不動産Hack

法律、商習慣、地理、心理、情報。すべてを総動員して不動産をハックするブログ!

不動産Hack

都道府県

Jimotobira検索

Loading

ビラを掲載する!

実店舗を持っている方であれば、チラシを掲載することができます!(一部業種を除く)

掲載画面へ

データの作り方

静岡県裾野市の生活情報

裾野市:資料

静岡県の会社の噂 裾野市の地価相場

ダウンロード

タグ
テキスト情報引用

「富士山の裾野 田園未来都市 すその」の挑戦
~裾野市まち・ひと・しごと創生総合戦略~
Ⅰ.戦略の基本的方向
Ⅲ.具体的な取組み
Ⅱ.施策の基本目標
施策の方向 / 主なKPI
《計画の期間》
平成27年度から平成31年度
《人口ビジョンが示す展望》
目指す将来の姿(2060年)
人口
5.2万人程度確保
1.?住みたいまち裾野」
のまちづくり “共生”
 人口の社会移動における転出
の抑制
 昼夜間人口比率の均衡
⇒2080年以降5万人程度で安定
高齢化率
28%台
⇒2080年以降25%台で安定
《将来像に向けた施策の方向性》
○ 結婚・子育ての希望を実現する少
子化対策
―合計特殊出生率を維持向上させる。
―「理想の子どもの人数」実現に向け
た、出会い、結婚、妊娠、出産、子育
て環境への一貫した支援を行う。
○ 社会減の流れに歯止めをかける
定住促進
―30歳代の男女及びその子ども世代
で顕著な社会減の流れを変える。
―市内就業者のうち、市外在住の人数
が増えている。市内就業者の定住を
促進し、社会減の流れに歯止めを掛
ける。
○ 社会増の流れをつくる持続可能な
地域経済の構築
―昭和30年代から集積の進む企業の
立地環境整備を推進する。
―地域産業を強化し、多様な働く環境
を創出することで、社会増の流れを
創る。
2.??べての起点となる
ひとづくり “共育”
1裾野市らしいデザイン
のまち すその
2住みたくなるまち すその① 地区の強みを活かした地域づくりの推進
1総合計画や各種基幹計画の着実な推進
2職と住の均衡ある地域デザイン
① 住みたくなる住環境の形成、出歩きたくなる地域の 1住みたくなる優良宅地の創出
創出
2環境と調和する住宅建築の促進
■市街化区域内での優良宅地の創出件数
3出歩きたくなるまちづくりの推進
4新たな手法によるゆとり空間の創出
1幹線道路・生活道路の整備推進
② まちの骨格をなす幹線道路の整備
■都市計画道路の整備により促進された開発面積 2道路施設の長寿命化
③ 市民・企業・行政が一体となった防災・減災の備え 1防災体制の整備推進
の構築
2事業所・企業と連携した防災・減災の体制整備
■企業・事業所との災害時の相互支援協定締結件数
3緊急輸送路及び避難路の防災対策の推進
3文化資源を守り、育て、 ① 裾野市を象徴する地域資源の保存・活用の推進
1文化・観光資源の適切な保存・活用
活かすまち すその
■文化施設・観光施設の整備件数
1人と人の関係を豊かに
するまち すその
①ひとづくり、地域活動支援の推進
■市民活動センターの支援事例数
②市内外での裾野ファンの拡大
■あるもの磨き関連事業の参加者数
①出会いの場の創出や結婚の環境づくり
■婚姻件数
②妊娠・出産育児の切れ目ない相談・支援の充実
■0~4歳人口
2??んなで子育てするま
ち すその
 人づくりに関わる団体活動に関
わる人の数の増加
 合計特殊出生率の向上
 就業者数の増加
 人口の社会移動における転入の
創出
1市民活動団体による地域活動の支援
1裾野市のあるもの磨きの推進
2??ティプロモーションの推進
1出会い・結婚期支援の充実
③子育て世代がいきいき活動できる環境の整備
■多様なライフスタイルづくり関連事業の参加者数
3子ども達の生きる力を
育むまち すその
3.??ちやひとを豊かにする
産業づくり “共栄”
主な施策
①豊かな心を育む教育の推進
■将来の夢や目標を持っている児童生徒の割合
②学校の教育力の向上
■授業が分かると答える児童生徒の割合
1企業・事業所とともに歩 ① 企業・事業所の事業活動環境の整備
むまち すその
■企業・事業所の新たな事業への取組み件数
1妊娠・出産期支援の充実
2子育て期(乳幼児期)支援の充実
3子育て期(学童期〜思春期)支援の充実
4子育てに関する情報発信・相談体制の充実
1子育て世代の多様なライフスタイルづくりの支援
2事業所・企業におけるワークライフバランスの
実現に向けた取組みの支援
1未来を担う子ども達の生きる力の育成
1学習環境の整備
1企業立地の促進
2中小企業等への支援
2地域資源を活用した豊
かな産業のまち すその① 地域資源を活かした稼ぐ力の創出
■地域資源を活用した新商品・新サービスの創出
件数
3働くひとのチャレンジを
応援するまち すその
① 誰もが新たなしごとにチャレンジできる環境の整備
■中小企業相談支援事業における相談件数
1自然環境を強みにした産業振興
2地理的優位性、地勢を活かした産業振興
3地域産業の活性化に向けたビジョン計画の検討
1新たなしごとへのチャレンジの支援
Ⅳ.戦略の推進に不可欠な視点
《推進体制及び効果検証の仕組み》
○ 取組み推進に向け、裾野市まち・ひと・
しごと創生会議を設置
○ 継続的に施策を点検・評価し、戦略を
見直す(効果検証組織を設置予定)
《情報発信》
《市民協働》
《広域連携》
• まちの資源を磨き、裾野市らしさを発掘して
「あの、その、すその。」を展開する
• 市民と行政が役割分担を明確にし、「うるお
い すその」を確立する
• 共通の課題を抱える市町間で、より効果的な
課題解決に向けて連携を推進する
裾野市にあるモノを磨き、裾野市でできるコト、裾野市らしい
ライフスタイル、裾野市らしいワークスタイルを提案する。
市民、企業、各種団体、行政などみんなが主体となる、当事
者意識の高い責任あるまちづくりを推進する。
近隣市町、全国市長会等の広域会議を活用し、地域間の広
域連携を推進する。
■あるもの磨き関連事業で磨く裾野市らしさ件数
■市民活動センターの支援事例数
■広域連携による地方創生関連取組み

http://www.city.susono.shizuoka.jp/ma/susono-synthesis-strategy-overallpic.pdfより引用


ダウンロード

静岡県裾野市へ戻る
LINEスタンプ、試して買える「スタンプ先生」

グループサービス