不動産Hack

法律、商習慣、地理、心理、情報。すべてを総動員して不動産をハックするブログ!

不動産Hack

都道府県

Jimotobira検索

Loading

ビラを掲載する!

実店舗を持っている方であれば、チラシを掲載することができます!(一部業種を除く)

掲載画面へ

データの作り方

宮城県岩沼市の生活情報

岩沼市:広報いわぬま4月号一括ダウンロード

宮城県の会社の噂 岩沼市の地価相場

岩沼市:広報いわぬま4月号一括ダウンロード画像

ダウンロード

タグ
テキスト情報引用


20~ 56日までの間隔をおいて 3回
に至るまで
るまで
追加接種:生後 3~ 90月 初回接種終了後 12~ 1回
に至るまで
18月に達するまで
(初回接種終了後 6月以上の間隔をおく)
3種混合
(不活化ワクチン)
第 2期 11~ 13歳未満
ポリオ
(不活化ワクチン)
1回
小学 6年生
(11~ 12歳 に 達 す る ※ジフテリア・破傷風の 2種混合ワクチ
ン。
まで)
※ポリオ生ワクチンを 2回接種している場合は、ポリオ不活化ワクチンの接種は不要です。
※ 3種混合ワクチン第 1期の接種が完了していない場合は、今後は 4種混合ワクチンを接種します。
麻しん風しん混合
(生ワクチン)
水痘
(生ワクチン)
日本脳炎
(不活化ワクチン)
第1期
第2期
生 後 12~ 24月 に 至 る 1歳の誕生日を迎えた
1回
まで
ら早めに
小学校就学前 1年間
(4月 1日~ 3月 31日)
1回
1回目
生後 12~ 36月に至るまで
第1期
生後 12~ 15月
1回
に達するまで
1回目終了後
1回
2回目 6~ 12月まで
(初回接種終了後 3月以上の間隔をおく)
の間
初回接種:生後 6~ 90月
3歳
に至るまで
6~ 28日までの間隔をおいて 2回
追加接種:生後 6~ 90月
4歳
に至るまで
初回接種終了後おおむね 1年の間隔をお
いて 1回
第 2期 9~ 13歳未満
小学 4年生(9~ 10歳
1回
に達するまで)
※平成 7年 4月 2日~平成 19年 4月 1日生まれの方は、積極的勧奨の差し控えにより、第 1期・第 2期の接種が行われ
ていない可能性があるため、20歳になるまでの間、不足分を定期接種として受けることができます。
子宮頸がん予防ワ
小学校 6年生から高校 1年生に相
クチン
中学校 1年生
当する年齢の女子
(不活化ワクチン)
13
広報いわぬま2015.4月号
3回(ワクチンの種類により、接種間隔
が異なります)
※平 成 25年 6月より、積極的勧奨を中
止しています。
⃝諸計画との関連図
宮城県子ども・子育て支援事業計画
いわぬま未来構想
地域福祉計画
健康づくり市民計画
障害者計画
子ども・子育て支援事業計画
<関連計画>
生涯学習推進計画
次世代育成支援行動計画
市町村整備計画
男女共同参画基本計画
教育基本方針
⃝岩沼市の子ども・子育て環境の課題として…
 少子高齢化・核家族化の時代における子育て支援の在り方や、母親が働きやすい環境について、地
域全体で考えていく必要があります。
 病児・病後児保育、就労以外による利用など多様なニーズがあることから、それらへ適切に対応し、
さまざまな子育て支援の利用促進と満足度の向上を図る必要もあります。
 また、子育て家庭が社会から孤立しないような安心して子育てが出来る相談支援体制を整備するこ
とも重要であり、母親・父親とも子育てに参加できる、ワーク・ライフ・バランスの充実も求められ
ています。
⃝子ども・子育て支援新制度の全体像
 子ども・子育て支援法では、保護者の申請を受けた市町村が客観的基準に基づき、保育の必要性を
認定した上で、給付を支給する仕組みとなっています。給付対象となる事業は、
「子どものための教
育・保育給付」と「地域子ども・子育て支援事業」となっています。
子どものための教育・保育給付
給付費
認定こども園
幼稚園
保育所(園)
施設型給付
小規模保育
家庭的保育
居宅訪問型保育
事業所内保育
地域型保育
給付
地域子ども・子育て支援事業
交付金
①利用者支援事業
②地域子育て支援拠点事業
③妊婦健康診査
④乳児家庭全戸訪問事業
⑤養育支援訪問事業
⑥子育て短期支援事業
⑦ファミリー・サポート・センター事業
⑧一時預かり事業
⑨延長保育事業
⑩病児・病後児保育事業
⑪放課後児童クラブ
⑫実費徴収に係る補足給付を行う事業
⑬多様な主体が本制度に参入すること
を促進するための事業
問/子ども福祉課(☎内線 396)
広報いわぬま2015.4月号
14
4月から
子ども・子育て支援新制度が始まります
 一人ひとりの子どもが健やかに成長することができる社会を目指して、平成 24年 8月に子ども・
子育て関連 3法が成立しました。これらの法律に基づき、平成 27年 4月から、幼児期の教育・保育、
地域の子ども・子育て支援を総合的に推進し、子どもを生み育てやすい社会の実現を目指した「子
ども・子育て支援新制度」が全国的に展開されます。
 当市においても、子ども・子育て支援ニーズ調査に基づきながら、岩沼市子ども・子育て会議に
おいて検討し、12月のパブリックコメントを経て、「岩沼市子ども・子育て支援事業計画」を策定
しました。岩沼市次世代育成支援後期行動計画の理念を継承しながら、
「いわぬま未来構想」を具
現化するため、
「子どもの最善の利益」の実現や、自助・共助・公助に基づく地域社会全体で子ど
もや子育て家庭を支える社会の構築を目指し、次の基本理念、基本目標を掲げ、状況に応じたさま
ざまな支援を行っていきます。
基本理念
基本目標
1. 子どもの最善の利益が実現される
1. 子ども・子育てサポート体制の充実
地域づくり
2. 安心して利用できる子育て支援
3. 子どもが夢や希望を抱いて、次代
の親になれる環境づくり
4. 多様な子ども・子育て支援の量的
拡充と質的改善
5. 協働で子どもを見守り、ともに支
えあう地域づくり
2. 地域における子育ての支援
3. 職業生活と家庭生活との両立の推進
4. 母性・乳児・幼児などの健康の確保
及び増進
5. 子どもの心身の健やかな成長に資す
る教育環境の整備
6. 子育てを支援する生活環境の整備
7. 子どもの安全の確保
8. 支援を要する子どもへの対応などの
取組の推進
子ども・子育て支援事業計画の全文とその概要版は、市ホームページ
(http://www.city.iwanuma.miyagi.jp/)から確認できます。
15
広報いわぬま2015.4月号
▶子育てインフォメーション
児童扶養手当と特別児童扶養手当の支給額が4月分から改定されました
●児童扶養手当 ※児童1人の場合。
平成 27年 3月分まで
平成 27年 4月分から
全部支給
  41,020円/月
  42,000円/月
一部支給
  41,010円/月~
  
9,680円/月
41,990円/月~
   9,910円/月
◇児童扶養手当とは
 一定の要件を満たすひとり親世帯や養育者に支
給される手当です。対象児童は、18歳の年度末
までの児童、または 20歳未満の政令で定める程
度の障害のある児童です。
両親の一方が政令で定める程度の障害にある場
合は、児童が両親と生計を同じにしていても対象
になります。また、公的年金や遺族補償などの額
が児童扶養手当額を下回る場合においても、差額
分の児童扶養手当が受給できます。裁判所からD
V保護命令を受けている場合も対象になる場合が
あります。
 いずれも、
所得制限などの要件がありますので、
詳しくはお問い合わせください。
岩沼市放課後子ども教室
(のびやか教室)ボランティア募
た講師などを派遣します
手続き/研修実施予定日の2??月
前まで担当課へご相談ください
申込・問/さわやか市政推進課 (市役所6階☎内線643??644)
行政相談員にご相談ください
(相談無料・予約不要)
 総務大臣より委嘱された行政相
談委員は、国の仕事やサービス、
各種制度の手続きについて、市民
の皆さんからの困りごとや苦情・
ご意見などを受け付けています。
 ぜひ、
気軽にご相談ください。
相談内容/国の仕事をはじめ、独
立行政法人・特殊法人(郵便局
など)等の仕事についてのご意
見やご提案
相談日/毎月第1月曜日
 9時~15時
※4月から月1回の相談日に変更
になります。
(24??ージ参照)
相談場所/市役所 2階 相談室
対応者/佐藤 千代子氏
 武者 進氏(4月1日委嘱)
問/さわやか市政推進課(☎内線643)
消費生活相談員
出前講座のご案内
 市では、消費生活トラブルの未
然防止を目的として、消費生活相
談員による出前講座を行っていま
す。消費生活相談員が被害に遭わ
ないためのポイントや契約の基礎
知識などについて、事例を交えな
がら分かりやすく説明します。
 ぜひご活用ください。
日時/火曜または木曜の10時~
15時(1時間程度)
※祝日・年末年始を除く。
対象/市内の団体やグループ(お
おむね5人以上)
費用/無料(会場は申込者でご準
備ください)
申込方法/開催希望日の1??月前
までにお申し込みください
問/商工観光課 (市役所3階☎内線322)
有料広告を掲載しています
29
特別障害者手当・障害児福祉
広報いわぬま2015.4月号
手当の額の改定のお知らせ
4月1日㈬から下記のとおり改定されます。
特別障害者手当:月額26,620円、障害児福祉手当:月額14,480円
問/社会福祉課(市役所3階☎内線358)
スマイルヘルスサポーターのご紹介
一緒に運動しましょう!
 スマイルヘルスサポーターは、
「運動の楽しさを広めて、市民
の皆さんに運動習慣を身につけて欲しい」という思いで活動して
いる、運動普及リーダー(市民ボランティア)です。
 各種団体などへの出前講座のほか、月に1回保健センターで市
民公開講座を開催しています。予約不要です!気軽にご参加くだ
さい♪4月号2015
平成27年度 市民公開講座日程表(時間:午後2~3時)
  4月13日㈪
5月11日㈪
  6月15日㈪
  7月13日㈪
  8月10日㈪
9月14日㈪
10月19日㈪
11月  9日㈪
12月  7日㈪ 28年1月18日㈪
  2月  8日㈪
  3月14日㈪
April
楽らく健幸プラス塾
出張健幸運動教室のご案内
 生活習慣病を予防するためには、日
頃の運動が欠かせません。当講座で
は、講話や実践を通して、運動を継続
するためのポイントを楽しく学ぶこと
ができます。
 市では、運動を習慣化するためのきっかけづくりを
提供し、生活習慣病予防改善につなげることを目的と
して、運動インストラクターなどを派遣し、出張健幸
運動教室を行っています。町内会活動などでぜひご活
用ください。
対 象/生 活習慣を改善したい75歳
未満の市民 30人
   ※応 募者多数の場合は、昨年
度の健康増進課主催の運動
講座を受講していない方を
優先します。
時 間/10~12時
    (受付:9時30分~10時)
参加費/無料
申込期間/4月1日㈬~4月17日㈮
対 象/10人以上の団体(1団体につき年度内1回まで)
日 時/月~金曜日の9~16時
費 用/無料
講 師/運動インストラクター、保健師
申込方法/

http://www.city.iwanuma.miyagi.jp/kurasi/matidukuri/documents/iwa15.4p1-30.pdfより引用


ダウンロード

宮城県岩沼市へ戻る

グループサービス