不動産Hack

法律、商習慣、地理、心理、情報。すべてを総動員して不動産をハックするブログ!

不動産Hack

都道府県

Jimotobira検索

Loading

ビラを掲載する!

実店舗を持っている方であれば、チラシを掲載することができます!(一部業種を除く)

掲載画面へ

データの作り方

静岡県裾野市の生活情報

裾野市:資料

静岡県の会社の噂 裾野市の地価相場

ダウンロード

タグ
テキスト情報引用

(主要事業)
平成27年度 裾野市まち・ひと・しごと創生総合 アクションプラン(主要事業)
1 「住みたいまち裾野」のまちづくり
合計:
合計:
19件
事業
事  業   (事業概要)
担当課
事業費
当年度実施内容№実施内容を捕捉する数値データ
(アウトプット)
アウトフ゜ット
(KPI)
指標
 1 裾野市らしいデザインのまち すその
  ① 地区の強みを活かした地域づくりの推進
   1 総合計画や各種基幹計画の着実な推進
裾野市総合計画等策定事業・国土利用計画改定事業
(内陸フロンティア)1計画の策定・進捗管理
・裾野市まち・ひと・しごと創生総合戦略
策定
・総合計画実施計画策定
・裾野市まち・ひと・しごと創生会議開催:
5回
企画政策課
・H27年10月:総合戦略策定
・H28年2月:まちづくりテ゛サ゛イン報告会
6,200??裾野市職住近接の防災・エコタウン創出
モデル事業実施
まちづくり課
7,452??市民を対象にパブリックコメントを実施
生活環境課
5,490??すその水・緑・人を共に育てるまち」を望 市民会議;7回
 第4次裾野市総合計画後期基本計画策定及び第3次国土利用計画裾野市計
画の改定する。
裾野市都市計画マスタープラン策定事業2長期的な都市づくりの方針を新たに定めるため、区域区分や用途地域の見直
しも視野に入れ、計画を策定する。
・市民委員を対象に会議を開催
計画の策定・進捗管理
市民委員会の開催:3回
パブコメ意見数:18件
裾野市環境基本計画策定事業
環境に対する社会情勢をふまえ、「富士山 審議会;3回3裾野市のより良い環境を維持するため、今後の社会動向も踏まえて、市の環
境行政の基幹となる基本計画を策定する。(策定期間:H26~27)
ましい環境像とする計画を策定
策定委員会;2回
   2 職と住の均衡ある地域づくり
職住近接の促進・通勤環境の改善による就業環境の整備4
先行型(上
乗せ交付)
 通勤環境の改善による定住促進に向け、快適な通勤環境創出に向けた施策
立案の基礎資料を作成するため、市内からの東京圏や静岡市周辺への通勤環
境について調査する。
・三島駅利用者アンケート
企画政策課
・東京圏勤務者WEBアンケート
【補正】
・職と住をつなぐ手段の調査研究事業実施 ・市内企業ヒアリンク゛
3,000
・市内従業者アンケート
・親世代アンケート1■ニーズ等
把握件数
(H27):50件
事業
事  業   (事業概要)
担当課
事業費
当年度実施内容№実施内容を捕捉する数値データ
(アウトプット)
 2 住みたくなるまち すその
  ① 住みたくなる宅地の創出、出歩きたくなる地域の形成
   1 住みたくなる優良宅地の創出
宅地分譲促進事業5市街化区域内の未利用地の優良宅地化を促進するため、基準を満たした宅
地分譲事業に対して助成する。
宅地供給件数
総区画数 40区画
補助区画数 36区画
まちづくり課
10,000開発事業者に対する補助
生活環境課
太陽光(住宅用);111件
太陽熱;15件
太陽光発電システム、蓄電池システム、燃 蓄電池;23件
20,550料電池システム等新エネルギー機器導入 エネファーム;11件
に補助
HEMS;28件
V2H;2件
セット;8件
商工観光課
25,000替、リフォームに対し、補助を行った。
   2 環境と調和する住宅建築の促進
新エネルギー機器等(防災・減災対応型)導入補助事業6地球温暖化防止対策や環境への負荷が少なく、災害時には非常用電源として
も利用可能な新エネルギー機器の購入費用に対して助成する。
住宅建設等促進事業7定住人口の増加及び地域経済の振興を図ることを目的として、住宅の新築等
に対して助成する。
裾野市商工会の実施する住宅の新築建
新築(28件)・リフォーム件数(15件)、年
度末未完成のためH28??明許繰越
1路線で工事実施
道路整備延長
 L=37m
・毎週火曜日に「寄り道ウォーキンク゛」を34回開催・市内5地区でウォーキンク゛大会を開催(1回/
地区)
・寄り道ウォーキンク゛参加者数:1,040人
・地区別ウォーキンク゛大会参加者数:430人
・イベントの実施やマーキングの施工:担
当課長会議で検討
   3 出歩きたくなるまちづくりの推進
東西地区(市街化区域)道路整備計画に基づく道路整
備事業8建設課
 東西地区内の市街化の促進、緊急車両の通行路確保等を図るため、道路整
備計画に基づく道路整備を行う。
ウォーキング利用を促進するソフト面の取組み9出歩きたくなるまちづくりに向け、ウォーキングマップの整理やイベントの展
開、看板の設置などを今後検討。
30,0002路線で測量委託実施
健康推進課
商工観光課
建設管理課-2
アウトフ゜ット
(KPI)
指標
事業
事  業   (事業概要)
担当課
事業費
当年度実施内容№実施内容を捕捉する数値データ
(アウトプット)
  ② まちの骨格をなす幹線道路の整備
   1 幹線道路・生活道路の整備推進
(仮称)神山深良線整備事業
10
 朝夕の渋滞解消のため、深良地先の市道1-4号線(農免道路)と御殿場市神
山地先の道路を整備し、交通の円滑化を図る。
路線測量・用地測量
建設管理課
35,000道路予備設計・橋梁予備設計
地質調査の業務委託
路線測量・用地測量
道路予備設計・橋梁予備設計
地質調査の業務委託実施中
市道1-26号線整備事業
建設課
11都市計画街路平松深良線整備に伴う通過車両の生活道路への流入を防ぐた まちづくり課
76,100道路用地の取得
事業実施
め、平松深良線(公文名工区)の終点部と市道1-4号線(農免道路)間を整備す
る。
都市計画街路平松深良線整備事業
12市内の幹線道路を整備するため、平松深良線のうち市民体育館前通りから千
まちづくり課
建設課
・道路用地の取得
231,126??計画に基づき工事を実施。
L=180m??整備を実施。(工事)
福公文名線、佐野茶畑線から駅東通り間を整備する。
   2 道路施設の長寿命化
橋梁長寿命化に基づく点検及び計画再策定事業
13道路橋の効率的な維持及び修繕を図れるように、5年に1回の定期点検を実施 建設管理課-道路橋定期点検の実施
する。
委託点検35橋(JR跨線橋を含む)市単独
点検62橋
橋梁維持事業(長寿命化修繕)
14道路橋の定期点検結果により、修繕の必要があると診断された橋梁におい
設計業務の実施
呼子大橋外5橋
新入田川橋外7橋
建設管理課
23,500長寿命化補修工事の実施
危機管理課
80,544災訓練に合わせて裾野市対策本部運営図 訓練の実施
て、安全性の向上及び橋梁の延命を目的として、適正な時期に設計委託及び修
繕工事を実施する。
  ③ 市民・企業・行政が一体となった防災・減災の備えの構築
   1 防災体制の整備推進
防災体制整備事業
総合防災訓練、医療救護訓練及び地域防
15
 第4次被害想定に伴い防災計画を見直し、地震津波対策交付金を活用して防
災訓練を実施するとともに、避難所や救護所用防災資機材の充実を図る。
上訓練の実施3アウトフ゜ット
(KPI)
指標
事業
事  業   (事業概要)
担当課
事業費
当年度実施内容№実施内容を捕捉する数値データ
(アウトプット)
   3 緊急輸送路及び避難路の防災対策の推進
橋梁維持事業(耐震補強)
16安全・供給・修復性の強化をはかるため、緊急輸送路及び避難路上の道路橋 建設管理課
の耐震補強設計及び工事を実施していく。
設計業務の実施
22,000耐震補強工事の実施
野添橋外1橋
野添橋
 3 文化資源を創生するまち すその
  ① 裾野市を象徴する地域資源の保存・活用の推進
   1 文化・観光資源の適切な保存・活用
観光施設等維持管理事業
17
商工観光課-景ヶ島公衆用トイレの取壊並びに復元整備
維持管理事業の実施
の準備、偕楽園芝生広場の取得
生涯学習課-指定文化財を管理し、又は所有者による管
文化財の指定件数
理を支援した。
国2?県3?市13
新たな指定について調査・検討を行った。
まちづくり課-公園の管理委託、施設保守点検及び大腸
維持管理事業の実施:
菌検査、枝打ち、砂場清掃、公園内設備の
管理委託11件、維持修繕17件
維持修繕
 公園等の案内看板の整備等の施設改修を行う。
文化財管理事業
18
 指定文化財を管理及び新規指定についての調査・研究の実施
市内公園等の維持管理事業
19
 都市公園等の維持管理に係る業務を委託する。4アウトフ゜ット
(KPI)
指標
2 すべての起点となるひとづくり
事業
合計:
34件
事  業   (事業概要)№担当課
事業費
当年度実施内容
実施内容を捕捉する数値データ
(アウトプット)
アウトフ゜ット
(KPI)
指標
 1 人と人の関係を豊かにするまち すその
  ① ひとづくり、地域活動支援の推進
   1 市民活動団体による地域活動の支援
市民活動センター運営事業
20
 NPOやボランティア等による市民協働の推進と地域振興を図るため、市民活
動センター設置・運営する。
生涯学習課
NPO・自治会・個人・行政を対象に市民活
動に関連した相談を実施。また。市民活動 市民活動の相談件数233件(4~1月)、
4,480支援に関連した講座等を市民などを対象と 事業の実施件数36件(4月~1月)
して実施。
生涯学習課
2,700査し助成する。
生涯学習課
1,190団体へ助成する。
市民協働推進事業
21
 市民協働を推進するため、市民提案事業と市民パートナー募集事業他の市民
協働事業を行う。
公益的な事業を提案する団体の企画を審
きれいなまちづくり推進事業
22
市が管理する施設・場所で美化活動する
 協働による「きれいなまちづくり推進事業(環境美化活動)」を推進する。
事業実施件数 8事業
事業実施団体数10団体
  ② 市内外で裾野ファンを広めることの推進
   1 裾野市のあるもの磨きの推進
「眠れる資源・隠れた魅力」発掘発信事業
23
 裾野市の眠れる資源や隠れた魅力を発掘し、(仮称)「厳選・裾野の魅力」を選 戦略広報課
出することで市民の郷土愛を醸成し、その上で、資源や魅力に更なる磨きを掛
け、映像配信によるシティプロモーション戦略を展開し、交流人口の増加を図
る。
児童・生徒によるあるもの磨き事業
24
先行型(基
礎交付)
裾野の魅力Sen!を市民から募集し、約
1000件の魅力の応募があった。これを基
に、首都圏の女子大生と地元のオヤジによ
【繰越】 る「裾野の魅力パネルディスカッション」を ・応募総数:989件
2,500行い、情報発信の方法を検討した。PR動 ・2月末現在、PR動画・サイト作成中
画を作成し、動画投稿サイトへ投稿。魅力
紹介サイトを策定。
※2月末現在(見込み)
■裾野の魅
力サイトへの
アクセス数:
100件/日
【補正】 ・会議開催:5回
1,300??探検箇所数:13箇所
■児童生徒
参加者数:45人先行型(上
乗せ交付)
 小学生・中学生が、裾野の地域資源や暮らし環境について、専門家や行政の
説明を踏まえ、市内各地に赴き、意見をまとめ、発表する。
企画政策課5H27参加者:12名(少中各6人)
事業
事  業   (事業概要)№担当課
事業費
当年度実施内容
実施内容を捕捉する数値データ
(アウトプット)
アウトフ゜ット
(KPI)
指標
   2 シティプロモーションの推進
観光情報発信事業
25
先行型(基
礎交付)
 観光案内所の機能を充実し、新たな観光事業の創出や戦略的な情報発信に
より、裾野市の観光振興と交流人口の増加を図る。
商工観光課
【繰越】 ・Facebook開設
・英語・中国語の観光ハ゜ンフレット作成
3,500??口コミサイト・旅行雑誌への掲載 等
シティプロモーション推進事業
26
先行型(上
乗せ交付)
27①移住者対策:裾野の暮らし環境を伝えること ・②生活者対策(借家住まい
の方の定住対策):裾野の住みやすさや住んでできるコトを伝えること・③就職
期の若者対策:地域産業の情報やライフスタイルの提案 等の情報発信内容
(コンテンツ)の整理及び調査研究を実施する。
戦略広報
課・企画政
策課(PT)
【補正】 ・キラリと光る裾野ならではのライフスタイ
3,000??プレゼン事業実施
・移住セミナー参加:2件
・定住、移住者インタヒ゛ュー:6件
※2月末日現在
 2 みんなで子育てするまち すその
  ① 出会いの場の創出や結婚環境の整備
   1 出会い・結婚期の支援の充実
婚活相談及びイベント事業
28
 結婚を望む男女に対し、結婚相手の照会及び相談に応じるとともに、恋活イベ
ントを開催する。
婚活コミュニケーション能力向上セミナー
29
独身男女を対象に、自分も相手大切にす
生涯学習課
800??コミュニケーション方法=アサーティフ゛を学ぶ講座
生涯学習課
450年に2回の婚活イベントを実施
少子化対策
強化
 結婚に向けた実践的なスキル等を提供するコミュニケーション力向上講座等を
開催する。
事業参加者数
 結婚相談:男性31人 女性9人
 イベント:男性26人 女性18人
独身男女を対象に、月に1回の結婚相談と 講座受講者数:
男性16人・女性14人 合計30人
  ② 妊娠・出産育児の切れ目ない相談・支援の充実
   1 妊娠・出産期支援の充実
パパママスクール事業
30
 妊娠・出産・育児に関する不安を解消するため、初妊婦とその夫、家族を対象
とした講座を開催する。
■観光協会
サイト・SNS
へのアクセス
件数:100件/日裾野市の認知度をアップさせるため、ゆる
フィルムコミッションのロケ成立件数  18
キャラGPへの参加など、すそのんを活用し
6,482??PR活動を行った。また、映画やドラマの 件
※2月末日現在
ロケを積極的に誘致した。
 市の魅力を創出し、ブランド力や認知度のアップを図るため、県内外へ戦略的 戦略広報課
な情報発信を行う。市マスコットキャラクター“すそのん”の活用やフィルムコミッ
ションなどの充実を図る。
定住促進・移住定住に資する情報発信コンテンツの整理・HPアクセス件数(4/1~):4,284,303件
・ハ゜ンフレット作成部数:
 英語:6,000部・中国語:4,000部
健康推進課
82初妊婦とその家族を対象に15回開催6事業参加者数:225人
■新たな情
報発信手法
の提案
(H27):3件
事業
事  業   (事業概要)№担当課
事業費
当年度実施内容
実施内容を捕捉する数値データ
(アウトプット)
アウトフ゜ット
(KPI)
指標
   2 子育て期(乳幼児期)支援の充実
乳幼児医療費助成事業
31
 保護者の負担軽減を図り乳幼児の健やかな成長に寄与するため医療費を助
成する。
子育て支援課
未就学児に対する医療費助成(医療費と
124,960入院時の食事代)を実施。
補助件数:64,000件
裾野市私立幼稚園授業料等負担軽減事業費補助金
32
 私立幼稚園の保護者の経済的負担を軽減するため授業料・施設設備費補助
を行う。
裾野市認証保育施設支援事業
子ども保育課
子ども保育課
【繰越】 既存の2事業所を認証し運営費を助成し
4?800??。また、事業所の新設を促進した。
28年度の保育所受入枠17名増加
■待機児童
ゼロの継続
子ども保育課
生涯学習課
鈴木図書館
【繰越】
・鈴木図書館の授乳室設置(6月)
1,830
■ファーストブック参加率:80%
H28.2現在:78.7%
(対象者:483名・参加者:380名)
■ファースト
ブック参加
率:80%
生涯学習課
【繰越】 運動公園の管理棟の中央に授乳室・オム H26.7~H27.2:77,401人
H27.7~H28.2:77,126人
2,170??替え室を設置し利便性向上させた(6月) (11/2~運動公園工事中)
子育て支援課
120,337入院時の食事代)を実施。
加に資するため、認可施設(保育園・幼稚園)以外に、一定の基準を満たす子育
て支援施設への運営費等を助成する。
先行型(基
礎交付)
34市内公共施設に、授乳施設やおむつ替えスペースを整備することで、子育て
をまち全体でサポートする意識を浸透させ、子連れ家庭が賑わう、安心して子育
てできる環境整備に取り組む。
運動公園スポーツイベント活性化事業
補助件数
291件
先行型(基
礎交付)
33安心して働き、子育てできる環境整備を図り、以て子育て世代の定住人口増
公共施設授乳室等整備事業
17,617規程に基づき補助金を交付した。
先行型(基
礎交付)
35富士山の眺望に優れた運動公園に授乳室やオムツ替えスペースを整備する
ことで、子育て世代の施設の利便性を向上するとともに、新規のスポーツイベン
トを誘致することで、交流人口の増加を図る。
   3 子育て期(学童期〜思春期)支援の充実
こども医療費助成事業
36
 保護者の負担軽減を図り小中学生の健やかな成長に寄与するため医療費を
助成する。
放課後児童室時間延長調査研究事業
小中学生に対する医療費助成(医療費と
補助件数:52,000件
少子化対策
強化
37開設時間を試行的に延長し、教室毎の利用実態、地域別の特性・ニーズにつ 子ども保育課
いても調査を行い、地域特性を踏まえ、地域ごとに最適な実施方法を検証する。
(9小学校10教室)
【補正】 開室時間を1時間延長し、利用の動向を調 調査の実施
利用者延4,300人
6,652査した。7■施設年間
利用者数:15
千人増
事業№事  業   (事業概要)
みらいのパパママスクール事業
38
担当課
少子化対策
強化
 中学生を対象に、将来「親」となることの大切さを伝えるため、妊娠・出産・育児
について学ぶ機会を創出する。
39
各中学校(3年生対象)において映画「うま
について啓発を行った。
40
少子化対策
強化
サイトへの投稿、閲覧が簡易にできるよう
1,000改修した。
子ども保育課
少子化対策
強化
 子育てに関するきめ細かな相談業務や支援を実施するため、子育て相談支援
員の配置、子育て支援パートナーの養成を行う。
スマホユーザーを含む、子育て支援情報の効果的な発
信事業
41
1,588
 子育て世代に特化した情報発信・共有を図るため、子育てに有効な各種情報
を収集し、サイトを構築する。
地域における子育て相談体制強化事業
実施内容を捕捉する数値データ
(アウトプット)
251??る」を上映し、親になることの大切さなど 事業参加者数:540人
子育て支援課
   4 子育てに関する情報発信・相談体制の充実
子育て情報サイト更新事業
当年度実施内容
事業費
サイト利用者数
延2,852人
子育て相談支援員を支援センター、児童館
などに配置し子育て中の母親の相談に応
相談対応件数:115件
588??た。
事業参加者数:27人
パートナー養成講座を開催し、地域全体で
安心して子育てする機運の醸成を図った。
子育て支援課
少子化対策
強化
 子育て世代が持つ、子育てに対する不安や孤立感を解消するため、行政と市
民で情報の双方向性を持てるスマートフォンのアプリケーションを開発し、子育
て支援の一助とする。
企画政策課
【補正】 H27.7:事業着手
5,500H28.2.29:公式リリース
子ども保育課
【補正】 7月、10月、3月に実施。講師や出展者の公 1,400人(7月・11月)
1,200人(3月見込)
600募により参加者を拡大した。
アプリ利用者数:400人(3/6現在)
  ③ 子育て世代がいきいき活動できる環境の整備
   1 子育て世代の多様なライフスタイルづくりの支援
子育て中の母親ネットワーク事業
42
 子育て中の母親のネットワークを構築するため、各種講座の開催や、フリー
マーケット等のイベント開催を支援する。
子育て世代の女性が就業しやすい、育児・介護中でも
働きやすい環境整備
43
少子化対策
強化
事業参加者数
計2,600人
H27.11補正
 子育て世代の女性の、裾野らしい多様なライフスタイル、ワークスタイルを提案
するイベント実施を検討。
企画政策課
【補正】
みんなで子育てするまちシンポジウム開催 事業参加者数
2,3008アウトフ゜ット
(KPI)
指標
事業
事  業   (事業概要)№担当課
当年度実施内容
事業費
実施内容を捕捉する数値データ
(アウトプット)
   2 企業・事業所におけるワークライフバランスの実現に向けた取組みの支援
育児・介護中でも働きやすい環境整備
44
 企業・事業所が行う先進的な子育て支援の事例紹介、表彰事業を行う。
子ども保育課
子育て支援課
企画政策課
(PT)
秘書課
(表彰制度)-・3月開催のシンポジウムにて、事業所・団
体・個人の取組発表を実施
・シンポジウム等のイベント時において、県 市内1事業所・1団体
作成の「ふじのくに子育て応援モデル企業
事例集」等啓発冊子を配布
 3 子ども達の生きる力を育むまち すその
  ① 豊かな心を育む教育の推進
   1 豊かな心を育む教育の推進
ほんものとふれあう学習事業
45児童・生徒が文化・芸術を鑑賞したり、外部講師(トッフ゜アスリート・芸術家など)の
講演を聴くなど、ほんものとふれ合う機会を設定する。なお、27年度は、小学校
等でアーティストの生演奏を聴く場を設ける「公共ホール音楽活性化(おんかつ)事業」
を同時に実施する。
学校教育課
生涯学習課
①富一小、深良小、西中の児童生徒を対
象に、おんかつ事業を実施
①おんかつ参加児童・生徒数:155人
2,730②児童生徒を対象に各校の計画による外 ②事業参加者数:4,400人
部講師(トップアスリート・芸術家等)の招聘
により、ほんものと触れ合う機会を実施
子ども保育課
4,408??れあった。
幼児を対象とした外国文化ふれあい事業
46保育園・幼稚園に外国語指導助手(ALT)を派遣し、挨拶や簡単な会話、歌、
ALTが各園を訪問し、授業や行事を通して 事業参加者数
年間217回、延19,707人
ケ゛ームを楽しむことを通じて、幼少期から外国語や異文化に慣れ親しむ機会をつ
くる。
外国語教育・海外交流事業
47
 小中学校の英語教育の充実に向け、質の高いALT業者をプロポーザル方式
により選定する。
児童・生徒に対して、質の高いALT業者を
学校教育課
生涯学習課
16,000選定することにより、質の高い授業を行うこ 事業参加者数:2,500人
学校教育課
16,300気になる児童に対して、落ち着いた学習環 特別支援員数:10人
とができた。
特別支援員配置事業
48
 児童生徒の学力向上の一環として、落ち着いた学習環境を確保するため特別
支援員を配置する。(小学校10名)
児童を対象に学力向上の一環として、特に
境を支援した。
ICT機器を有効活用する学習の推進(教育用コンピュー
タ整備事業等)
49
整備件数
 小学校3校、中学校2校のパソコン室機器
教育用パソコン機器の整備   電子黒板 の更新
 小学校5校、中学校1校の電子黒板整備
の整備
 小学校7校、中学校2校の電子黒板機能付
プロジェクターの整備
教育総務課
 児童生徒がコンピュータやインターネットを活用し、主体的な学習ができるよう
推進するとともに、発達の段階に応じた情報活用能力の育成を図る。9アウトフ゜ット
(KPI)
指標
事業
事  業   (事業概要)№担当課
事業費
当年度実施内容
実施内容を捕捉する数値データ
(アウトプット)
  ② 学校の教育力の向上
   1 学習環境の整備
「学びの森」運営事業
児童生徒に質の高い教育を提供していくた
50子どもに質の高い教育を提供していくために、「学びの森」を設置・運営する。 学校教育課
14,350??に専門的な指導員を配置し、教職員の
研修体制の充実等を図った。
「学びの森」では専門的な指導員を配置し、①教職員の研修体制の充実 ②学
校と地域の連携協力の推進 ③児童生徒、保護者との教育相談 を進める。
学力向上ボランティア事業
51
 自主的な学習を希望する児童生徒の指導のために、放課後や夏休みなどに
学力向上ボランティアを配置し、きめ細やかな学習支援体制をつくる。
児童生徒を対象にきめ細かな学習支援体
制をつくるため放課後や長期休業を利用
840??、学力向上ボランティアを配置し、実施し 対象となった児童数:420人
た。
学校教育課
非常勤講師派遣事業
学校教育課
52
 TTによる学習支援及び児童の生活支援を行う。
相談件数、研修事業参加者数等:11件・
150人
特に、学習支援や生活支援が必要な児童
103,304??対してきめ細やかな指導を行った。
対象となった児童数:400人
学力向上支援事業
53
 児童生徒の学力の向上を図るため、少人数指導等、きめ細やかな指導に当た
る学力向上支援員(講師)を配置する。(小学校3名、中学校1名)
児童生徒の学力向上を図るため、少人数
学校教育課
9,420指導等、きめ細やかな指導にあたった。
10
対象となった児童数:80人
アウトフ゜ット
(KPI)
指標
3 まちやひとを豊かにする産業づくり
事業
合計:
事  業   (事業概要)№12件
担当課
事業費
当年度実施内容
実施内容を捕捉する数値データ
(アウトプット)
 1 企業・事業所が事業活動しやすいまち すその
  ① 企業・事業所の事業活動環境の整備
   1 企業立地の促進
企業立地促進事業
54
 企業の誘致及び立地維持を図るため、事業用地取得費、建物機械設備取得
費等に対し助成する。
渉外課
市内立地企業の工場増設及び機械取得経
107,000費に対して補助を実施。
補助件数:1社1件
   2 中小企業等への支援
中小企業支援事業
55
 経営革新、技術開発等に取り組む中小企業や起業を支援するため、利子補給
や補助金により助成する。
中小企業支援のための利子補給等の支援
3,250??行った
商工観光課
商工団体への助成事業(裾野御殿場ビジネス交流会
等)
56
御殿場市と裾野市の商工会で実施する事
事業参加者数:197人/103社
業に補助を行った
商工観光課
 中小企業の競争力の強化や新産業の創出を支援するため、ビジネスマッチン
グの場を創出する。
プレミアム付き商品券販売事業
57
商工観光課
 商工会においてプレミアム付き商品券を発行する。
利子補給:7件
経営革新補助:2件
販路拡大補助:2件
【繰越】 20%のプレミアム付き商品券を発行し、完 商品券を介した消費額:1億5千万円の消費29,800売した。
 2 地域資源を活用した豊かな産業のまち すその
  ① 地域資源を活かした稼ぐ力の創出
   1 自然環境を強みにした産業振興
景観作物促進事業補助金
58
 「裾野市パノラマロードを花でいっぱいにする会」の運営に対して補助を行う。
市民協働により、菜の花とコスモスの種ま
1,400??、草刈を実施。フォトコンテストを開催。
農林振興課
特産作物奨励助成事業
59
 特産化と遊休農地の解消を推進するため、水田において市の特産物(大和
芋、イチゴ、モロヘイヤ、酒米)の栽培に対して助成する。
景観作物の作付面積1.38ha
水田において、大和芋、イチゴ、モロヘイ
農林振興課
660??、酒米を生産・販売した農家に助成を実 対象作物の作付面積:2.67ha
施。
11
アウトフ゜ット
(KPI)
指標
事業
事  業   (事業概要)№担当課
事業費
地域農業担い手支援事業
60
 将来の農業の担い手を確保するため、農業用機械・施設導入費用や販路拡
大のための展示会出展費用等に対して助成する。
地域特産作物活性化支援事業
61
 薬用作物とそばを地域戦略作物に位置付け、同作物の作付に対する補助を
行うことにより、耕作放棄地の解消、農産物の6次産業化・新たな特産物の創出
を図る。
パノラマロード観光振興推進事業
農業用設備を導入した認定農業者に対し、
農林振興課
先行型(基
礎交付)
当年度実施内容
1,800対象設備購入費用の助成を実施。
実施内容を捕捉する数値データ
(アウトプット)
補助件数:2件
須山東富士農事組合が、須山地先の休耕
農林振興課
アウトフ゜ット
(KPI)
指標
【繰越】 地で行ったミシマサイコの生産活動への助 (H27実績)薬用作物の作付面積:32a
2,500成を実施。そばの生産・販売を行った農家 そばの作付農家への補助金1,110千円
■作付面積:
30a
に助成を実施。
商工観光
4月に菜の花&桜まつり、9月にコスモス祭 イベント参加者数:4月2,500人、9月
12,000人
2,900??を開催し、併せてイベントを開催した。
62美しい富士山の見えるパノラマロード「遊花の里」において、市民協働により季 課・農林振
興課
節の花を利用した花畑を整備し、観光イベント等を開催する。
   2 地理的優位性、地勢を活かした産業振興
裾野市発 屋上緑化推進事業
先行型(上
乗せ交付)
63
 地域産業の活性化に向けて、裾野の地勢を活かした緑化技術の産業化を支
援する。
農林振興
課、企画政
策課
【補正】 実証用圃場の整備、生産者による事業協
同組合の設立支援と生産活動への助成を (H27実績)0.4ha
50,500実施。
■遊休地の
再利用面積:
0.4ha
商工観光課
【繰越】 中小企業向けセミナーを1回開催し、相談
1,400会を3回開催した。
■相談件数:15件
■相談件数:
15件
商工観光課
【繰越】 ビジネスプランコンテストを開催し、8件の
3,000応募があり、3件の優秀賞を選考した。
提案事業の事業化見込み:2件
■提案事業
の事業化:3件 3 働くひとのチャレンジを応援するまち すその
  ① 誰もが新たなしごとにチャレンジできる環境の整備
   1 新たなしごとへのチャレンジの支援
中小企業相談支援事業
64
 実績のある相談支援専門機関と連携して、常時中小企業や個人事業者から
の経営や販路拡大の相談を受け付け、個人の起業推進や中小企業の事業拡
大による地域活性化を図る。
ビジネスコンテスト開催事業
65
先行型(基
礎交付)
先行型(基
礎交付)
 首都圏や地元の大学生、社会人等に裾野市の資源を視察してもらい、磨かれ
る前の資源に着目した新ビジネスを企画提案してもらうことで、創業マインドの
向上やビジネスマッチングによる地域イノベーションを図る。
12

http://www.city.susono.shizuoka.jp/sousei/doc/ap27.pdfより引用


ダウンロード

静岡県裾野市へ戻る
LINEスタンプ、試して買える「スタンプ先生」

グループサービス