不動産Hack

法律、商習慣、地理、心理、情報。すべてを総動員して不動産をハックするブログ!

不動産Hack

都道府県

Jimotobira検索

Loading

ビラを掲載する!

実店舗を持っている方であれば、チラシを掲載することができます!(一部業種を除く)

掲載画面へ

データの作り方

鹿児島県大島郡天城町の生活情報

大島郡天城町:isa160901-3.pdf

鹿児島県の会社の噂 大島郡天城町の地価相場

大島郡天城町:isa160901-3.pdf画像

ダウンロード

タグ
テキスト情報引用


ぱくなれば完成温
。最の
後場
に合容
っ酸
ぱっ
いまで
にい
なりぱくなれば完成。最後に
道水を足します。 容器いっぱいまで
水水
道水を足し
ます。●成
完ま
成までに大切なこと
●完
でに大切な
こと
◎培
◎ 培養 中 は キャ ッ プ を緩 め てガ ス 抜 き を養中
ャ琥
養は
液キが
温糖の場合)になり酸っ
ッ珀
プ色
を(
緩三
めて
ガス き抜する
◎。
す。る
養激
中は激しく振りまぜを
ない。◎
培◎
養培中し完
く成
ぱく
なは
れば
に容器いっぱいまで
振。
り最
ま後
ぜな
い。◎
保温は熱帯
保温は魚
熱の
帯ヒ
魚のタヒーター等を利用し、直接ー等を利
水道水をー足します。
用し、直接
又は湯煎の
又は湯形
煎で
の行形
う五
。度
三十五度以上になる
うで
。行
三十
以上に
養液が琥珀色(三温糖の場合)になり酸っ
 最初に①、②をよく混ぜ合わせます。さらに③~
・ペットボトルの底にたまる白い沈殿物
◦大豆や牛乳のアレルギーがある人は肌にふれ
◎保温は、熱帯魚用のヒーター等を利用するか、湯
◦使用後、乾燥すると無臭になります。
◎培養中は激しく振り混ぜない。
◦動植物以外には使いすぎの心配はありません。
◎培養中はキャップを緩めてガス抜きをする。
 さい。
  完成までに大切なこと 
●作り方
●作り方
●作り方
      に薄める。
イキイ
⑤水(温水 35℃)
   ・・350ml
マイエンザ
とは
ヨーグルト
(乳酸菌)
、ドライイ
ースト
菌)
、納豆(納豆
菌)
、砂糖
マイエンザは(と
酵母
複 合微生物
をト
混ぜて
ヨーグ発
ル酵
トし
(て
乳作酸
菌)
、ドライイースる資納
材豆
(酵母菌物)、
納豆菌)
、砂糖を混ぜて 微生
で(
す。
マる
イ複
エン
発酵して作
合ザ
微は
生当
物時の
境浄 化微 生
水環
質 汚 染が 問
題に な
って
す。効いた愛媛県
物資材です。
で開発されま
マイエンザとは
した。
開発当
初は「え
め時
A水
I」
マイ エンザはひ当
質と
汚い
染が 問 題
にな
でしたヨーグ善
ル玉ト(乳酸菌)
、ドう
ラ名
イ前イースト。
菌の活性 効
果れ
でま
悪し
玉菌
っていた愛媛県で開
発さ
たの。開発当
をて抑(酵母え菌、納物豆
納豆菌)
、砂糖を繁
混殖ぜ
、)微生
を(
元気に 、浄
初は「えひめAI」といしう
名化
前作
で用
しが
た高。
まりま     ※濃いと枯れるので 1000倍
④納豆のねばねば・・1粒分
 と臭いがとれ毛艶が良くなる。緩ずは試 最初に①、②の材料を
伊佐市農業公社の堆肥センターでは、マ良く混ぜ合わせま
の でま
費 用も
イエンザを利用し、悪臭対策をし、良質な
い。
5広報いさ 2016.09.01
     ると野菜や花が元気に。
イキイキ
③ヨーグルト・・・・25g
 れると臭い軽減に。直接スプレーする
発酵して作る
合て
微ト生
物の環境浄 化微 生
●完成ま酸
でっに大切なことなる
果複
とし
時間があれ
イレの悪臭
なり
ば)発酵を殖
が発
なく
進酵
善玉 菌の活性 効果で悪 玉菌
の繁
をし抑時間場
が合
あにれば
みが進みます。他には発泡まのたす。り他、流三温糖
は緩
(チ
発め
台のヌメリ
泡 てガ ス抜 き を
いまス物資材で
すし。◎培
養ぱ中
はでキ ャ ッ プにを
琥珀色
ロール
をとったり
いっ
器風
養液が
容に
呂の残り湯
、植物を元
。最後に等え、微
元気にし、浄化作用が高まりスチロールに風呂の残り湯等を入れ、毎日成を
気生完入
に物れしを、たり
れば交毎日
様々な効果
換してもす
ぱくな
マイ エ ン ザ は
当時水質
が汚
期染が 問題に な
いる。◎培養中は激しく振りまぜない。◎。待いでですきすまま。四
十す
五。方を足し
以四
上十
伊果
ます。効て公
トイレの悪臭をなくす
し。たしてもいいで以な
上にならな
に五
佐と
なら
●作り
市し
水道水 いよ 交換
農業社う なこと
肥セン
きを ヒーター等を利用し、直接
に大切に注意!タっていた愛媛県で開の
発堆されました。開発保温は熱帯魚の抜でースまでは、
マ当
●完成
め てガ
イエ
緩に
プを
り、流
しン
台ザ
のをヌととっ
いよう注意!い。◎
最初に①、②
利メ
はたり、植物を元
用リ
しを
ースト
キャッ
、ザ
の材料を
ぜな
ライイ
イエン悪臭対策を
養 中はまド良しり、く、)良振混
初は堆「
ひめAマI」という名前でした。又湯煎の形で
行う。三十五度以上になる質菌ぜくはな合わせま ◎培
激し
肥え
(乳酸
をり接ぜて す。さら
製様
ルト
造々
してグ気にしたない
効ー果が
きます●培養中は
糖を混
に③~⑤を
用し、直
砂。ヨます、)。期待で
する。◎補足
等を利
入れて軽く
納豆菌
ーター
豆(
混ぜま
る 酵が進みます。他には発泡
化微 生
な発
善玉 菌の活性 効果で)、
悪納玉
菌の 繁 殖を 抑
魚のヒ 時間があればすマ菌帯。イ母熱エ酵ン環境浄 ●作り(
は色
養液
琥温珀
糖の
場合)な上
りに酸っ
マ伊
イ佐エン
と業
はザ
方④最納(体
度以豆五に
物の
・(保ペ三も生で
市ザ農公自社の
堆農
肥業セ公ンタは、マ
初は
にね
①ば
、ね
②ば
の成
材分
料を良く混ぜ合わ
せがま●
ッ温
微ー
ト補
。三ボ合
う足ト社複ル十の底にたは発泡で販売し て
だ けでいい
形で行
て作る
いま
ので
湯煎の
。他に まる白
発 酵しいはすす沈⑤が又殿え、微生物を元気にし、浄化作用が高まりスチロールに風呂の残りまぱくなれば完成。最後に容器いっぱいまでヨーグルト(乳酸)、ドライイースト温家物湯等を入れ、毎日水庭みも菌
が進簡単臭
取③
酵ト
に対
る~
日 にたまる白い沈殿物ルイエンザを利用でし、悪策しが
、良
質な 題にな す。で
さ洗
らいに
を注
入ぐ
れて軽く混ぜます。はがヨあー・ペ
ッ含トまボ
ト入ルの作。
よ⑤すば発
るを
うにに、毎底でこと
れグれれ
で汚
。)その後ペ
をて
物資材
き染が問
い た牛乳
時間
り湯等
時 水質 、も蛋残水道水を足します。
(費
酵用
母効菌)、納豆(納豆菌)、砂糖を混ぜてッ安当白のいで十五以上にならなはのすでます。果としてト悪臭をなくした換してもいいです。四。まンザ
開発当 トボトルに
らな
上 に風呂交。ずイレのエ澄な移はルしイ試にだ、しマ上け良ましたてを
以に
堆肥を製造しています。(④納豆はねばねけでいいのではヨーグト含まれてい た牛乳蛋白 で
くば
チロー み
みて
別ル
振成
の五
り分く十ボまだ
発され
トル
す。
で開
に取り分け
次に、●完成まスでに大切な
県化
発い
酵。
して作る複合微生物のた
環愛境
微 生ださ でした。
とす。四
媛浄
いで
発 酵時にガ3もいこ
カ換
月し
スが 抜け る
をて目
ってい
う名前
途に使
り、流し、植物い澄
よ切
うる
にけ
注を
意別!いい
」と
I販
⑤温水で洗い
取るよ
よう
うに
に注ぐ。)その後ペ 交
エ台
ンの
ザヌ
自メ
体リ
もを
農と
業っ
公た
社りで売
しを
て元す。上みだ
のボトルに取り分け3抑よAキうャをにッし
意!プ物マ
資イ
材です。を緩めてガス抜きをましょう。
繁殖緩
えひめ
を ◎ 培養 中 は キャにッ
注プめう、初は「
玉菌のよ三沈い十殿
五度の温度物の方 は乳酸
果で悪
を保って
気にしたり様々な効果が菌期
で効き
ます。 が高まり
活性
菌や
の待酵一ットボトルに移し、良く振ります。次に、いまが家庭でに作ることができ、カ月を目途に使にしましょう。母玉染用週
マす
イエンザは当も
時簡
水単
質善汚が問題になする。◎培養中は激しく振りまぜな
いい
。切◎菌間をる。多よ培くう
、浄化作
含み
ま すが雑 菌
気にし物くした
物を元
微生
臭をな
やす る白い沈殿 母 菌 を 多 く 含 み
伊佐市農業公社のえ
堆、肥センターでは悪、マ
最初に①、②の材料を良く混ぜ合わせま補足 が繁
●殖補し足
っ用ていた愛媛県で開発されました。開発当保温は熱帯魚のヒーター等を利用し、直接いのま●のレたで発酵時にガスが抜けるようにキャップを費も安いのでまずは試してみてくださ沈殿物の方は乳酸菌や酵にイ早め底ましてト
を元
トルの
白でに 農
合わせ
効果と
ットボ
り、植物
す。
牛乳 蛋
たな
く混ぜ
いに
初は「えひめAI」といま
う名前でした。リをとった
又は湯煎の形・
でペ行う。三十五度れ以て上
る の底にたまる白い沈殿物
料を良ま材メ含。イエンザを利用し、悪臭対策をし、良質なに③~⑤を入れて軽く混ぜます。・ペットボトルのヌ
3い の で 早 め に 農すに②す。 す。さら五
、温度の度を保って一間。培い。ます雑菌が繁殖しやけす
トが
台の分ぜま
混週
グル
できま 緩め、三十最
初に①
に取り
り、流し
て軽く
は ヨー
が期待
トル
ボに
の他
を入れ
善玉 菌の活性 効果で悪 玉菌の繁
抑効果
時の間
みけま
は発泡 ょう。
別。マ々な
でがあれば発酵が進だ、をす
様を
③~⑤
り殖
いい
ーでは ( ④ 納 豆
まし
さら
にした
堆肥を製造しています気。
ねにば
ねば 成分 だ
けいで
い の で 。上澄み は
ヨー グ ルにト
含 まれてい た牛乳蛋白 で
しに
けで
。は
センタすだす肥う分堆よ
ねば 成な公社の
い切るペば質業ま使後ねえ、微生物を元気にし、浄化作佐
用が農高りスチロールに風呂の残湯等を入れ、毎日に
く含み
途り目)その
納豆は
をし、良
伊 市。を④策ぐ菌を多月(注カ
酵母
やみ
、悪臭対
ように菌し売⑤温水で洗い取るように注ぐ。)その後ペマイ エンザ自 体も農業公ザ社
で用販してす上澄だけをめ
別にのる酸、取乳農ボトルに取り分け3
は。
方十
ます。
効果としてトイレの悪
く利
した
交次
換にしてもいいで
すの
。四
五以上になら
で洗い
ンなを
す。
エを
で早
イ臭
のな
⑤温水
振りま
沈 殿物。やすい
、良く
います
して
繁殖し
プを
に移し
造して売ッル製物販菌ャトを雑ットボトル移し

http://www.city.isa.kagoshima.jp/upload/isa160901-3.pdfより引用


ダウンロード

鹿児島県大島郡天城町へ戻る

グループサービス