ジモトビラロゴ

56平成25年月号平成25年6月1日発行広報o47...沖縄県多良間村2015/02/07

ファイルダウンロード

テキスト引用

56
平 成 25年
月号
平成25年 6月1日発行
広報
No.475
発行/多良間村役場・編集/総務財政課広報係 〒 906-0692宮古郡多良間村字仲筋 99-2☎ 0980-79-2011
小学校入学式
 ピッカピッカの
11名
多良間村は、
39番目の
「日本で最も美しい村」連合に加盟
し…

…に加盟
しています。
  任期満了に伴う多良間村議
会 議 員 選 挙 は、 5 月 日 投 票
が 行 わ れ た。 即 日 開 票 の 結 果
7 名の当選者が決定した。
  今 選 挙 で は、7 名 の 定 数 に
対し 名が立候補するとい
う、かつてない﹃多数激戦﹄と
な っ た。 最 後 の 1 議 席 は 1 票
差 で 決 す る と い う、 正 に﹃ 1
票 の 重 み ﹄を 表 す 結 果 と な っ
た。
  5 月 日には当選証書附与
式 が 行 わ れ、 当 選 し た7 名 の
﹃ 選 良 ﹄一 人 一 人 に 当 選 証 書 が
手渡された。
  附 与 式 の 後、 豊 見 城 委 員 長
は﹁ 多 数 激 戦 を 勝 ち 抜 い た 皆
さ ん お め で と う ご ざ い ま す。
4 年 間、 村 の 代 表 と し て、 大
き な 責 任 を 持 つ。 村 の 発 展 の
ために活躍することを念願す
る ﹂と お 祝 い の 言 葉 を 贈 っ た。
また、下地村長は﹁当選はゴー
ル で は な く ス タ ー ト で あ る。
公約実現に向けて頑張ってほ
しい﹂と激励した。
  当 選 者 を 代 表 し て、 森 山 実
夫 氏 は﹁ 当 選 証 書 を 受 け て、
身 の 引 き 締 ま る 思 い。 公 約 を
実 現 す る よ う 頑 張 り ま す ﹂と
決意を述べた。
  任期満了に伴う行政相談委員の委嘱
状 交 付 式 が 4 月 日、 村 長 室 に お い て
行 わ れ た。 友 利 哲 市 前 委 員 か ら 引 き 継
いだのは羽地邦雄氏︵ ・字仲筋︶。
  交 付 式 に は、 沖 縄 行 政 評 価 事 務 所 の
友 利 所 長 が 訪 れ、 総 務 大 臣 か ら の 委 嘱
状を羽地氏へ手渡した。
  ま た、 委 嘱 状 伝 達 に 先 立 っ て 行 わ れ
た 感 謝 状 贈 呈 で は、 前 任 者 の 友 利 哲 市
氏へ総務大臣からの感謝状が伝達され
た。 友 利 氏 は 2 期 4 年 に わ た っ て 行 政
相談員を務めた。
  下 地 村 長 か ら は、 友 利 前 委 員 へ 感 謝
の 気 持 ち と、 後 任 の 羽 地 委 員 へ 期 待 す
る言葉が贈られた。
  友 利 前 委 員 は﹁ 委 員 と い う 機 会 に 感 謝
す る。 今 後 も 経 験 を 活 か し 協 力 し て い
く ﹂と 述 べ た。 羽 地 新 委 員 は﹁ 難 し く、
片意地を張ることなく村民との橋渡し
が で き る よ う 頑 張 る ﹂と 決 意 の 言 葉 を 述
べ た。 羽 地 委 員 の 任 期 は 2 年 間 と な っ
ている。
▲行政相談委員に委嘱された羽地邦雄さん
多良間村議会議員選挙
7名の選良決まる
激戦を勝ち抜く
平成25年6月1日
広報たらま
選挙の結果は以下のとおり。
【開票結果】
当選者氏名、年齢、当選回数、得票数の順
1.羽地 隆憲(56) 2回 110票
2.富原 安則(62) 1回 107票
3.本村 健次(48) 3回 104票
4.豊見山 正(59) 1回  95票
5.森山 実夫(62) 4回  93票
5.渡口 直和(60) 1回  93票
7.豊見城玄淳(67) 3回  84票
次 嘉手苅光徳(62)     83票
〃 安里三喜男(55)     71票
〃 大見謝正勝(55)     47票
【投票結果】
▲当選証書を手に晴れやかな当選者たち
当日有権者数   904人
投票者数     888人
投票率       98.23%
10
22
19
行政相談委員に羽地氏 総務大臣委嘱状交付
11
64
(2)
島袋 雅也41
産業経済課 畜産係
大城 克憲
  今 で は、 子 ど も た ち も 日 中 は ず っ と 外
に 遊 び に 行 き、 家 に 帰 っ て く る な り﹁ ○ ○
○シャー﹂
﹁○○○ダーナ﹂と、教えたこと
の な い 言 葉 を 持 ち 込 み、 今 で は す っ か り
多良間っ子を気取っています。
  行 事に関しても 、 多 良 間に来て、3世 代
ゲートボール大 会 やスツウプナカと、 村 民の
方に誘って頂 き、一緒に参 加 させて頂 き、と
て も 素 晴 らしい体 験 を させていただ き まし
た。 今 後 も たくさんの村 行 事に参 加できる
ことを 心から楽しみにしていま す 。
  ﹁ 平 和 な 多 良 間 村の維 持 と 安 心の村 づく
り ﹂を 担 う一人として、 立 派に役 割が果 たせ
るように、また、自 分 自 身 も 多 良 間 村 民の
一人 として、 警 察 官 として 成 長 でき る よ う
に 頑 張っていき ま す ので、 今 後 と も 宜 し く
お願いしま す 。
  今 年 度 採 用 に な り ま し た、 ス タ ル ヤ ー   今 年 度 月 日 よ り 多 良 間 村 役 場 産 業
の 島 袋 雅 也 で す。 採 用 前 私 は、 総 務 財 政
経済課の畜産係として本採用になりまし
課観光係で3 年3 ヶ月間臨時職員として
た 大 城 克 憲 で す。 と 言 い ま し て も、 村 民
働かせて頂きました。
の皆様にとっては臨時でも本採用でも関
  4 月 1 日 に 土 木 建 設 課 へ 配 属 と な り、 係 な く、 一 人 の 役 場 の 職 員 と い う 立 場 を
農 村 計 画 係︵ 土 地 改 良 事 業 等 ︶を 担 当 し て
忘 れ る こ と な く 責 任 感 と 緊 張 感 を も っ て、
い ま す。 仕 事 も ま だ わ か ら な い 状 態 で す
一人一人の畜産農家と向き合いながら叱
が、 先 輩 方 か ら 指 導 を 受 け な が ら、 一 つ
咤激励を受け頑張っていきたいと思って
一 つ 学 び、 全 体 の 奉 仕 者 と し て、 村 民 ま
いますのでよろしくお願い致します。
た多良間村発展ため職務を遂行していく
  老 若 男 女、 誰 一 人 切 り 捨 て の な い 畜 産
決意です。よろしくお願い致します。
振興を目指します!
土木建設課 農村計画係
  多 良 間 駐 在 所の
比 嘉 利 昌 で す。 那
覇 警 察 署 から 異 動
となって、3 月 日
から 多 良 間 駐 在 と
なりました。
  最 初 は、 実 家 で
ある浦 添 を 離 れ、 多 良 間 島でたった一人の警
察 官 という 大 事 な 役 割 を 担い、﹁しっかりし
なければ﹂と思う一方 、﹁ 自 分ひとりでできる
だろうか。 家 族 はこの生 活 に 慣 れ ることは
できるだろうか﹂と心 配に思っていました。
  しかし、村民の方々の人柄の良さと、話
し や す さ、 そ し て 心 の 温 か さ に ふ れ あ う
度 に、 そ の 心 配 は す っ か り 無 く な り、 逆
に親しみや仲間が日々増えていく感覚が
嬉しく思うようになってきました。
31
  宮古製糖多良間工場の平成 / 年期製糖
操業は4月 日、 日間の操業を終了した。
  今 期の原 料 搬 入 は2 万1483トンで、 反
収は7.2トン、 平 均 甘 蔗 糖 度は .8度 と、
大 不 作だった昨 期から﹃ 平 年 並みに回 復 ﹄︵ 関
係者︶
し、関 係 者からは﹁ 安 堵した﹂との声が聞
こえた。
  午 後 か ら は、 期 間 中 の 安 全 操 業 と 関 係 者
の労をねぎらう終了祝いが行われた。
  席 上、 安 村 社 長 は﹁ 日 間 の 無 事 故・ 無 災
害 が な に よ り。 関 係 者 に 感 謝 申 し 上 げ る。
昨 年 の 不 作 か ら の、 農 家 を は じ め 関 係 者 の
▲安全操業での終了を祝う関係者
新採用職員紹介
宮古島警察署多良間駐在紹介
99
24
25
14
努 力 の お か げ。
黒 糖 は 島 の 文 化、
これからも発展
させなければな
ら な い ﹂と 決 意 を
新たにした。
  下 地 村 長 は﹁ 農
家の手取りが増
えたことは喜ば
し い。 サ ト ウ キ
ビ は、 4 . 3 倍
の経済効果があ
る と 言 わ れ、 多
良間の経済に無
く て は な ら な い。
無 謀 なTPP参
加 に は、 徹 底 的
に 反 対 し、 農 家
を守る施策を
行っていきたい﹂
と激励した。
(3)
宮古製糖多良間工場
ち直す
前期の大不作から持
年以 上
量は平年並み、質は平
平成25年6月1日
広報たらま
15
99
一般質問について
  村 独 自 の 訓 練、 村 民 を 網 羅 し
  た訓練をしていきたい
防 災 対 策 強 化、 村 民 の 防 災 意
識の向上を
◇ 嘉味田勝彦教育課長
  答
  記念碑周辺整備について
は、 文 化 財 保 護 委 員 及 び 関 係 者
と 協 議、 相 談 し な が ら 良 好 な 環
境整備に努めていきたい。
◇ 西筋米吉議員
  問
  普天間御嶽裏側の普天間
港 修 築 記 念 碑 は、 村 の 文 化 財 と
し て 指 定 さ れ て お り、 周 辺、 全
体を早急に整備すべきと思うが
教育課長の考えを伺う。
西筋米吉
議員
  関係者と協議しながら良好な
  整備につとめていきたい
普天間港修築記念碑周辺の早
急な整備を
平成25年3月多良間村議会定例会
◇ 西筋米吉議員
羽地隆憲
議員
◇ 羽地直樹村づくり課長
  答
  集中脱葉施設の維持費が
かさむということで値上げがさ
れ て い る。 昨 年 の 不 作 で 農 家 は
負 担 を 強 い ら れ て 状 況 で あ り、
村で助成ができないか前向きに
取り組んでいきたい。
◇ 羽地隆憲議員
  問
  さとうきび交付金の減
額、 前 期 の 台 風、 イ ネ ヨ ト ウ の
被害のなか集中脱葉機及びハー
ベスター利用料金値上の通知が
各農家に配布されている。値上
げ分の助成が必要と思うが考え
を伺う。
◇ 波平敏一総務財政課長
  答
  観光施設整備として一括
交付金事業の計画のなかにとり
い れ て 進 め て い る。 県 や 内 閣 府
との調整があり実施年度は確た
る答弁は出来ない状況である。
◇ 本村健次議員問  中学校で昨年管理棟が改   浸透枡等の拡張により改善し
  ていきたい
中学校正門から管理棟までの
通路の水はけの改善を
前 泊 港 に 東 屋 及 び ト イ レ 、シ ャ
建 設 を 要 請 し て 参 り た い。 石 垣
  問
  防 災 対 策 に つ い て、 施 政
ワー室の整備を
方針のなかでは村民を網羅した
島からの送水は飲料水が不適格
避難訓練を毎年行うと述べてい
と 判 断 さ れ れ ば、 一 つ の 選 択 肢   一 括 交 付 金 事 業 計 画 の な か に
る が、 一 度 も 実 施 さ れ て い な い。 として取り組みは必要と考える。   とりいれて進めている。
村民が安全で安心して暮らせる
◇ 羽地隆憲議員
最 大 の 防 災 対 策、 村 民 の 防 災 意
識 の 向 上 を 図 る べ き だ と 思 う が、 集 中 脱 葉 機 及 び ハ ー ベ ス タ ー   問
  前泊港はダイビング船の
利用料金値上げ分の補助を
見解を伺う。
観光客や多くの住民が集う港湾
施 設 で あ る。 一 括 交 付 金 を 活 用
  色々相談しながら前向きに取
◇ 下地昌明村長
して前泊港西側のハーリー大会
  り組んでいく
が 開 催 さ れ る 近 辺 に 東 屋、 ト イ
  答
  議員指摘の面も確かであ
レ、 シ ャ ワ ー 室 の 整 備 が で き な
る。 高 台 等 の 整 備 及 び 非 常 食、
いか伺う。
災 害 時 の 発 電、 飲 料 水 の 確 保 も
今 後 検 討 し な が ら、 訓 練 を 年 一
度 で な く、 多 く の 村 民 を 網 羅 し
た訓練につなげて行きたいと考
えている。
選 挙 公 約 の 県 営 住 宅 建 設、 石
垣島からの水道敷設を伺う
  住 宅 建 設 は 要 請 し て い く。 飲
  料水が不適格なら送水に取り
  組む。
◇ 西筋米吉議員
  問
  8 年 前 の 選 挙 公 約 で、 イ
ンフラ整備として県営住宅建設
と石垣島からの水道敷設を述べ
ているがその取り組み状況を伺
う。
◇ 下地昌明村長
  答
  老朽化した村営住宅の建
て 替 え が 必 要 で、 今 後 県 営 住 宅
本村健次
議員
平成25年6月1日
広報たらま
(4)
森山実夫
議員
◇ 森山実夫議員
  問
  現在の農業は機械化が進
み、 農 機 具 は な く て は な ら ず、
若者に意欲を持たすための基礎
支 援 は 大 事 だ と 思 う。 二 十 五 年
  国、 県 の 事 業 を 導 入 出 来 る よ
  う説明会等を開催していきたい
二十五年度の農業機具導入計
画を伺う
◇ 下地昌明村長
  答
  県の支援制度等を利活用
し て 相 談 窓 口 の 開 設、 進 学 し た
学校と連絡を取り合うなど非常
に 重 要 だ と 思 う が、 見 回 り を 続
けることはプライバシーに立ち
入るということでそういう配慮
が必要かと思う。
◇ 森山実夫議員
  問
  高校生サポート事業とし
て 一 括 交 付 金 を 利 用 し て、 一 人
で生活を余儀なくされている子
供達を見回る生活支援制度が設
置できないか伺う。
築 さ れ た が、 正 門 か ら 管 理 棟 迄   進めるべきだと思う
が排水が悪く水浸しになる状況
に あ る。 こ れ か ら 梅 雨 期 に は い
るがそれまで改善できるか伺う。
プライバシーに配慮しながら
高校生を見回る生活支援制度
ができないか伺う
◇ 嘉味田勝彦教育課長
  答
  調査の結果休日の利用が
平 日 よ り 高 い 傾 向 に あ る。 学 力
向上のためにも平日との組み替
え を 検 討 し、 早 急 に 実 施 し た い
と思う。
◇ 本村健次議員
  問
  村立図書館の休館日が日
曜、 月 曜 と な っ て い る。 日 曜 日
を利用して子供達が図書館で学
習に取り組めるよう休館日の変
更ができないか伺う。
  早急に実施したいと思う
村立図書館を日曜日に開館で
きないか伺う
◇ 嘉味田勝彦教育課長
  答
  管理棟を新築時に浸透枡
を 作 っ て あ る が、 大 雨 時 に 対 応
出 来 な い 状 況 の よ う で あ る。 浸
透枡等の拡張により改善できる
よう進めていきたい。
平成25年3月多良間村議会定例会 度 農 業 機 具 導 入 計 画はないか伺う。
◇ 羽地直樹村づくり課長
  答
  農畜産機械等リース事業
と い う 国 の 事 業 が あ り、 説 明 会
等 開 催 し て 取 り 組 ん で い る。 今
後 国、 県 の 事 業 を 利 用 し て 若 者
が農業に取り組めるよう説明会
等開催しながら進めていきたい。
賃金職員を固定給の嘱託制度
ができないか伺う
  嘱託制度にあてはまるか検討
  していきたい
◇ 森山実夫議員
  問
  行財政改革で職員の本採
用 も 厳 し い 状 況 に あ る が、 長 年
頑張っている賃金職員を固定給
の嘱託制度ができないか伺う。
下地昌明村長
  ◇
  答
  臨時職員は収入面で不安
定 な 面 は あ ろ う か と 思 う。 そ の
改善としての嘱託制度にあては
めて仕事をして頂けるか十分に
検討するよう課長に申しつけて
いきたいと思っている。
(5)
平成25年6月1日
広報たらま
広報たらま
平成25年6月1日
機構改革 課の設置 臨時議会で可決
 3月28日に行われた臨時議会において、課の設置に関する条例改正案が提案され、賛成多数
で可決された。
 これまでの『村づくり課』は、『産業経済課』と『土木建設課』に分割され、
『総務財政課』から観光
部門が切り離され、『観光振興課』が新設された。平成25年4月1日から適用される。
多良間村職員25年度人事異動
(一覧)
異動・昇格新旧
産業経済課長
古謝 政一
村づくり課課長補佐
空港管理課長
本村 和也
空港管理課課長補佐
観光振興課長
本村 雅則
総務財政課課長補佐
高江洲克一
住民福祉課課長補佐
仲宗根春光
村づくり課係長
出向 教育課長
総務財政課課長補佐
異 動新氏 名旧空港管理課参事
嘉味田勝彦
教育課長
土木建設課長
羽地 直樹
村づくり課課長
選挙管理委員会書記
伊良部泰則
空港管理課長補佐
土木建設課長補佐
亀川 一成
村づくり課課長補佐
出向 教育委員会 主事
照屋 健市
村づくり課主事
空港管理課係長
豊見山常和
選挙管理委員会書記
総務財政課消防防災係兼企画係長
比嘉 清作
教育委員会 係長
農業委員会主事
豊見城三太
教育委員会 公民館
選挙管理委員会
伊良部泰則
空港管理課
昇 格新氏 名旧総務財政課会計管理者兼出納係
池間 常森
総務財政課課長補佐
住民福祉課課長補佐
池間 諄子
住民福祉課係長
住民福祉課課長補佐
諸見里幸子
住民福祉課係長
住民福祉課課長補佐(保育所)
本村 芳子
住民福祉課係長(保育所)
住民福祉課主査
奥平美由記
住民福祉課主事
土木建設課主査
奥平 民男
土木建設課主事
総務財政課主査
下地 まり
総務財政課主事
土木建設課主査
亀川 竜矢
土木建設課主事
住民福祉課主事
北川 律子
住民福祉課主事
昇 任
新採用
氏 名新氏 名旧住民福祉課係長(保育所)
知念 博子
住民福祉課主査(保育所)
空港管理課係長
垣花  実
空港管理課主査
総務財政課係長
翁長 艶子
総務財政課主査
総務財政課係長
清村 賢一
総務財政課主査
総務財政課係長
佐和田一八
総務財政課主査
配 属
氏 名
職 名
産業経済課 畜産係
大城 克憲
主事補
土木建設課 主事補
島袋 雅也
主事補
(6)
広報たらま
平成25年6月1日
下地昌明村長の主な動き(平成25年3∼5月)
平成25年
3月22日∼24日 
那覇市、久米島町出張 「おくなわプロジェクト」推進協議会設立総会(22日)
久米島町多目的公園兼シーサイドパークゴルフ場落成式及び祝賀会(23日)
3月28日
臨時議会
4月1日
新年度・辞令交付式
4月5日
宮古島市出張(日帰り) 日本赤十字社 平成25年度地区・分区長会議
4月8日
多良間中学校入学式
4月9日
多良間小学校入学式
4月11日
行政相談委員委嘱状交付式
4月15日
多良間村老人クラブ連合会定期総会 宮古農林水産振興センター所長ほか表敬
4月16日
沖縄県町村会長(南風原町長)ほか来島
4月20日∼21日
宮古島市出張 第29回全日本トライアスロン宮古島大会行事出席
4月23日∼24日
那覇市出張 「県民の警察官」表彰式 沖縄振興拡大会議
4月24日
沖縄県企画部謝花部長ほか来島
4月25日
久米島町より平良町長他視察
4月26日
平成25年度自衛隊募集相談委員委嘱状交付式 多良間村観光協会定期総会
4月29日
三世代ゲートボール大会
5月2日
ふるさと活性化定住促進奨励金交付式
5月4日
第6回ピンダアース大会
5月9日
沖縄県離島航路確保維持改善協議会 多良間航路分科会
5月11日
第66回多良間村職域親善バレーボール大会
5月12日∼13日
那覇出張 在沖多良間郷友会定期総会並び敬老会
5月13日
ふるさと活性化定住促進奨励金交付式
5月14日
沖縄県企画部 川満統括監 来庁
5月18日∼19日
宮古島市出張 宮古森林組合推薦会議並び理事会 
県立宮古病院落成記念式典並び祝賀会
5月22日
多良間村議会議員選挙当選証書附与式
沖縄県の最低賃金
平成24年10月25日
(木)から時間額
特定
(産業別)
最低賃金
清涼飲料・酒類製造業
680円
時間額
平成24年12月
12日(月)から
各種商品小売業
時間額
676円 平成24年12月
5日
(月)から
畜産食料品製造業
677円
時間額
平成24年12月
9日(金)から
糖類製造業
686円 平成24年12月
8日
(木)から
時間額
新 聞 業
自動車
(新車)
小売業
681円
時間額
平成24年12月
2日(金)から
759円 平成24年12月
1日
(木)から
時間額
守っていますか? 守られていますか? 必ずチェック最低賃金! 使用者も、労働者も。
■お問い合わせ 沖縄労働局 賃金室 【電話(098)863-3421?又は最寄りの労働基準監督署へ
那覇労働基準監督署
電話(098)868-8033
沖縄労働基準監督署
電話(098)982-1263
ウェブで最低賃金がチェックできます。
(7)
名護労働基準監督署
電話(0980)52-2691
最低賃金制度
宮古労働基準監督署
電話(0980)72-2303
八重山労働基準監督署
電話(0980)82-2344
厚生労働省 ホームページ http://www.mhlw.go.jp
広報たらま
平成25年6月1日
放送大学で学んでみませんか?
 放送大学はテレビ等の放送や、インターネットで授業を行う通信制の大学です。働きながら学んで
大学を卒業したい、学びを楽しみたいなど、さまざまな目的で、様々な年代や職業の人達が学んでい
ます。大学や大学院の授業科目を 1科目から気軽に学べるチャンスです !
★放送大学の教養学部と大学院の特長の一部をご紹介します。
∼教養学部のご紹介∼
(1)学力試験はありません。
(2)15歳以上ならば誰でも選科履修生・科目履修生として入学でき、約300科目(大学院科目含む)の中
  から好きな科目を1科目からでも学べます。
(3)18歳以上で大学入学資格をお持ちの方は誰でも全科履修生として入学でき、卒業すると学士(教養)
  の学位を取得できます。
(4)「放送大学エキスパート」では、「心理学基礎プラン」
、「健康福祉指導プラン」
、「福祉コーディネー
  タプラン」など全24??ランを実施。ひとつの分野を体系的に学ぶことができ、認証条件を満たされ
  た方には「認証状」が交付されます。
学生の種類
科目履修生(6??月在学し、希望する科目を履修)
入学料
7,000円
選科履修生(1年間在学し、希望する科目を履修)
9,000円
全科履修生(4年以上在学し、卒業を目指す)
24,000円
授業料
1科目(2単位)
11,000円(テキスト代含む)
∼大学院のご紹介∼
18歳以上ならば誰でも修士選科生・修士科目生として入学でき、約70科目の中から好きな科目を1科目
から学べます。
学生の種類
修士科目生(6??月在学し、希望する科目を履修)
修士選科生(1年間在学し、希望する科目を履修)
入学料
授業料
14,000円 1単位11,000円(テキスト代含む)
2単位22,000円、4単位
18,000円 44,000円の科目があります
★只今平成25年度第2学期学生を募集しております。詳しい資料を無料進呈いたしますので、お気軽に
 お問合わせください。
出願期間:平成25年6月12日∼平成25年8月31日(必着)
資料請求・お問合わせ先
〒903-0129沖縄県中頭郡西原町字千原1番地(琉球大学構内:地域国際学習センター棟4階・5階)
放送大学沖縄学習センター TEL.098(895)5952    放送大学ホームページ http://www.ouj.ac.Jp
平成25年6月1日より、
「宮古-那覇路線」に
おける沖縄離島住民等交通コスト
負担軽減事業の適用が保留となります。
 「宮古-那覇路線」においては、平成25年4月1日より沖縄離島住民等交通コスト負担軽減事
業を適用し、運賃の低減が図られておりますが、沖縄離島住民等交通コスト負担軽減事業の実
施にあたっては、航空会社間の公正かつ自由な競争が制限され、又は阻害されることのないよう、
離島住民が当日利用できる運賃が競争状態にないことが適用条件とされております。
 平成25年6月1日以降の航空券の購入又は予約に当たっては、上記のことに十分留意される
ようお知らせします。
(8)
広報たらま
後期高齢者医療制度
被保険者の皆様へ
平成25年6月1日
しまんちゅの
心つなげる 県産品
平成25年8月から
被保険者証が切り替わります
(有効期限が平成26年7月31日となります)
被保険者証の色(ピンク)の変
更はありません
 新しい被保険者証は、7月下旬までに、多良間村村役場
の窓口で交付します。8月からは、医療機関の窓口に新し
い被保険者証を提示してください。被保険者証が届いたら、
住所・氏名・一部負担金の割合を確認してください。
お問合せは
多良間村役場 住民福祉課 後期高齢者医療担当
 TEL.0980-79-2623
沖縄県後期高齢者医療広域連合 TEL.098-963-8012
 7月は県産品奨励月間です。
 県では、県産品の使用奨励と需要の創出に
よる景気の維持、拡大を図り、経済の活性化
を促進するため、産業界・消費者・行政等全
県民と一体となって、県産品奨励運動を展開
しています。
 今年度は、県産品の素晴らしさをPRするため、
『しまんちゅの 心つなげる 県産品』の標語の
もと県産品の使用奨励に関する広報キャンペー
ンや各種事業を実施してまいります。
 皆様には、本月間を契機に、今一度県産品
の良さを再認識され、これまで以上に愛用して
いただくようお願い申し上げます。
 詳細につきましては、下記までお問い合わせ
ください。
沖縄県商工労働部ものづくり振興課 
TEL.(098)866‐2337 FAX.(098)866‐2447
(公社)沖縄県工業連合会     
TEL.(098)859‐6191 FAX.(098)859‐6193
沖縄県障がい者歯科地域協力医について
 障がいを持つ方の中には、筋緊張等により、一般の歯科医院では治療が困難な方もいらっしゃいます。
 「沖縄県障がい者歯科地域協力医」は、社団法人沖縄県歯科医師会が実施している、障がい児(者)への歯科治療に
ついて研修を受けた歯科医です。
 障がい児
(者)の皆様におかれましては、歯科治療を行う際の参考としてください。
※下記歯科医院における治療の費用は、他の歯科医院と同様に通常の費用
(3割等の自己負担)がかかります。
地区
医療機関名
住   所
TEL
下地中央歯科医院
宮古島市下地字洲鎌494-1
0980-76-3888
池間歯科医院
宮古島市平良字久貝1047-13
0980-73-8888
永和歯科医院
宮古島市平良字下里595-1
0980-73-7155
松原歯科医院
宮古島市平良字下里944-2
0980-73-1788
KAZUデンタルクリニック
宮古島市平良字西里159
0980-73-4184
がねこ歯科クリニック
宮古島市平良字西里382
0980-73-1183
宮古島市平良字西里472-2
0980-74-2711
羽地歯科口腔外科医院
宮古島市平良字久貝1062-2
0980-73-4618
伊良部中央歯科医院
宮古島市伊良部字長浜1377-9
0980-78-5888
多良間村立歯科診療所
多良間村字仲筋421-2
0980-79-2162
岡村歯科医院
宮古島市平良字下里921
0980-74-3204
もりお歯科
宮古島市平良字下里1554-1
0980-79-8778
真喜屋歯科医院
宮古島市平良字西里505-2
0980-73-3227
宮古 たいら歯科クリニック
※紙面の都合により、宮古地区のみ掲載します。
(9)
広報たらま
平成25年6月1日
エイズ検査普及週間 6月1日∼7日
いつ
受けるか?
今でしょ!
知っていますか?沖縄県は、九州・沖縄の中で福岡県に次いで2番目にHIV
(エイズウイルス)感染者とエイズ患者が多い。
HIVは感染しても無症状の時期があり自分で気づきません。
エイズの発症を抑えるためには、感染していることを早めに見つけなければなりません。
<県内保健所におけるエイズ検査数と陽性者数>
県内では、保健所で
エイズ夜間検査や即
日検査を実 施してい
るので、人口10万人
あたりの検査受診数
は 全 国1位 で す。 し
かし、宮古保健所管
内は受診数が少ない
現状です。
「性感染症だから受けにくい」「感染していたらこわいから受けたくない」
「検査受けたことを知られたくない」
無料・匿名・
採血後1時間で結果判明
気軽に
検査を受けて安心を!
週間中の検査日:平成25年6月3日
(月)
∼7日(金) 通常は毎週(火)・
(木)
        午前9時∼11時 午後1時∼ 3時
場所:宮古保健所 1階 検査室   電話:73-5074 予約不要
平成25年度
戦没者遺児による慰霊友好親善事業の実施について
 日本遺族会は、
「戦没者遺児による慰霊友好親善事業」の参加者を募集しています。同事業は、厚生労働省から補助を
受けて実施しており、先の大戦で父等を亡くした戦没者の遺児を対象として、父等の戦没した旧戦域を訪れ、慰霊追悼を
行うとともに、同地域の住民と友好親善をはかることを目的としている。
 費用は、参加費として9万円。5年を経過した方
(平成19年度以前参加者)
は2回目の応募をすることができる。
 日程等の詳細は、日本遺族会事務局03-3261-5521まで。
 お申込は、お住まいの各都道府県遺族会へ。
<実施地域>
(広域地域)
①旧満州 ②西部ニューギニア ③アッツ島 ④旧ソ連 ⑤中国
(1次) ⑥マリアナ諸島 ⑦東部ニューギニア
(1次)
⑧ボルネオ・マレー半島 ⑨トラック・パラオ諸島 ⑩ソロモン諸島 ⑪フィリピン
(1次) ⑫ミャンマー・ベトナム
(1次)
⑬台湾・バシー海峡 ⑭東部ニューギニア
(2次) ⑮ミャンマー・インド
(2次)
 ⑯フィリピン
(2次) ⑰中国
(2次)
(特定地域)
①ビスマーク諸島 ②西部ニューギニア ③マーシャル・ギルバート諸島
(10)
広報たらま
平成25年6月1日
4月牛セリ結果(25年4月19日実施)
◇全体
◇12??月以内
去 勢
世 帯 数 と 人 口4成立(%)
販売価格(円)月合 計
109
108
99.08
34,914,600
成立頭数3牝
119
118
99.16
49,862,400
(平成25年3月末現在)
総世帯数 539(- 3)
総人口 1,271(- 18)
女 594
男 677
区 別
人 口
世帯数
74(- 4) 31(- 1)
土 原
113(- 3) 45(- 2)
天 川
118(- 4) 52( 0)
津 川
96(- 2) 35( 0)
宮 良
152( 1) 64( 0)
嶺 間
197( 2) 94( 2)
大 道
313(- 1) 126( 0)
大 木
203(- 7) 88(- 2)
吉 川
5( 0)
4( 0)
水 納
出 生
転 入05
死 亡
転 出023月228
226
99.12
84,777,000
去 勢牝521,850円
223,650円
242kg
422,563円
最高
最低
平均体重
平均価格
450,450円
112,350円
225kg
352,135円
緊急ダイヤル
世 帯 数 と 人 口
(平成25年4月末現在)
火 災 村 消 防 (79-2619)119番
総世帯数 545( 6)
1,277( 6)
総人口
女 593
男 684
区 別
人 口
世帯数
75( 1) 32( 1)
土 原
113( 0) 45( 0)
天 川
120( 2) 53( 1)
津 川
93(- 3) 34(- 1)
宮 良
152( 0) 64( 0)
嶺 間
198( 1) 96( 2)
大 道
312(- 1) 126( 0)
大 木
209( 6) 91( 3)
吉 川
4( 0)
5( 0)
水 納
出 生
転 入
(  )内は前月比
区 分
一 頭 あたり
区 分
上場頭数120
死 亡
転 出
警 察 官 派 出 所 (79-2010)110番
多良間診療所
急病人(1)
(2)
時間外
79-2101
090-6862-6490
(3)役場住民福祉課
79-2623
救急車要請 総務財政課(消防) 79-2619
歯科診療所医師
79-2162
停 電 沖縄電力多良間営業所 79-2147213
断 水 役場住民福祉課
79-2623
家畜疾病 役場村づくり課
79-2503
LPガス JA多良間支所Aコープ 79-2339
(  )内は前月比
誕 生
字塩川 清村 賢一・めぐみさんの三男 宝誉くん 平成25年3月31日
おくやみ
字仲筋 嘉味田和夫 平成25年4月8日(71歳)
字塩川 亀川よめ子 平成25年4月13日(65歳)
広報たらま
寄付金のお礼
伊藤わらび様(多良間村在住)
大山 峯子様(宜野湾市在住)
ありがとうございました。
14
17
24
45
広報たらまのCD-ROMを  
販売しています
多良間村役場では、
「広報たらま」のバックナンバー
(平成8年11月∼平成16年12月まで)を収録したCD-ROMを販売しています。
動作環境:Windows2000/XP/Vista??どWindowsPC
■定価2,500円
多良間村役場
(送料別) 詳しくは、
(11)
0980-79-2011??で。
編集後記
☆今年の梅雨入りは
5 月 日に発表され
た。 そ れ ま で の 4 月
か ら5 月 に か け て は
低 温& 雨 続 き で 製 糖
操業がストップする
ほ ど で あ っ た。 そ れ
が、 梅 雨 入 り が 発 表
さ れ る と、 日 の
ミ リ の 雨 を 最 後 に、
ピタッと雨らしい雨
が 降 ら ず、 空 梅 雨 模
様 と な っ て い る。 そ
ん な 折、 私 の 父 か ら
﹁昔から、小満︵5 月
日 ︶ま で に 雨 が た
く さ ん 降 る と、 そ の
後は空梅雨になる傾
向にあると聞いてい
る ﹂と の 話 を 聞 か さ
れた。天候の傾向は、
これまでの確率なの
で結構当たりそうな
気 が し た。 そ れ を 機
に、 に わ か に﹃ 節
季 ﹄に 興 味 が わ い て
き て、 暦 を 見 る 目 が
変 わ っ た。 早 く 恵 み
の雨が降ることを願
いながら広報編集を
終えた。
21
ウプリ行事執り行われる 島の虫を流す
25910
  多 良 間 村 観 光 協 会︵ 富 盛 玄 三 会
長 ︶主 催、 第 6 回 ピ ン ダ ア ー ス 大
会 が ゴ ー ル デ ン ウ ィ ー ク 中 の5 月
4 日、 中 央 ス ー パ ー 駐 車 場 に お い
て 開 催 さ れ た。 大 会 に は、 重 量 級
及び中量級に8頭ずつがエント
リーした。
  ま た、 試 合 の 合 間 に は、 子 ヤ ギ
が 当 た る お 楽 し み 抽 選 会 や、 無 料
チケットが当たるじゃんけん大会
な ど が 行 わ れ、 訪 れ た 観 光 客 や 住
民で会場は盛り上がった。
  試 合 の 結 果、 中 量 級 で は、 野 原
康 弘 さ ん 所 有 の﹁ メ ー テ ル 号 ﹂が 初
優勝を飾った。また、重量級では、
諸 見 里 朝 仁 さ ん 所 有 の﹁ 琉 仁 マ ブ
ヤ ー 号 ﹂が 前 回 大 会 に 続 く 2 連 覇
を 達 成 し た。 次 回 大 会 は、 月 に
開催される予定。
▲今大会から優勝まわしが贈られた初優勝のメーテル号
(左)と琉仁
 マブヤー号(右)
▲イビの拝所で豊年を祈願する字の役員ら関係者
  平 成 年 度 ウ プ リ が 4 月 日、
イビの拝所などで執り行われた。
  午 前 7 時 ご ろ、 各 字 の 実 行 員
は、島の決められた場所から虫を
捕 り 集 め、 そ れ を イ ビ の 拝 所 へ
集 め る。 農 年 を 祈 願 し た 後、 集
め ら れ た 虫 は、 ビ ッ ヴ リ ガ ッ サ
︵ 食 わ ず 芋 ︶の 葉 に 包 ま れ、 ム ス
ヴ ニ︵ 虫 舟 ︶に 載 せ ら れ て 3 ト ゥ
ブリからそれぞれ海の沖合へと
流された。
  虫 が 流 さ れ る と、 再 び イ ビ の 拝
所 に 関 係 者 が 集 い、 酒 を 酌 み 交 わ
しながら五穀豊穣を念願した。
  か つ て は、 村 民 総 出 で、 年 3
回 執 り 行 わ れ た が、 現 在 は 1 回、
字の役員を中心に各界の代表者
が集まって行われている。
メーテル号が初優勝
(中量級)
重量級は琉仁マブヤー号が連覇
第6回
ピンダアース
大 会
  ふるさと活性化定住
促進奨励金の第 回交
付 式 が 5 月 2 日、 第
回交付式が5 月 日そ
れぞれ行われた。
  第 回 交 付 式 で は、
出生祝金が 名に交付
さ れ た。 内 訳 は 2 人 目
まで2万円が4名で
8 万 円。 3 人 目 以 上
3 万 円 が 6 名 で 万 円。
合計で 万円が交付さ
れた。
  下 地 村 長 は﹁ 子 ど も は
家庭においても村にお
い て も 宝。 安 心 し て 子
育てできるよう少しで
も 手 助 け に し て ほ し い ﹂と あ い さ つ。 父 母 を 代 表 し て
奥 平 博 昭 さ ん は﹁ 子 育 て に も の 入 り で 大 変 な 中、 交 付
して頂きありがたい。大切に使いたい﹂とお礼を述べた。
33
▲10名に出生祝金が交付された
  ま た、 第 回 交 付 式
で は、 入 学 祝 金 が 6 名
に交付された。
  村 長 が﹁ 子 ど も の 成 長
は 早 い も の で す。 成 長
に少しでも手助けして
い き た い ﹂と あ い さ つ。
父母代表の外間太一さ
ん は﹁ 頂 い た 交 付 金 は、
子どもの勉学のために
大 切 に 役 立 て た い ﹂と お
礼を述べた。
  同制度は平成9年4
月に条例が制定され、こ
れまでに3 千760 万
円が交付されている。
▲入学祝金は6名に交付
10
平成25年6月1日
広報たらま
出生祝金・入学祝金等を交付 第32回・33回交付式
32
26
10
32
13
18
33

ファイルダウンロード