適用される最低賃金額を周知していますか?
沖縄県のこれまでの
最低賃金653円から
確認しよう!
時間額=
11円UP!
最低賃金
13
10
11
民泊の協力に感謝 多良間小に図書券贈る
10
29
23
58
沖縄県で働くすべての方へ
平成25年12月1日
広報たらま
 多良間村観光
協 会( 富 盛 玄 三
会 長 )主 催 の 第
7回多良間島ピ
ンダアース大会
が 月 日、 完
成したばかりの
ピンダアース会
場( 夢 パ テ ィ オ
た ら ま 南 側 )に
おいて開催され
た。 中 量 級 で
は、 3 回 目 出 場
の『 ヤ ギ ハ チ 号 』
(清村隆男所有)
が 初 優 勝。 重 量
級 で は、 優 勝
常連となった諸
見里朝仁所有の
『琉仁マブヤー
号』が3連覇を達成した。
 大会には、重量級に5頭、中量級に7頭が出場し、
『 最 強 の ピ ン ダ 』を 競 っ た。 オ ー プ ン し た ば か り の 会
場 は 中 心 が 円 形 に な っ て お り、 1 メ ー ト ル ほ ど 盛 り
上がり、山羊の闘う姿がこれまでよりも見やすくなっ
て い る。 訪 れ た 観 客 は、 山 羊 の 繰 り 出 す 様 々 な 技 に
歓声を上げていた。
  ま た、 今 大 会 に は、 森 山 勝 也 氏、 川 畑 保 夫 氏 か ら
優勝旗の贈呈が行われた。森山氏は『大会が益々盛り
上がり、多良間村の山羊振興がはかられるように』と
激励した。
第7回
多良間島
ピンダアース大会
『ヤギハチ号』が初優勝=中量級
重量級は『琉仁マブヤー号』が3連覇達成
10
13
村長のたうけーむぬゆむ゜
(ひとりごと)
  本 村 の こ れ ま で に な い、 最
大 の イ ベ ン ト で あ る、 村 制 施
行 百 周 年 記 念 式 典・ 祝 賀 会 が
こ の 度、 挙 行 さ れ ま し た。 関
連 行 事 と し て、 記 念 祝 賀 パ
レ ー ド、 前 夜 祭 が 行 わ れ、 パ
レ ー ド に は、 3 0 0 名 余 の 村
民 が 参 加 さ れ、 に ぎ や か で 楽
しく最高のムードでスタート
し ま し た。 前 夜 祭 に は、 村 出
身 の 天 久 健 次 氏、 亀 浜 律 子
穂 花 会 の 皆 さ ん、 宮 古 市 親
善 大 使 小田代直子さん、き
いやま商店の皆さんの出演
で、 宮 古 市 か ら お こ し の 山
本正徳市長ご一行も参加さ
れ、 体 育 館 せ ま し と ば か り
の多数の村民が参加して盛
り上がりました。
  い よ い よ、 記 念 式 典 当 日、
島外からの多くのお客さんを
お 迎 え し、 記 念 植 樹、 記 念 碑
除 幕 式、 く す 玉 わ り、 記 念 式
典、 祝 賀 会、 粛 々 と 滞 り な く
進 め ら れ ま し た。 心 あ た た ま
る 来 賓 祝 辞 に 胸 を 打 た れ、 豊
見城あずささんの受賞者代表
あ い さ つ に は、 小 中 学 生 に 大
き な 夢 を 与 え、 チ ャ ン ピ オ ン
の生の声として大きな刺激に
な っ た も の と 思 い ま す。 未 来
宣言を行った小学校児童会長
羽 地 美 野 さ ん の 堂 々 た る 姿・
発 表 に は 感 動 し ま し た。 祝 賀
会は多良間の伝統芸能を取り
入 れ た 特 色 あ る 内 容 で し た。
島 外 か ら の お 客 さ ん、 村 民 の
皆 さ ん、 参 加 さ れ た す べ て の
方 か ら 素 晴 ら し い 式 典・ 祝 賀
会 で し た。 と の お 褒 め の 言 葉
を 頂 き、 感 無 量 で す。 緻 密 な
企画を立て一致協力準備して
き た 職 員 の 皆 さ ん は、 す ば ら
し い 団 結 力 で し た。 記 念 事 業
のすべてに関わってきた実行
委 員 会 の 皆 さ ん、 推 進 委 員 会
の 皆 さ ん、 ご 協 力 下 さ い ま し
た 各 団 体、 村 民 の 皆 さ ん、 遠
路はるばるご来島されました
方 々 に 感 謝・ 感 謝 で す。 誠 に
ありがとうございました。
  村 制 施 行 百 周 年、 先 人 か ら
受 け 継 い で き た、 た し か な 歴
史 で す。 先 人 や 先 輩 方 に 感 謝
を し な が ら、 新 た な 船 出 の 時
で す。 真 っ 白 な 帆 を 揚 げ て、
未 来 に 向 か っ て 船 出 し よ う。
多 良 間 村 の 発 展 を 信 じ て、 村
民 一 人 ひ と り、 職 員 一 人 ひ と
り が、 自 ら は 何 が で き る か 行
動 し よ う。 明 る い 未 来 に 向
かって。
(10)
広報たらま
平成25年12月1日
「県下一斉!法務局休日相談所」の開設
 法務局職員、土地家屋調査士が無料で相談をお受けします。相談内容について秘密は固く守りますので安心し
て相談してください。
 日  時:平成26年1月19日(日) 午前10時~午後4時(受付終了:午後3時30分)
 場  所:那覇地方法務局宮古島支局(平良地方合同庁舎2階)
(宮古島市平良字下里1016番地)
 相談内容:①境界問題(筆界特定)、土地・建物の登記  ②相続(遺言)、戸籍、国籍
      ③供託(地代、家賃の弁済供託など) ④人権相談(いじめ、近隣トラブル、DVなど)
問合せ先:那覇地方法務局宮古島支局 0980-72-2639
11月牛セリ結果(25年11月19日実施)
◇全体
◇12??月以内
去 勢
上場頭数
成立頭数
成立(%)
販売価格(円)
10月牝
77
79
100.00
40,762,050
合 計
79
78
98.73
33,043,500
(平成25年10月末現在)
おくやみ
死 亡
転 出
最高
最低
平均体重
平均価格
火 災 村 消 防 (79-2619)119番
総世帯数 536(- 1)
総人口
1,267
(- 2)
男 678
女 589
区 別
人 口
世帯数
67( 0) 30( 0)
土 原
110(- 1) 46( 0)
天 川
118( 0) 50( 0)
津 川
95( 1) 35( 1)
宮 良
152( 0) 62( 0)
嶺 間
195( 0) 94(- 1)
大 道
313(- 1) 125( 0)
大 木
212(- 1) 90(- 1)
吉 川
5( 0)
水 納
4( 0)04
156
155
99.36
73,510,500
緊急ダイヤル
世 帯 数 と 人 口
出 生
転 入
区 分
一 頭 あたり
区 分
警 察 官 派 出 所 (79-2010)110番
多良間診療所
急病人(1)
(2)
時間外
79-2101
090-6862-6490
(3)役場住民福祉課
79-2623
救急車要請 総務財政課(消防) 79-2619
歯科診療所医師
79-2162
停 電 沖縄電力多良間営業所 79-214724
断 水 役場住民福祉課
79-2623
家畜疾病 役場村づくり課
79-2503
LPガス JA多良間支所Aコープ 79-2339
去 勢牝668,850円
424,000円
228kg
529,377円
514,500円
376,950円
212kg
469,333円
お詫びと訂正
 前9・10月号の12??ー
ジ、八月おどり特集にお
いて、之樂歡・樂偕と縦
の文字で掲載されていま
した。
 読み方は、「之樂歓」
(こ
れかんらく)
「偕樂」
(かい
らく)と読みます。
訂正してお詫びいたします。
(  )内は前月比
字塩川 吉本春正 平成25年9月28日(60歳)
字塩川 垣花ヨシ 平成25年9月30日(95歳)
107広報たらまのCD-ROMを  
販売しています
多良間村役場では、
「広報たらま」のバックナンバー
(平成8年11月〜平成16年12月まで)を収録したCD-ROMを販売しています。
動作環境:Windows2000/XP/Vista??どWindowsPC
■定価2,500円
多良間村役場
(送料別) 詳しくは、
(11)
0980-79-2011??で。
編集後記
☆早いもので師走、寒
さもあり島に冬がやっ
てくる。気温が下がり
サトウキビも穂を出し
収穫はまだかと待ちわ
びている。去った 月
の台風で潮害を受けた
ものの順調に成長して
きた。今期のキビ刈り
も年内操業となる。夏
植えの管理作業は進ん
でいますか?管理作業
を徹底し単収 トンを
目指しましょう。
☆村制施行百周年記念
式 典・ 祝 賀 会 も 終 え、
多くの村民が参加、遠
くは岩手県宮古市から
山本市長・前川議長ら
人参加、県知事や各
関係機関の長・また各
郷友会長方が出席し会
場を埋め尽くした。村
内パレード・前夜祭で
は民謡や琉舞、宮古市
の観光親善大使である
小田代直子さん民謡等
により盛大なお祝いが
出来た。
100歳万歳バンザ
イ‼      照健8 広報たらま
平成25年12月1日
HAPPY BIRTHDAY
村立多良間保育所(所長 本村芳子)の可愛い子ちゃんたちです。年長組ということもあり、保育所へ
通うのはあとわずか!でも卒園したら多良間ようちえんへ行きます。これからもヨロシクね!
みんなの夢・大人になったら何になりたいかを聞いてみました。はきはきと夢を話してくれました。
夢が叶うといいね!!
えい と
ゆ りなそう た
あい き
佐和田瑛斗ちゃん
兼本有梨奈ちゃん
安里颯太ちゃん
栁岡碧輝ちゃん
救急車の運転手になりたい!
早くなおせるようにしたい
ケーキ屋さんになりたい!
おいしいケーキをみんなにあげる
ユンボの運転手になりたい!
かっこいいからです
お父さんのような海のお仕事!
きれいな海にしたい
あき は
ひろなお
ひでよしひなの嘉手苅明葉ちゃん
末永広尚ちゃん
下地秀吉ちゃん
糸洲陽南乃ちゃん
アイスクリーム屋さん!
甘いクリームをみんなにあげる
消防車の運転手になりたい!
火事があったら早く行って消す
ダンプカーの運転手になりたい!
大きい車でかっこいい
お父さんのように
畑仕事をしたいりと
りょう ま
この か
い ぶき
仲村璃士ちゃん
浜川 亮 磨ちゃん
西筋心花ちゃん
平良維吹ちゃん
ケーキ屋さんになりたい!
大きなケーキを作りたい
トラクターの運転手です!お父さん
のような大きなトラクターを買う
夢パティオの仕事をする!
将来は観光業の仕事かな?
オジーと畑仕事をしたい!
将来は農業後継者だな!
はる と
はる せ
大城サラちゃん
山口春翔ちゃん
湧川晴世ちゃん
ケーキ屋さんになりたい!
大きなケーキ屋をつくります
ヘリコプターのパイロットになる!
かっこいいから!
消防士になりたい!
消防士はかっこいいから

ファイルダウンロード