不動産Hack

法律、商習慣、地理、心理、情報。すべてを総動員して不動産をハックするブログ!

不動産Hack

都道府県

Jimotobira検索

Loading

ビラを掲載する!

実店舗を持っている方であれば、チラシを掲載することができます!(一部業種を除く)

掲載画面へ

データの作り方

高知県高知市の生活情報

高知市:●高知市新庁舎基本設計(概要)

高知県の会社の噂 高知市の地価相場

高知市:●高知市新庁舎基本設計(概要)画像

ダウンロード

タグ
テキスト情報引用


・自然エネルギーの有効活用を図るため、太陽光パネルを設置
太陽光パネル設置範囲
ホバリング
スペース
高知市新庁舎計画 基本設計書【概要版】
日建・上田特定設計委託業務共同企業体
p7
4
断面計画
■断面計画
・緩やかに1階レベルを上げ、想定される津波から建物を守る。
・発電機室や電気室等を上層階に配置し、災害時の浸水を防ぐ。
・市民窓口を1階~3階の低層に集約することで、分かりやすく、利用しやすい庁舎を計画
・広場側に食堂や多目的スペースを配置することで、市民に開放された庁舎を計画
・市民ロビーには吹き抜けを設け、見通しのよい空間を計画
ホバリングスペース
発電機室・電気室
事務室
市長室・庁議室
議場
(防潮ライン)
中央監視室 食堂
事務室(市民窓口)
市民ロビー
多目的スペース
前広場
1FL=TP+3.41
地下駐車場
道路レベル
TP+2.165構造計画
本建物は高知市の中心となる市庁舎であるため、災害時に災害応急対策活動の拠点としての機能を十分発
揮する上で構造安全性が確保される必要があり、大地震後、構造体の補修をすることなく建築物を使用でき
ること、また、人命の安全確保に加えて十分な機能確保が図られていることを目標とし、免震構造を採用し
ます。地下1階を駐車場として利用し、地下1階柱頭に免震部材を配置する中間層免震構造として計画します。
■構造概要
耐震安全性の目標:構造体 Ⅰ類
構造規模 ・階数 地上6階 地下1階
基礎形式 ・既製コンクリート杭+液状化対策用地盤改良(丸太打設液状化対策工法を検討)
構造種別 ・地下1階柱頭免震構造
・地上部:鉄骨鉄筋コンクリート構造+鉄骨造、一部鉄筋コンクリート造
・地下及び基礎部:鉄筋コンクリート構造
架構形式 ・耐震壁付きラーメン構造
高知市新庁舎計画 基本設計書【概要版】
日建・上田特定設計委託業務共同企業体
p8
6
環境計画
■環境計画
・自然採光や、自然換気による通風の確保、庇による日射遮蔽など、自然エネルギーを活用して環境負荷の低減
に配慮
□太陽光発電
□⾼効率熱源
屋上に太陽光パネル設置
COPの⾼い熱源機器の採⽤
□庇・外ルーバー
事務室
⽇射負荷の室内流⼊を防⽌
□⾼断熱
事務室(市⺠窓⼝)
断熱性と気密性を⾼める
□⾼性能ガラス
□ブラインド・スクリーン
□空調動⼒の削減
⼤温度差送⽔・変流量制御・
変⾵量制御
□外気CO2濃度制御
CO2濃度を測定し、外気量を調整
□節⽔型衛⽣器具
洗浄⽔量を抑えた衛⽣器具の採⽤
⾷堂
市⺠ロビー 多⽬的スペース
柱頭免震構造
□⾼効率トランス
トランスの損失を削減
□デマンド制御
電⼒供給の系統分けを⾏う
□BEMS(エネルギー監理システム)
エネルギー使⽤量を測定し、運⽤管理を⽀援する
□⾒える化
消費エネルギーや空調時間等を表⽰
冷房28℃、暖房20℃で運⽤
□全熱交換器
外気と室内排気の顕熱と潜熱を交換
□⾃然換気
地下駐⾞場
Low-e複層ガラスの採⽤
室内での⽇射遮蔽
□緩和空調
議場
空気の温度差や⾵⼒による通⾵
□LED照明
□ナイトパージ
LED照明の採⽤
□⼈感センサーによる点消灯制御
⾚外線センサーを⽤いた調光・点消灯
□明るさセンサーによる調光制御
⾃然採光の有効活⽤。
夜間の涼しい外気を室内に導⼊
□外気冷房
中間期に外気を⽤いて冷房
□敷地内緑化
緑の蒸発冷却効果を利⽤
□タスクアンビエント照明
□井⽔熱利
建築構造体に応じた耐震安全性の確保
停電、空調停止、給排水機能停止
8設備機器などの破損
落下・脱落など(機能不全)
建築構造体に応じた耐震安全性の確保
情報・セキュリティ機能停止
9??レベータ停止
震度5以上の地震
停止、保守員が確認してから再使用
地震管制制御(S波及びP波)、地震時自動着床機能
可能
10
フェーズ1:敷地レベルの浸水
11?鏡川の氾濫を想定】
(GL+300以下)
12
敷地への浸水
車路地下へのスロープ部をGL+300??で入口部で上げる
緊急排水槽の水没
免震層への浸水対策を講じ、緊急排水槽の機能維持を
図る
免震層への浸水
つば付スリーブ、防水処理
13
建物への浸水・1F排水の逆流
建物をGL+700??設定
防潮板H400??入口部に設置
14
車路地下へのスロープ部からの浸水 ※防潮板についてフロート式、電動式、手動式などの採用
を検討
オイルポンプを設定レベル以上に設置または油中ポンプ
の採用
発電機燃料(オイルタンク)の水没
15
給油口をGL+700mm以上の高さに設置
1FL=GL+700
スロープ部入口レベル=GL+300
16
水害 17
18??ェーズ2:建物レベルの浸水
【大地震による津波想定】
19(GL+300~700)
落雷
電源設備の供給停止
給水設備の供給停止
※フェーズ1~2において構造躯体
に影響はなし
受変電設備の機能停止
屋外電源盤・コンセントをGL+700mm以上の高さに設置
受水槽・備蓄倉庫を2階以上に設置
6階に電気室設置
幹線設備水没による電源・通信機能
B1・1階と2階以上で系統を分ける
の停止
20
中央監視の機能停止
2階に中央監視盤設置
21
自火報・非常放送の機能停止
2階に受信盤・防災アンプを設置
22
電話の機能停止
6階に交換機設置
23
熱源設備の機能停止
6階に熱源機器を設置
24
空調設備の機能停止
各階で空調系統を分ける
25
放送設備の機能停止
4階に放送機能室設置
26
換気設備の機能停止
各階で換気系統を分ける
27
職員・在館者の負傷
JIS A4201:2003??応じた雷保護設備(レベルⅣ)
落雷による非構造部材
28(外壁・内装材など)の損傷
直撃雷(高知県年間雷日数15日)
計画停電
2015年3月現在予定なし(四国電
電力
29※庁舎は該当しないが節電の
力予想)
不足
姿勢を自ら示す
サージ過電圧の侵入(サーバー、監
視盤、自動制御等様々な設備に障 SPD(避雷器)の設置
害が発生)
電力使用機器の停止、使用量の制限上記と合わせて電力負荷抑制モードでの運転、自然エネ
ルギー利用
■設備に関する耐震性能
本計画にて設置する建築設備機器及び水槽類は全て重要機器・重要水槽としての耐震機能を確保
する。
耐震安全性:建築設備甲類
大地震後の人命の安全確保及び二次災害の防が図られているとともに、大きな補修をすることなく、必要な設備機能を相当期間継続できる。
高知市新庁舎計画 基本設計書【概要版】
日建・上田特定設計委託業務共同企業体
p10
9
外観パース
※基本設計時点でのイメージであり,外構を含め色彩やデザイン等今後の検討により変更があります。
高知市新庁舎計画 基本設計書【概要版】
日建・上田特定設計委託業務共同企業体
p11

http://www.city.kochi.kochi.jp/uploaded/attachment/34297.pdfより引用


ダウンロード

高知県高知市へ戻る

グループサービス