不動産Hack

法律、商習慣、地理、心理、情報。すべてを総動員して不動産をハックするブログ!

不動産Hack

都道府県

Jimotobira検索

Loading

ビラを掲載する!

実店舗を持っている方であれば、チラシを掲載することができます!(一部業種を除く)

掲載画面へ

データの作り方

新潟県胎内市の生活情報

胎内市:資料

新潟県の会社の噂 胎内市の地価相場

胎内市:資料画像

ダウンロード

タグ
テキスト情報引用

平成29年5月
胎 内 市 農 業 委 員 会
総 会 議 事 録
平成 29年 5月 25日決会 長
局 長
係 長裁係
担 当
胎内市
農業委員会
総会議事録1開催日時 平成29年5月25日(木)午後1時30分から午後2時10分2開催場所 胎内市庁舎3出席委員会委委委委委委委委委委委
全員協議会室
(23人)
長: 1番:
員: 3番:
員: 5番:
員: 7番:
員: 9番:
員:11番:
員:13番:
員:15番:
員:17番:
員:19番:
員:21番:
員:23番:
花野 隆雄
榎本 太
水澤 正明
松村 智
榎本 喜作
白塚 幸二
馬場 勝
緒形 文一
小熊 威
小泉 六助
忠 貞夫
羽田野 正明4欠席委員(1人) 2番: 南波 快和5議事日程
第1
第2
第3
会長代理:委員: 4番:委員: 6番:委員: 8番:委員:10番:委員:12番:委員:14番:委員:16番:委員:18番:委員:20番:委員:22番:委員:24番:
西奈美 公平
大沼 和雄
増子 強
佐藤 陽子
川上 勝之
森田 謙
志村 政美
南波 雅子
桐生 正男
佐藤 常男
田村 信秀
議事録署名委員の指名
諸般の報告
第1号議案 農地法第3条の規定による許可申請について
第2号議案 農地法第5条の規定による許可申請について
第3号議案 胎内市農用地利用集積計画について
第4号議案 胎内市農業協同組合農地利用集積円滑化事業規定の一部改正について第5号議案 平成28年度の目標及びその達成に向けた活動の点検・評価について
第6号議案 平成29年度事業計画(案)並びに目標及びその達成に向けた活動計
画(案)について6農業委員会事務局職員
事務局長:榎本富夫、参事:南波明、主任:阿部正彦7会議の概要
- 1-
議長
ただ今から、平成 29年 5月の胎内市農業委員会総会を開会いたします。
本日の出席委員は 23名であり、胎内市農業委員会会議規則第 6条の規定により、
会議は成立いたしました。
それでは、日程第 1?議事録署名委員の指名でございますが、今回は、11番白塚幸
二委員、12番川上勝之委員のお二人にお願いいたします。
次に日程第 2?諸般の報告をいたします。
事務局報告願います。
事務局
それでは、ご報告いたします。
皆様のお手元にお配りしてございますのは、4月の総会以降の行事等の内容でござ
います。
5月 15日、築地地区の農地あっせん委員会を市役所 2階会議室で開催し、白塚委
員、川上委員、小泉委員に出席していただきました。
同日、新潟県農業会議第 14回常設審議委員会がJA共済ビルで開催され、会長が
出席してございます。
5月 18日、5月の事前審査会を市役所 2階会議室で開催し、2班の委員の皆様に案
件を審査していただきました。
以上、簡単ではありますが、諸般の報告を終わります。
議長
以上で諸般の報告を終わります。
次に日程第 3?議事に入ります。
第 1号議案「農地法第 3条の規定による許可申請について」を議題といたします。
事務局説明願います。
事務局
第 1号議案をご説明いたします。
議案書 1??ージでございます。
第 1号議案は、年金受給のための使用貸借の再設定が 1件、譲渡人の希望による売
買と贈与がそれぞれ1件の計 3件であります。1番の案件は、年金受給のための親子
間における使用貸借の再設定であり、期間は 20年間であります。2番の案件は、山王
地内の畑を総額○○○○円で売買するものであります。申請地につきましては、以前、
譲受人が借り受けてたばこの乾燥庫を建て、宅地として課税されていたことが考慮さ
れ、売買価格が設定されたものであります。なお現在は、乾燥庫はなく、畑として利
用されております。3番の案件につきましては、須巻地内の田を親族に贈与するもの
で、譲渡人が高齢のため申請地を管理できないことから、実家の譲受人に相談し、贈
与することとなったものであります。
第 1号議案につきましては、農地法第 3条第 2項各号には該当しないため、許可要
件を満たしております。
以上で説明を終わります。
議長
第 1号議案の事前審査結果について、5番水澤正明事前審査委員長から報告をお願
いします。
- 2-
5番
それでは、第 1号議案をご報告いたします。
去る 5月 18日、市役所 2階農業委員会会議室におきまして、2班委員 5名及び事務
局 2名で事前審査会を開催いたしました。
第 1号議案は、年金受給のための使用貸借の再設定が 1件、譲渡人の希望による売
買と贈与が1件ずつの計 3件であります。
詳細につきましては事務局説明のとおりであり、事前審査会では許可相当と判断い
たしました。本総会での皆さまのご審議をお願いいたします。
以上で報告を終わります。
議長
ただ今、第 1号議案について、事務局及び事前審査委員長から説明並びに報告があ
りましたが、この件について、質疑を行います。ご質疑願います。
(質疑・なしの声)
議長
質疑がないようなので、これで質疑を終わります。
これより採決をいたします。
第 1号議案については、事前審査委員長報告のとおり許可することに、ご異議ござ
いませんでしょうか。
(異議・なしの声)
議長
異議なしと認めます。
よって、第 1号議案については、許可することに決定いたしました。
次に、第 2号議案「農地法第 5条の規定による許可申請について」を議題といたし
ます。
事務局説明願います。
事務局
第 2号議案をご説明いたします。
議案書 2??ージをお願いします。
第 2号議案については、住宅敷地として利用するための転用が 1件、宅地分譲する
ための転用が 1件、集合住宅を建設するための転用が 1件、住宅建設のための転用が
1件、養殖水槽等を建設するための転用が 1件、山砂採取のための一時転用が 1件の
計 6件であります。1番の案件につきましては、西条町地内の第 3種農地を住宅敷地
として利用するための転用で、売買価格は総額○○○○円とするものであります。県
道を拡張するために測量を行ったところ、譲渡人の畑の一部が譲受人の宅地として利
用されていたことが発覚したことから、所要の手続きを行うものであり、今後は再発
防止に努める旨の始末書が添付されていることを申し添えます。2番の案件につきま
しては、新和町地内の第 3種農地を宅地として分譲するための転用であり、売買価格
は坪○○○○円とするものであります。3番の案件につきましては、十二林地内の第
3種農地に集合住宅を建設するための転用であり、売買価格は坪○○○○円とするも
のであります。建設の概要につきましては、アパート 3棟と駐車場 33台分でありま
す。4番の案件につきましては、村松浜地内の第 3種農地に個人住宅を建設するため
- 3-
の転用であり、親子間で使用貸借による権利を設定するものであります。なお、申請
地につきましては、農地転用に対する認識不足から事前着工されていたため、事業停
止命令により工事を中断させております。また、今後は再発防止に努める旨の始末書
が添付されていることを申し添えます。5番の案件につきましては、富岡地内の第 1
種農地に養殖水槽等を建設するための転用であります。なお、申請地につきましては、
以前から養鯉池として利用されており、昭和 59年ごろにはコンクリート造の水槽が
築造されたもようですが、この度、作業場を建設するために調査をしたところ転用の
許可が必要であることが判明し、所要の手続きを行うものであり、今後は再発防止に
努める旨の始末書が添付されていることを申し添えます。6番の案件につきましては、
築地地内の農用地区域内の畑において、山砂を採取するための一時転用で、所要面積
は 4,859??、採取期間は許可日から 1年間とするものであります。なお、現在、申請
者は隣地で山砂を採取中でありますが、その一部を本事業の運搬路として利用するた
めに、隣地の山砂採取が完了した後に本事業を開始することとしており、運搬車両の
通行による周辺への影響をできるだけ少なくする配慮がなされております。
以上、書類による不備はなく、転用面積・目的・資金計画等、申請内容は転用許可
条件を満たしております。
3??ージに案内図をお示ししてございますので、ご確認ください。
以上で説明を終わります。
議長
第 2号議案の事前審査結果について、5番水澤正明事前審査委員長から報告をお願
いします。
5番
それでは、第 2号議案をご報告いたします。
第 2号議案は、住宅敷地として利用するための転用が 1件、宅地分譲するための転
用が 1件、集合住宅を建設するための転用が 1件、住宅建設のための転用が 1件、養
殖水槽等を建設するための転用が 1件、山砂採取のための一時転用が 1件の計 6件で
あります。詳細につきましては事務局説明のとおりで、2番は現地を確認しましたが
事前着工もありませんでしたし、6番は現地で業者から説明を受け、地元農家の車両
を優先することや状況により飛砂防止策を行うことなどを確認しました。1番、4番、
5番は事前着工されているため現地確認は行いませんでしたが、再発防止に努めると
いう始末書も添付されていることから、1番から 6番のいずれも案件も特に問題はな
いものとして、事前審査会では許可相当と判断いたしましたので、本総会でのご審議
をお願いいたします。
以上で報告を終わります。
議長
ただ今、第 2号議案について、事務局及び事前審査委員長から説明並びに報告があ
りましたが、この件について、質疑を行います。
ご質疑願います。
19番
ひとつお願いします。3番の転用時期が 6月 1日となっていますが、間に合います
か。
- 4-
事務局
19番
事務局
19番
事務局
スタートでしょうか。
他は許可の日となっていますが、一般的には、今日は 5月 25日ですよね。許可の
日というのは、大体いつごろでしょうか。
今日決まれば。
今日で大丈夫なんですか。
はい。
19番
わかりました。一応確認のためです。
議長
他にございませんでしょう。
(質疑・なしの声)
議長
質疑がないようなので、これで質疑を終わります。
これより採決をいたします。
第 2号議案については、事前審査委員長報告のとおり、1番から 5番は県農業会議
に諮問せずに許可し、6番は許可相当として県農業会議に諮問し、答申が許可相当の
場合は許可することにご異議ございませんでしょうか。
(異議・なしの声)
議長
異議なしと認めます。
よって、第 2号議案の 1番から 5番については、県農業会議に諮問せずに許可し、
6番については許可相当として県農業会議に諮問し、答申が許可相当の場合は許可す
ることに決定いたしました。
次に、第 3号議案「胎内市農用地利用集積計画について」を議題といたします。
第 3号議案は所有権移転と利用権設定がありますので、初めに所有権移転について
審議いたします。
事務局説明願います。
事務局
第 3号議案の所有権移転をご説明いたします。
議案書 4??ージをお願いします。
1番の案件につきましては、笹口浜地内の畑の売買でありまして、譲渡人が高齢な
どの理由から規模縮小を望み、隣地の耕作者が譲り受けることとなったもので、売買
価格は総額○○○○円、10a当たり○○○○円であります。2番の案件につきまして
は、村松浜地内の畑の売買でありまして、譲渡人は、申請地を相続したものの農業経
験がないことなどから売買を希望し、隣地の耕作者が譲り受けることとなったもので
あり、売買価格は総額○○○○円、10a当たり○○○○円であります。3番から 6番
- 5-
の案件は、築地地内の畑の売買で、同一人が譲受人となるものであります。売買の理
由につきましては、譲渡人が高齢となったことなどから規模縮小を望み、近隣で多く
の農地を耕作している譲受人が買い受けるものであります。売買価格は、総額で、3
番が○○○○円、4番が○○○○円、5番が○○○○円、6番が○○○○円、10a当た
りは 3番が○○○○円、4番から 6番が○○○○円であります。なお、3番は法面で
耕作できない部分を考慮した価格設定となっています。7番は、東牧地内の田と畑の
売買で、諸事情から譲渡人が早期の売買を希望し、現在の耕作者が譲り受けることと
なったものであります。
以上、いずれの案件も、農用地を効率的に利用して耕作すると認められることなど、
農業経営基盤強化促進法第 18条第 3項の各要件を満たしているとして、ご提案いた
しました。
以上で説明を終わります。
議長
第 3号議案の所有権移転の 1番のあっせん審査結果について、3番榎本太あっせん
審査委員長から審査結果の報告をお願いいたします。
3番
第 3号議案所有権移転の 1番についてご報告いたします。去る 4月 18日に農業委
員会会議室において、あっせん委員と、売り手、買い手、事務局にてあっせん審査会
を開催しました。売り手につきましては、高齢などの理由から規模縮小を考えており
申請地を売りたいとのことでした。買い手は認定農業者ではありませんが、市内でも
有数の大規模農家であり耕作面積及び経営状況等も問題ありませんし、申請地を含め
隣地を耕作しており効率的ですし、あっせん譲受け台帳にも登録されております。売
買価格につきましても、売り手買い手それぞれ合意の価格であり、あっせん審査会で
は問題なく承認相当と判断いたしましたので、本総会でのご審議をお願いいたしま
す。
以上で報告を終わります。
議長
続きまして、第 3号議案の所有権移転の 2番から 6番のあっせん審査結果につい
て、11番白塚幸二あっせん審査委員長から審査結果の報告をお願いいたします。
11番
第 3号議案所有権移転の 2番から 6番についてご報告いたします。去る 4月 18日
に 2番の案件を、5月 15日に 3番から 6番の案件を農業委員会会議室において、あ
っせん委員と、売り手、買い手、事務局にて、あっせん審査会を開催しました。2番
から 6番のいずれの売り手につきましても、後継者もなく高齢などの理由から規模縮
小を考えており申請地を売りたいとのことでした。買い手は認定農業者ではありませ
んが、市内でも有数の大規模農家であり耕作面積及び経営状況等も問題ありません
し、申請地を含め隣地を耕作しており効率的ですし、あっせん譲受け台帳にも登録さ
れております。売買価格につきましては、3番の案件だけ他と比べてやや低い設定と
なっておりますが、農地の 4分の 1??法面となっていることから、耕作できる面積で
算定いたしますと他と同じくらいの価格となります。つきましては、2番から 6番の
いずれの案件も売り手買い手それぞれ合意の価格ということでありましたので、あっ
せん審査会では問題なく承認相当と判断いたしましたので、本総会でのご審議をお願
- 6-
いいたします。以上で報告を終わります。
議長
続きまして、第 3号議案の所有権移転の 7番のあっせん審査結果について、21番忠
貞夫あっせん審査委員長から審査結果の報告をお願いいたします。
21番
第 3号議案所有権移転の 7番についてご報告いたします。去る 4月 21日に農業委
員会会議室において、あっせん委員と、売り手、買い手、事務局にて、あっせん審査
会を開催しました。売り手につきましては、負債整理のため一刻も早く申請地を売り
たいとのことでした。買い手は認定農業者であり、耕作面積及び経営状況等も問題あ
りませんし、申請地を含め隣地を耕作しており効率的ですし、あっせん譲受け台帳に
も登録されております。売買価格につきましても、売り手・買い手それぞれ合意の価
格であり、あっせん審査会では問題なく承認相当と判断いたしましたので、本総会で
のご審議をお願いいたします。以上で報告を終わります。
議長
続きまして、第 3号議案の所有権移転の事前審査結果について、5番水澤正明事前
審査委員長から報告をお願いします。
5番
第 3号議案の所有権移転につきまして、ご報告いたします。
1番から 6番の案件につきましては、いずれも、市内有数の大規模農家が買い手で
ありますし、7番の案件も申請地の隣地を買い手が耕作していることから、効率的に
作業ができ、安定した経営につながるものと期待できる上、あっせん審査会が開催さ
れていますので、1番から 7番のいずれの案件も問題はなく、事前審査会では承認相
当であると判断しましたので、本総会でのご審議をお願いいたします。
以上で報告を終わります。
議長
ただ今、第 3号議案の所有権移転について、事務局及びあっせん審査委員長並びに
事前審査委員長から説明並びに報告がありましたが、この件について、質疑を行いま
す。
ご質疑願います。
(質疑・なしの声)
議長
質疑がないようなので、これで質疑を終わります。
これより採決をいたします。
第 3号議案の所有権移転については、事前審査委員長報告のとおり承認することに、
ご異議ございませんでしょうか。
(異議・なしの声)
議長
異議なしと認めます。よって、第 3号議案の所有権移転については、承認すること
に決定いたしました。
次に、第 3号議案の利用権設定を議題といたします。
- 7-
事務局説明願います。
事務局
第 3号議案の利用権設定をご説明いたします。
議案書 5??ージをお願いします。
1番から 5番までの案件は、中間管理事業により賃借権を新規に設定するものが 3
件、円滑化事業により賃借権を新規に設定するものが 1件、賃借権を再設定するもの
が 1件であります。
1番から 3番は、中間管理事業により 10年間の賃借権を新規に設定するもので、
10a当たりの賃貸料は 5,000円から 21,000円とするものであります。4番は、農地利
用集積円滑化団体を代理人として、認定農業者に 5年間の賃借権を新規に設定するも
ので、10a当たりの賃貸料は 21,000円とするものであります。5番は、労力不足を理
由に認定農業者に 1年間の賃借権を再設定するもので、10a当たりの賃貸料は 20,000
円とするものであります。
以上、第 3号議案の利用権設定の 1番から 5番のいずれの案件も農業経営基盤強化
促進法 第 18条第 3項の各要件を満たしているとして、ご提案いたしました。
以上で説明を終わります。
議長
第 3号議案の利用権設定の事前審査結果について、5番水澤正明事前審査委員長か
ら報告をお願いします。
5番
第 3号議案の利用権設定についてご報告いたします。
1番から 5番までの案件は、中間管理事業により賃借権を新規に設定するものが 3
件、円滑化事業により賃借権を新規に設定するものが 1件、賃借権を再設定するもの
が 1件であります。
詳細につきましては事務局説明のとおりで、事前審査会ではいずれの案件も承認相
当と判断しましたので、本総会でのご審議をよろしくお願いいたします。
以上で報告を終わります。
議長
ただ今、第 3号議案の利用権設定について、事務局及び事前審査委員長から説明並
びに報告がありましたが、この件について、質疑を行います。ご質疑願います。
(質疑・なしの声)
議長
ご質疑ないようなので、これで質疑を終わります。
これより採決をいたします。第 3号議案の利用件設定については、事前審査委員長
報告のとおり承認することに、ご異議ございませんでしょうか。
(異議・なしの声)
議長
異議なしと認めます。
よって、第 3号議案の利用権設定については、承認することに決定いたしました。
次に、第 4号議案「胎内市農業協同組合農地利用集積円滑化事業規定の一部改正に
- 8-
ついて」を議題とします。
事務局説明願います。
事務局
第 4号議案をご説明いたします。
議案書 6??ージをお願いします。
第 4号議案につきましては、胎内市農業協同組合の農地利用集積円滑化事業規定の
一部改正でありますが、農業経営基盤強化法に、事業規定を変更しようとするときは
市町村の承認を受けなければならず、市町村はその承認をしようとするときは、あら
かじめ、農業委員会の決定を経なければならない旨が規定されており、この度、胎内
市長から農業委員会の決定を求める依頼があったことから、皆様にお諮りするもので
あります。
それでは、10??ージをお願いします。改正内容につきましては、法律の改正に伴う
名称等の変更であって、表の右欄にあるアンダーラインの付された名称等が、左欄の
アンダーラインの付された名称等に変わるものであります。
以上で説明を終わります。
議長
ただ今、第 4号議案について、事務局から説明がありましたが、この件について、
質疑を行います。ご質疑願います。
(質疑・なしの声)
議長
ご質疑ないようなので、これで質疑を終わります。
これより採決をいたします。第 4号議案については、承認することに、ご異議ござ
いませんでしょうか。
(異議・なしの声)
議長
異議なしと認めます。
よって、第 4号議案については、承認することに決定いたしました。
次に、第 5号議案、「平成 28年度の目標及びその達成に向けた活動の点検・評価
(案)について」を議題とします。
事務局説明願います。
事務局
第 5号議案をご説明いたします。
11??ージをお願いします。第 5号議案につきましては、農地利用の最適化などを推
進するにあたり、当農業委員会が平成 28年度の目標として設定した数値等に対して、
どのような結果になったのか、また、それをどう評価するのかを定めるものでありま
す。右側のⅡ担い手への農地の利用集積・集約化につきまして、本来は、1現状及び
課題の表にある「これまでの集積面積」に、その下の「うち、新規実績」を足すと、
その左の「集積実績」になるはずですが、昨年 3月と本年 3月の集積実績のもととな
るものが違うため、そのようにはなっていません。正しい数値は、本年 3月時点での
集積実績 3,090ha??ありまして、1年間の集積面積は、目標 140ha??対して実績が
- 9-
138ha??すので、概ね達成できたものと思います。
12??ージをお願いします。右側のⅣ遊休農地に関する措置に関する評価につきまし
て、2平成 28年度の目標及び実績の「解消実績」10.4ha??、皆さまに個別訪問等を
していただいた結果であり、目標を大きく上回ることができました。ありがとうござ
いました。
なお、評価等に対する意見募集の義務はなくなりましたが、本日の総会で承認をい
ただきましたら、1月程度、市のホームページで意見募集を行いたいと考えておりま
す。
以上で説明を終わります。
議長
ただ今、第 5号議案について、事務局から説明がありましたが、この件について、
質疑を行います。ご質疑願います。
(質疑・なしの声)
議長
ご質疑ないようなので、これで質疑を終わります。
これより採決をいたします。第 5号議案については、承認することに、ご異議ござ
いませんでしょうか。
(異議・なしの声)
議長
異議なしと認めます。
よって、第 5号議案は、承認することに決定いたしましたので、
(案)を削除してく
ださい。
次に、第 6号議案「平成 29年度事業計画(案)並びに目標及びその達成に向けた活
動計画(案)について」を議題とします。
事務局説明願います。
事務局
第 6号議案をご説明いたします。
15??ージをお願いします。
第 6号議案につきましては、本年度における当委員会の事業計画と活動計画を定め
るものであります。
はじめに、事業計画につきましては、これまでの事業を概ね継承するものでありま
すが、担い手への農地の集積を進めるため、人・農地プランを推進することと、新体
制移行に向けた準備等を適切に進めることなどを追加しております。
16??ージをお願いします。次は、目標と活動計画であります。右側のⅡ担い手への
農地の利用集積・集約化につきましては、最終目標である平成 35年度における集積
率 90%を目指したものであります。Ⅲ新たな農業経営を営もうとする者の参入促進
につきましては、昨年度の実績が、目標の 8経営体に対して 1経営体であったことを
踏まえて、1経営体といたしました。17??ージをお願いします。Ⅳ遊休農地に関する
措置につきましては、遊休農地の解消面積の目標を 2ha??しましたので、昨年度と同
様に遊休農地の所有者に対する指導などをお願いします。
- 10-
なお、16??ージと 17??ージの活動計画案につきましても、さきほどの点検・評価
と同様に、総会で承認をいただきましたら、市のホームページで意見募集を行いたい
と考えております。
以上で説明を終わります。
議長
ただ今、第 6号議案について、事務局から説明がありましたが、この件について、
質疑を行います。ご質疑願います。
(質疑・なしの声)
議長
ご質疑ないようなので、これで質疑を終わります。
これより採決をいたします。第 6号議案については、承認することに、ご異議ござ
いませんでしょうか。
(異議・なしの声)
議長
異議なしと認めます。
よって、第 6号議案は、承認することに決定いたしましたので、
(案)を削除してく
ださい。
以上で、日程第 3??第 1号議案から第 6号議案までの審議を終了いたしました。
これで、本日の全ての日程を終了致しました。
これを持ちまして、平成 29年 5月の胎内市農業委員会総会を閉会といたします。
- 11-
上記の経過を掲載し、相違ないことを証するため署名します。
平成29年5月25日議長
11番
12番
- 12-

http://www.city.tainai.niigata.jp/sangyo/nogyo/inkai/documents/h2905gijiroku.pdfより引用


ダウンロード

新潟県胎内市へ戻る

グループサービス