不動産Hack

法律、商習慣、地理、心理、情報。すべてを総動員して不動産をハックするブログ!

不動産Hack

都道府県

Jimotobira検索

Loading

ビラを掲載する!

実店舗を持っている方であれば、チラシを掲載することができます!(一部業種を除く)

掲載画面へ

データの作り方

埼玉県新座市の生活情報

新座市:資料

埼玉県の会社の噂 新座市の地価相場

新座市:資料画像

ダウンロード

タグ
テキスト情報引用

第 8 期 新1座市分別収集計画計画策定の意義
本市は、首都圏25㎞圏内にある位置的条件と経済の高度成長等に
より昭和40年代に人口が爆発的に増加した経過がある。これらの要
因や生活様式の変化に伴いごみ量は増加し、ごみ質も多様化している
ことから、ごみ減量と資源の有効活用を進めるため、従来の資源を消
費する生活から資源循環型の社会生活への転換を図る必要性が求めら
れている。
本市のごみの中間処理及び最終処分は、新座市・志木市・富士見市
の3市で構成する志木地区衛生組合により処理されているが、深刻化
する最終処分場の逼迫状況及び環境汚染問題への積極的な取組を求め
られているところである。
特に、現在、焼却灰等の埋立処分を地域外の県施設や県外の民間処
分場に委託しており、将来的にも依存せざるを得ない状況である。こ
のため、廃棄物の資源化及び最終処分量の減量化・減容化の推進が大
きな課題となっているものである。
本計画は、このような状況の下、容器包装に係る分別収集及び再商
品化の促進等に関する法律(以下「法」という)第8条に基づいて一
般廃棄物の大宗を占める容器包装廃棄物を分別収集し、及び地域にお
ける容器包装廃棄物の3R(リデュース、リユース、リサイクル)を
促進し、最終処分量の削減を図る目的で、市民・事業者・行政それぞ
れの役割や、具体的な推進方策を明らかにするとともに、これを公表
することにより、すべての関係者が一体となって取り組むべき方針を
示したものである。
本計画の推進により、容器包装廃棄物の3Rを推進するとともに、
もって、廃棄物の減量や最終処分場の延命化、資源の有効利用が図ら
れ、循環型社会の形成が図られるものである。2基本的方向
本計画を実施するに当たっての基本的方向を以下に示すものである。
(1)
ごみの発生及び排出を抑制し、排出されたごみは、可能な限り再
利用・再資源化し、最終処分量を削減するものである。
(2)
関係者が一体となったごみ減量化とリサイクル運動を積極的に推1 進するものである。
(3)
分別収集の徹底、ごみの減量化・再資源化を進めるため、啓発活
動を推進し、市民意識の高揚を図るものである。3計画期間
本計画は、平成29年4月を始期とする5年間(平成29年度から
平成33年度まで)とし、当該計画は3年ごとに改定するものである。4対象品目
本計画は、容器包装廃棄物のうち、スチール製容器、アルミ製容器、
ガ ラ ス 製 容 器 ( 無 色 、 茶 色 、 そ の 他 )、 飲 料 用 紙 製 容 器 、 段 ボ ー ル 、
ペットボトル、プラスチック製容器包装を対象とするものである。5各年度における容器包装廃棄物の排出量の見込み(法第8条第2項
第1号)
容器包装廃棄物629年 度
30年 度
31年 度
32年 度
33年 度
6,418t
6,406t
6,413t
6,394t
6,379t
容器包装廃棄物の排出の抑制を促進するための方策に関する事項
(法第8条第2項第2号)
容器包装廃棄物の排出の抑制の促進を図るため、以下の方策を実施
するものである。実施に当たっては、効果的な排出抑制が達成できる
ように市民・事業者・市がそれぞれの立場から役割を分担し、相互に
協力・連携を図りながら進めていくものである。
(1) ご み 減 量 ・ 再 資 源 化 協 力 店 認 定 制 度
エコマーク商品の販売や簡易包装などに取り組むごみ減量・再資
源化協力店を募集し、認定するとともに、市民にはエコマーク商品
の購入や買い物袋の持参を啓発し、市民・事業者が一体となって
「環境にやさしい生活・ごみをなるべく出さない暮らし」の実現を
図るものである。2 (2) 集 団 資 源 回 収 事 業 ( 支 援 制 度 )
小・中学校の保護者会や町内会等の住民団体による集団資源回収
において、住民団体への奨励金の交付及び資源物回収事業者への補
助金の交付を行うことにより、ごみ排出抑制やリサイクルの推進効
果の拡充を図るものである。
(3) メ デ ィ ア を 用 い た 方 策
ごみ・リサイクル資源の分別表・収集日程表(日本語版及び外国
語版)の作成及び配布、市広報への廃棄物処理やリサイクル関連記
事の定期的な掲載、市ホームページでの啓発など、様々なメディア
を利用することで、正しいごみの出し方や分別する意識の向上等を
図るものである。また、平成28年4月よりスマートフォン・タブ
レ ッ ト 端 末 向 け 「 ご み 分 別 ア プ リ (日 本 語 版 及 び 外 国 語 版 )」 を 導 入
した。特に若年層や外国籍市民に身近なメディアツールを活用し、
分別や再資源化への意識の更なる向上を図るものである。
(4) 生 ご み 処 理 容 器 購 入 費 補 助 金
家庭用のコンポストや生ごみ処理容器等を対象に購入費の一部を
助成することで、可燃ごみ(生ごみ)の減量化及び堆肥化を推進し
循環型社会の促進を図るものである。
(5) リ サ イ ク ル プ ラ ザ の 運 営
志木地区衛生組合・富士見環境センター内に設置されたリサイク
ルプラザにおいて、市民のリサイクル活動の拠点として、リサイク
ル工房、展示・学習コーナー、リサイクル活動室などのリサイクル
情報交換の場の提供や、市民から出された粗大ごみから再生した家
具の展示・販売などを行い、地域に密着した施設として市民の環境
に対する意識向上を図るものである。
(6) リ サ イ ク ル 商 品 普 及 奨 励 事 業
家庭から出る廃食用油を公共施設等で拠点回収して製造されたリ
サイクル石けんや、古紙から製造された紙ひもなどのリサイクル商
品の普及奨励に努め、資源再利用に対する市民意識向上を図るもの
である。
(7) “ 見 直 そ う ・ ご み 半 減 ” 推 進 新 座 市 民 会 議 へ の 支 援 事 業
リサイクルマーケットやごみ処理施設見学会、ごみ減量啓発ポス
ター展の開催など、ごみの減量化及び再資源化の促進を図るための
活動を展開している、市民・各種団体・事業者で構成する“見直そ3 う・ごみ半減”推進新座市民会議に対して、補助金などの支援を行
うものである。
(8) ご み の 現 状 と リ サ イ ク ル に 関 す る 講 座 ・ 説 明 会 の 開 催
町内会や各種市民団体、小・中学生などに対して、市のごみの現
状やリサイクルに関する出前講座や説明会を行い、正しいごみの分
別やリサイクルに対する市民の意識向上を図るものである。また、
平成28年度1月より幼児を対象とした紙芝居などによる講座を開
始した。幼少期から、ごみの分別に対する意識の醸成を図るもので
ある。4 7
分別収集をするものとした容器包装廃棄物の種類及び当該容器包装
廃棄物の収集に係る分別の区分(法第8条第2項第3号)
最終処分場を所有してないことを踏まえ、市民に対する適正なサー
ビス、収集及び処理施設等を総合的に勘案し、分別収集を行う容器包
装廃棄物の種類及び分別区分を次表のように定めるものである。
分別収集する容器包装廃棄物の種類
収集に係る分別の区分
主としてスチール製の容器
カン
主としてアルミ製の容器
主としてガ
無色のガラス製容器
ラス製の容
茶色のガラス製容器器その他の色のガラス製容器
ビン
主として紙製の容器であって飲料を充て
んするためのもの(原材料としてアルミ
飲料用紙パック
ニ ウ ム が 利 用 さ れ て い る も の を 除 く 。)
主として段ボール製の容器
段ボール
主としてポリエチレンテレフタレート
( P ET ) 製 の 容 器 で あ っ て 飲 料 又 は し ょ う
ペットボトル
ゆ等を充てんするためのもの
主としてプラスチック製の容器包装であ
資源プラスチック
って上記以外のもの5 8
各年度において得られる分別基準適合物の特定分別基準適合物ごと
の量及び容器包装リサイクル法第2条第6項に規定する主務省令で定
める物の量の見込み(法第8条第2項第4号)
29年 度
30年 度
31年 度
32年 度
33年 度
主としてスチール製の容器
181t
179t
178t
176t
175t
主としてアルミ製の容器
133t
132t
131t
129t
128t
538t
536t
536t
533t
531t
0t
0t
0t
0t
0t
(538t)
(536t)
(536t)
(533t)
(531t)
273t
272t
272t
271t
270t
223t
222t
222t
221t
221t
(50t)
(50t)
(50t)
(50t)
(49t)
240t
239t
239t
237t
237t
219t
218t
218t
216t
216t
(21t)
(21t)
(21t)
(21t)
(21t)
53t
53t
54t
54t
54t
1,710t
1,723t
1,738t
0t
0t
0t
0t
0t
(0t)
(0t)
(0t)
(0t)
(0t)
フ タ レ ー ト ( PET ) 製 の 容
521t
522t
525t
524t
524t
器であって飲料又はしょう
0t
0t
0t
0t
0t
油等を充てんするためのも
(521t)
(522t)
(525t)
(524t)
(524t)
主としてプラスチック製の
985t
989t
994t
995t
998t
容器包装であって上記以外
973t
977t
982t
983t
986t
のもの
(12t)
(12t)
(12t)
(12t)
(12t)
(うち白色トレ
0t
0t
0t
0t
0t
イ)
(0t)
(0t)
(0t)
(0t)
(0t)
無色のガラス製容器
茶色のガラス製容器
その他の色のガラス製容器
主として紙製の容器であっ
て飲料を充てんするための
もの(原材料としてアルミ
ニウムが利用されているも
の を 除 く 。)
主として段ボール製の容器
主として紙製の容器包装で
あって上記以外のもの
1,761t1,767t
主としてポリエチレンテレの6
注:3段に記載される数値の上段は総量、中段は指定法人引取り量、ま
た(
)内 は 、 独 自 に 処 理 を 行 う 予 定 量 を 示 す 。7 9
各年度において得られる分別基準適合物の特定分別基準適合物ごと
の量及び容器包装リサイクル法第 2条第 6項に規定する主務省令で
定める物の量の見込みの算定方法
第2次新座市一般廃棄物処理基本計画(平成24年3月策定)に定
められている収集品目ごと推計排出量に、過去の実績から算出した各
品目の排出量に対する分別基準適合物の割合を乗じて見込み量を算出
した。8 10
分別収集をする者に関する基本的な事項(法第8条第2項第5
号)
分別収集は、現行の収集体制を活用して行うことを基本とするもの
である。
なお、現在、拠点回収や集団資源回収登録団体により回収を実施し
ている段ボール、飲料用紙製容器については、引き続き実施するもの
である。
分別収集の実施主体は、以下に示すとおりである。分別収集の実施主
容器包装廃棄物の種
収 集 に 係
収集・運搬段類る区分階金属スチール製容器
アルミ製容器
カン体選別・保管等段階
市収集
志木地区衛生組合
市収集
志木地区衛生組合
集団回収
民間業者
市収集
志木地区衛生組合
無色のガラス製ガラス容器
茶色のガラス製
容器
ビン
その他の色のガ
ラス製容器紙類プラ
飲料用紙パック
紙パック
段ボール
段ボール
ペットボトル
拠点回収
集団回収
ペ ッ ト ボ
トル
民間業者
集団回収
民間業者
市収集
志木地区衛生組合
市収集
志木地区衛生組合スチ
その他プラスチ
資 源 プ ラッック製容器包装
スチックク9
11
分別収集の用に供する施設の整備に関する事項(法第8条第2項第
6号)
カン、ビン、ペットボトル、その他プラスチック容器包装について
は、志木地区衛生組合の施設で選別・圧縮・保管するものである。
飲料用紙パック、段ボール、その他紙製容器包装については、紙問
屋及び民間再生工場へ搬入するものである。
分別収集の用に供する施設計画
分別収集する容
器包装廃棄物の
種類
収集に係る
分別の区分
スチール製容器
収集容器
コンテナ
カン
アルミ製容器
ネット
(網袋)
収集車
中間処理
パッカー車トラック
志木地区衛生組合
民間業者
無色のガラス製
容器
茶色のガラス製
容器
ビン
コンテナ
トラック
志木地区衛生組合その他の色のガ
ラス製容器
ひもで結
飲料用紙パック
紙パック
ぶ、回収
トラック
民間業者
トラック
民間業者箱段ボール
ペットボトル
その他プラスチ
ック製容器包装
段ボール
ひもで結ぶペットボト
ネット
パッカー
志木地区衛生組ル(網袋)車合
ネット
パッカー
志木地区衛生組
(網袋)車合
その他プラ
スチック製
容器包装
10
12
その他容器包装廃棄物の分別収集の実施に関し留意する事項
市民・各種団体・事業者で構成され、ごみの減量化及び再資源化の
促進を図るための活動をしている“見直そう・ごみ半減”推進新座市
民会議に対して補助金などの支援を行うとともに、十分に連携を図り、
市民や事業者の意見、要望を反映させ、容器包装廃棄物の分別収集を
円滑かつ効率的に進めていく。
自治会等の市民団体による集団回収を促進するため、奨励金の交付
等の支援を行う。
毎年度、分別収集計画記載事項の実績を確認、記録し、3年後の改
革改定時には、その記録を基に事後評価を行うこととする。
11

http://www.city.niiza.lg.jp/uploaded/attachment/23752.pdfより引用


ダウンロード

埼玉県新座市へ戻る

グループサービス