ジモトビラロゴ

7平成28年月号平成28年7月1日発行広報o508...沖縄県多良間村2016/09/21

ファイルダウンロード

テキスト引用

7
平 成 28年
月号
平成28年7月1日発行
広報
No.508
発行/多良間村役場・編集/総務財政課広報係 〒906-0692宮古郡多良間村字仲筋 99-2☎ 0980-79-2011
夏本番
!!
「日本で最も美しい村」連合に加盟
しています。
多良間村は、
39番目の
多良間村慰霊祭
 …

…慰霊祭
 伊良皆村長をはじめ遺族会の関係者らが参列。
戦没者を悼み、二度と悲惨な戦争が起こらないよ
がありました。
派遣が決定しました」と伊良皆村長へ報告
祈りします」
と述べた。
活習慣の違いなどを乗り越え健康で頑張っ
しての資質を高められると思う。知らない
平成 28年 11月 20日(日)
多良間小学校グラウンド、スタート・
土地での生活は大変だが、文化や気候、生
 また、小学校から全児童が折った千羽鶴が、中学
校からは絆の文字が浮かんだ千羽鶴が供えられ、
て欲しい」
と激励した。
☆第 49回駅伝競走大会2開催日が決定しました。
☆第 49回多良間村陸上競技大会
の報告をお待ちしています。
多良間中学校グラウンド2?? 知 ら せ
平成 28年 10月 2日(日)
固 い 握 手 を 交 わ す、 伊 良 皆 村 長
(左)と垣花拓実さん(右)
JICA青年海外協力隊
 去る、 月 日、多良間村出身の垣花拓
実さん( )が、
「JICA青年海外協力隊
う恒久平和を誓った。
 伊良皆村長は「人間性が大きく成長する、
挑戦することは良い。経験することで教え
 去る 月 日多良間村慰霊の塔前で慰霊祭が厳
かに執り行われた。
「戦後 年が経ち遺族の方々の参
 伊良皆村長は
列も少なくなっている。平和で住みよい多良間島
子たちにも伝える力が大きくなる。教員と
として、中央アジアのキルギス共和国への
28
の発展を願い、犠牲になられた方々のご冥福をお
追悼の言葉を述べる伊良皆村長
266
小学校を代表して美里和海くん、中学校を代表し
71
て外間あゆむさんが平和宣言をした。
恒久平和を願います
体調に気を
付けながら練習
に励んで、秋に
は君こそスター
だ。
23
 任期は 年間、英語の教師として派遣さ
れるそうです。 年後の成長した垣花さん
小学校代表の児童たち
ゴール6中学校代表の生徒たち
多良間村体育協会からの
平成28年7月1日
広報たらま
(2)
広報たらま
平成28年7月1日
多良 間 村 6月定 例 議 会
平成28年第2回多良間村議会定例会提案事項
議案第24号 平成28年度多良間村一般会計歳入歳出予算の補正について
原案可決
議案第25号 平成28年度多良間村国民健康保険事業特別会計歳入歳出予算の補正について 原案可決
議案第26号 平成28年度多良間村簡易水道事業特別会計歳入歳出予算の補正について
原案可決
議案第27号 平成28年度多良間村後期高齢者医療特別会計歳入歳出予算の補正について
原案可決
議案第28号 教育長の給与、
勤務時間その他の勤務条件に関する条例を廃止する条例
原案可決
議案第29号 多良間村教育長の勤務時間その他の勤務条件及び職務専念義務の特例 原案可決
に関する条例の制定について
議案第30号 多良間村国民健康保険税条例の一部を改正する条例
原案可決
議案第31号 多良間村教育委員会の委員の定数を定める条例の一部を改正する条例
原案可決
議案第32号 多良間村特別職の職員で常勤の者の給与及び旅費に関する条例の一部を 原案可決
改正する条例について
議案第33号 特別職の職員で非常勤の者の報酬及び費用弁償に関する条例の一部を改 原案可決
正する条例について
議案第34号 多良間村職員の給与に関する条例の一部を改正する条例について
原案可決
承 認 第 1号 専決処分の承認を求めることについて
(多良間村税条例の一部を改正する条例)
承認
承 認 第 2号 専決処分の承認を求めることについて
(多良間村固定資産審査委員会条例
承認
の一部を改正する条例)
(3)
報 告 第 2号 繰越明許費繰越計算書(一般会計)
報告
報 告 第 3号 繰越明許費繰越計算書(簡水)
報告
発 議 第 3号 米軍属による女性暴行殺人事件に関する抗議決議
原案可決
発 議 第 4号 米軍属による女性暴行殺人事件に関する意見書
原案可決
平成28年7月1日
広報たらま
保育所
七夕
夏まつり
みんなで輪になって踊りましょう
願い事は叶うかな?
去る 7月 1日、多良間
保育所で保育所七夕夏
まつりがありました。
みこしだワッショイ
うまくとれるかな
第66回社会を明るくする運動
 去る 月 日、第 回社会を明るくする運動内閣
総理大臣等メッセージ伝達式・出発式が役場ロビー466
安倍内閣総理大臣のメッセー
ジ を 手 渡 す、 高 野 保 護 観 察 官
(左)と伊良皆村長(右)
多 良 間 村 の 保 護 司、 天 久 隆 子
さん(左端)、大城隆夫さん(右
端)
 多良間村では、大城隆夫さんと天久隆子さんの2
人が保護司の活動を行っている。
べた。
全な住みやすい村づくりをしていきましょう」と述
「社会を
 メッセージを受け取った伊良皆村長は、
明るくする運動で再犯を防ぎ、多良間島も安心、安
手渡された。
 伝達式では、安倍内閣総理大臣、翁長沖縄県知事、
平敷沖縄県教育長からのメッセージが伊良皆村長に
で行われた。7(4)
山口畜産社長より寄付金月日、
 去る
山口畜産山口登社
長 が 来 庁 さ れ て、
300万円の寄付を
伊良皆村長に手渡し
多良間中学校
ボランティア部
 去る 月 日、多良間中学校ボランティア部の冨盛
円香さん、宮國遙さん、垣花藍架さんの 人が中学校3内や街頭で集めた募金を、被災地に届けて欲しいと伊
平成 年
熊本地震
災害義援金
ご協力の御礼
地 震 災 害 義 援 金 」を【 日 本 赤 十
良皆村長に託しました。
 生徒を代表して冨盛さんが「テレビや新聞で熊本の映
像を見て衝撃を受け、心が苦しくなった。熊本は先輩
字 社、 平 成
 多良間村内各所にて設置さ
せていただいた「平成 年熊本
たちが毎年修学旅行でお世話になっている所なので、
年熊本地震災害
28
ました。
28
募金してくれた。多良間の人の心の優しさを感じられ
めは恥ずかしかったが地域の人たちが笑顔で声をかけ
何か力になれることはないかと募金活動を行った。初
ました。
義援金】へ寄付させていただき
た。集まったお金が熊本の被災者に届き、一日も早い
 村民の皆さまの温かいご支
援、誠に有難うございました。
28
 伊良皆村長は多良
間村の畜産振興に役
立てることを約束し
ました。
 有難うございまし
た。
復興を願ってい
る」
と述べた。
 皆さんの温か
い気持ちは被災
者の方へ確実に
お届けします。
 ご協力いただ
い た 方 々、 有 難
伊良皆村長へ義 援金を託す、垣花さん(左から 2番目)
宮國さん(右から 2番目)冨盛さん(右端)
20
伊良皆村長(左)と山口社長(右)
 渡口真実様(広島在)より多良間島LINEス
タンプの売上げの一部を寄付していただきまし
た。7??ございました。
(5)76
 有難うございました。
寄付金のお礼
平成28年7月1日
広報たらま
落 語 に「 子 別 れ 」と い う 、 子 ど も が 状 し て し ま う 。 母 親 は 、 ぐ う た ら 亭 取 り 持 つ 人 情 話 し が あ る と 聞 い た。 主 が 真 面 目 に な り、 女 と も 別 れ て い
そこからきている。
い )と い う 。「 子 は 鎹( か す が い )」は
 建材の合わせ目をつなぐために打
ち 込 む 大 釘( お お く ぎ )を 鎹( か す が
る こ と を 知 り 喜 ぶ。 で も、 ま だ よ り
くしきれずに父親に会ったことを白
泣 い て し か る も の だ か ら、 亀 防 は か
い く。 子 ど も に 大 切 に 思 っ て い る こ
りや感謝の気持ちの大切さを伝えて
の 生 活 の 中 で、 親 が 子 ど も に 思 い や
 「 家 庭 は 子 ど も の 苗 代 」と 説 く 。 家
族が多様化しても家庭の大切さは不
い 、 人 様 の お 金 を と る な ん て 」と 、 な っ て い る 。
八倍と厳しい生活の現状が明らかと
腕 は 良 い が 酒 癖( さ け ぐ せ )の 悪 い 大
を 戻 す の は は ば か ら れ る。 ウ ナ ギ 屋
おまえにひもじい思いをさせていな
工 の 話 だ。 大 工 の 熊 さ ん 夫 婦 は 亀 坊
で 再 会 し た 夫 婦 だ が 打 ち 解 け な い 。 と を 伝 え 、顔 を 合 わ せ て 会 話 を す る 。
変 で あ る。 子 ど も と 共 に 過 ご す 日 々
と い う 子 ど も を 授 か り な が ら、 熊 さ
れ て 家 を で て し ま う。 一 人 に な っ た
か ら、 女 房 は 耐 え き れ ず、 亀 坊 を つ
元 の 鞘( さ や )に 納 ま る と い う 、「 子
子 ど も の お か げ で、 め で た く 夫 婦 が
切 に し て い く こ と で、 子 ど も が 喜 び
の コ ミ ュ ニ ケ ー シ ョ ン の 時 間 を、 大
物 を 慈( い つ く )し む な ど し て 、 親 子
を 入 れ さ せ 、よ り を 戻 す 。 こ う し て 、 出 か け ス ポ ー ツ を 楽 し み 、 動 物 ・ 植
家 族 で 食 事 を す る。 子 ど も と 一 緒 に
熊 さ ん、 つ く づ く 以 前 の 自 分 が 情 け
は 鎹( か す が い )」の 一 席 で あ る 。
ん の 酒 癖 の 悪 さ と 女 癖( お ん な ぐ せ ) 亀 坊 が 仲 を と り も ち 、 熊 さ ん に わ び
な く な り 、心 機 一 転 、好 き な 酒 も す っ
けるものと思う。
て い る ら し い。 内 心 喜 ぶ が、 ま だ 面
聞 く と、 ま だ 自 分 の こ と を 気 に か け
銭の小遣いをあげて女房のようすを
る。 あ る 日 偶 然 亀 坊 と 出 会 い、 五 十
事 で 母 親 が 家 に い な い た め、 学 習 習
ち し て も 年 収 は 百 二 十 万 円 程 度。 仕
り 、 頑 張 っ て パ ー ト を 二・三 掛 け 持
非正規雇用で年収が低いまま親にな
と い う。 子 ど も の 貧 困 率 が 急 速 に 上
子 ど も の 貧 困 が な い、 笑 顔 あ ふ が り 続 け て い る こ と と 関 係 が 深 い。 れ る 明 る く 元 気 な 姿 の 子 ど も 達 で、
を 感 じ な が ら、 健 や か に 成 長 し て い
か り 断 ち、 仕 事 に 励 み だ し た。 も と
今や日本は年間二十三万組が離婚 し、 三 組 に 一 人 が 別 れ る 計 算 に な る
も と 腕 は 良 い 男。 得 意 先 も 増 え 三 年
目 な く て 会 え な い。 翌 日 ウ ナ ギ を ご
慣 が つ か な い 子 ど も は、 か け 算 九 九
後 に は 立 派 な 棟 梁( と う り ょ う )と な
馳 走 す る 約 束 を し て 分 か れ る。 家 に
ができないまま中学三年生になって
いっぱいの地域でありたい。
帰 っ た 亀 防、 も ら っ た 五 十 銭 を 母 親
に 見 つ か り 、口 止 め さ れ て い る の で 、 い る 例 も あ る と い う 。 子 ど も の 貧 困
お や じ に も ら っ た こ と が 言 え な い。 率 に つ い て、 県 の 調 査 に よ る と 沖 縄
「 貧 乏 は し て い て も 、 お っ か さ ん は 、 県 二 九 、九 % で 全 国 一 六 、三 % の 一 、
平成 28年 7月 8日
※ご意見、ご要望有難うございます。
平成28年7月1日
広報たらま
村長のたうけーむぬゆむ゜
(ひとりごと)
多良間村役場 住民福祉課より
平成 28年 6月 7日、多良間診療所における飲水器の設置に関し回答いたします。
 長い待ち時間で、特に高齢の方もいらっしゃることから気軽に給水が出来ればとのことから上記の要望
がありますが、多良間診療所に確認したところ、県立病院においては、感染症予防の観点から施設内での
給水器設置は行っていないとのことでしたのでその旨、報告いたします。
(6)
(  )内は前月比
字塩川137番地 高江洲 邦彦・和歌子さんの三男 光人くん 平成28年6月15日
誕 生
 平成 年 月 日から、 歳未満を対象とした若年
者納付猶予制度の対象年齢が拡大され、 歳未満を対
象とした納付猶予制度となります。
 ただし、平成 年 月以前の期間は、引き続き 歳
未満であった期間が納付猶予制度の対象となります。
 所得が少ないなど保険料の納付が困難な場合は、納
付猶予制度の他にも、免除制度等もありますので、役
場の国民年金窓口へご相談ください。
 日本年金機構では、国民年金保険料を納付期限まで
に納めていただけない方に対して、電話、書面、面談
により早期に納めていただくよう案内を行っておりま
す。
 未納のまま放置されると、強制徴収の手続きによっ
て督促を行い、指定された期限までに納付がない場合
は、延滞金が課されるだけではなく、※納付義務のあ
る方の財産を差し押さえることがあります。128630
50
30
※納付義務者は被保険者本人、連帯して納付する義務を負
う配偶者及び世帯主です。7推進標語
「道きれい そんな所は 人きれい」
 「道路ふれあい月間」は、道路を利用
する村民の皆さんに、道路とふれあい、
道路の役割や重要性を改めて認識してい
ただき、道路を常に広く、美しく、安全
に使用していただくことを推進する月間
です。
 普段から利用している道路を身近に感
じ、ポイ捨てや交通の妨げになるような
違法行為をしないようにしましょう。
編集後記
*先日、波照間島に行く機会があった。
  石 垣 島 か ら 高 速 船 で 約 時 間、有 人
島で日本最南端の島に初上陸。
倍)
百数十人の島に年間
万人以上
べると人口は約半分だが観光客数は約
の 観 光 客 が 訪 れ る と い う( 多 良 間 と 比
が約
り、昔ながらの沖縄が残っていた。人口
 島内には、多良間には少なくなった、
赤瓦の屋根や石積みの塀が数多く残1観 光 客 は、レ ン タ ル サ イ ク ル で 島 内
を 巡 り 最 南 端 の 碑 で 記 念 撮 影 を し て、
日本のベストビーチに選ばれたこと
の あ る ニ シ 浜 で 海 水 浴 を し て、夜 は 星
空 観 測 を し て、泡 波 と 黒 糖 を お 土 産 に
買 っ て 帰 る。そ ん な 観 光 ル ー ト が 初 め
て 行 っ た 私 に も 想 像 で き る、多 良 間 の月日 の 慰 霊 祭 の 帰 り、カ メ ラ を
観光にも参考になる旅でした。*肩 に 掛 け て 役 場 に 帰 る 途 中、一 人 の 男
の 子 が「 お じ さ ん 新 聞 の 人? 写 真 撮 っ
けくん!表紙で。
なかまさとや
な い け ど 広 報 誌 に 載 せ ま す ね。こ う す
よ」とかわいい笑顔をパチリ。新聞じゃ
「 よ ー し、い い 子 に し て た ら 載 る か も
て新聞に載せてー」とピースしてきた。
10月生募集のお知らせ
28
8月1日〜8月31日まで523
国民年金保険料の納付猶予制度の
対象者の範囲が拡大されました
平成28年度
「道路ふれあい月間」56
警 察 官 派 出 所 (79-2010) 110番
12件
火災・救急ワンクッションコール:
119
急病人 多良間診療所
79-2101
◆時間外救急受付
歯科診療所医師
79-2162
◆救急車出動
3件
停 電 沖縄電力多良間営業所
79-2147
◆ヘリ搬送
0件
断 水 役場住民福祉課
79-2623
家畜疾病 役場産業経済課
79-2503
総世帯数 525(ー 1)
1,177(ー 3)
総人口
女 543
男 634
区 別
人 口
世帯数
58( 0) 30( 0)
土 原
92(- 1) 40( 0)
天 川
101( 0) 52( 0)
津 川
71( 0) 30( 0)
宮 良
150(- 2) 67(- 1)
嶺 間
194( 0) 94( 0)
大 道
291( 0) 121( 1)
大 木
215( 0) 87(- 1)
吉 川
4( 0)
5( 0)
水 納3仲間智也
(7)
(平成28年6月末現在)
※緊急の場合以外診療時間内
 での受診を心がけよう
ガス専用JA多良間  090-6859-235515
死 亡
転 出
火災・救急 ワンクッションコール 119番月12出 生
転 入
救急に関すること
(6月)
緊急ダイヤル
世 帯 数 と 人 口6平成28年7月1日
広報たらま
字塩川167番地 豊島 弘(85歳) 平成28年6月3日
おくやみ
広報たらま
平成28年7月1日
 沖縄県離島住民割引運賃カードは、沖縄県が実施する離島住民の交通コスト負担軽減事業における離島住民のため
に新設された運賃を購入する資格を有する対象者であること等を証明するために発行するカードです。
チケットの購入、飛行機及びフェリーへの搭乗手続きの際、カードの確認が必要となりますのでご用意ください。
航空運賃(多良間発着)について
(多良間発着)
フェリーたらまゆう
運賃について
往復
特別往復割引
(離島割引)
差 額
大人
11,
200円
7,
000円
4,
200円
小児
6,
200円
3,
600円
2,
600円
往復
特別往復割引
(離島割引)
差 額
大人
4,
690円
2,
270円
2,
420円
小児
2,
360円
1,
140円
1,
220円
※特別往復割引は、飛行機、船ともに多良間出発の場合に限られます。
 ただし、離島高校生等の方は宮古発着も適用されます。
 上記の料金は平成28年7月1日現在の料金です。
 ただし、料金につきましては変動がありますので購入前に確認してください。
※往復割引で購入のチケットの使用期限につきましては、各事業所へお問い合わせください。
離島住民割引カードの交付について
対象
申請に必要な物
②離 島出身の学生。
( 父母のどちらかが多良
間村の住民である必要があります。)
②本人確認書類
(運転免許証、保険証など) ※学生とは、学校教育法で定められた
「学校」
に通う学生
(高校生、大学生、専門学校生
等)
です。
③印鑑
(認印可)
①多良間村に住所のある方。
①3ヶ月以内に撮影された顔写真
(縦3cm、横2.
5cm)
※離島出身学生等の方は在学証明書
※手数料はかかりません。
小児、離島出身高校生、お体の不自由な方はお安くなります!!小児、離島出身高校生、お体の不自由な方 が、還付手続きを役場で行うと
これまでの離島割引からさらにお安くなります。これまで利用している離島割引で乗った飛行機の半券を還付請求に添付
して手続きをすると支払った料金の一部が還付されます。
小児(宮古⇔那覇) →離島割で購入の場合片道1,
800円 小児普通運賃で購入の場合片道3,
550円
*小児運賃多良間⇔宮古は還付はございませんのでご注意ください。
高校生
→片道600円
お体の不自由な方 →片道150円  の還付があります。
申請に必要な物
① 搭乗半券もしくは搭乗証明書 ② 領収書
(チケットの代金が分かる書類)
 ③ 振込口座番号 ④ 印鑑
※ 請求できる期間は、利用した年度の翌年度4月6日までです。 ご注意ください。
  例:平成28年4月~平成29年3月利用分⇒平成29年4月6日
お問い合わせ:多良間村役場 総務財政課 TEL0980-79-2011

ファイルダウンロード