不動産Hack

法律、商習慣、地理、心理、情報。すべてを総動員して不動産をハックするブログ!

不動産Hack

都道府県

Jimotobira検索

Loading

ビラを掲載する!

実店舗を持っている方であれば、チラシを掲載することができます!(一部業種を除く)

掲載画面へ

データの作り方

奈良県吉野郡黒滝村の生活情報

吉野郡黒滝村:・黒滝村地域防災計画本編(平成27年度改訂)(PDF)

奈良県の会社の噂 吉野郡黒滝村の地価相場

吉野郡黒滝村:・黒滝村地域防災計画本編(平成27年度改訂)(PDF)画像

ダウンロード

タグ
テキスト情報引用

黒滝村地域防災計画
(平成27年度改訂)
黒滝村防災会議
-目
次-
第1編 総
則 ............................................................1
第1節 計画の目的及び構成 ..............................................3
第2節 防災関係機関が処置すべき事務又は業務の大綱 ......................7
第3節 黒滝村の地勢と災害要因、災害記録 ...............................16
第4節 地震被害想定 ...................................................20
第2編 基本計画編 .........................................................29
第1章 災害予防計画 .....................................................31
<共通災害予防計画> ...................................................33
第1節 避難行動計画 ...................................................33
第2節
第3節
第4節
第5節
第6節
避難生活計画 ...................................................
要配慮者の安全確保計画 .........................................
住宅応急対策予防計画 ...........................................
防災教育計画 ...................................................
防災訓練計画 ...................................................
39
43
48
49
54
第7節
第8節
第9節
第10節
第11節
自主防災組織の育成に関する計画 .................................
企業防災の促進に関する計画 .....................................
消防団員による地域防災体制の充実強化計画 .......................
ボランティア活動支援環境整備計画 ...............................
むらの防災構造の強化計画 .......................................
59
63
65
67
69
第12節
第13節
第14節
第15節
第16節
第17節
第18節
第19節
第20節
災害に強い道づくり .............................................
緊急輸送道路の整備計画 .........................................
ライフライン施設の災害予防計画 .................................
危険物等施設災害予防計画 .......................................
防災体制の整備計画 .............................................
航空防災体制の整備計画 .........................................
通信体制の整備計画 .............................................
孤立集落対策 ...................................................
支援体制の整備(村外で災害発生の場合) .........................
71
73
76
86
88
91
93
97
98
第21節 受援体制の整備(村内で災害発生の場合) .........................99
第22節 医療計画 ......................................................101
第23節 防疫予防計画 ..................................................104
第24節 火葬場等の確保計画 ............................................105
第25節 廃棄物処理計画 ................................................106
第26節 食料、生活必需品の確保計画 ....................................108
第27節 文化財災害予防計画 ............................................111
<個別災害予防計画> ..................................................114
第28節 総合的な水害防止対策 ..........................................114
第29節
第30節
水害への備え ..................................................115
風害予防計画 ..................................................116
第31節
総合的な土砂災害防止対策 ......................................118
第32節
第33節
第34節
第35節
第36節
第37節
第38節
第39節
第40節
大規模土砂災害防止対策 ........................................
砂防設備計画 ..................................................
地すべり防止施設計画 ..........................................
急傾斜地崩壊防止施設計画 ......................................
山地災害予防計画 ..............................................
宅地等災害予防計画 ............................................
火災予防計画 ..................................................
林野火災予防計画 ..............................................
原子力災害予防計画 ............................................
125
127
128
129
130
131
133
138
141
第2章 災害応急対策計画 ................................................
<共通災害応急対策計画> ..............................................
第1節 避難行動計画 ..................................................
第2節 避難生活計画 ..................................................
第3節 要配慮者の支援計画 ............................................
第4節 住宅応急対策計画 ..............................................
第5節 活動体制計画 ..................................................
第6節 災害情報の収集・伝達計画 ......................................
第7節 ヘリコプター等の派遣要請及び受入計画 ..........................
第8節 通信運用計画 ..................................................
143
145
145
153
159
164
169
180
200
204
第9節
第10節
第11節
第12節
第13節
第14節
第15節
第16節
第17節
広報計画 ......................................................
孤立地区支援活動計画 ..........................................
支援体制の整備 ................................................
受援体制の整備 ................................................
公共土木施設の初動応急対策 ....................................
道路等の災害応急対策計画 ......................................
ライフライン施設の災害応急対策計画 ............................
危険物施設等災害応急対策計画 ..................................
救急、救助活動計画 ............................................
208
211
213
214
222
223
231
243
246
第18節
第19節
第20節
第21節
第22節
第23節
第24節
第25節
第26節
医療救護計画 ..................................................
緊急輸送計画 ..................................................
災害警備、交通規制計画 ........................................
食料、生活必需品の供給計画 ....................................
給水計画 ......................................................
防疫、保健衛生計画 ............................................
遺体の火葬等計画 ..............................................
廃棄物の処理及び清掃計画 ......................................
ボランティア活動支援計画 ......................................
248
253
256
261
269
273
280
284
289
第27節
第28節
災害救助法等による救助計画 ....................................291
文教対策計画 ..................................................296
第29節
文化財災害応急対策 ............................................302
<個別災害応急対策計画> ..............................................
第30節 河川施設応急対策 ..............................................
第31節 土砂災害応急対策 ..............................................
第32節 大規模土砂災害応急対策 ........................................
第33節 被災宅地の危険度判定 ..........................................
第34節 山地災害応急対策 ..............................................
第35節 火災応急対策 ..................................................
第36節 林野火災応急対策 ..............................................
第37節 原子力災害応急対策 ............................................
304
304
305
307
308
309
310
321
324
第3章 災害復旧・復興計画 ..............................................
第1節 公共施設の災害復旧 ............................................
第2節 被災者の生活の確保 ............................................
第3節 被災中小企業の振興 ............................................
第4節 農林漁業者への融資 ............................................
第5節 義援金の受入・配分等に関する計画 ..............................
第6節 激甚災害の指定に関する計画 ....................................
第7節 災害復旧・復興計画 ............................................
第3編 震災対策計画編 .....................................................
第1章 災害予防計画 ....................................................
325
327
329
336
337
341
343
347
351
353
第1節
第2節
第3節
第4節
第5節
第6節
第7節
第8節
第9節
避難行動計画 ..................................................
避難生活計画 ..................................................
帰宅困難者対策計画 ............................................
要配慮者の安全確保計画 ........................................
住宅応急対策予防計画 ..........................................
防災教育計画 ..................................................
防災訓練計画 ..................................................
自主防災組織の育成に関する計画 ................................
企業防災の促進に関する計画 ....................................
355
355
356
358
358
358
358
359
359
第10節
第11節
第12節
第13節
第14節
第15節
第16節
第17節
第18節
消防団員による地域防災体制の充実強化計画 ......................
ボランティア活動支援環境整備計画 ..............................
むらの防災構造の強化計画 ......................................
建築物等災害予防計画 ..........................................
災害に強い道づくり ............................................
緊急輸送道路の整備計画 ........................................
ライフライン施設の災害予防計画 ................................
危険物施設等災害予防計画 ......................................
地盤災害予防計画 ..............................................
359
360
360
361
364
364
365
369
371
第19節
第20節
地震火災予防計画 ..............................................373
第四次地震防災緊急事業五箇年計画 ..............................376
第21節
防災体制の整備計画 ............................................376
第22節
第23節
第24節
第25節
第26節
第27節
第28節
第29節
第30節
航空防災体制の整備計画 ........................................
通信体制の整備計画 ............................................
孤立集落対策 ..................................................
支援体制の整備(村外で災害発生の場合) ........................
受援体制の整備(村内で災害発生の場合) ........................
医療計画 ......................................................
防疫予防計画 ..................................................
火葬場等の確保計画 ............................................
廃棄物処理計画 ................................................
377
377
377
377
377
377
378
378
378
第31節 食料、生活必需品の確保計画 ....................................
第32節 文化財災害予防計画 ............................................
第2章 災害応急対策計画 ................................................
第1節 避難行動計画 ..................................................
第2節 避難生活計画 ..................................................
第3節 帰宅困難者対策計画 ............................................
第4節 要配慮者の支援計画 ............................................
第5節 住宅応急対策計画 ..............................................
第6節 活動体制計画 ..................................................
第7節 災害情報の収集・伝達計画 ......................................
378
378
379
381
382
383
383
384
385
389
第8節
第9節
第10節
第11節
第12節
第13節
第14節
第15節
第16節
ヘリコプター等の派遣要請及び受入計画 ..........................
通信運用計画 ..................................................
広報計画 ......................................................
支援体制の整備(村外で災害発生の場合) ........................
受援体制の整備(村内で災害発生の場合) ........................
公共土木施設の初動応急対策 ....................................
建築物の応急対策計画 ..........................................
公園、緑地の応急対策計画 ......................................
道路等の災害応急対策計画 ......................................
393
393
394
394
394
395
396
397
397
第17節
第18節
第19節
第20節
第21節
第22節
第23節
第24節
第25節
ライフライン施設の応急対策計画 ................................
危険物施設等応急対策計画 ......................................
水防活動計画 ..................................................
地盤災害応急対策計画 ..........................................
消火活動計画 ..................................................
救急、救助活動計画 ............................................
医療救護計画 ..................................................
緊急輸送計画 ..................................................
災害警備、交通規制計画 ........................................
398
398
399
400
401
403
404
404
405
第26節
第27節
食料、生活必需品の供給計画 ....................................406
給水計画 ......................................................407
第28節
防疫、保健衛生計画 ............................................408
第29節 遺体の火葬等計画 ..............................................
第31節 ボランティア活動支援計画 ......................................
第32節 災害救助法等による救助計画 ....................................
第33節 文教対策計画 ..................................................
第3章 災害復旧・復興計画 ..............................................
第1節 公共施設の災害復旧 ............................................
第2節 被災者の生活の確保 ............................................
第3節 被災中小企業の振興 ............................................
第4節 農林漁業者への融資 ............................................
408
408
409
409
415
417
417
417
417
第5節 義援金の受入・配分等に関する計画 ..............................
第6節 激甚災害の指定に関する計画 ....................................
第7節 災害復旧・復興計画 ............................................
第4章 南海トラフ地震防災対策推進計画 ..................................
第1節 総
則 ......................................................
第4節 地震防災上緊急に整備すべき施設等の整備計画 ....................
第5節 防災訓練計画 ..................................................
第6節 地震防災上必要な教育及び広報に関する計画 ......................
417
418
418
419
421
426
426
427
第1編総1則 2
第1節
第1
計画の目的及び構成
計画の目的
この計画は、災害対策基本法(昭和 36年法律第 223号)第 42条の規定に基づき、黒
滝村防災会議が作成する計画であって、村、県、指定地方行政機関、自衛隊、指定公共
団体、指定地方公共機関、公共団体・機関(以下「防災関係機関」)、住民等がその全
機能を発揮し、相互に有機的な関連をもって、村の地域に係る災害予防対策、災害応急
対策、災害復旧・復興対策を実施することにより、村域における土地並びに住民の生命、
身体及び財産を災害から保護するとともに、災害による被害を軽減し、もって社会秩序
の維持と公共の福祉の確保に資することを目的とする。
なお、本村を含む奈良県全域は、「南海トラフ地震に係る地震防災対策の推進に関す
る特別措置法(以下「南海トラフ法」という。)」の規定に基づき、南海トラフ地震防
災対策推進地域に指定されているため、同地震の発生に伴い各種災害から防護や円滑な
避難の確保に関する事項及び地震防災上緊急に整備すべき施設等の整備に関する事項
等を定めることで、地震防災対策の一層の推進を図るものとする。
【国、県及び黒滝村の防災会議並びに防災計画の体系】国奈良県
黒滝村
中央防災会議
奈良県防災会議
黒滝村防災会議
防災基本計画
奈良県地域防災計画
黒滝村地域防災計画
第2 災害の定義
本計画の対象とする「災害」は、災害対策基本法第2条に記述されている各種災害のう
ち、「暴風」「竜巻」「豪雨」「洪水」「崖崩れ」「土石流」「地震」「地滑り」とする。
また、直接の災害は発生しないが、備えておくべき事項として「原子力災害(災害対策基
本法における「その他の異常な自然現象又は大規模な火事若しくは爆発等」)を付加する
ものとする。
第3 計画の基本方針
未曾有の人的被害、経済被害をもたらした東日本大震災の発生から4年近くが経過し今
もなお、復興の見通しが立たない地域は多く、多くの人々が生活再建に向けて懸命の努力
が続けられている。
東日本大震災の教訓を踏まえ、いかなる大規模な地震が発生した場合にも、人命だけは
何としても守るとともに、我が国の経済社会が致命傷を負わないようハード・ソフト両面
からの総合的な対策の実施による防災・減災の徹底を図ることを目的として、平成25年11
月に東南海・南海法が南海トラフ地震に係る地震防災対策の推進に関する特別措置法(以
下「南海トラフ法」という。)に改正され同年12月に施行された。これにより、法律の対
象地震は東南海・南海地震から南海トラフ地震に改正され、科学的に想定し得る最大規模
の地震である南海トラフ巨大地震を含め、南海トラフ沿いで発生する様々な地震を考慮し3 て地震防災対策を推進することとなった。南海トラフ地震防災対策推進地域は1都2府26
県707市町村が指定され、奈良県においては本村を含む全域が指定されている。
また、平成23年9月の台風12号による「紀伊半島大水害」においては、県内で約1,800箇
所の土砂崩壊とともに近隣の五條市、十津川村等においては、深層崩壊や河道閉塞(土砂
ダム)が発生し、奈良県内の人的被害は死者14名、行方不明10名という大きな被害が発生
し、本村においても、全壊1棟、半壊1棟、床上浸水7戸の被害が発生した。県において
は、国及び和歌山県、三重県とともに「国・三県合同対策会議」を開催し、土砂ダムや大
規模崩壊地の国の直轄対応や大規模崩壊監視警戒システムの紀伊半島への導入等に取組ん
でいる。
これら南海トラフ地震等の大規模地震のほか、風水害、土砂災害などの自然災害等に適
切に対処するため、防災施設の整備、情報伝達網の充実などを推進するとともに、被害を
大幅に低減し死者数を限りなくゼロに近づけていくこと、被災地域の復旧・復興にかかる
時間を大幅に短縮することを目指し、黒滝村及び関係機関、村民、地域、事業所等が一体
となった総合的な防災体制の整備と相互の連携強化を図るものとする。
(1)
いつどこでも起こりうる災害による人的被害、経済被害を軽減し、安全・安心を確
保するためには、行政による公助はもとより、住民ひとり一人が自発的に行う防災活
動である「自助」や、身近な地域コミュニティや自主防災組織をはじめとした、地区
内の居住者等が連携して行う防災活動である「共助」が必要であり、個人や家族、地
域、企業、団体等社会の様々な主体が連携して、日常的に減災のための行動と投資を
息長く行う住民運動を展開するものとする。また、その推進に当たっては、時機に応
じた重点課題を設定する実施方針を定めるとともに、関係機関等の連携の強化を図
る。
(2) 本計画は、法第2条の2の基本理念にのっとり、個人や家庭、地域、企業、団体等
社会の様々な主体が連携して、「減災」の考え方に基づいて「自助」・「共助」の取
り組みを推進するとともに、村を中心とした「公助」と連携して、総合的かつ計画的
に災害対策の整備及び推進を図るものとする。計画の推進に当たっては、次の諸点を
基本とする。
ア 災害による死者をなくす・人命を守ることを最大の目標に、できる限り被害を最
小化
イ 「自助」・「共助」の促進による自主防災体制の確立
ウ 村、県、防災関係機関及び住民、企業それぞれの役割と連携
エ 防災関係機関相互の協力体制の推進
オ 災害情報の迅速な収集・伝達体制の整備
カ 避難施設等における要配慮者や女性等のニーズに対応した配慮
キ ハード対策及びソフト対策を組み合わせた災害対策事業の推進
ク 過去の災害の教訓を踏まえた対策の推進
ケ 災害対策事業の推進
コ 関係法令の遵守
サ 要配慮者等の多様な視点を生かした対策の推進
シ 男女共同参画の視点を取り入れた防災体制の確立4 第4 計画の構成項目
第1編 総則
主 な 内 容
本計画の基本方針、防災関係機関の役割分担・業務大綱、
黒滝村の現状等、地震被害想定を示す。
第2編 基本計画編
災害発生に備えて、平常時からの教育、訓練等による防災
第1章 災害予防計画 行動力の向上を図る事項及び防災体制、救援・救護体制等の
整備や地域基盤の安全性強化を図る計画を示す。
災害発生直後の迅速、的確な初動活動体制に係る事項をは
第2章 災害応急対策
じめ、災害対策本部の設置・運営、防災関係機関による各種
計画
の応急対策及び災害救助法の適用等に係る計画を示す。
第3章 災害復旧・復
民生安定のための緊急対策のほか、激甚災害の指定等、速
興計画
やかな災害復旧・復興を図るための計画を示す。
第3編 震災対策計画編
地震災害発生に備えて、平常時からの教育、訓練等による
第1章 災害予防計画 防災行動力の向上を図る事項及び防災体制、救援・救護体制
等の整備や地域基盤の安全性強化を図る計画を示す。
地震発生直後の迅速、的確な初動活動体制に係る事項をは
第2章 災害応急対策
じめ、災害対策本部の設置・運営、防災関係機関による各種
計画
の震災応急対策及び災害救助法の適用等に係る計画を示す。
第3章 災害復旧・復
民生安定のための緊急対策のほか、激甚災害の指定等、速
興計画
やかな災害復旧・復興を図るための計画を示す。
南海トラフ地震に係る地震防災対策の推進に関する特別
措置法(平成 14年法律第 92号)第5条第2項の規定に基づ
第4章 南海トラフ地
き、南海トラフ地震に係る地震防災対策推進地域について、
震防災対策推進
南海トラフ地震に関し地震防災上緊急に整備すべき施設等
計画
の整備に関する事項その他南海トラフ地震に係る地震防災
上重要な対策に関する事項等を定めるものとする。
本計画は、現実の災害に対する対応に即した構成としており、第1編の総則に続いて、
第2編を基本計画編、第3編を震災対策計画編とし、それぞれの災害に対する予防、応
急、復旧・復興の各段階における諸施策及び村・県・関係機関・住民等の役割分担を示
した。また、参考資料として、本計画に必要な関係資料等を掲げた。
第1編総則
第2編
基 本 計 画 編
第3編
震災対策計画編
黒滝村地域防災計画
参考資料5 第5 計画の推進
村は、本計画に掲げられている事項の推進に努めるために、必要に応じて具体的な活動
計画を作成するよう努める。
また、分野ごとに緊急度の高いものから順に災害対応マニュアル等の策定を進めるもの
とし、マニュアル策定後は、訓練を定期的に実施することでマニュアルの検証を行い、必
要に応じて修正を加え、より実践的なマニュアル等の策定を目指す。
第6 計画の修正
本計画は、災害対策基本法第 42条の規定に基づき、国、県の防災方針、村の情勢を
勘案して毎年検討を加え、必要があると認めたときは、速やかに計画を修正するものと
する。また、各課・各機関は、毎年関係のある事項について、計画修正案を黒滝村防災
会議に提出するものとする。
第7 計画の周知
本計画の内容は、村職員、住民、防災関係機関及びその他防災に関する重要な施設の
管理者に周知徹底させるとともに、特に必要と認める事項については、住民に広く周知
徹底させる。
第8 計画の運用・習熟
本計画を効果的に推進するため、村及び防災関係機関は、平素から訓練、研修、広報
その他の方法により内容の習熟、習得に努め、必要に応じて細部の活動計画等を作成し、
平常時の予防対策及び災害時の応急・復旧対策実施時に適切な運用ができるようにして
おく。6 第2節
防災関係機関が処置すべき事務又は業務の大綱
本節は、黒滝村並びに奈良県及び村の区域を管轄する指定地方行政機関、指定公共機
関、指定地方公共機関、公共的団体、その他防災上重要な施設の管理者が、村域に係る
防災に関し処置すべき事務又は業務を示す。
第1 村
村は、第1段階の防災機関としておおむね次の事項を担当し、また災害救助法が適用
された場合は、県(知事)の委任に基づき必要な救助の実施に当たる。
機関名
災害予防1黒滝村防災会議に関する事務 12気象予警報の伝達3防災知識の普及4地域住民による自主防災組織 32黒滝村
防災訓練・避難訓練の実施6防災活動体制・通信体制の整 5467消防力・消防水利等の整備8救急・救助体制の整備9危険物施設等の災害予防
10
公共建築物・公共施設の強 8
11地域の防火構造の強化
災害対策要員の動員
早期災害情報・被害状況
等の報告5化・耐震性の向上
黒滝村災害対策本部に関 1
する事務
等の育成及び防災資機材の整備備被災者の救出・救難・救
ボランティア活動支援
避難の勧告又は指示
避難施設の設置・運営
13
災害時における交通・輸
15
送の確保
の安全確保体制の整備
16
15
食料、飲料水、生活必需品の 16
備蓄
食料、飲料水、生活必需
品の供給
要配慮者、避難行動要支援者 14
危険物施設等の応急対策
防疫等応急保健衛生対策
遺体の捜索、火葬等
17
廃棄物の処理及び清掃
17防疫予防体制の整備
18
災害時における文教対策
18廃棄物処理体制の整備
19
20
復旧資材の確保
被災施設の応急対策
21
義援金の募集活動の支援
19火葬場等の確保体制の整備73
その他法令及
旧・復興対策の
10
の整備
の支援
消防、救急救助、水防等
要配慮者の福祉的処遇
ボランティア活動支援の環境 13
義援金の配分
画に基づく復9等の整備2災害広報
助等
避難計画の作成及び避難施設 12旧び村地域防災計
の応急措置7被災施設の復
ヘリコプターの受入準備
12簡易水道等の確保体制の整備 11
14
災害復旧・復興
災害応急対策
実施
第2 消防機関
機関名
災害予防1気象予警報の伝達2防災知識の普及3防災訓練・避難訓練の実施
黒滝村消防団 4
防組合
法令及び本計画に
2 早期災害情報・被害状況 基づく復旧・復興
対策の実施
等の報告1防災活動体制・通信体制の整 3
奈良県広域消備45消防力・消防水利等の整備6救急・救助体制の整備7危険物施設等の災害予防
災害復旧・復興
災害応急対策
災害対策要員の動員
災害広報
消防、救急救助、水防等
の応急措置5被災者の救出・救難・救
助等6危険物施設等の応急対策
第3 県
機関名
災害予防1防災に関する組織の整備・改 1善2
防災に関する知識の普及・教
育及び訓練の実施3都市基盤整備、治水、砂防、 2
被害規模の早期把握及び 1
被災地域の復
情報の迅速な収集・伝達並
旧・復興の基本
びにそのための通信手段の
方針の決定と事
確保
業の計画的推進
活動体制の確立、他機関 2
治山等災害に強い県土づくりの
との連携による市町村応援
推進
体制の確立
民生の安定化
策の実施3公共施設の早4災害危険箇所の災害防止対策 3
災害救助法の運用
期復旧等、災害5防災に関する施設・設備の整 4
消火・水防等の応急措置
復旧対策の実施
備・点検6活動
災害応急対策又は復旧に必要 5
な物資・資材の備蓄、整備、点
奈良県
災害復旧・復興
災害応急対策検7
医療措置の実施6県防災行政ネットワークの整
備、運用、点検8保健衛生、廃棄物処理に
関する措置7消防防災ヘリコプターの運 8
緊急輸送体制の確保
災計画に基づく
災害復旧・復興
対策の実施5義援金の受9児童、生徒の応急教育
する計画
国、他都道府県、防災関係機 10
施設、設備の応急復旧
県民への広報活動
自主防災組織等の育成支援
ボランティア、救援物資
12
11??ランティア活動の環境整備
災害が発生した場合における 13
の適切な受入
その他法令及び奈良県地
災害応急対策の実施の支障とな
域防災計画に基づく災害応
るべき状態等の改善
急対策の実施
13
び奈良県地域防
入・配分等に関
関との相互連携体制の整備 1011
12
その他法令及
緊急物資の調達・供給
用、点検9被災者の救助・救急及び4その他法令及び奈良県地域防 14
災計画に基づく災害予防の実施8被災建築物の応急危険度
判定6被災公共建築
物の復旧
機関名
災害予防
151吉野土木事務所公共土木施設の強化、整備と 1
防災管理22
水防力の整備強化3災害危険区域の指定4緊急輸送網の整備1危険箇所等の実態把握と基礎 12災害警備に必要な装備・資機
材の整備充実3被災宅地の危険度判定
公共土木施設の応急対策 1
水防警報の発表・伝達並
被災公共土木
施設の復旧
びに水防応急対策
資料の整備2災害復旧・復興
災害応急対策
被害の実態把握
被災者の救出救助及び被
害の拡大防止3道路実態の把握と交通規制の 4
行方不明者の捜索1交通情報の収
集・伝達及び交
通規制2交通信号施設
危険区域内の居住者、滞
等の復旧
策定
在者その他の者に対する避 3 防災関係機関
の行う災害復旧
4 防災訓練の実施
難の指示及び誘導
吉野警察署
活動に対する援
5 災害に関する住民等に対する 5 死体の調査等及び検視
(黒滝駐在所)
助活動
啓発及び広報活動
6 緊急交通路の確保等被災
地及びその周辺の交通規制7被災地、避難場所等にお
ける犯罪の予防検挙891初期医療救護体制の整備2後方医療体制の整備3吉野保健所 41広報活動
関係機関の行う災害復旧
活動に対する援助活動
保健衛生関係施設
医療ボランティアの活用 の復旧
医療、助産救護2医薬品等の確保体制の整備 3 防疫、清掃等応急保健衛
精神障害者、在宅難病患者対 生対策
策等の体制の整備
5 防疫予防体制の整備
6 上水道の確保体制の整備4給水対策
第4 指定地方行政機関
機関名
災害予防
災害復旧・復興
災害応急対策1災害復旧事業
費査定の立会2近畿財務局
金融機関に対
する緊急措置の
奈良財務事務
指導要請所3
地方公共団体
に対する単独災
害復旧事業(起9 機関名
災害予防
災害復旧・復興
災害応急対策
債分)の審査及
び災害融資4地方公共団体
に対する災害短
期資金(財政融
資資金)の融資5国有財産の無
償貸付等に関す
ること1農地、農業用施設等の災害防 1
止事業の指導並びに助成2土地改良機械の緊急貸付 12農作物等の防災管理指導
農業関係被害情報の収集
報告
近畿農政局3奈良地域セン
農作物等の病害虫の防除
指導
ター4食料品、飼料、種もみ等
の供給斡旋
各種現地調査
団の派遣2農地、農業用
施設等に係る災
害復旧事業の指
導並びに助成3被害農林業者
等に対する災害
融資の斡旋指導
近畿中国森林1
管理局
国有保安林、保安施設、地す 災害対策用復旧用材の供給
べり防止施設等の整備
奈良森林管理2
壊地、地すべり防
治山施設による災害予防
止施設等の災害復
事務所旧近畿地方整備1
国管理の公共土木施設の整備 1
局・緊急災害対
と防災管理に関すること
策派遣隊(TE 2
蓄に関すること
E)・リエゾン)324と指定河川の洪水予報及び水防
警報の発表及び伝達に関するこ
事務所と台
国管理の公共土木施設の
二次災害の防止に関するこ
点検体制の整備に関すること
紀伊山地砂防
奈良地方気象
交通の確保に関すること
国管理の公共土木施設の応急
奈良国道事務
国管理道路の災害時にお 国管理の公共土木
ける道路通行規制及び道路 施設の復旧に関す
応急復旧資機材の整備及び備
C-FORC所国有林における崩1気象予警報等の発表12
気象・地象の観測及びその結
災害発生後における注意
報・警報・土砂災害警戒情
果等の収集と発表
報の暫定基準の運用3防災気象知識の普及啓発24
職員の派遣(知事からの要請
により職員を派遣し防災情報の
解説を行う)
10
災害時の応急活動を支援
するため、災害時気象支援
資料の提供
ること
第5 自衛隊
機関名
災害予防1災害応急対策
災害派遣の計画及び準備1(1) 防災関係資料(災害派遣に要 2
な情報)の収集
災害復旧対策の支
避難の援助援遭難者等の捜索救助4水防活動
(3) 災害派遣計画に基づく訓練の 5
消防活動
陸上自衛隊第4
施設団
被害状況の把握3(2) 災害派遣計画の作成
実施2防災訓練等への参加
災害復旧・復興6道路又は水路の啓開7応急医療・救護・防疫8人員及び物資の緊急輸送9炊飯及び給水
10
救援物資の無償貸与又は
譲与
11
危険物の保安及び除去等
第6 指定公共機関
機関名
災害予防
災害応急対策1災害復旧・復興
被災者に対する郵便葉書
等の無償交付
日本郵便株式2会社
被災者が差し出す郵便物
の料金免除
(黒滝郵便局)3被災者あて救助用郵便物
の料金免除
西日本電信電1
電気通信設備の保全と整備1電気通信設備の応急対策 被災電気通信設備
話株式会社
気象情報の伝達2災害時における非常緊急 の災害復旧2(奈良支店)
通信の調整1日本赤十字社1医療救護班の派遣準備
被災者に対する救援物資の備 23蓄2(奈良県支部)3災害時における医療救護 義援金の受入・配
防災ボランティアの派遣 分の連絡調整
血液製剤の確保及び供給
血液製剤の確保及び供給体制
の整備1日本放送協会 2
放送施設の保全と整備1気象予警報等の放送
(奈良放送局)
気象情報及び災害情報の
放送2災害時における広報活動3放送施設の応急対策
日本通運株式
災害時における緊急陸上輸
会社
被災放送施設の
復旧
復旧資材の輸送
送の協力
(橿原支店)
関西電力株式1
電力施設の保全1会社
災害時における電力供給
対策
11
被災電力施設の
復旧
機関名
災害予防
(高田営業所)
こまどりケー1ケーブルテレビ施設の保全
災害復旧・復興
災害応急対策2電力施設の応急対策1ケーブルテレビ設備の応
急対策
ブル株式会社
被災ケーブルテ
レビ設備の災害復旧第7 指定地方公共機関
機関名
災害予防
災害応急対策
奈 良 交 通 株 式 輸送施設等の保全と整備
会社
(自動車事業
本部乗合部)1奈良テレビ放1
送株式会社2関西テレビ放
送株式会社
讀賣テレビ放
送株式会社
株式会社毎日
放送
朝日放送株式
会社1放送施設の保全と防災管理
気象予警報等の放送
災害復旧・復興
災害時における交通輸送 被災輸送施設等の
の確保
復旧
2 輸送施設等の災害応急対策気象情報及び災害情報の 被災放送施設の復
放送旧2 災害時における広報活動
3 放送施設の応急対策
株 式 会 社 朝 日 1 住民に対する防災知識の普及 1 住民に対する災害情報及 ㈱朝日新聞社
新聞社
2 住民に対する予警報等の周知 び災害応急対策等の報道 (奈良総局)
(奈良総局)
徹底
㈱毎日新聞社
株式会社毎日
新聞社
(奈良支局)
株式会社讀賣
新聞大阪本社
(奈良支局)
株式会社産業
経済新聞社(奈
良支局)
株式会社日本
経済新聞社(奈
良支局)
株式会社奈良
新聞社
株式会社共同
通信社
(奈良支局)
株式会社時事
通信社
12
機関名
災害予防
災害復旧・復興
災害応急対策
(奈良支局)
株式会社奈良
日日新聞社
(一社)奈良県1
医師会23
防災訓練の実施
災害時における医療の確保及 1 医療機関の早
防災知識の普及
び医療救護班の派遣
期復旧
医療救護班の編成及び派遣体
2 避難 施設 の医
制の整備
療救護及び保健
衛生の確保
3 災害支援ナー
スの派遣要請1(一社)奈良県 2
病院協会3防災訓練の実施
災害時における医療の確保及 医療機関の早期復
防災知識の普及
び医療救護班の派遣旧医療救護班の編成及び派遣体
制の整備
(一社)奈良県
歯科医師会12
歯型による身元確認等の研修 1 災害時における歯科医療 1 避難施設への
歯科医療救護班の編成及び派 の確保及び医療救護班の派 口腔ケア班の派
遣体制の整備遣遣による肺炎予
2 身元確認班の派遣
防活動
3 口腔ケア物資の供給
2 歯科医療機関
の早期復旧1(一社)奈良県 2
薬剤師会
防災訓練の実施
防災知識の普及1医療救護所における服薬
指導
2 医薬品集積所における医
薬品の管理等
(公社)奈良県 1
看護協会2防災訓練の実施
防災知識の普及
災害支援ナースの派遣要請
一 般 社 団 法 人 LPガスによる災害の防止
奈良県LPガ
ス協会
LPガスによる災害の応急対 LPガスの災害復
策止旧(公社)奈良県
トラック協会12
緊急物資の輸送
緊急輸送車両の確保
第8 公共的団体その他防災上必要な施設の管理者
機関名
災害予防
共同利用施設の整備1共同利用施設の災害応急 1
対策
奈良県農業協
同組合
森林組合
災害復旧・復興
災害応急対策23
県・村が行う被災状況調
査及びその応急対策につい
ての協力413
施設の復旧
農林業生産資材及び農林 2
家生活資材の確保斡旋
農作物・林産物の被害応
被災共同利用
被災組合員に
対する融資又は
斡旋
機関名
災害予防
災害復旧・復興
災害応急対策
急対策の指導
1 災害時における診療機能維持 災害時における医療の確保 病院機能の早期復
( 黒 滝 村 国 民 のための施設・設備の整備
及び負傷者の医療・助産救護 旧
健康保険診療 2 防災訓練
医療機関
所)
1 関係機関との連携
村災害ボランティアセンター
黒滝村社会福
2 村災害ボランティアセンター の運営支援
祉協議会
本部の設置・運営訓練1被災事業者に
対する資金融資
その他緊急措
金融機関置(南都銀行)2預貯金の中途
解約、払出事務
の簡便化など特
例措置
学校法人12
避難施設の整備
避難訓練
災害時における応急教育対策 被災施設の復旧12
黒滝村商工会
物価安定についての協力 1 商工業者への
救助用物資、復旧資材の 融資斡旋実施
確保・協力斡旋2災害時におけ
る中央資金源の
導入
災 害 応 急 対 策 村が実施する防災に関する施策へ 災害時における事業活動の継
又 は 災 害 復 旧 の協力に関すること
続的実施
に必要な物資
若しくは資材
又は役務の供
給又は提供を
業とする者(ス
ーパーマーケ
ット、コンビニ
エンスストア、
飲食料品メー
カー、医薬品メ
ーカー、旅客
(貨物)運送事
業者、建設業者
等)
14
第9 公共的団体その他防災上必要な施設の管理者
機関名
災害予防
災害応急対策1自助の実践2食品、飲料水その他の生活必
自助の実践
需物資の備蓄や防災訓練及び自
住民
主防災組織等の防災活動への参
加に関すること
1 災害及び防災に関する知識の 1 避難、救助、初期消火そ
普及啓発
の他の災害応急対策の実施
自主防災組織 2 地域における安全点検、防災 2 村又は県が実施する防災
訓練等の実施
対策への協力1事業者等
災害時において事業を継続す 1 来所者、従業員及び事業
ることができる体制の整備
者の周辺地域に生活する住
2 地域における自主防災組織等 民の安全確保
2 災害応急対策の実施
の防災活動への協力
3 地域における自主防災組
織等の防災活動への協力4村又は県が実施する防災
対策への協力
15
災害復旧・復興
第3節
黒滝村の地勢と災害要因、災害記録
本節では、村の位置、地形・地質特性及び社会的条件、豪雨・台風、地震等の災害履
歴及び災害特性を示す。
第1 村の位置
本村は奈良県のほぼ中央にあたり、平均標高 490m、東西 12km?南北 10km?北は吉野
町、東は川上村、西は下市町及び五條市、南は天川村と境を接している。面積は 47.70k
㎡で奈良県総面積の 1.3%、吉野郡総面積の 2.1%に相当する。
黒滝村の位置図名称
黒滝村役場所在地位
奈良県吉野郡黒滝村大字寺戸77番地置東 経
西 経
135.18°
34.18°
土地の利用状況
地 目田畑
宅 地
山 林
その他計面積(k??)
0.07
0.43
0.27
45.94
0.99
47.70
割合(%)
0.14
0.90
0.57
96.31
2.08
100
16
第2
自然的要因1地形・地質
本村は大峰山脈の北西に在り、周囲は北に百貝岳(863m)、東に四寸岩山(1,236m)、
西に大天井岳(1,439m)、南に扇形山(1,053m)があり、これらの山を中心に急峻な山
並みが連なっている。また大天井岳に源を発した黒滝川は大小無数の谷川を集めて本村
の中央部を東西に流れ、途中四寸岩山に源を発した脇川、扇形山に源を発した笠木川と
それぞれ大字寺戸、大字長瀬で合流して丹生川へ注いでいる。本村の総面積のうち約 96%
は山地であり、集落の大半は黒滝川の流域に存在し、道路もこの川沿いに発達している。
地質については、奈良県の中央を東西に走る中央構造線の南側にあって秩父古生層に
属し、砂岩、粘土岩、凝灰岩、硅岩等の堆積岩で形成されている。
また、村内には多数の災害危険箇所をかかえ、近年には林業不振による山林の荒廃、
道路の舗装、用・排水路の整備等により、土地の保水能力も低下しており、防災面から
も河川改修等に取り組む必要がある。2気候
気侯は吉野の山岳気侯区に属し、年平均気温は約 11℃(最高気温約 24℃、最低気温約
-1.5℃)で夏でも涼しい。また雨も比較的多く、年間 2,100??に達する。積雪期間はお
おむね 12月~2月の間である。平均積雪量は 10cm以下である。
第3
社会的要因1人口
村の総人口は 840人(平成 22年国勢調査)で現在も減少傾向にある。人口構成は若年
層の流出、出生率の低下などにより高齢化が急速に進み、総人口に対する高齢者(65歳
以上)の割合は非常に高い。高齢化が進むことによる要配慮者の増加や、生活圏の広域
化による昼間の留守家庭の増加も、防災力を弱め、災害を大きくする要因となる。2産業
本村は元来土壌が優れ、適量の降雨、寒暖差の少ない気象条件にも恵まれているため
良質の木材が生育し、古くから杉や檜材の生産が行われ、基幹産業として林業が発展し
てきた。しかし、地域を取り巻く環境と状況は大きく変化し、林業不況の長期化をはじ
め、若年層を中心とした労働力の流出が激しく、林業就労者の減少と高齢化、そのうえ
少子化現象が一段と進むなど様々な問題等が生じ、村の経済にも大きな影響を受けてい
る。
そうした中、近年、本村周辺を通る大峯奥駈道が世界遺産に登録されたのを機に、地
域の自然と資源を活用した観光施設や登山道の整備、移動通信施設(携帯電話)やケー
ブルテレビ網の通信施設基盤を利用した情報通信環境の整備を行ってきた。今後はこの
環境を活用した地域の活性化を推進し、移住定住の促進、後継者の育成、雇用機会の確
保等が課題であるが、それと共に観光客や新規移住者への防災啓発や情報通信基盤の防
災対策も重要な課題である。
17
産業分類別就業人口構成
年度
平成12年
産業(大分別)
人数(人)
割合(%)
人数(人)
割合(%)
人数(人)
割合(%)
人数(人)
割合(%)
総数
第1次産業
第2次産業
第3次産業
平成17年
505
100.0
58
11.5
136
26.9
305
60.4
平成22年
448
100.0
52
11.6
117
26.1
279
62.3
339
100.0
32
9.4
84
24.8
218
64.33交通
下市町から村の西部地区を通って五條市及び天川村へ一般国道 309号、中央部を下市
町へ県道赤滝五條線、下市町から天川村へ県道洞川下市線、法者トンネルを通じて下市
町へ村道粟飯谷線、東部地区は広域林道吉野大峰線を通して吉野町及び川上村及び天川
村へ通じている。しかし、これらの主要道路及び村道、里道、林道は全て谷や川に沿い
山の中腹を縫って設けられているため、拡幅整備・防災対策が遅れており、災害を受け
やすい状態にある。
公共交通機関は、奈良交通バスが一般国道 309号を運行しているが、運行便数及び運
行地域も限られている。また、村運行の「ふれあいバス」が村内各公共施設及び各地区
を巡回している。
第4
災害記録
本村の災害には、台風、大雨、火災があり、主なものは次のとおりである。
(1) 台風・大雨
発生年月日名称被害概要
槙尾地内において、山地が崩壊、死者5名。
昭和34年9月
伊勢湾台風
2名が濁流にのまれて行方不明。村全域にわ
たって家屋浸水、農地、道路、山地の崩壊等
大きな被害を受けた。
脇川地内(現地蔵トンネル付近)で山地崩壊、
昭和57年7月
豪雨
笠木地内において河川の氾濫、笠木地内の道
路決壊等村内各地で大小多数の被害が生じ
た。
村内全域で強風による風倒木、家屋被害が数
平成10年9月
台風7号災害
十件発生。特に山林の風倒木が激しく林業関
係者に甚大な被害が生じた。
18備考
発生年月日名称被害概要備考
村内全域で大雨による土砂災害被害が発生。
赤滝地内・中戸地内で深層崩壊発生により避
平成23年9月
紀伊半島大水害
難指示4日間105世帯175人、全壊住家1戸、半
壊住家1戸、床上浸水7戸、床下浸水3戸、倒壊
橋梁3橋、水道施設損壊、その他道路、河川、
山林被害多数。
村内全域で大雨による土砂災害被害が発生。
避難勧告19世帯56人、床上浸水2戸、床下浸水
平成25年9月
台風18号災害
2戸、水道施設損壊により4日間に渡って村内
全域の水道供給に支障が発生。その他道路、
河川、山林被害多数。
(2)
火災
発 生 年 月 日
昭和36年4月3日原因
晴天続きで異常乾燥注意報発令中
19
被 害 概 要
民家9戸、山林12ha
第4節
地震被害想定
奈良県が平成 16年に公表した「第2次奈良県地震被害想定調査報告書」によると、
奈良県に影響を及ぼす地震は、内陸型地震と海溝型地震が考えられる。
内陸型地震については、現在の観測体制での予知は不可能に近く、今のところまった
く分からないというのが現状である。平成7年1月 17日に発生した阪神・淡路大震災
は、6,400人を超える死者を出す戦後最大の災害となった。
一方、海溝型地震については、駿河湾から遠州灘に地震発生の可能性が指摘され、東
海地方を観測強化地域として「地震防災対策強化地域判定会」が設置される等の地震予
知体制の整備が図られている。
前述の地震被害想定は、奈良県内で内陸型、海溝型地震が起きた場合において、被害
がどの程度予想されるかをマクロ的に把握し、今後の地震対策を推進するうえでの基礎
資料として参考にするものである。
なお、平成 23年3月 11日に発生した東北地方太平洋沖地震を教訓に、平成 23年度
から「南海トラフの巨大地震に関する被害想定」が行われている。平成 24年8月 29日
の報告では、本村の最大震度は、震源域が陸地に近いケースで6強、その他のケースで
は6弱と想定されている。
これは、中央構造線断層帯を震源とする、これまで想定してきた地震の最大震度 6.5
と同程度、又は、それを上回る揺れとなるものであることから、本節における被害想定
以上の大規模災害を念頭に置く必要がある。1第2次奈良県地震被害想定調査報告書による想定地震
「第2次奈良県地震被害想定調査報告書」では、次の地震を想定し、調査を行ってい
る。
(1) 内陸型地震
断層長さ
想定
(km)
マグニチュード
①奈良盆地東縁断層帯
35
7.5
②中央構造線断層帯
74
8.0
③生駒断層帯
38
7.5
④木津川断層帯
31
7.3
⑤あやめ池撓曲-松尾山断層
20
7.0
⑥大和川断層帯
22
7.1
⑦千股断層
22
7.1
⑧名張断層
18
6.9
対 象 地 震
※①~④は地震調査委員会による全国主要98断層帯に該当
20
(2)
海溝型地震
想定
対 象 地 震
マグニチュード
①東南海・南海地震同時発生
8.6
②東南海地震
8.2
③南海地震
8.6
④東海・東南海地震同時発生
8.3
⑤東海・東南海・南海地震同時発生
8.7
2 第2次奈良県地震被害想定調査報告書による奈良県全体の想定結果
(1) 内陸型地震
建物被害
対 象 地 震
人的被害
全壊棟数
半壊棟数
119,535
83,442
5,153
19,045
435,074
②中央構造線断層帯
98,086
84,973
4,319
18,817
393,781
③生駒断層帯
98,123
87,691
4,257
17,578
431,210
④木津川断層帯
38,714
74,334
1,800
15,864
251,817
⑤あやめ池撓曲-松尾山断層
84,874
84,692
3,675
16,579
398,139
⑥大和川断層帯
92,234
85,660
3,996
16,935
411,899
⑦千股断層
56,676
76,800
2,673
14,296
253,245
⑧名張断層
56,167
77,915
2,643
14,261
257,094
①奈良盆地東縁断層帯
(2)
死者
避難者
負傷者
(1週間後)
海溝型地震
建物被害
対 象 地 震
人的被害
全壊棟数
半壊棟数
1,253
1,1844414
5,484
②東南海地震
520
4983163
2,375
③南海地震
713
6482232
3,102
④東海・東南海地震同時発生
520
4983163
2,375
1,253
1,1844414
5,484
①東南海・南海地震同時発生
⑤東海・東南海・南海地震同時発生
死者
避難者
負傷者
(1週間後)
3 第2次奈良県地震被害想定調査報告書による黒滝村の被害想定結果
(1) 内陸型地震
①奈良盆地東縁 ②中央構造線断 ③生駒断層帯
断層帯
④木津川断層帯 ⑤あやめ池撓曲
層帯
-松尾山断層
最大震度
6強
6強
6弱
6弱
6弱
液状化危険度
なし
なし
なし
なし
なし
全壊棟数
104
118
65648
半壊棟数
175
172
15688211000焼失棟数00000死者数78614建物被害
火災被害 炎上出火件数
人的被害
21
①奈良盆地東縁 ②中央構造線断 ③生駒断層帯
断層帯
負傷者数
④木津川断層帯 ⑤あやめ池撓曲
層帯
-松尾山断層
13
15803断水世帯数
246
289
143
12
99
電力供給障害世帯数
442
442
442
150
442
電話使用不能世帯数
61
62---避難人口
地震直後
333
344
274
24
187
(避難所)
1週間後
358
372
295
28
210
⑥大和川断層
⑦千股断層
⑧名張断層帯最大震度
6弱
6強
6強
液状化危険度
なし
なし
なし
全壊棟数
55
117
74
半壊棟数
106
172
158010焼失棟数000死者数586負傷者数415
10
断水世帯数
113
287
174
電力供給障害世帯数
442
442
442
電話使用不能世帯数-621建物被害
火災被害 炎上出火件数
人的被害
避難人口
地震直後
221
343
282
(避難所)
1週間後
246
370
305
(2)
海溝型地震
①東南海・南海 ②東南海地震
③南海地震
地震
④東海・東南海 ⑤ 東 海 ・東 南
地震
海・南海地震
最大震度
5弱
5弱
5弱
5弱
5弱
液状化危険度
ほとんどなし
ほとんどなし
ほとんどなし
ほとんどなし
ほとんどなし
全壊棟数00000半壊棟数0000000000
焼失棟数00000死者数00000負傷者数00000断水世帯数00000電力供給障害世帯数00000電話使用不能世帯数-----000000建物被害
火災被害 炎上出火件数
人的被害
避難人口
地震直後00
(避難所)
1週間後00
22
4 南海トラフ巨大地震の被害想定
(1)内閣府が公表した被害想定について
ア 前提とする地震の性格
現時点の最新の科学的知見に基づき、発生しうる最大クラスの地震・津波を推計
している。(想定される地震規模:マグニチュード9.1)
この「最大クラスの地震・津波」は、現在の研究レベルでは、その発生時を予測
することはできないが、その発生頻度は千年に一度あるいはそれよりもっと発生頻
度が低いものであるが、仮に発生すれば、西日本を中心に甚大な被害をもたらすだ
けでなく、人的損失や国内生産・消費活動、日本経済のリスクの高まりを通じて、
影響は我が国全体に及ぶ可能性がある。
南海トラフにおいて次に発生する地震・津波は、多様な震源パターンがあり得る
ことから、必ずしも「最大クラスの地震・津波」が発生するというものではないが、
国の地震調査研究推進本部が平成25年5月に公表した「南海トラフの地震活動の長
期評価(第二版)によると、今後30年以内にマグニチュード8~9クラスの地震が
発生する確率は60~70%に達すると評価されている。
南海トラフの巨大地震の新たな想定震源断層域
23
イ 検討経過(内閣府の検討会及び中央防災会議のワーキンググループで検討)
南海トラフの巨大地震については、内閣府の「南海トラフの巨大地震モデル検討
会」(座長:阿部勝征 東京大学名誉教授、以下「モデル検討会」という。)にお
いて、最新の科学的知見に基づき、南海トラフ巨大地震対策を検討する際に想定す
べき最大クラスの地震・津波の検討を進め、平成24年3月に第一次報告として、震
度分布・津波高(最小50mメッシュ)の推計結果をとりまとめ、さらに同年8月、
モデル検討会において、第二次報告として新たな震度分布並びに最小10mメッシュ
による津波高及び浸水域等の推計結果がとりまとめられた。
また、併行して、中央防災会議防災対策推

http://www.vill.kurotaki.nara.jp/files/pdf/bousaikeikakukaitei27.pdfより引用


ダウンロード

奈良県吉野郡黒滝村へ戻る

グループサービス